2021-08-11

ワクチン接種者は深く後悔している~ワクチン接種後の血液中の赤血球が破壊された映像から~

 

職場や学校でも集団接種が始まり、欧米などではワクチンパスの義務化など、とんでもない状況になりつつあります。

ワクチンは安全だとか危険だとか様々な情報は飛び交っていますが、どっちが事実なのかは、私たち自身で判断せねばなりません。

 

マスコミでは「ワクチンは安全で、危険だと言っているのはデマだ」と一辺倒な対応ばかりですが、ワクチン接種者のその後の血液を調べた情報を発信している動画を紹介します。

自分たちで事実追求する、その事実の一部として、みなさんも共有して欲しいと思います。

 

以下、https://ameblo.jp/amiraclehappens/entry-12689500448.htmlより引用

 

「接種者は深く後悔している」

 

既に職場や学校での集団接種が始まりました。打つと決めた人は、そのお注射がどんなものであるか?

海外で打った人がどうなっているか?充分に調べたのでしょうか?今日は、ワクチンを打った人の血液が、どんなことになっているか?

お伝えします!

 

STEW PERTERS SHOW(スチュー・ピーターズ・ショー)にてインタビュー形式で語られた動画を見ると分かります!

 

https://odysee.com/@SpringProtector:c/Dr-Jane-Ruby-Red-Blood-Cell:3

 

※動画を視聴する事をお薦めしますが、ブログ形式でも紹介します!文字起こししました。

①

スチュー・ピーターズ・ショーでは、ファイザーとアストラゼネカのワクチンの中身を世界で初めて報道しました。私達の血液や身体に、一体何が無理矢理注入されようとしているのか?

 

 にほんブログ村 環境ブログへ

 

さて、今日私たちは、特に気にかかっていた質問の答えを聞きます。ルビー医師が、また衝撃的なニュースを伝えてくれます。

②

イギリスの医師達は、これらの注射が私たちの血液に何をしているのか?疑う余地のない証拠を見つけました!

 

ドクター・ルビー、今日も来てくださってありがとうございます。

 

VEARSに報告されている書類や、私のメール受信箱もその質問で、あふれかえっているのですが、ワクチン接種を受けた人は、それを深く後悔しているというレポートが、数多くありますね。疲労感、弱々しくなった。頭がはっきりしない。めまいなど。これらの注射は、血液に一体何をしているのでしょうか?

③

ええ、これは、本当に、非常に衝撃的なニュースです。

 

私は今回初めて、普通の顕微鏡で検査された血液の映像を見ました。

これらの写真はPhilippe Van Welbergen (フィリップ・ヴァン・ウェルバーゲン医師)から、私たちに届いたもので、彼はイギリス在住の40年の実績のある内科医です。

④

彼は今回のワクチンを推奨していませんが、ワクチン接種後に、「体調不良」や「病気になった」と受診に来た彼の患者や、人々の血液を自ら採血し、その血液を顕微鏡で調べてみたのです。血液塗沫法(ブラッド・スメア)と呼ばれる方法を用いてです。

 

血液塗沫法とは、どういうものかというと、通常の血液分析と同じように、よくある普通の方法で、腕の静脈から採血し、一部を取って、サンプルを作り、その血液を特別に処理されたガラス板の上に置いて、ヴァン・ウェルバーゲン医師が発見し、彼が提供してくれた写真の中にあったもの、そして恐らく誰もまだ、これを見たことがないと思うのですが、ここで皆さんと見るために、これらの写真を、あなたのプロデューサーにも提供しています。

 

これらの写真を横に並べてみましょう。これは同じ倍率の顕微鏡で見られたものです。

⑤

左側は、健康な人の正常な血液で、いわゆる今回の「ワクチン」と呼ばれているどの注射も打っていない人の血液です。

⑥

見えているのは赤血球で、綺麗な丸型、中央が濃い色になっている正常な状態です。それぞれの感覚の開き具合も良いですし、その間に破片や、物質はありません!

⑦

しかし、スクリーンの右側の写真は、モデルナワクチンを接種した人から採血した、血液の検査結果(同じく血液塗沫法)です。のちほど、金色の筒型構造の部分を拡大した写真を見る前に、まず左側の健康な人の血液細胞と比べてみましょう!

 

お気づきになると思いますが、右側は赤血球の形が崩れ、きれいな丸型をしていない。赤血球の中央は破壊されているように見えます。

 

そして粘着性を持ってお互いを引き寄せ塊を作り始めています。

 

さて、ヴァン・ウェルバーゲン医師は、(右側画像に見える)金色の筒型構造を、チューブと呼び、それを更に顕微鏡で拡大した写真があります。

 

その始まりと終わりの部分が見えますね。この写真は本当に恐ろしいんです。

 

スペインの研究者、ラ・キント・コロムナ氏によって、顕微鏡で見た酸化グラフェンのようにです。その画像からは、折りたたまれたようなタンパク質が見られました。

⑧

まるで絵の具の下のタンパク質のように見えましたね。

 

コロムナ氏は、(ワクチン内の)酸化グラフェンについて、さらに調査するとアナウンスしています。

今から見る2つ目の写真は、それは比較ではなく、単独の写真ですが、膨大な量の血液細胞が、完全に凝集しているのが分かります。細胞の間にスペースが無く、正常ではありません。

⑨

そして、白い点で埋められた大きな細胞も見えます。私たちは、これは可能性として、マクロファージ、防御のための一種の白血球だと信じているのですが、この白い小さな点について、ヴェル・ウェルバーゲン医師によれば、彼が、これらの細胞に蛍光灯を当てて、これらの白い点を見てみると、それらは白く光り浮かび上がった。これは、信じがたいほどの驚きで、とてつもなく恐ろしいことです。

 

あなたのプロデューサーにも、他にもいくつかの写真を提供しました。視聴者の皆さんにも、さっとお見せ出来ればと思います。それぞれの写真はすべて、異なった患者のものです。

ヴァン・ウェルバーゲン医師の患者ですね。共通している特徴として、これらの患者は皆、モデルナのワクチンを受けているということです。ですので、私たちは本当に危惧しています。

⑩

⑪

スチュー、これが何故、すべての注射、中でも特にファイザーとモデルナが、血栓を起こすのかという理由です。

⑫

それによって、脳卒中、心臓発作、心筋炎が起きるのです。疲労感もあります。これが神経細胞に到達すると、それによって、脳卒中、心臓発作、心筋炎が起きるのです。疲労感もあります。これが神経細胞に到達すると、ギアン・バレー症候群や、多発性硬化症などの神経筋障害を引き起こします。

 

とにかく出来るだけ早く皆さんにお伝えしたいと思いました。これらの解析は、ワクチンの中身を科学的に分析しても、分かるものではありません。

 

人々の体調が悪くなっているその理由を、知る事はとても、大切だと思います。

 

私たちは、ワクチン会社が何故、このことに対して沈黙を押し通すのか?明らかな理由があると考えているんですよ。彼らは誰にも話したくない。自らの行いに対する責任も、賠償責任も否定している。ギアン・バレー症候群や、多発性硬化症になっても、保険会社は支払わない。説明できない障害を追うようになった人たちがいるのです。

磁気を帯びるようになった人々の存在を否定することはできない。人間は磁気を帯びる性質などありません。

⑬

 

そして、ルビー医師がワクチンに、酸化グラフェンが含まれていることを報告し、我々はこのことを初めて報道しました。

 

昨日はジュディ・マイコヴィッツ博士、ライフタイム・ショーでは、ミーハン医師とそして他にも複数の医師たちが、スペインのラ・キント・コロムナ氏の研究を見て以来、彼の研究の有効性を信用し、見方が変わったということは、これは「完全に正しい。」ということです。

 

そして今、ワクチン接種者の血液の中に何が起きているのか?疑う余地のない証拠を見ているわけです。

⑭

今すぐにワクチン接種を止めさせなければならない!

 

 

どうすれば良いのでしょう?

もちろん、ルビー医師には、医学の情報を伝えるという責任があるので、簡単には答えられないことでしょうが、私は視聴者にお聞きしているのです!

 

どうすれば良いのか?

このビデオも100万回以上、視聴されるべきです。皆さんもこのビデオをシェアすることで、あなたの仕事をしてください。

 

私たちはBANや排除されたりしているのです!私のTwitterのアカウントも1週間停止になりました。

 

私たちには拡散する力がないのですよ。本当におかしい!

 

私はただノースカロライナで、政府の制服とマスクを着用した役人が、個人宅を訪れ、人々にワクチンを打たせようとしている。という事実を投稿しただけなのです。

 

人間にとって毒である酸化グラフェンを含んだと証明された注射を、人々に打たせようとしている!!!!

⑮

しかも酸化グラフェンは、我々政府の保健機関によって、人間への使用は認められていないのです。

 

そしてこれらの注射が私たちの血液に、何をしているのか?その証拠を今、私たちは見ています。これは危険な注射です。「ワクチン」というのは、偽りの呼び名です。そして、それを私たちの子供の血液に注入しようとしている!気が狂っているとしか思えない!!

 

そうですね。しかもこれを理解するのに、血液学者や医者である必要はありませんよね?

これらの写真を並べてみれば、右側は筒形構造になっているものや、奇形の赤血球があり、明らかにおかしい事がわかります。このような写真が沢山あるんです。

 

~ええ、私にも見えますよ!私は医者ではなく、コミュニティカレッジで、2年間の学位を取りましたが。(専門家でなくても)これらの血液はおかしいと言えるだけ、はっきり見えます。

 

本当にその通りです。スチュー、血液は毒で汚染されているようです。危険なものが血液に入って来て、赤血球はそれに、必死に反応しているんです。そして形が変形してきている。

 

赤血球が変形し、塊になってしまったら、それらは働くことができません。赤血球の主な役割は、すべての細胞に酸素を運ぶことです。だからワクチンを接種した人々に、疲労感、めまい、体調不良、精神不安定が起きているのです

 

~この注射は毒だからですよね?

 

この注射には、毒が入っている事を、我々は証明しましたし、その毒で血液が汚染されていることを今、証明しました。

毒物であるという。

 

 

ルビー博士のホームページです。http://drjaneruby.com/

 

ジェーン・ルビー博士は、ワシントンDCの健康経済学者であり、ニューメディアの世界で魅力的な保守的な洞察と最新ニュースを提供する新右翼の政治専門家である。

 

 

いかがでしたでしょうか?悪い食べ物を食べた場合は、下痢や嘔吐などをして、身体の外に排出する事も出来ますが、血液内に異物を入れてしまった場合は、排出する事が困難です。接種を決めた人は、中身が何か?考えた事はあるでしょうか?

 

まだ接種をしていない人は、この情報を見て、考えて頂けたら幸いです。

 

(以上、引用終わり)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.sizen-kankyo.com/blog/2021/08/5269.html/trackback


Comment



Comment


*