2016-08-12

嫌煙風潮に目を隠され、追求すべき対象を見誤ってはいけない。

2016.08.12喫煙率と癌罹患率

2016.08.12薬の増加

今や多くの人が、テレビ・新聞などマスコミから出てくる情報、学校などで教え込まれてきた知識・認識に対し不信を感じ、事実追求への期待を高めている。それに応えるには、これまで常識としていたことについても、タブー・枠を設けず思考を解放し、問題・課題の原因を根底に遡るまで事実追求していく必要がある。

タバコ問題についても同様。タバコが諸悪の根源、万病の素のごとく、魔女狩り的な昨今の嫌煙の動きには違和感と危機感を覚える。好き嫌いの価値判断に流され終始するだけでは、事実を見極め追求すべき対象の本質が隠される。

癌の主原因としてタバコを問題にすることが常識となっているが、癌の根本原因は『人工物質』。

そして、添加物・農薬、薬品、放射線、電磁波などの人工物質の背後には、カーギル、モンサント、ロスチャイルド、ロックフェラーなど国際金融資本が存在する。

私たちは、昨今の行き過ぎた嫌煙風潮に目を隠されることなく、追求すべき対象を見誤ってはいけない。

癌があるのは化学物質を使用している国だけ より引用

◆ 癌は「化学物質を使用している国」だけに発生している

そもそも、世界の実地を見れば分かりますが、癌が発生しているのは「化学物質」を使用している国だけです。

先進国では「化学物質」が様々な分野で使用されており、発展途上国では「化学物質」が使用されておりません。

癌が多発生している国というのは「化学物質」を使用している先進国だけであり、「化学物質」を使用していない発展途上国には今も癌はほとんど発生していない‥、これが世界に現われている実地的事実なのです。

この「化学物質を使用している国でなければ、癌は発生していない」という世界の実地が示しているのは、やはり『化学物質が癌を生み出す「最大の根本原因」である』という「答え」なのではないでしょうか‥。

現代の日本人が暮らす日本社会をよくご覧ください。

もはや、取り返しがつかないくらいに、この「化学物質」によって生活環境が汚染されまくっています。

食品への「化学物質」の汚染は、農薬・化学肥料・化学飼料・食品化学添加物・加工食品・人口食品・人工甘味料など、あまりにも酷い有り様です。これらの「化学物質」は確実に「癌の原因」となります。

現代医療で乱用され続けている 化学医薬・抗生物質・点滴などもそうです。これも「癌の原因」となります。

プラスチックの容器から溶け出している 環境化学物質、これも「癌の原因」となるようです。

ダイオキシンなどの「化学物質」や、鉛や水銀などの「重金属」も「癌の原因」となります。

今の海は「重金属」の汚染が激しく、魚介食を通して「重金属」が人体に蓄積して「癌の原因」となります。

建築関連の「化学物質」も数多くあり、当然、これも「癌の原因」となります。

その他、日本社会を汚染している「化学物質」を挙げればキリがないのは、みなさんも周知の通りです。

日本では、戦後、「化学物質」の社会汚染が、全国津々浦々、日本社会の隅々まで拡大・浸透し、「化学物質」の汚染が日本社会にどんどん増えていきました。日本で「化学物質」の汚染が増えれば増えるほど、それに比例して、癌患者も増加の一途をたどっていったはずです。

戦後に起こった「化学物質の社会汚染の増加の割合」と、戦後以降の「癌患者の増加の割合」は、ピッタリと一致していることでしょう。「化学物質」による社会汚染が激しくなればなるほど、癌患者も激増しているはずです。

この「化学物質」の社会汚染に加え、電化製品・パソコン・タブレット・Wi-Fi・携帯電話・送電線などから発生している「人工電磁波」による人体の「酸化」も、癌の大量発生に加担しているはずです。

また『癌細胞の発生・増殖を促進する作用』のある肉製品・乳製品の大量消費も、癌の大量発生に加担しており、そして『癌細胞の唯一にして最大のエサ』である「ブドウ糖」の過剰摂取‥、特に 精白穀物(白米・白パン・麺類・パスタなど)や 精白糖(白砂糖など)も、当然ながら、癌の大量発生に加担しているはずです。

◆ アメリカが「癌患者を激減させる」ために遂行した政策

かつて、アメリカは「癌大国」でした。

しかし、今では「癌患者を激減させる」ことに成功し、「癌大国」を返上しています。

アメリカは、なぜ「癌患者を激減させる」ことに成功したのか‥。

それは、アメリカがある政策を徹底して遂行したからです。

そのアメリカが取った政策とは、簡潔には次の通りです。

  • 法による「化学物質」の規制を強化

〔「癌の根本原因」を排除する政策 〕

  • 肉製品などの動物性食品の過剰摂取を諫める

〔「癌を生み出さない食生活」を取り入れる政策:肉製品・乳製品は「発癌」に関与しています 〕

〔「癌の発生・増大・悪性化・転移を促進する原因」を排除する政策 〕

  • 全粒穀物・豆類・野菜・果物などの植物性食品をたくさん摂取する

〔「癌を生み出さない食生活」を取り入れる政策:上記の植物性食品には「抗がん作用」があります 〕

〔「癌を改善する要素(栄養改善・代謝改善・免疫改善・抗酸化など)」を取り入れる政策 〕

アメリカの癌学界の最高権威である「アメリカ・大統領がん諮問委員会」は「化学物質の脅威」を強調した200ページの報告書を提出し、「現状を直視し、化学物質にもっと厳しい規制をかけるべきである」と求めました。

特に、妊娠中に「化学物質」に暴露しないことを強調しています。

アメリカは「化学物質」に対する見方を変えて、「化学物質」への法の規制を強めて厳しくしましたが、これが、アメリカが「癌患者を激減させる」ための決定的な土台となったのです。

 にほんブログ村 環境ブログへ

タバコに関する基礎事実 ⇒ 本当に追求すべき対象は?  より引用

タバコに関する基礎事実を6点抽出したい。

◆1.タバコの起源はマヤ文明で、2300年間の歴史をもつ

タバコは、2300年前の中米ユカタン半島の都市連合国家マヤ文明が起源。

信仰儀式の神々に捧げる植物として煙草は欠かせなかった。呪術的治療にも利用されながら、安らぎを得る嗜好品として日常的にも使われるようになっていった。リンク そして、1492年アメリカ大陸発見のコロンブスによってヨーロッパに伝播し、1543年ポルトガル人の種子島漂着以降の南蛮貿易(日欧間貿易)によって日本にも伝播し、江戸時代の庶民を中心に嗜好品として親しまれ喫煙風習が広まった。日本のタバコ風習も500年の歴史をもつ。

◆2.タバコ喫煙率は低下しているが ガン罹患率は増加

医師たちが触れたがらないタバコ害の〝不都合な常識

肺がんになる人が増えているのは、タバコとは全く関係のない別のところに原因があるということです。このグラフが一枚あるだけで、「喫煙は肺がんの原因ではない」と証明されます。

ガン死亡率が増えているのはタバコが原因?

タバコ発ガン説のウソ

タバコと肺ガンとの間に因果関係はない!!

医師たちが触れたがらないタバコ害の〝不都合な常識〟喫煙と関係性は証明されない

◆3.人工物質の増加とガン罹患の相関関係

1980年以降、日本人の死因1位は「がん」で、今や3人に1人。その主因は、①食の欧米化(肉食、乳製品)、②人工物質、③放射線・電磁波。リンク

①「食の欧米化」

1950年代~食の欧米化(肉食、乳製品)が進むに連れて、日本人の腸がんが増加。

②「化学物質」

アメリカの「化学物質ががんの原因」レポート

ガンの原因は、遺伝でも体質でもなく、「環境汚染のせい」。米のNGOのサイトで、アメリカの「大統領ガン諮問委員会」が、「化学物質の脅威」を強調した200ページの報告書を提出。

③「放射線」

健康診断が、がんを招く

X線受診者数推移と、その28年後の肺がん・乳がん死亡者数の推移とは相関。健康診断の「X線被曝」と「誤診」でがんになる。

検診でガンにされ、無駄な治療で殺されるガン患者

がんの原因は除草剤と農薬!がん細胞は肝臓を守るための浄化装置だった。

◆4.最近のタバコには人工物質が含まれている

最近のタバコには、防腐剤、保湿剤、保存剤、燃焼促進剤、それ以外にも中毒促進剤と人工物質が含まれるようになっている。

タバコに含まれる危険な化学物質

(推測だが)紙巻きタバコになってから、タバコに人工物質が含まれるようになったか? 紙巻タバコが主流となったのは、ヨーロッパや日本・中国では第一次大戦後、アメリカでは第二次大戦後。世界での紙巻きタバコの比率は、1900年にタバコ消費者の8%、1950年で57%、1980年代になって80%。

◆5.日本全国に55基もの原子力発電所が配置されている

東北地方太平洋沖地震~原発は必要か否か26~シリーズのまとめ

1967年に日本初の商業用原子炉として東海発電所が稼動して以降、日本に原発建設が進んだ。そして1974年に電源三法が成立し、原発をつくるごとに交付金が出る仕組みで原発建設は加速され、今や日本全国に55基もの原子力発電所が設置されている。

福島原発の惨事によって原発の安全神話は崩壊したが、倒壊時の放射能放出なくとも、日常的に大気・海に放射能は漏洩している。それが風や海流そして食料を通じ全国民に影響を与えている。

◆6.観念は肉体をも支配する

例えば、行き過ぎた細身が美人という価値観念に犯されれば、生命維持の食するという本能を制御してまでの拒食症→健康障害になることもある。また、人間の視覚を通じた対象認識は、誰もが同じように認識しているのではなく、(各人のその時の欠乏・問題意識・過去の経験値などのフィルターで)観念操作して対象を認識している。また最近、腰痛の原因はストレスが大半という医学報告などもある。

タバコ問題も、前提に好き嫌いの価値判断発になると、本質が隠され可能性に蓋をされる。

—————————————————————–

以上のタバコに関する基礎事実から、

添加物・農薬、薬品、放射線、電磁波などの人工物質が、タバコ問題の背後にあり、そこが焦点。

そして人工物質市場の背後には、カーギル、モンサント、ロスチャイルド、ロックフェラーなど国際金融資本が存在する。

私たちが昨今の行き過ぎた嫌煙風潮に目を隠されることなく、追求すべき対象はどこか?

それは明白ではないだろうか。

 

 

List    投稿者 asaoka-g | 2016-08-12 | Posted in G.市場に絡めとられる環境問題No Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.sizen-kankyo.com/blog/2016/08/3278.html/trackback


Comment



Comment


*