2020-04-30

コロナの死者数が水増しされている?~・検査なしでも死因はコロナ・~

コロナによる感染が広まっていますが、他国に比べると日本は、感染者数、死亡者数とも少なくなっています。
それに比べると、つい先日までのイタリアの感染爆発はもの凄い勢いがありましたが、それは、なんでもかんでもコロナのせいにして処理しているのではないかいうことです。
とくに死亡者数、死亡率は、水増しされてアメリカの議員であり医者でもあるスコット・ジェンセン氏の告発。詳しくは次の動画をどうぞ。
動画は消されるかもしれないので内容を抜粋すると、

・アメリカの厚生省から病院に7ページのドキュメントが届いた。

・それには、ある高齢者が肺炎で亡くなったとして、その人が生前接触していた息子がその時はコロナ陰性でも、のちに陽性になったら、その高齢者の死亡診断書にはコロナが原因と書くことが適切だと述べられていた。ありえないことだ。

・今コロナ患者が入院したら、病院側に1.3万ドル(約140万円)が支払われる。

・その患者が人工呼吸器を使用するなら病院側に3.9万ドル(約420万)支払われる。

・イタリアでコロナで死亡したとされる人の死亡診断書をイタリア国立衛生研究所が再検証したところ、コロナが死の直接の原因だったものは12パーセントに過ぎず、残りの88パーセントは最低でも他に一つは病状があった。

なぜイタリアでは致死率が異様に高かったのか、これで分かりました。いると考えるべきだと思う。それは、感染爆発で医療崩壊してしまったために、死んでしまった高齢者をみなコロナ感染死でカウントしてしまったとしか思えないからだ。

実際、死亡者の半数は、事前に3種類以上の疾患を抱えており、4分の1は1、2種類の疾患を抱えていたという。また、死亡者の平均年齢は約80歳であり、死亡率10%以上という異常な結果をもたらしているのです。
WHO、そしてその裏には意図的にコロナによる死亡=コロナは危険という意識を誘導しようとしている影が見え隠れしています。

世界の裏側ニュース『検査なしでも死因をコロナとするように指示:WHOの新しいガイドライン』より引用します。

 にほんブログ村 環境ブログへ

WHOが新型コロナウイルスに関する新しいガイダンスの中で、「新型コロナウイルスに感染しているおそれがある」と判断される場合には、ウイルスの検査をしなくても「死因を新型コロナウイルスにするように」という指示を、世界中の健康機関に出しています

これまでは世界中、特にアメリカの医師などから「内部告発」という形で市民間で伝えられてきたことですが、現在ではこれが「公認の事実」になっているということです。
現在では、日本国内でも同じような事象が多く起き始めているようで、いくつかの情報を見かけました。
これにより、新型コロナウイルスを死因としない「新型コロナウイルスによる死亡者」がさらに増える可能性があります。
さらに下の記事の一つでは、「救急救命治療」が必要とされる人たちが、「コロナに感染」することを恐れ、病院に行かずに自宅で死亡するケースが多発しているという現場のお医者さんの発言もありました。
また、最近見かけたツイッターでは、コロナではない肺炎で救急で入院した人「延命措置」を受けることを希望していたにも関わらず、病院で延命措置や人工呼吸器を拒否されたという情報もあります。これも下に貼っておきます。
たしかに現場での判断次第だというのもわからないでもないですが。。。
アメリカで「新型コロナウイルスによる死者数が増加」しているのも、「偽陽性判定続出の方法で検査して陽性判定が出た場合」や「ウイルス検査なしでコロナと診断場合」のみならず、それに加えて「感染を恐れて入院せずに、他の原因で死亡」した場合も含まれている可能性があるということです。
コロナの「大流行」によって、他の深刻な疾患の方にも負担をかけていることもわかります。
コロナの死者数が国によって全く異なる理由:死者数が水増しされていると専門家が指摘
以前は、こちらの記事によればイギリスやイタリアでは「一応検査はして陽性判定が出れば、それを(実際の死因かどうかを確認することなく)新型コロナウイルスによる死者」とされている、と言われていましたが、そこからさらに一歩「前進」してしまったようです。
まあ、同じく先日の記事の検査方法の「根本的な問題」を考えると、それを熟知しているWHOが「検査はもういいから」と言い始めたことも納得ですが。。。

死因に限らず、今イギリスに入院するともれなく?コロナ陽性判定をつけられるという報告も多くの市民から訴えられています。この件については、身近な人からも聞いています。病院に「検査もしてないのに!」と訴えても聞いてもらえないそうです。

*******************

WHO:新型コロナウイルス(COVID19)感染の「可能性」がある場合は新型コロナウイルスによる死亡とするようにと世界中の病院に指示(ウイルスの検査は不要)

The WHO Announces “Suspected” Cases of COVID-19 Should Be Written As COVID-19 Deaths (No Virus Test Required)

4月8日【Waking Times】https://www.wakingtimes.com/2020/04/08/the-who-announces-suspected-cases-of-covid-19-should-be-written-as-covid-19-deaths-no-virus-test-required/

WHOが発表した新しいガイドラインでは、医学的・科学的な統合性が衝撃的なほどに無視されたものだった。ウイルスの検査を行うことなく、新型コロナウイルスによるものと疑われる場合には公式の死因を新型コロナウイルスによる死亡とするようにとしている。

WHOの新しいガイドラインへのリンク(PDF)

www.who.int/classifications/icd/covid19/en/

PDFファイルの8ページ目
(訳注:上記のリンクは、携帯電話・スマホからだと開けることができない場合があります。その場合はお手数ですが、パソコンからアクセスしてご確認ください。下のリンクは小型デバイスでもアクセス可能です。)

https://icd.who.int/browse10/2019/en#/U07.2

この文書によると、
U07.2 新型コロナウイルス、ウイルス未検出の場合
・臨床的・疫学的に新型コロナウイルスと診断された場合(ウイルス検査なし)
新型コロナウイルスと疑いがあるものの、検査によって陰性が出た場合

にはそれぞれ、指定のコードを文書の作成に用いるようにという指示があります。

つまり、世界で最も権威があり、最も信頼がおけると思われていた保健機関WHOが、ウイルス学的証拠や確認をベースにすることなく、単に「コロナに感染」したと思われる症例において新型コロナウイルスによる死亡と認定するよう、世界中の医療機関に指示したということです。

*******

アメリカ政府の健康統計機関NVSSが、新型コロナウイルスによると疑わしい症例については、新型コロナウイルスによる死亡とするよう病院に指示
The US Gov. Health Statistics Agency Directs Hospitals to Confirm Suspected COVID-19 Deaths As Confirmed

4月3日【Green Med Info】https://www.greenmedinfo.com/blog/us-gov-health-statistics-agency-directs-hospitals-confirm-suspected-covid-19-deat1

・・・これはWHOのガイドラインに従っているだけのようです。

NY市:一度も検査を受けたことのない人の死因を新型コロナウイルスによる死亡として数千人を追加する
NYC Adds Thousands of People Who Never Tested Positive to Coronavirus Death Count
4月15日【The Western Journal】https://www.westernjournal.com/nyc-adds-thousands-people-never-tested-positive-coronavirus-death-count/

*******

NY市:感染を恐れて病院に行かずに自宅で死亡した場合でも、新型コロナウイルスによる犠牲者としてカウントされる可能性
Died at Home Because You Were Too Scared to Go to the Hospital? You’re Probably a COVID Victim, New York City Decrees

4月10日【Anti Empire】https://www.anti-empire.com/より翻訳

Daily Beast誌によれば、「NYの5つの区において、今週のこれまでの時点だけで、256人の方が自宅で死亡」したということです。NY市における一日当たりの平均死亡者数は25人でしたので、これは大きな増加となります

新型コロナウイルスのパンデミックがこのような死亡者数の増加をもたらしたのでしょうか?

でもこれは、メディア報道が炎上させているような意味とは異なります。

最近のNYTimes紙上の記事では、アメリカ全土において心臓発作などが起きた場合に患者が病院に行かないケースが出てきている、とある医師が詳しく説明しています。

驚いたことに、救急救命のケースの多くが消えてしまったのです

心臓発作チームと脳卒中チームは、常に急いで命を救う態勢を整えていますが、ほとんどが待機状態になっています。

これは私の病院だけではありません。

私の同僚の心臓病専門医は、心臓病の診察がCovid-19に関連するものを除いて減少していると教えてくれました。

心臓専門医のオンラインコミュニティである@angioplastyorgが行った非公式のTwitter投票では、回答者のほぼ半数が、心臓発作の入院が40〜60%減少していると報告しています。

60%以上の減少を報告した医師は約20%となっています。

さらにこれは、心臓発作や脳卒中だけではない可能性もあります。

同僚たちはTwitterで、急性虫垂炎や急性胆嚢疾患など、他の多くの救急救命の減少を報告しています。

このような状況の説明として可能性があるのは、人々が病院に来てコロナに感染するよりも、自宅で苦しむ方を選んでいるのではないか、ということです」

(翻訳終了)

****************

イギリス人女性のツイッターより。

嬉しいことに、こちらの方の旦那さんは今のところ、安定された状態のようです。

https://twitter.com/gtto_reddead/status/1251979909452509185

ツイッターの内容:

「ツイッターのみなさん、助けてください!

私の夫(53歳)が、新型コロナウイルスではない肺炎で入院しました。

最初に救急医療の医師が私に聞いたことは、あの質問でした。

私たちは蘇生措置拒否(DNR)の書類には署名しないとはっきりと伝えましたが、その医師は、それは臨床決定によるもので、蘇生処置はしないし、人工呼吸器も提供しないというのです!

そんなことがあってもいいんですか?!」

List    投稿者 asaoka-g | 2020-04-30 | Posted in G.市場に絡めとられる環境問題, N.健康・医療・食品No Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.sizen-kankyo.com/blog/2020/04/4658.html/trackback


Comment



Comment


*