2019-01-17

電気的宇宙論のススメ4~太陽は宇宙空間の高エネルギー粒子を取り込んで輝いている

ビッグバン宇宙論には多くの人がなんとなく嘘くささを感じていると思いますが、対して、太陽は水素爆発によって(内部から)エネルギーを放出している、という太陽理論は常識的というか、固定的ではないでしょうか。しかし、従来の太陽理論では、説明できないことが多いようだ。それに対して太陽自体が宇宙空間に充満しているプラズマ状態の高エネルギー粒子を取り込むことで、放電を行っており、その放電現象こそが、コロナであり、フレアであるとする仮説を、三浦一則さんは提案している

「プラズマと電気でよみ解く宇宙と地球の本当のしくみ」から要約、引用する。太陽

写真は天体観測衛生「ひので」がX線望遠鏡で捉えた「太陽の姿」。X線は高温ガスから放射されるので、より高い温度の部分が明るく撮影される。太陽表面より外側にあるコロナが明るく撮影されており、太陽表面よりもコロナが高温であることは一目瞭然。 http://www.jaxa.jp/article/special/astro/shimizu03_j.html よりお借りししました。

(さらに…)

  投稿者 tutinori-g | 2019-01-17 | Posted in C.素人が創る科学の世界, C01.宇 宙1 Comment » 

”意識(波動)”を科学する~全ての人間は予知能力を持っている~

宇宙の秩序をもたらしているのは「波動」。
そして、生命現象と物理現象をもつなぐのも「波動」。

 

AI(Artificial Intelligence) concept. 3D rendering.

※画像はThinkstock より引用

本ブログでは、宇宙や、地球、そして生物に至るまで、全ての共通項、統合軸は「波動」であると確信しています。そこで今年は「波動」の原理を掴み、明らかにしていきたいと思います。

今回の記事は、波動に関する内容として、「意識」⇒「予知能力」に注目した記事を紹介します。これらが明らかになれば、自然現象の予知⇒対策に通じる知見が得られる可能性も大きいのではないでしょうか。

 

◆ ◆ ◆ 意識の波動は、物質・生物を超えた情報伝達の媒体として存在している

発信の主体が持つ「意識が、外の世界の対象(生物、物質)に対し影響を与えることができる」ということを以前のブログで取り上げました。

意識は物質や確率に影響を与える。

観測者を加えて実験を行ったところ、わずかではあるが期待値にズレが生じたという。この現象を説明することは現代の科学ではできないそうだ。

この実験の意義は科学的なものだけにとどまらない。意識が外の世界に影響を与えているということは、万物がひとつの大きな意識体として相互に繋がっている可能性があるからだ。もし全てが繋がって相互干渉しているならば、自分の意識が他人の意識へ影響を与えることもあるだろう。

 

そして、その意識は、まさに周波数をもつ「波動」であり、その波動は生物進化より以前の原初的なもの。つまりは物質の世界から存在するものだということ分かってきました。(そもそも生物と物質を分かつものさえ現代科学でははっきりとしていないのが事実だとは思いますが。。。)

「無機物を含めたこの世の存在すべて」と人間の意識は常に共鳴している

実は、「意識というものもまた周波数(あるいは音)である」という事実について、最近の研究では、実はかなり進んでおり、さらにはその”意識”の解明において、現在の最先端の研究では「すべての物質に意識がある」という見方が有力になってきているというのです。

簡単に解説すると、生物進化の過程では”意識”は現れず、むしろ、それは常に物質と関連している。つまり”意識とは、生物進化よりもっと以前の原初的なもの”という見方なのだそうです。

 

つまり、意識の波動は、物質・生物を超えた情報伝達の媒体として受発信できるものとして存在していると言え、そうであれば、物質や生物、自然現象の意識(波動)もまた、受信することは可能だとも言える。それが予知能力(機能)の根源なのではないでしょうか。

 

◆ ◆ ◆ 誰もが予知能力を持っているという科学的事実

そして、今回紹介するのは「誰もが予知能力を持っている」いう科学的見解が発表された記事です。

通常、予知能力というものは第6感と呼ばれるように、5感の延長の”超能力”のように思われますが、この記事によると、実は「誰もが持っており、無意識化の次元で感知している」ということ。

つまり、知能力は、5感の先にできたのでは無く、無意識化つまり観念機能が形成されるよりもっと以前にできた機能だということがわかります。
これは、上記でお伝えした記事(「無機物を含めたこの世の存在すべて」と人間の意識は常に共鳴している)とも整合してきますね。

今年は、意識や予知能力など、波動の構造を解明すべく追求を続けていきたいと思います。
それでは当該記事を引用します。
以下、「全ての人間は1~10秒後の出来事を感知している」30年間の研究で判明! 予知能力の存在が確定/TOCANA より引用

 

超越的な感覚によって未来を見通す能力は予知と呼ばれ、経験や情報から未来を推測する予測とは別のものとして扱われる。そして、前者の予知能力を持つ人は特殊な力を持つ超能力者として、一般の人と区別される。しかし、実は人間なら誰しもが予知能力を持っているという驚きの研究が世界中の研究者らによって検証されているのだ。

 

◆予知能力は科学的事実!

海外サイト「Collective Evolution」(5月20日付)によると、学術誌「Frontiers in Human Neuroscience」(2014年3月25日)に投稿された論文で、人間は1~10秒後の出来事を予知していることが明らかになったという。同論文は、過去過去36年間に公開された40本の研究論文(Hartwell, 1978; Radin et al., 1995, 2011; Bierman and Radin, 1997; Radin, 1997, 2004;Don et al., 1998; Bierman, 2000; Bierman and Scholte, 2002; McDonough et al., 2002;Spottiswoode and May, 2003; McCraty et al., 2004a,b; Sartori et al., 2004; May et al., 2005;Tressoldi et al., 2005, 2009, 2011; Radin and Borges, 2009; Bradley et al., 2011など)のメタ分析である。

「ランダムに選択され、そのため予測不可能な未来の出来事に対する心理的な予想は、30年以上研究され続けてきた。そして、近年のメタ分析により、そのような予知現象は事実であることが明らかになった」(同論文)

つまり、我々の脳はまだ起こっていない未来の出来事について、そしてその出来事が引き起こす反応までを日常的に予知しているということだ。しかし、この予知は意識的に行われているのではなく、無意識下で秘かに行われており、意識できないものだという。

また、学術誌「Journal of Personality and Social Psychology」に近年発表された、米コーネル大学のダリル・J・ベム教授の研究でも、1000人以上を対象とした9つの実験結果を分析した結果、予知は事実だと結論付けられたそうだ。

だが、ベム教授の研究でも、存在が認められたのは無意識の予知能力であり、被験者が意識的に予知を成功させたわけではない。とはいえ、もし脳が未来予知をしているならば、なぜ我々はそのことに気付けないのだろうか?

「Collective Evolution」の記事では、脳は多くの情報をバックグラウンドで処理していることが知られており、予知能力もその1つだという可能性、また意識では迅速な決定が下せない可能性などが指摘されている。

 

◆予知能力がなければ音楽さえ聴くことができない

ここで、人間が持つ予知能力を遥か以前から指摘し、分析していたドイツの哲学者エトムント・フッサールの考えをトカナ編集部からご紹介しておこう。フッサールは、時間の分析を通して、我々の認識が成立するためには、現に起こっている現象の少し前の出来事を無意識に覚えている過去把持と、これから起こることを予期している未来予持という能力が不可欠だと考えた。

たとえば、音楽を聴く時、曲を構成するそれぞれの音がぶつ切りになってしまっては音楽ではなくただの音となってしまう。音楽が音楽として聞こえるためには、今聴いている音だけではなく、その少し前の音を覚えており、さらには少し先の未来に聞こえるだろう音を予期していなければならない。もし、過去把持や未来予持という能力を欠いてしまえば、あなたの経験する全ての現象は驚きの連続となってしまうだろう。ドアが開くだけでも天地が引っくり返るほどの衝撃を受けるはずだ。

(引用ここまで)

 

電気的宇宙論のススメ3~プラズマが生み出す波

 

プラズマ宇宙論を追求していくとプラズマが生み出す波が宇宙の秩序をつくりだしていることが見えてきました。

太陽風がつくりだす定常波が惑星の軌道を安定化させている
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=600&t=6&k=0&m=341906

太陽には5分周期の振動があることがわかっています。5分ごとに太陽の大きさが10km程度、膨張と縮小を繰り返しているのです。そしてこの振動が太陽風に一定の強弱を与えているのです。つまり公転面に対してほぼ水平に吹いている太陽風には5分周期の定在波が存在しているのです。そして定在波は、進行波と異なり、節を作り出します。そして定在波の中に物質を浮かべると、ずれようとしても押し戻されて、節は物質が安定的にとどまる場所になります。例えば、28KHZの超音波で定在波を作り出すと28KHZの超音波の波長は約10mmなので、5mmごとに節ができます。太陽が作り出す定常波の節の上に、地球をはじめとする惑星は浮かんでいるのだと考えられます。
太陽と地球との間に働く電気的な引力と遠心力が惑星が公転する主な力ですが、軌道を安定化させている力の正体は、太陽が作り出す定在波なのだと考えることが出来ます。

「重力」の電気的宇宙論解釈
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=600&t=6&k=0&m=340223

ポイントは、地球の自転によって、地球内部の電子が回転することで磁場を生み出し、一旦、地球内部から地表を突き抜けて電離層に向けて飛び出すが、電離層で反射され、シューマン共鳴という現象を起こす。上からの反射が減衰しているため、下からの放射が少しだけ勝る。これが下向きに物質を加速する電磁質量を発生させる。これが重力の正体だ。

このように惑星の軌道も地球の自転も、電磁気学的な力がつくりだしている定常波やシューマン共鳴といった波動現象によって秩序化されている。

しかもシューマン共振は地球が持つ固有周期で生命活動にも大きな影響を与えていると言われている。共振することで物質が定常的なエネルギーを生み出すという点が注目点。電磁気学では共振(共鳴)は非常に重要な概念で、その理解を深めることが電気的宇宙論追求の鍵を握っていると考えられる。

では宇宙における波動現象はどこまで解明されているのだろうか?以下はNASAでの観測事実をもとにした報告である。https://resou.osaka-u.ac.jp/ja/research/2018/20180926_3 

図2 観測されたジャイロ非等方の模式図(コピーライト:東京大学)

(さらに…)

  投稿者 tutinori-g | 2019-01-02 | Posted in C01.宇 宙No Comments » 

定説・常識に囚われず、宇宙史・地球史・生物史を貫く自然の原理の本質解明にチャレンジしていく

あけましておめでとうございます。

本年も本ブログ【地球と気象・地震を考える】よろしくお願いします。

昨年も様々な出来事がありましたが、環境ブログの視点では、1995年の阪神大震災、2011年の東日本大震災、一昨年2016年4月の熊本大地震に続き、昨年2018年9月に北海道胆振東部地震が起きたことでしょうか。

日本列島を縦断して大地震が起き続けているわけですが、自然災害というにはあまりに短期間ですし、地震波(P波、S波)も不自然極まりなく、どれも人工地震の可能性が高い。そうだとしたら、日本列島には全国くまなく54基もの原子力発電所があり、いまだに出口が見えない福島原発と同じ状況を、人工的に全国のどこにでも起こせるのです。

これに対し、地震のプロである学者は、予知どころか、地震のメカニズムも、自然地震か人工地震かの区別さえ示すことができていません。

なぜなのでしょう?

そうなるのも、学者という身分を手に入れた途端に、その身分を手に入れることができた根拠でありその身分を守る武器である、教科書に載っている定説、近代科学から思考が解放されずドグマになっているからではないでしょうか。

それに対し、素人でつくる本ブログはそのようなものに犯されることはなく、引き続き定説・常識に囚われず、宇宙史・地球史・生物史を貫く自然の原理の本質解明にチャレンジしていきます。

特に今年は、

・災害に関する時事問題をもっと取り上げていきます。

・更に教科書・定説のウソも掘り下げていきます。

・そして素人だからこそ定説・常識に囚われずに事実を追求し、自然の摂理にアプローチしていきます。

具体的なテーマとして考えているのは、

1】地震や気象災害等、時事問題をマスコミのウソにとらわれることなく事実を追求

近年、話題になっている「プラスチック汚染」等の「人工物質」による地球環境ひいては人体の危機についても取り上げていきます。

2】プレート説やエントロピーの法則等、教科書のウソにとらわれることなく事実を追求

物理学はウソばかり。昔の学者は無知の知があったが、最近の学者はドグマにとらわれていることに気づいていない。ソマチッド説等、学会によって葬り去られてきた「事実」を取り上げていきます。

3】物理の原理を波動から解明する

現在の数学・物理は架空観念→宇宙理論はウソの上塗りでますます難解に。海外では電気的宇宙論(プラズマ宇宙論)が追求され、電磁気学を追求していくと「波動が宇宙の秩序を作り出している」ことが見えてきた。※リンクリンク

そこで、物理法則の背後にある「波動」について追求していきます。

4】生命の原理を波動から解明する

「波動」は物理法則だけでなく「生命の法則」にも関わっています。教科書のウソを剥ぎ取ってみると「生命と物理の間の境界は非常で曖昧」であることが分かってきました。※リンク

そして、その鍵を握っているのが「電磁波」と「ケイ素」※リンク

このつながりを解明することで、物理現象から生命現象を貫く「自然の摂理」が見えてくるかもしれません。

宇宙史・地球史・生物史を貫く自然の原理の本質解明にチャレンジしていきます。

  投稿者 asaoka-g | 2019-01-01 | Posted in A.史的構造認識から紐解く環境No Comments »