2020-09-24

新しい太陽活動周期「サイクル25」が始まった

太陽には、様々な活動の変化に応じてある周期で区切る「太陽活動周期」というものがあります。
この周期は約11年ごとに巡り、1755年に太陽黒点の記録が始まって以来、その周期が数えられています。

ちなみに、第23太陽周期は1996年からは始まり、2008年1月で終了しました。
第24太陽周期は2008年1月から始まっています。その11年後は2019年ですから、現在は太陽周期の切り替わり時期にあたると考えられていました。

 Credit:David Hathaway/NASA

そんな中、NASA と NOAA (アメリカ海洋大気庁)が新しい太陽活動周期が始まったと発表しました。
では、太陽周期の切り替わりの合図は何でしょうか?

太陽は、太陽周期ごとに活動の最小値(太陽黒点とフレア活動が最小レベル)と最大値を繰り返しており、周期の起点は最小値となっています。
そのため「最小値の観測」は1つの周期の終わりと、新しい周期の始まりを意味しているのです。

では、どんな影響ができるのでしょうか?

『新しい太陽活動周期「サイクル25」が始まったとNASAとNOAAが公式に発表』より引用します。

 にほんブログ村 環境ブログへ

第25太陽活動周期が始まる

9月15日、NASA と NOAA (アメリカ海洋大気庁)が共同開催した国際的な専門家グループによる予測パネルで、

「新しい太陽活動周期であるサイクル25が始まった」

と公式に発表されました。


NOAA

前回のサイクル24の活動極小期は、2019年12月であったことも発表され、前回の太陽活動サイクルは、2019年12月に終了していたようです。

太陽は、約 11年程度の周期で、強い太陽活動の時期(太陽黒点が多い時期)と、弱い太陽活動の時期を繰り返しています。

太陽活動周期の観測が始まったのは 1755年のことで、その時の太陽活動を、「第1太陽活動周期 (サイクル 1)」として、それ以来、現在まで太陽活動周期が記録され続けています。前回のサイクル24は、2008年12月に始まったことが公式に発表されましたので、約 11年の周期だったとようで、比較的正常な時間的推移を示したようです。

そして 9月から太陽活動周期「サイクル25」に入ったわけですが、前回のサイクル24は、「過去数百年で最も弱い太陽活動の時期だった」ということについては、数年前から何度も記事にしていました。

それについての比較的新しい記事は以下のようなものです。

米NASAが次の太陽活動周期サイクル25は「過去200年間で最も弱くなる」という予測を公式に発表。2032年頃まで続くその環境の中の地球はどうなる?
投稿日:2019年6月23日

このように、NASA および、比較的多くの科学者たちは、これから始まるサイクル25も、前回の活動周期と同じように、

「かなり弱い」

と予測していたわけですが、9月15日の発表でも、その予測は同じでした。

以下は、NOAA の宇宙天気予測センターによるサイクル24の黒点観測結果と、サイクル25の黒点数の推移の予測です。


NOAA

この予測を見ますと、これから 11年前後続くと予測されるサイクル25は、サイクル24よりさらに弱い活動となる可能性もあるようですが、もう少し長い期間で見ますと、本当に弱い太陽活動であることがわかります。

サイクル1(1755年)からサイクル25(2020年)の黒点数の推移と予測

NOAA

上のグラフを見ますと、太陽観測が始まった過去約 260年の間で、最も太陽活動が弱かったことが記録されているのは、

・サイクル 5 (1798 – 1810年)
・サイクル 6 (1840 – 1823年)

ということになりますが、今回のサイクル5は、NASA や NOAA の科学者の予測が正しければ、過去 260年で最も低い規模の活動となる可能性があります。

なお、過去にもかなり似たような「非常に太陽活動が弱い時期」がありました。

太陽活動の弱い時期に起きていたこと

このサイクル5からサイクル6の時代は「ダルトン極小期」と名づけられていまして、以下のような時期でした。

ダルトン極小期 – Wikipedia

ダルトン極小期(は、1790年から1830年まで続いた、太陽活動が低かった期間である。ダルトン極小期は、地球の気温が平均より低かった時期と一致している。この期間、気温の変動は約1°Cであった。

この期間に気温が平均よりも低かった正確な原因は分かっていない。

ということで、地球規模で気温が低い状態が続いた時期でした。何しろ 40年間続いた極小期ですから、特に農作に大きな影響が出まして、ヨーロッパでは激しい飢饉が繰り返され、日本でも、

・天明の大飢饉 (1783年)
・天保の大飢饉 (1836年)

などが起きています。

世界の飢饉の年表を見てみますと、このダルトン極小期とその前後の太陽活動が非常に弱かった時代は、以下のような大飢饉が起きていました。

太陽活動が弱かったダルトン極小期に起きた世界の飢饉

・1773年 – スウェーデンで飢饉。
・1779年 – モロッコのラバトで飢饉。
・1780年代 – スコットランドで飢饉。
・1780年代 – 天明の大飢饉。
・1783年 – アイスランドで飢饉。アイルランドの人口の5分の1が死亡。
・1783年–1784年 – 南アジアで飢饉。
・1784年 – エジプトの広範囲で飢饉。
・1784年–1785年 – チュニジアで飢饉。人口の5分の1が死亡。
・1788年 – フランスで飢饉。
・1789年 – エチオピアで全域にわたる飢饉。
・1789年–1792年 – インドで飢饉。
・1800年–1801年 – アイルランドで飢饉。
・1810年、1811年、1846年及び1849年 – 中国で四度の飢饉。
・1811年–1812年 – スペインで飢饉。2万人近くが死亡。
・1816年–1817年 – ヨーロッパで飢饉。「夏のない年」。
・1835年 – エジプトで飢饉。20万人が死亡。
・1844年–1846年 – ベルギーで飢饉。

これらは記録に残っているものであり、当時の時代ですと、記録がない地域もとても多いと思われまして、これよりも広く地球規模で頻繁に飢饉が起きていたと思われます。

また、この時期には「火山の大噴火」が多く、上には、アイスランドなど、その噴火による飢饉も含まれていますが、火山の大噴火もまた「太陽活動の弱い時に多い」のです。

これに関しましては、2018年の以下の記事をご参照くだされば幸いです。

新燃岳の黙示録的な噴火の光景を見て思い出す「巨大地震と火山噴火が起きる本当の理由は、宇宙線の増加と太陽活動の低下」いう数々の研究結果。そしてこれからその時代区分が始まる
投稿日:2018年4月5日

もっとも、ダルトン極小期だった 1800年代初頭などの時期は、今のような世界的な流通もなく、農業システムも現在より脆弱な面があったでしょうから、地域的な飢饉は起きやすい状況ではあったとは思われますので、現在の世界で同じような気象状況となったとしても、当時のような深刻な飢饉になるということは「あまりない」と思います。

しかし、今の世界にしても、このほんの2、3年の気象の異常によって、つまり、洪水、熱波、低温、干ばつ、害虫(イナゴなど)による農業被害だけでもかなり深刻な影響を一時的であるにしても受けていることは事実です。

流通などは、パンデミックでも崩壊していますが、気象と気温の話だけに限定しても、

「そのような状況が、ダルトン極小期のように 40年間も続いたどうなるだろう」

とは思います。

太陽活動は、私たち人間社会と人間の心身のさまざまに大きく影響を与えているのですけれど、それについては、以下のカテゴリーなどをご参考下さい。

In Deep カテゴリー「これからの太陽活動」の記事一覧

また、パンデミットいうご時世がら、今年は医学論文などを読むことが多かったのですけれど、「太陽活動と身体活動に関する科学論文」というのがとても多いことに改めて気づきます。

あるいは国家の組織でも、たとえばアメリカ CIA の機密指定解除書類を含めた公開されている文書は、CIA がライブラリーで公開しているのですが、

「太陽活動周期 (solar cycle)」

という単語で検索しますと、この用語が 2477 回も CIA の公式資料上に見出されていることが表示されるのです。以下は、CIA のライブラリーで「太陽活動周期」で検索した時のものです。


CIA FOIA

ここまでの数になりますと、何かを探す気力も消えてしまいますが、医学でも、そして国家でも、太陽活動や太陽活動周期の研究は、かなりなされているものなのだなあと改めて感じました。

今回、医学記事を見ていまして、「太陽活動と人間の自律神経の関係」などについて、新しく得た知見などもありましたので、またいずれご紹介したいと思います。

なお、サイクル25での太陽活動が最も高くなるのは、2025年頃と予測されていますので、予測通りに推移すれば、

「社会の暴力性が最も高くなるのは 2025年前後にかけて」

ということになりそうです。

この「太陽と暴力の関係」については、以下の昨年の記事をご参照下されば幸いです。

戦争は? 革命は? … 次の新しい太陽活動「サイクル25」から考える2026年までの社会の動向
投稿日:2019年5月20日

これからのサイクル25の太陽活動の下の時代がどのようになるかはわからないですが、2020年という今年は、たった半年だけで、こんなにいろいろ変化してしまったのですから、どんなことについても、変化するのはあっという間ということになるのかもしれません。

List    投稿者 asaoka-g | 2020-09-24 | Posted in G.市場に絡めとられる環境問題No Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.sizen-kankyo.com/blog/2020/09/4849.html/trackback


Comment



Comment


*