2008-07-31

『水資源』の危機!!どうする?-②:1.水資源とは?

プロローグを受けて本編に入ります :-)
◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ 
淡水は、自然の循環システムのなかでの限られた資源
言うまでも無く、生物は水なくして生存できない。
そして重要なことは、水は石油や石炭などの資源と違い代替物が全く無い物質なのである。
その意味で、水は生物の最も根源的な資源である。
%E6%B0%B4%E5%BE%AA%E7%92%B0%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0.jpg
(画像は、「宇宙航空研究開発機構」さんより引用させて頂きました)
地球の水の量は約14億km3で、地球の水循環システムのなかで増えも減りもせず存在している。
そして、人間が生活や農業・工業生産で主に利用する淡水も、海水から塩分を除かれて蒸発し陸地に雨(淡水)として降らす水循環システムの一部として存在している。
○地球上の水の構成
%E6%B0%B4%E3%81%AE%E8%A1%A8.jpg
※( )内は淡水を100とした場合の構成比
(表は、『「水戦争」:柴田明夫 著』より引用させて頂きました)
ただし、地球上の水約14億km3のほとんどは海水で、淡水は2.5%(約3500万km3)でしかない。
しかも、その7割近くは南極や氷河や万年雪などに閉じ込められたものであり、さらに残りの約3割は地下水のかたちで存在している。
つまり、利用しやすい河川や湖沼の水の量は、地球の全水量の約0.007%(0.103/1,385.980)、淡水のなかでも約0.3%(0.103/35.029)に過ぎない。(約10万km3)
◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇
毎年約12万km3程度の降水が陸上に到達し、そのうち約2/3は土壌表面からの蒸発や植物の葉からの蒸散によって大気へ戻り、残りの約4万km3が流出水となって河川や地下水から海に帰っていく。
淡水は、この年間約4万km3の雨水(天水)によるほか再生できない。
だから、水循環システムのなかで利用できる淡水とは、地球の全水量の約0.003%(0.04/1,385.980)、全淡水の約0.1%(0.04/35.029)の水なのである。
◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇
あと利用するとすれば、歴史のなかで雨が地表に注ぎ地面に深く滲みこんで地下水として蓄えられている水(化石水)である。
地下水は河川・湖沼の地表の水の約100倍(約1000万km3)あるが、そのなかで雨水(天水)の水循環の中に存在する浅い地下水を除いた多くは、帯水層と呼ばれる地下貯水池にあり、岩盤に守られた閉じた系として存在している。
そのため天水がほとんど注ぎ込まれることはなく、汲み上げるには多大なエネルギーを消費するとともに、井戸として汲み上げれば補給を行わない限り渇水する水なのである
つまり、
淡水は自然の循環システムのなかで再生され、その摂理を超えれば枯渇する限られた資源である
続きよ読む前に、ブログランキングに参加していますので、応援お願いします。

(さらに…)

  投稿者 kirin | 2008-07-31 | Posted in I04.水資源の危機No Comments » 

心と免疫機能の関係?!その2【心とアレルギー】

kawanoさんの『心と免疫機能の関係?!』に続けて、心とアレルギー(免疫機能)の関係について調べてみました

アレルギーとは特定の人が特定のものに対して起こす過剰な反応のことです。
これらの原因には以下の3つがあるようです。

栄養過多による副交感神経優位とリンパ球の増加
⇒自立神経システムのバランスの乱れ
リンパ球は古くは寄生虫という抗原を認識するものでしたが、清潔・潔癖志向などにより寄生虫が少なくなった現在、これが他のタンパク抗原に向けられるようになりました。
⇒ハウスダストや食べ物、花粉などのタンパク質を抗原と認識
自動車や工場などから排出される窒素酸化物の高濃度
⇒副交感神経優位

今回は①の『自立神経』に焦点を当ててみました

続きにいく前に ポチッ とお願いします。

(さらに…)

  投稿者 yoriya | 2008-07-29 | Posted in M01.身体の自然環境, M02.心と免疫機能の関係6 Comments » 

「くすり」って、なんだろう?・・・モルヒネ編

こんばんは。
  
先日のfinalcutさんのエントリーで、「くすり」についての大きな4つの変遷について紹介が有りました。
   
今日はその内の、1.モルヒネの発見について、迫りたいと思います。
 
まず、みなさんが、モルヒネって聞いて、どのようにイメージされますか?
 
くすりとしてよりも、麻薬として、ちょっと危険な香りを感じる方も多いかもしれません。
 
確かに、モルヒネ自体には、痛みを感じさせない鎮痛作用の他、多幸感等の快感を感じさせる、いわゆる麻薬としての側面も持っています。
 
が、現代において、くすりとしてのモルヒネは、その強力な鎮痛作用から主に進行がん患者の痛みに対する、除痛を目的として使用されています。
 
このようなモルヒネですが、体内で作用する仕組み自体は、体内で生成されるエンドルフィンなどの鎮痛快感物質を受け取る受容体(レセプター)に、モルヒネがはまり込むことにより、鎮痛快感作用を引き起こすという仕組みのようです。
体内で生成される鎮痛快感物質が作用している現象としては、ランナーズハイがその一例です。
より詳細な仕組みについては、ここでの主テーマではないので、これ以上の深入りしませんが、興味のある方は、どなたか調べてエントリーいただければと思います。
 
では、モルヒネですが、一体、何時頃から、どのようにして、作られ、利用されてきたのでしょうか?
  
ヒントは、下のポスター。
  
 
%E9%98%BF%E7%89%87%E3%80%81%E3%83%98%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%81%AE%E5%8D%B1%E9%99%BA%E3%82%92%E8%A8%B4%E3%81%88%E3%82%8B%E3%83%9D%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC.jpg
                <ケシの実マン>
 
 
↓ポッチとご支援を!!↓
 
   
 
 

(さらに…)

  投稿者 yuyu | 2008-07-26 | Posted in N04.人工物質ってどうなん?4 Comments » 

『地球温暖化詐欺』を知ってますか?-本編⑤ 環境運動は何のため?

二酸化炭素による温暖化仮説の科学的問題点をこのシリーズであつかってきた。その結果、仮説は論理矛盾だらけということがハッキリしてきた。にもかかわらず、『このままでは地球は滅びる』とただ行動に訴えかけるこの運動は一体何のためにやっているのだろうか?
みなさん応援よろしくお願いします!↓ポチッ
 

(さらに…)

『地球温暖化詐欺』を知ってますか?-本編④ 報道の嘘

僕チャーリー。
地球温暖化に関するコンピューターモデル、報道の内容、全て嘘ばっかりじゃ、あ~りませんか。
なのに、これらの研究領域には、多額の資金が投入されています。また、地球温暖化に関する最高研究機関であるIPCCも危うい構造となっているようです。
<「二酸化炭素による地球温暖化詐欺」を告発するビデオ>④では、これらの嘘を、多くの教授が暴いてくれています。
るいネットでも山澤さんが、<ビデオ地球温暖化詐欺④⑤~道理を超えた終末思想としての地球温暖化>でまとめてくれていますが、もう少し詳しく、僕チャーリーがその嘘を説明します。
応援、よろしく。

(さらに…)

  投稿者 kumakei | 2008-07-24 | Posted in G01.二酸化炭素による温暖化って本当?4 Comments » 

『地球温暖化詐欺』を知っていますか? -本編3 太陽と気温変化の密接な関係

Tomです!
Jenny、Jack、Wangさんに引き続き、 「二酸化炭素による地球温暖化詐欺」を告発するビデオ
リンク3 の紹介です。
Wangさんの『地球温暖化詐欺』を知ってますか?-本編② 気候モデルのまちがい でCO2温暖化は捏造されたと、数々の論拠を挙げてもらいましたが、このビデオから地球温暖化の原因と、何故、CO2が悪者にされたか の核心部分が見えてきます。今日は是非これを、みなさんにお伝えしたいと思います。
みなさん応援よろしくお願いします!↓ポチッ
 

(さらに…)

  投稿者 simasan | 2008-07-23 | Posted in G01.二酸化炭素による温暖化って本当?2 Comments » 

「マイナスイオン」ブームの裏側にあるものは!~健康ブームってどうなん?その4~

こんにちは~ :D
さんぽ☆です。
昔の人は「にがり」を食さない!!~健康ブームってどうなん?その1~
「牛乳=カルシウム」はウソ!!~健康ブームってどうなん?その2~
減少するものは補給すればいい!これってホント??~健康ブームってどうなん?その3~

に続いて、健康ブームってどうなん?シリーズも4回目 です。

%E6%B0%B4%E3%83%BB%E7%B7%91.jpg

みなさん、 マイナスイオン って知ってますか~?
一昔前にブームになりましたよね?
マイナスイオンドライヤーや、マイナスイオンが発生する空気清浄機 、エアコンetc
その効果は、ストレス軽減、リラックス 、不眠解消
血行促進、新陳代謝の活性化、空気の浄化・脱臭etc
が言われています。
この、マイナスイオンの正体って何だか知っていますか?
いつも応援ありがとうございます :D

(さらに…)

  投稿者 miwa | 2008-07-22 | Posted in 未分類 | No Comments » 

水の特徴、物性を探る。その6 地球の温度を安定化させている水の役割とは?

みなさん、こんにちは!。
egisi :o です。
今回は、この自然の摂理ブログでも何度も追求されている地球と水 の重要な関係について、その物性に注目してご紹介したいと思います。
ハイ、ここでクイズです!。
水星(330)、金星(200)、地球(15)、火星(-50)、木星(-130)、土星(-150)、海王星(-200)
これらの数字は何を表しているのでしょうか?。
%E6%83%91%E6%98%9F1.jpg
【画像はhttp://it1127.cocolog-nifty.com/it1127/2006/08/post_ee5a.htmlさんのサイトより。】
『答え 』⇒各惑星の『平均気温』を表しているのです!。
現在の地球の平均気温は15℃です。基本的には各惑星の平均気温は太陽からの距離で決まっています。ところで太陽から同じ距離にある月は、昼は110℃、夜は-180℃の大きな寒暖の差がありますが、地球はそうなってませんね。
そこには、地球の大気中の『水(=水蒸気)』が温度の安定に、大きく貢献しているからなのです。
では、本題に行く前に、いつものポチッとお願いします

(さらに…)

  投稿者 egisi | 2008-07-19 | Posted in D.地球のメカニズム6 Comments » 

『水資源』の危機!!どうする?-①:プロローグ

%E6%B0%B4%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%B0.jpg
(画像は、ブログ「Tapestry」さんより引用させて頂きました)
地球温暖化問題以来、「地球の水が枯渇する」という話まで耳にするようになってきた
枯渇するかはともかく、世界では12億人とも言われる人々が、不衛生な水しか飲めない生活を強いられているという。
「水」は言うまでも無く生命の源です。
そんな水が、まともに飲めない人がいる一方、世界中で使用量が増大し汚染され続けている
そしてそればかりでなく、水を営利目的の『資源』として確保しようとする多国籍企業も登場している
今、世界の水をめぐる状況はどうなっているのだろうか?
そこで、今世界が置かれている「水の問題」の本質に迫り、その原因構造から新たな可能性の基盤を追求します
内容は、次の目次に沿ってシリーズでアップしていきますので、乞うご期待
◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇
プロローグ.
1.水資源とは?
2.水資源の危機とは?
 1)世界の水消費量の急増 ・・・自然の摂理を超えた水の過剰消費
 2)水資源(淡水)の汚染 ・・・河川・湖そして地下水の汚染
 3)水資源(淡水)の減少 ・・・淡水の保水機能の低下
 4)このままだと、今後どうなる?
  ①食糧問題に直結している
  ②産業全般に影響している
  ③水ストレス→国際的水資源の争奪
3.水資源危機の原因は?
 1)豊かな生活(利便性・快適性)⇒市場拡大第一
 2)市場第一の国際資本(グローバル企業)の戦略
4.どうする? (可能性の基盤は?)
 1)市場原理に可能性はあるのか?
   ・・・市場に社会を統合する力は無い ⇒市場縮小の状況が可能性の基盤
 2)「水資源の危機」は、『脱市場』の契機となりうるか?
 3)市場至上主義の国際資本戦略にどのように対抗するか?
 4)マスコミの世論支配からの脱却
5.(全体)図解
◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇
では、今回はプロローグをアップします :D
その前に、ブログランキングに参加していますので、協力お願いします

(さらに…)

  投稿者 kirin | 2008-07-17 | Posted in I04.水資源の危機2 Comments » 

心と免疫機能の関係?!

この前のお休みに、仲間と一緒にテニスをやろう という話になって、近くのテニスコートを1時間借りて、炎天下 の中楽しんできました
しか~し 「1時間ぐらいだから」と、日焼け対策 も何もしなかった私・・・
次の日、あらゆるところに湿疹が
忘れてましたけど、私、日光 アレルギーでした・・・ :blush:
そんなアレルギー持ちの私 アレルギー症状改善のため、日々、勉強 に励んでいます
今回のテーマ は、実は免疫機能と密接に関係するのではないか というある機能についてを記事 にしたいと思います
免疫機能のバランスが崩れる ことで、発症するアレルギー。
では、そんな免疫力に対する意識も高まり 、漢方薬 やサプリメント 、食事療法 などが注目 されています。
でも、これってお金はかかるし、選択肢がいっぱいありすぎてどれを選んだらいいかわからない :roll: しかも、ほんとに効くの 根本的な改善にはならないのでは っていう不安も感じてしまいます・・・
調べているうちに、るいネットに、アレルギー改善のとっかかりになるのでは と思う興味深い投稿 があったので、ご紹介したいと思います
その前に

(さらに…)

  投稿者 kawano | 2008-07-15 | Posted in I04.水資源の危機, M01.身体の自然環境No Comments » 
1 / 212