2011-06-30

プレートテクトニクス説のウソ⇒『新地震の仕組み』その7~プレートテクトニクスを補強するために考えられたアスペリティー

asperity50%5B1%5D.png

 GPS観測によると、変動が目立つのは浜松市付近で、二〇〇一年三月から九月にかけて南東方向に約一・五センチの動きが確認された。フィリピン海プレートの沈み込みで北西に押される通常の動きとは逆になることから、この動きが「スロースリップの発生を強く示唆しているといえる」と説明した。(静岡新聞/東海地震より引用)

2001年に発表されたこのスロースリップ(ゆっくりすべっている)の事実は、従来のプレートテクトニクス理論で唱えられているような摩擦によって地震が起こると言い切ることができず、自然と力が開放されていくこともありうるということを明らかにしました。そう!これまでのプレートテクトニクス理論では有り得ない事実だったんです!

そこで出てきたのが「アスペリティー」という考え方。
アスペリティーを簡単に説明すると、プレート説でいわれているような摩擦ではなく岩石が引っかかってプレートに力が加わり、岩石が砕けた時に地震が起こるという考え方です。たしかにびよ~んと戻った時に地震がおこるという従来の説より実感とも合致している気がしますね

では、「アスペリティー」を詳しく勉強していきましょう :wink:
ポチポチっと応援よろしくお願いします
ありがとうございます

(さらに…)

  投稿者 coro | 2011-06-30 | Posted in D03.地震No Comments » 

「原発問題から次代のエネルギーを考える」グランドセオリーついに発売!!

b8b76472f6b44c7aa386e357e9183d3f.jpg
(グランドセオリーのご購入はこちらをクリックしてください)
ついに、この自然の摂理ブログで、長年・深く追求してきた、原子力発電所と次代のエネルギーについての、グランドセオリー
「原発問題から次代のエネルギーを考える(上巻)」(GTシリーズ:VOL.11-1)
が発売されました
(グランドセオリーについては、こちらを参照
今回のGTで伝えたいのは、
「私たち自身が当事者として社会を作っていく時代」
になったんだと言うこと。
3.11東日本大震災を受け、福島第一原子力発電所の問題がおこりました。
今まで、問題と思っていた人たちも、まったく自分と関係ないと思っていた人たちにも、全ての人に同じように現在、放射性物質の問題が、襲い掛かっています。
そして、今この時を生きている人たちだけでなく、自分達の子供も、その子供達も、その孫達も・・・・これから、月日が経つにつれて、問題の重要性が明らかになっていきます。
自分達だけではなく、これからのために、考えるときがきました。
本当はもっと知りたいけれど、TVをはじめ、マスコミは真実を語りません。そのため、「不安をあおられたくない」と、問題から目をそむける意識さえ、でてきてしまっています。
でも、事実を知れないから、不安なのであって、事実を捉える事ができれば、人は必ず「じゃぁ、どうする?」と考え出します。
そして、そう思った人たち”みんな”で、考えることができます。そんな、入口になるのが、この1冊です。
ぜひ、手にとってほしいので、中身を少し紹介していきたいとおもいます

(さらに…)

  投稿者 nisi-miw | 2011-06-26 | Posted in F03.原子力発電ってどうなの?No Comments » 

次代を照らす太陽エネルギー4 ~太陽エネルギーはどのように地球に到達しているか~

みなさんこんにちは
しばらくお休みしていた「太陽エネルギーシリーズ」ですが、再始動することになりました。

%E5%A4%AA%E9%99%BD%EF%BC%92.jpg
(写真はリンクさんよりお借りしました)

シリーズ4回目の今回は、

 (4)次代を照らす太陽エネルギー4 ~太陽エネルギーはどのように地球に到達しているか
について探っていきます。

***************************************
過去のバックナンバー
(1)次代を照らす太陽エネルギー1 ~プロローグ~
(2)次代を照らす太陽エネルギー2 ~太陽の誕生と、宇宙の秩序のはなし~
(3)次代を照らす太陽エネルギー3 ~太陽の中心から生まれるエネルギー~
***************************************

応援よろしくお願いします。

(さらに…)

  投稿者 isgitmhr | 2011-06-25 | Posted in E09.太陽エネルギーNo Comments » 

使う必要なし!作る必要なし!!~想いを繋げよう♪4~

こんにちは
「想いを繋げよう」シリーズ、第4弾です
これまでのシリーズは、
イケてないよ!学者さんΣ( ̄□ ̄;~想いを繋げよう♪~
“想定外”って…(*゚Д゚) ?想定するための材料集めてた?~想いを繋げよう♪2~
原発は、知れば知るほど、無計画~想いを繋げよう♪3~
 
 
震災以降、『計画停電』や『夜間電力利用で省エネ』など、みんなで協力していこう って工夫しながら取り組んでいますよね
 
実は、そんなみんなの想いが利用されていることがわかりました
 
%E6%83%85%E5%A0%B1%E6%93%8D%E4%BD%9C%E6%96%B0%E8%81%9E.jpg
ついっぷるフォトより引用
 
 
みなさんは知っていますか?
夜間電力の利用推進が省エネが目的なのではなく、原発を増設するためであったことを・・・。
応援よろしくお願いします
  

(さらに…)

  投稿者 sugaiku | 2011-06-22 | Posted in F03.原子力発電ってどうなの?No Comments » 

プレートテクトニクスのウソ⇒『新地震の仕組み』その7~プルームテクトニクス

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=600&t=6&k=0&m=249716前稿まで、るいネットのシリーズ投稿を紹介してきましたが、ここで改めて、地球の構造や地震のメカニズムを勉強し、不明点を明らかにして、『新地震の仕組み』を追求していこうと思います。
Image165.gif
図版は 地球資源論研究室さん よりお借りしました、以下の図版も同じです。
この絵はプレートテクトニクスの発展形、プルームテクトニクスという考え方です。
プレートテクトニクスは、地殻の動きを説明しますが、その下の世界の説明が出来ていません。プレートは大陸の下に沈み込んだ後、どこへ行くのか?どうなるのか?分かりません。これを説明する為に作られたのが、プルームテクトニクスです。
ぜひクリック↓お願いします。
  

(さらに…)

  投稿者 hihi | 2011-06-21 | Posted in D03.地震No Comments » 

福島第一原発・・・使用済み核燃料プール内の放射線量を推計する

untitled%E3%81%B7%E3%83%BC%E3%82%8B.bmp
4号機使用済み核燃料プール画像。東京電力発表:水中カメラで撮影。核燃料棒が保管されている。瓦礫などの散乱も伺える。
前回の記事では、福島第一原発の原子炉内の放射能量を推計しました。
引き続き、今回は使用済み核燃料プール内の放射能量を推計します。
使用済み核燃料とは、原子炉で大体2.5年から3年間燃焼させた後に取り出した核燃料で、非常に強い放射能を持つと言われます。その根拠は使用前と比べて猛毒であるプルトニウムの量が増えるからだと言われています。
これは言わば燃えカス、ゴミなのですが、将来再処理やプルサーマルというリサイクルに使用するという目的で「使用済み核燃料」と呼んでいます。けれども強い放射能を持ち、しかもどこにも捨て場がないことから、原子力発電所内に置いておくしかない状態です。
使用済み核燃料は放射線を出すとともに崩壊熱を出し、その熱が更なる崩壊を促進します。ですから、半減期を迎えるまで長いものでは数万年の間、冷却する必要があります。そこで原子力発電所内では、いったん水をはったプールに入れて管理しているのです。
今回の事故では、プールの冷却装置にも被害が及び、放射性物質が発生しています。
原子力発電所が爆発でもしたら、使用済み核燃料プールの放射線量も当然、問題となります。
報道によると、4号機プールは50度くらいまで温度が上がり、湯気によって作業が困難になっているとのことです。
また1号機の湯気からは4000ミリシーベルトの放射線が計測されています。これはたった4分浴びたら即死、一瞬浴びても30日以内に死亡するとされている数値です。この事実からは、水をかけて冷却すれば絶対安心というわけではなく、放射能の発生をできるだけ防いでいるということにすぎないことがわかります。
それでは3月11日時点での福島第一原発の使用済み核燃料プールには一体どのくらいの放射能量があるのでしょうか。
今回も前回同様、
『福島第一原発の放射能量』
を元に展開します。

(さらに…)

  投稿者 hirakawa | 2011-06-17 | Posted in F04.東北地方太平洋沖地震~原発は必要か否かNo Comments » 

福島第一原発・・・炉内の放射能量を推計する

o0600048211249044275.jpg

写真解説:放射線の分布を測定できる「ガンマカメラ」で撮影した福島第1原発1号機の原子炉建屋1階。放射線量が高いところは赤色、低いところは青色に着色されている=20日(東京電力提供)

これまで「メルトダウンはあり得ない」「原発は安全」だと報道されてきました。しかし、今になって1~3号機全てがメルトダウンしていたとの発表があり、政府やマスコミの出す情報にはいよいよ信憑性が無くなってきました。

このような情報統制が敷かれているということは、危険な状態は今も続いているということの証明でもあるでしょう。

こういった状況に対し、今後どのように行動し、対策を講じていかなければならないのか?それらを私たち自身で判断していくために、最悪の事態を想定し、まず福島第一原発にはどの程度『放射能』が存在しているのか?について調べてみました。

しかし、重要な値にもかかわらずこの値はちゃんと公表されていません。よって、複数の公表データをもとに推計し、わからない部分は仮定も含めて算出しました。かなり細かい表なのでダウンロードして使用してください。

『福島第一原発の炉内の放射能量の推計』

また、データがない部分は多くの推定が入っていますので、より正確なデータや推定方法をお持ちのかたはぜひコメントしてください。

これ以降本文では、この表の代表数値のみの簡易表に変換した内容で記事を書きます。これは、表の説明も兼ねています。細かいですが最後までお付き合いいただければ幸いです

(さらに…)

  投稿者 sinsin | 2011-06-13 | Posted in F04.東北地方太平洋沖地震~原発は必要か否かNo Comments » 

プレートテクトニクス説のウソ⇒『新地震の仕組み』その6~熱膨張によって地殻に働く力→破断と岩盤の再溶接

前回は熱移送説の仕組みについて扱いました。
続いて今回は地殻にはどういう力が加わるか、どんな現象が起きているのかを追ってみましょう。
%E5%99%B4%E7%81%AB%E3%81%AE.bmp
2011年の霧島・新燃岳の噴火
写真はFISTORIA様より借用しました。
それでは今回の話に入る前にクリックお願いいたします。

(さらに…)

  投稿者 kz2022 | 2011-06-10 | Posted in D03.地震No Comments » 

原発は、知れば知るほど、無計画~想いを繋げよう♪3~

「想いを繋げよう♪」シリーズ、今回で第3弾です。
今までのはこちらです。
想いを繋げよう♪~イケてないよ!学者さんΣ( ̄□ ̄;~
想いを繋げよう♪2~“想定外”って…(*゚Д゚) ?想定するための材料集めてた?~
この驚きの事実、みなさんは、知っていますか?
こんなにも原発が無計画だったということ。
%E3%82%82%E3%82%93%E3%81%98%E3%82%852.jpg
「高速増殖炉・もんじゅ」
   
    
応援よろしくお願いします
 

(さらに…)

  投稿者 miwa | 2011-06-09 | Posted in F03.原子力発電ってどうなの?No Comments » 

原発事故で、放射能はどのように拡散するのか? 3.放射能物質の拡散は、地形・風向・降雨による

前2回では、原発事故後の福島県、関東・首都圏への放射能物質の拡散状況をみてみました。 
 
今回は、その拡散状況が、どのような要因で生じたのかを分析します。 
現在も、小規模な放射能物質の放出が続いていますので、拡散を決める要因は重要なことです。 
 
図は、グーグル・アースによる福島第一原発とその周辺の俯瞰図です。 
 
第一原発のある地域は、福島県の「浜通り」と呼ばれ、海岸線に沿って平坦な地形が南北に広がっています。そして、その西側には標高数百mから千mの阿武隈山地が存在します。 
 
 chikeiphoto.JPG 
 
この地形を念頭に入れて、風向を確認しました。12日~15日の爆発による放射能物質は、風にのって、北西方向に飛来していきました。 
 
さらに、降雨(降雪)があると、空中の放射能物質が、雨と共に地上に降りてきます。降雨も関係してきます。 
 
1.北西方向に風が吹き、阿武隈山地を越えて、高濃度の放射性物質が拡散 
2.高い奥羽山脈に阻まれ、東向きの風に押し戻されて、中通りを南下 
3.20日以降の南向きの風、絞られた地形、降雨が合わさり、首都圏のホットスポットが生じた 
 
本文に行く前にクリックをお願いします。 
 
  
 

(さらに…)

  投稿者 leonrosa | 2011-06-08 | Posted in F04.東北地方太平洋沖地震~原発は必要か否か6 Comments » 
1 / 212