2020-11-19

未知のRNAワクチン

新型コロナウイルスの感染者増加に戦々恐々となっていませんか?

何をどうやっても気温が低いとコロナウイルスは増えるのだから仕方ありません。インフルエンザウイルスが冬に増えるように新型コロナウイルスも増えるのは普通です。「ウイルスは自然の性質」に従ってるだけなのです。

仮に新型コロナウイルスが、この「通常のコロナウイルスの挙動と同じ」となった場合は、今後の 12月から 2月などの感染事例の増え方は、「現在の何倍」という規模になる可能性があるのです。

今年の春の終わりから新型コロナの感染者数が減ったのは、「規制やロックダウンを行ったため」と錯覚しているか、あるいは「今さら規制に意味がなかったと言えるわけがない」という部分もあるのでしょうけれど、いずれにしましても、「またロックダウンをやる」という可能性を否定できません。

いずれにしろ、社会全体が今のように「常軌を逸した数だけへのこだわり」を見せている限りは、事態は収まらないと思われます。

そんな中、ファイザー製薬が新型コロナのワクチンに成功したとのニュースがありました。このワクチン、本当に安全なのか、有効なのか?様々なことが気になってきます。


europeanpharmaceuticalreview.com

コロナウイルスと冬。そして未知の作用のRNAワクチンへの狂想』より引用します。

 にほんブログ村 環境ブログへ

「ワクチンは三月までに開発されなければならない」という意志


AP

これから冬になる中で、さらに感染確認数は増えていく可能性が高く、どうしようもなく感染数が増加し続ける中で、「ワクチンの登場」ということになりそうなんですね。

これが夏などに伸びてしまうと、今年同様に「自然に」コロナウイルスは消滅していきますから、それまでが勝負だと。

そして昨日、以下のような報道があり、アメリカのファイザー製薬が、最終段階の治験で「 9割以上の人に効果がある」と発表して、世界中の株価も急騰しました。

米で開発中のワクチン「9割以上の人に効果」…日本にも1億2千万回分供給へ

米製薬大手ファイザーは9日、開発中の新型コロナウイルスのワクチンについて、最終段階の臨床試験で9割以上の参加者に予防の効果がみられたとの中間結果を発表した。安全性の検証を進めた上で年内に最大で5000万回分、来年には13億回分の生産を計画していることも明らかにした。

今月中旬にも米食品医薬品局に緊急使用許可を申請する方針だ。ファイザーは日本政府との間で、来年上半期に1億2000万回分を供給することで合意している。 読売新聞 2020/11/10)

ワクチン開発社が、コロナウイルスの「季節性」を知らないわけもなく、冬期の時期までに完成させるという意気込みだったのでしょうが、それにしても、ワクチンの開発には、通常ですと、最短でも 4年くらい、一般的には 10年かかることも珍しくないものですが、「数カ月の開発期間」で市場に投入しようとしている。

どんなものだかわかったものではない、と専門家たちから言われても仕方ないような製品が市民に使用されようとしている。

さすがに、これには医師サイドからも疑問がでているようです。

「欧米人に打って安全性に問題ないと言われているが、どの程度の副反応が出ているのかもはっきりしない。…9割にどういう効果があったのかも分からないうちから『これは素晴らしい、ぜひ打ちたい』とは早計に言う話ではないのではないか」 (東京都医師会の会長の発言 THE PAGE

ファイザー製薬が開発したワクチンは、「 RNAワクチン」というタイプのもので、2回接種します。

そして、

「この RNAワクチンというのは、これまで人類が誰も打ったことのないワクチン」

なんです。

つまり、知られたことのない副反応が起きる可能性を否定することは難しいのです。

RNA ワクチンは、難しいことはともかく、メッセンジャー RNAという核酸を「体内に注射」し、その細胞に免疫機能を持たせようとするもので、もっと簡単にいえば、以下のようなものです。

これらはいずれも、ウイルスの設計図ともいえるRNAまたはDNAの断片を人体の細胞内に送り込み、体内で抗原を作り出して作用させるものだ。人間の体をワクチンの製造装置にしてしまう仕組みともいえる。 岡田幹治氏 / 論座

この記事には、専門家たちから「新型コロナの感染による被害より、ワクチンの副作用による被害の方が大きくなる可能性がある」という指摘が相次いでいるということにもふれています。

そして、先ほども書かせていただきましたように、新型コロナの「変異」はさらに加速していまして、最近も、

「従来の人間の免疫を回避する新しい変異株」

に関しての科学論文が発表されていました。

The circulating SARS-CoV-2 spike variant N439K maintains fitness while evading antibody-mediated immunity

この新しい変異株は「 N493K 」という名称がつけられているもので、この変異株が、

・人間が一般的に持つウイルス感染への抗体の免疫を回避する能力を持つ

・新型コロナウイルス感染症から回復した人にも感染する

というような特徴を持っているらしいのですね。

もうこうなると、新型コロナウイルスの変異種というより、「新々型コロナウイルス」と呼びたいものでもありますが、こういう「すでに最初の新型コロナとは免疫獲得の概念がまったく異なるウイルス」が、出回り始めているのです。

ふと、少し前に書きました、まさに「新々型コロナウイルス (SARS-CoV-3)」がすでに登場している感覚を持ちます。

2008年の論文にすでに出ている「新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)、そして次世代のコロナウイルス SARS-CoV-3」の意味がよくわからないですので、おわかりになる方にお願いします
投稿日:2020年10月24日

もし、今後何かの新しいウイルス感染症の流行が確認された場合、また数カ月でワクチンを開発して、それもまた RNA ワクチンのような「人類にとっての作用が未知のワクチン」であったりし続けるのでしょうかね。

ちなみに、アメリカのニューヨーク弁護士会は、「ニューヨーク州では新型コロナウイルスのワクチン接種を義務化するべきだ」と述べたことが報じられていますし、他にも「旅行や移動の際には、ワクチン接種証明書が必要となるようにすべきだ」というような主張をするヨーロッパの議員などもいるようです。

少なくとも、正式に「緊急使用許可」がアメリカで認可されたときには「作用の正体の知れない RNA ワクチン」が、数億人あるいは十数億人に接種される可能性があるということになってきています。

日本にも 1億3000万本やって来るそうですので、2回接種のワクチンということで、全体の人口の半数をカバーする数となります。

もともとのコロナウイルスの季節性から、とめどなく増加していく可能性のある新型コロナ。そして、その時期に投入される史上最速の開発で完成に近づくワクチン……。

ところで、今後、感染者数は増えますけれど、仮に患者数が実際に増えていくとしても、それは前半に書きましたように「自然の流れ」で、つまり「冬だから」ということですので、恐怖や不安を感じる必要はないです。

恐怖や不安を感じている方の中で、テレビを見る習慣があるようでしたら、「テレビを見ない」という方法もあると思います。特に報道やワイドショー関係は。

報道とは関係ない好きな番組だけ見て、あとは消すべきです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.sizen-kankyo.com/blog/2020/11/4904.html/trackback


Comment



Comment


*