2019-02-10

米・ロ・中は、すでに宇宙戦争の段階に入っている

 にほんブログ村 環境ブログへ

トランプ大統領は、1月30日、政権2年目の施政方針を示す一般教書演説を行った。

https://www3.nhk.or.jp/news/special/45th_president/articles2/special/the-state-of-the-union-address/index.html

この中で、トランプは「北朝鮮の脅威との対決」と「国防の一環として、核戦力を近代化と再建」を掲げています。これは共和党を支持する保守派の集票を意識してのものですが、一方で、トランプが北朝鮮の不動産・カジノ利権の確保を狙いながら、北の脅威の低減を中国に押し付けていることは間違いないでしょう。

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=600&t=6&k=0&m=336565

では、核開発についてはどうかというと、実態問題として、世界の最先端の軍事開発競争は、もはや世界共認において使用不能となった「核」ではなく、「レーダーや電磁波兵器」へと移行しつつあり、トランプも「宇宙戦争」に言及しています。ここでのポイントはトランプが「宇宙軍を空軍とは切り離す」ことを提案していることで、実際、「空軍」はこのトランプ提案に反発しています。トランプの狙いは旧軍産複合体によって支配され暴走を続ける「空軍」を撤退させ、「宇宙軍」という新しい利権を再構築したいということでしょう。

http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2018-11/22/content_74198690.htm

逆に言えば、アメリカの軍事力は、旧軍産複合体に食い物にされて進化を止めているのに対して、ロ・中の軍事力が急展開を遂げたことに、トランプは危機感を持っているということでしょう。そうしたトランプの国力衰退への危機感は、他方で、ファーウェイ事件にもつながっています。

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=600&t=6&k=0&m=343032

さて、このようなロ・中・米の軍事競争の実態を踏まえるならば、アメリカが先行して進めてきたHAARP技術に対して、ロ・中が肉薄あるいは既に追い抜いている可能性を否定できません。

だからこそ、昨年の北海道地震を引き起こした真犯人探しは難しいのです。逆に言えば、ロ・中・米の緩衝地帯にある日本は、双方のHAARPの実験場と化しているのではないでしょうか?そして日本政府が、そのことを知っていることは地震直後の対応の速さからいって間違いないでしょう。

以下は、http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-4647.html カレイドスコープの過去記事からの引用です。

HAARPが軍事目的のために開発されているとすれば、それは熱核戦争に備えたものであるばずです。軍事目的の面については、文字どおり、他国から発射された核弾頭ミサイルを迎え撃つ迎撃用の兵器として開発されたものでしょう。

米・ロ・中は、すでに宇宙戦争の段階に入っている。・・・米ロとも、地上戦の時代を終えつつあり、宇宙戦争のフェーズに入っているのです。

この点で、ロシアは宇宙兵器の開発に凄まじい勢いで取り組んできました。ロシアの電磁波兵器は、実際に同盟国のシリアを守るために使われているとのこと。もはや、ロシアの軍事力は、アメリカと同等か、すでに追い抜いています。

アメリカも、ロシアに対抗するために、DARPA(ダーパ)という新時代兵器・開発研究機関を設置して、スターウォーズに出てくるような宇宙兵器「神の杖」や、大気圏の上層部をマッハ20で飛行する無人極超音速機のような大気圏戦争時代に備えて、宇宙兵器の開発に地道な努力を重ねてきました。

アメリカは、宇宙での軍拡競争が進めば、大気圏での軍事衝突の危険がある、と警告していますが、ロシア側は、「それは避けられない」とアメリカを恫喝しています。

中国もまた、実戦で使用できるレベルまで到達しているかどうかは確認できてはいないものの、EMP電磁パルス兵器の開発に力を入れています。

それは、ターゲットとする広範囲の宇宙空間で、電磁パルス(EMP)によって高高度核爆発を起こしたり、強烈な電磁波によって広範囲にわたって大規模停電などを引き起こすことのできる宇宙兵器です。

それは、たとえば、宇宙空間から相手国のインフラを襲撃することによって物資の輸送ルートを遮断したり、原子炉の冷却システムに電源喪失をもたらすことができます。
中国は、実際にそれを配備し始めていると伝えられています。

そして、TOCANAは具体的にロ・中のHAARPについて言及している。

https://tocana.jp/2018/12/post_19138_entry.html

今年6月、ロシアと中国が共同でとある実験を5回行った。地球大気に高出力のマイクロ波を照射し、電離層に人為的に介入する実験だ。中国紙「South China Morning Post」(11月17日付)が報じている。

操作領域となったのは、冷戦中に旧ソビエト連邦が設立した電離層加熱施設「スラ基地」があるロシアのヴァシリスルスクの上空高度500km。スラ基地の高周波電波の最大出力は260メガワットに上るが、これは小さな町1つを照らすのに十分な量だ。

実験中には中国の電磁場観測衛星「Zhanghen-1(ZH-1)」が、実験中の大気データを地球軌道上で収集。効果的な測定を行うために、実験領域にフライバイした際には、センサーを通常よりはるかに高速な“バーストモード”に切り替え、0,5秒毎にサンプルを分析した。

6月7日に行われた実験では、12万6千平方km(ブリテン島の約半分)もの範囲の空で物理的なかく乱を引き起こし、通常の10倍の負の電荷を帯びた粒子による電気スパイクが観測された。続いて6月12日に行われた実験でも、粒子の流れによって高高度でイオン化されたガスが摂氏100度超えたそうだ。

平和を享受している裏で、既に「宇宙戦争」は始まっている。そう認識することなしに、私達、普通の人々に未来はありません。

List    投稿者 tutinori-g | 2019-02-10 | Posted in G.市場に絡めとられる環境問題No Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.sizen-kankyo.com/blog/2019/02/3956.html/trackback


Comment



Comment


*