2014-04-09

ガンの真因と栄養学の嘘4~肉食だから癌になるのか?

前回の最後の疑問は、以下のものでした。

>なぜ肉食に適応した人類が肉食で病気になるのか?という疑問が出てきます。

チャイナレポートは肉食こそが癌の原因というものでした。確かに、動物性たんぱくと脂肪の大量摂取は癌への近道であるというのは実感としても理解できます。

しかし、人類の進化史からすると、なぜ?、となります。肉食を中心とする雑食に適応してきたのなら、なぜ、肉食が体を蝕むのか?

そこで、肉食か、菜食かという比較だけではなく、もっと他の傾向が出てこないか、全世界に視野を広げ、国別の癌死亡率がどうなっているのかを見てみます。

All Cancers Death Rate Per 100,000 Data Source: WHO 2011から
http://www.worldlifeexpectancy.com/cause-of-death/all-cancers/by-country/

Age Standardized(年齢補正)となっており、「長寿命=癌になりやすい」ことを補正しているようです。

  癌死亡率国別map

 

 にほんブログ村 環境ブログへ

グレーの部分は未調査ではなく、癌死亡率の低い地域です。平均寿命が短くとも癌で死亡すればその比率を考慮しているわけですから、平均寿命が短い地域は軒並み比率が上がりそうなものですが、アフリカ中央部、インドなど南アジアは、癌死亡率が非常に低くなっています。

これは、一般的に、癌が先進国病であることを示していると思います。
国別の表にしたものが以下です。

 癌死亡率国別

もう少し詳しく、国別にみると、必ずしも先進国=癌になりやすいとはなっていません。単純には、先進国病というのは正確ではありません。赤色の癌死亡率上位国は東欧、中央アジア、しょ島国家などが多くなっています。

もう一つ、一人当たりの肉食量の多さを国別に表した地図があります。 赤い色の濃い方が肉食量の多い国です。(ただし、シーフード・魚はこの肉食には入っていませんから、動物性蛋白でくくると、少し変わってきます。今回は、チャイナリポートで直接的原因とされている肉食をターゲットとして見ていきます。)

肉食量

 これを見ると明確ですが、肉食量の多さと、癌死亡比率は完全には合致していません。大きな色の濃淡では傾向が一致していますが、肉食こそが癌の原因なら、アメリカ、スペイン、オーストラリア、アルゼンチンなどが、上位にくるはずですが、そうもなっていません。つまり、この表と地図を見る限り、癌の第一原因が肉食であるとは言い難いのです。 

ではどこに原因があるのでしょうか?

癌死亡率の高いとなっている国は、アメリカ・西ヨーロッパなのど最先進国ではなく、近年、豊かになり経済発展を遂げている国々という共通項が見えると思います。つまり、市場化が進み食のグローバル化、現代食化が急激に進んでいるが、先進国病・成人病への対応はまだ出来ていない~そんな国々ではないでしょうか。

原因の一つに現代食というのがあるでしょう。この世界地図のグレーの範囲のように貧しく、古くからの伝統食のみが食事であるような地域以外は、世界中が市場化された現代食に犯されて来ています。

現代食の問題は、

①バランス :それぞれ民族の伝統食ならば、生き続けるために追求されてきたの食様式があるのですが、それを無視してしまっているのが現代食です。
②化学物質 :近代化に伴い、あらゆる部分で自然の摂理に反する弊害。市場化された食にはつきものの物質です。
③量  :栄養が少なく偏っていても、大量の食事を安価に供給するシステムが市場化です。

の3つくらいが考えられると思います。
この内、①②は、間違いなく癌と関わりがあると思われます。癌とは体内の毒素が固まったようなもの(癌とは何か?は別のシリーズとして扱う予定です)ですから、この2つは必ず悪影響を与えているはずです。

そして、癌のイメージと「量」は直接的に結びつきませんが、現代食を考えるときに避けて通れないのが、過食の問題です。そもそも、成人病に至る要因として、脂肪やコレステロールの過剰摂取が言われますが、結局、量が問題になっているのではないのか?

癌の第一原因は肉食か、食べる量か。次回から、このあたりを見極める調査をして行こうと思います。

 

 

 

 

List    投稿者 karada | 2014-04-09 | Posted in M.心と身体の自然の摂理, N.健康・医療・食品4 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.sizen-kankyo.com/blog/2014/04/1645.html/trackback


コメント4件

 通りがけ | 2014.04.20 19:52

◎テレビ撲滅宣言

テレビは万病の元「疫病神」でありテレビを持っている限り自分の手元からお金がどんどん吸い取られる貧乏の元「貧乏神」です。

なぜならテレビはアメリカが作った日本人のこどもを殺すための兵器であるという真実を隠すために、100%嘘ばかりを垂れ流しているのです。テレビが言うことは全部嘘です。

簡単に証明できます。
たとえば携帯電話。
世界中で携帯電話が脳腫瘍や白血病を増やすという常識が共有されています。イギリスでは16歳未満は携帯電話使用を国が規制しています。ところが日本ではどうでしょう。テレビで携帯電話を大々的にCM流して大人からこどもにまで思い切り売りつけています。それもただの携帯電話ではありません。プラチナバンドといって電子レンジのマイクロウェーブと同じ周波数帯のよりにもよってもっとも危険なバンドの電磁波を日本人の大人から子供までの脳に浴びせているのです。参考「地デジ電磁波で脳・免疫系障害」http://nueq.exblog.jp/17885085/

このような人道に反する悪虐非道な行いが平気で行えるのがアメリカ軍です。息を吐くように嘘を吐きながら。

よって私はテレビを日本から撲滅します。世界一賢い日本のこどもの脳をアメリカの殲滅兵器攻撃から守るために。

「世界一賢い日本のこども」
小6が暗唱:日本国憲法前文!
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=ePPDNN_QxME

日本国憲法前文
日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、
諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたって自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によって
再び戦争の惨禍が起ることのないようにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、
この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであって、その権威は国民に由来し、
その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、
この憲法は、かかる原理に基づくものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。
日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであって、
平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、
専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めている国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思う。
われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免れ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。
われらは、いずれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであって、政治道徳の法則は、
普遍的なものであり、この法則に従うことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。
日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓う。

この賢い小6女子と、60にもなって小学校の国語も算数も社会も理科も出きん安倍シンゾウとの間には人間とゾウリムシくらいの頭脳の格差があるよね。

 通りがけ | 2014.04.20 19:53

「とある医師の告白」

本日、RK奈良講演会
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201404/article_195.html#comment

Q 医者は何のためにいるのですか?
A 病氣をつくり、患者から金を巻き上げるためにいます。

Q 医者が癌になったら抗ガン剤を打ちますか?
A 271人中、270人が打たないと答えています。毒だと認識しています。がん利権は年間20兆です。ガンビジネスと呼ばれるビジネスなのです。

Q どういった医者がいい医者ですか?
A クスリを無闇にあげない医者です。利益ではなく、患者の健康を考えています。医者は点数制度でクスリを上げれば上げるほど利益になります。患者の健康ではなく、ポケットマネー欲しさに患者に毒を盛ります。

Q なぜ、病院で死ぬ人が9割なんですか?
A 老人虐殺マニュアルなどが存在しますが、香典や葬式で患者の富を貪るために、病院で死んでもらわないと都合が悪いからです。自然死が本来普通ですが、それを許さないように洗脳していきます。

Q 現代医学は薬物療法(アロパシー)が主流ですが理由は?
A ロスチャイルドに医療は牛耳られて、自然療法は利益にならないと弾圧され、お金を貪り人口削減できる殺人療法を現代医学に残しました。

Q 何故、大学病院には病人が溢れかえっているのですか?
A 一日で治る病氣を一日で治したらクビ、一週間で半人前、一カ月で一人前、半年で部長、一年で院長、要するに治ってもらったら困るのです。これを伝えた善意の医師は必ずクビになります。

              good by 現代医学より
心情党員8xKzyg6さん
2014/04/19 14:40
————————-

以上はすべて真実です。
もちろんGHQテレビは絶対に報道しません。テレビが脳症の原因であるというのとまったく同じ紛れもない真実だからです。GHQテレビマスゴミ霞ヶ関日本政府が言うことは100%すべて嘘ばかりなのです。GHQテレビは日本人を根絶やしにするためにナチスドイツ洗脳放送をさらに凶悪にした殺人兵器そのものなのです。

 通りがけ | 2014.04.20 20:11

◎テレビを撲滅して地位協定を破棄し伝統の菩薩常民国日本を再建しよう

高圧線の下の巨大な電磁界(電磁波)によって電源もなく灯る1,301本の蛍光灯
http://nueq.exblog.jp/17885085/

森永砒素ミルク中毒事件。明治セシウムミルク販売事件(これも事件すなわち企業犯罪です)。
テレビがGHQによって作られた世界一賢い日本人庶民の根絶を目的としたナチスドイツ開発の電磁波と視聴覚破壊映像を用いた殺人兵器であることは明らかな歴史的事実です。テレビで洗脳CMを流して毒やゴミを国民に強制的に買わせている、戦前からあって戦後も解体を免れた財閥系大企業はすべてGHQと結託しているのです。
アメリカはヒロヒトと共謀して沖縄無差別殺戮、本土都市大空襲、原爆投下と世界一賢い非戦闘員日本人庶民を何百万人も選択的に虐殺してきました。もちろん共犯のヒロヒトおよび戦前の大財閥系企業工場は無傷です。
終戦で米軍の兵器による日本人庶民虐殺ができなくなってから日本に乗り込んできたマッカーサーは世界一賢い日本人庶民が原爆でも空襲でも乗り越えて健在であることに恐怖し、ナチスドイツが開発したプロパガンダテレビによる大衆操作(脳破壊)を導入したのです。3S政策ですね。戦前からアメリカに共謀していた財閥系大企業がこぞって参加して日本人をこどものうちから脳や体を破壊して絶滅させるアメリカのたくらみにいっせいに協力して悪謀や悪知恵や悪業の限りを尽くすようになった。アメリカはもともと日本人を根絶やしにする目的で幕末からペリーを送り込んだのだから、日本人がもっとも大切にしているこどもの命を奪ってしまえば目的が達成できるわけです。これが戦後70年以上無法に占領されっぱなしの日本の真実です。

よって、われわれ世界一賢明なムー大陸伝統の菩薩常民日本人庶民は、ただちに日本からGHQテレビを撲滅して日米地位協定を破棄します。

 通りがけ | 2014.04.24 7:40

「GHQテレビ日本人皆殺し作戦」

>喫煙者が減っとるのに肺がん患者数は増え続けとるしね。
http://saigaijyouhou.com/?no=1618

この事実からわかることは喫煙は健康によいということだねw
つまり喫煙者が減って肺がんが増えたということは肺がんの原因はもともとタバコではなかった、ほかの原因で肺がんが増加していたのを喫煙の習慣が抑えていたということだ。だから肺がん抑制因子喫煙者が減ったら肺がんが増えたという至極当然の結果が現れた。

GHQ霞ヶ関厚労省がGHQテレビマスゴミを使って嘘八百を並べ立てて大昔から日本人が男女とも愛煙していたタバコの健康促進効果を隠蔽して官権力を用いて禁煙させて日本人に古来非常に少なかった肺がんを多発させて皆殺しを早めようという策謀である。

メタボ検診もまたGHQ厚労省とGHQテレビマスゴミの嘘八百日本人皆殺し計画のひとつである。古来日本人の健康と富を約束してきた七福神の大黒様布袋様を見ればわかるように、日本人はメタボ体型を長寿をもたらす一つの理想形として持っていたのである。

GHQテレビが日本人の命よりも大切な宝である可愛いこどもたちを脳症で殺しているという真実を隠すためにGHQ霞ヶ関厚労省と総務省NHKが全力で100%嘘八百を並べ立てて情報撹乱しているさまがくっきりと現れている。

Comment



Comment


*