2006-10-03

ココアが体にいいって、本当??

tonyu-img.jpg
チョコレート・ココア国際栄養シンポジウムなどで健康効果についての学術発表がなされ、それをもとにして人気テレビ番組で、ココアはポリフェノールを含む健康飲料であり、ピュアココアに入っているリグニン(食物繊維の一種)が腸管の掃除に役立つ(朝に飲むと効果的)として紹介され、この事から一時社会現象にまでなり、スーパー等小売店では関連商品の売切れ及び品薄が相次いだ。(ウィキペディアより

みのもんたさんが、テレビで「ココア」が体にいい!と発言しブームになった時、
ココアを買いにスーパーに走った人もいらっしゃるのではないでしょうか
よ~く、思い出してみて下さい
その時、どんなココアを買われましたか
また、あなたなら、この中でどのココアを買いますか

 にほんブログ村 環境ブログへ


お気づきでしょうか
実は、ココアは2種類あるんです
①ピュアココア(別名:純ココア)
②ミルクココア(別名:インスタントココア)

同じ‘ココア‘でも含まれる栄養素は、この通り
(文部科学省 「五訂増補日本食品標準成分表」 参照)
カロリーは、ピュアココアが271Kcalに対して、ミルクココアは412Kcal
しかし、そのほかの栄養素は、ミルクココアの方が軒並み低い

え~ なんで
こちらをご覧下さい
ポリフェノールは抗酸化作用が知られるにつれ、それらを多く含むチョコレートやココアなどのカカオ由来食品が注目された。しかしカカオにはカカオ油脂も多く含まれ、またカカオが本来は苦いために砂糖がふんだんに用いられているため、当然ながらチョコレートはカロリーが非常に高い。市販のココア飲料も同様な事が多い。このため、脂質や糖分の過剰摂取により、高脂血症や糖尿病の悪化を招くなどの問題も発生した。
そうなんですっ
いくら体にいいって言っても、大量に砂糖を加えたり、カロリーを考えずにガブガブのんだら、
別の問題が出てくるんですっ

また、お医者さんからこんな意見も・・
みのもんたさんが番組で取り上げたモノ、これは食品であったり、生活習慣であったりするわけですが、これを患者さんが真面目に実行してしまい医者のすすめる治療の妨げになっている状態を、医学界では『みのもんた症候群』と呼んで問題にしています。
み、みのもんた症候群・・
も、もしかして・・私たち、みのもんた(マスコミ)に踊らされてる・・
マスコミの垂れ流す情報をそのまま鵜呑みにしていては、危険
よく考えてみたら、それだけ食べりゃ健康になるなんて食べ物なんて、ない
本当のとこ、どうなん 健康って何だー
みんなで事実を追求していきましょう
やまずん
ランキングに参加しています。クリックお願いします。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.sizen-kankyo.com/blog/2006/10/8.html/trackback


コメント1件

 経皮毒を知って経皮毒を防ぐデトックス大作戦 | 2006.11.25 15:41

ダイオキシン吸収の新ルート・経皮毒とダイオキシン

ダイオキシンは合成界面活性剤が水道水に含まれる塩素に反応して発生するという説や・・・・

Comment



Comment


*