2014-05-06

【GW特別企画】るいネット秀作紹介8 現代医療を牛耳る存在~国際医療マフィアとは?

o0482053112827574902

ちょっと体の調子が悪いなと感じると医者に行って診てもらい、薬を出してもらい安心する。あるいは街中に乱立するドラックストアで薬を購入し飲んで安心・・・病気と言えば「医者」と「薬」・・・これは私たちにとってあまりにも普通の感覚です。
ところが、実は、世界を見渡すと、日本人ほど“薬好き”な国民は見当たらず、ちょっと“異常”と言ってもいいレベルのようです。
例えば・・・(「世界からみた、日本の薬の使用量」より)

イギリスでは、風邪だと診断すると、ドクターは薬局で薬を買うようにすすめ、暖かくして寝てなさいと言うのが普通で、医師から薬が処方される事はありません。

世界の医薬品市場規模は、約80兆円
日本の医薬品市場規模は、約 7兆円
日本人にとって、医者にかかれば、すぐに薬を出してくる、そしてその種類や量も非常に多いというのは当たり前になってしまっています。
医療について言えば、日本は世界的にみて特殊な国です。

薬の使用量全体ではアメリカの方が多いのは確実なのですが、日本の人口は比率で言えば世界の人口の2%にしか過ぎないのに、日本の薬の使用量は世界の薬の30%
インフルエンザ治療薬のタミフルについて言えば、実に70%の消費大国で
世界の笑いものになっています。

平成21年度の国民医療費は36兆67億円、前年度の34兆8084億円に比べ1兆1983億円、3.4%の増加となってます。人口一人当たりの国民医療費は28万2400円、前年度の27万2600円に比べ3.6%増加している。
国民医療費の国内総生産(GDP)に対する比率は7.60%(前年度7.07%)、国民所得(NI)に対する比率は10.61%(前年度9.89%)となっている。薬剤は6兆円強なのです。

病気を治す主役は人体に元々備わる自然治癒力であることは言うまでもありません。
では、こうした、特に日本人に顕著な“薬信仰”をつくりあげたのは一体誰なのでしょうか?
そして、その目的は?

 にほんブログ村 環境ブログへ

以下、「現代医療を牛耳る存在~国際医療マフィアとは?」より引用します。

ここ最近、現代医療のおかしさが急スピードで明るみになってきています。しかし、これらの問題を根本から解決していくには、これまでの現代医療制度が、誰の手によって、どのようにしてつくられたのかを知ることが必要です。
今回は、現代医療がどのようにして我々の生活を蝕んできたのかをわかりやすく解説してくれている書籍を紹介します。

知ってはいけない!?医食住の怖~い話(著・船瀬俊介)より引用。
=================================================================
「国際医療マフィア ロックフェラーとロスチャイルドの陰謀」

◆命とカネを奪う医療
なぜ、医学はこんなに堕落してしまったのでしょう?
命を救うはずの医療は、いまや、命を奪う医療に堕落しています。そして、それはカネを奪う医療なのです。ズバリ『医療殺戮』 (面影橋出版)というタイトルの本があります。著者はアメリカ内で良心のジャーナリストとして評価の高いユースタス・マリンズ氏。彼は断言します。

パラサイト医療の腐敗も殺戮も、医療利権の「寄生体」が引き起こしている。この「寄生体」の〝創造的″な働きは、つぎのとおり。
「何もないところから、金を創造するという魔法」なのです。「それはロスチャイルド家が、1910年にジョン・D・ロックフェラー二世の義父にあたるN・オールドリッチ上院議員をP・ウオーバーグとともに〝秘密の会議″に送り込み、いまや連邦準備制度と呼ばれるアメリカ合衆国・中央銀行の構想を書かせたのが始まりである」(マリンズ氏)

◆自然療法を追放した薬物療法
ロスチャイルドとロックフェラー両財閥は、地球上の富の大半を独占しているといわれます。つまり、〝かれら″こそ地球を支配する巨大メジャーなのです。「中央銀行には、紙幣を印刷する権限が政府から与えられているため、ロックフェラー家は、このペーパーマネーを使って1914年までに、アメリカ全土の医者たちを完全に掌握した」(同氏)

医療支配の構造が見えてきます。「〝かれら″はアメリカの医療をナチュロパシー(自然療法)や、ホメオパシー(同種療法)から無理やりにアロパシー(薬物療法)へと変更した」近代医学を、根底から歪めた犯人がクッキリと見えてきます。それは、ロックフェラー財閥だったのです!

薬物療法は、治癒反応の「症状」を「病気」と間違えて、薬物(毒物)で攻撃します。それは、根底から誤った医療です(285763参照)。「アロパシー(薬物療法)とは、ロスチャイルド家が発達させたドイツの医療制度である」「からだにとって自然な治癒法のすべてを禁じ、その代わりに化学薬品や危険な外科手術、長期間の入院なども強制するからである」ここで、現代医学を根底から歪め、その利権を完全支配したのもロックフェラー、ロスチャイルドらであることが、はっきりわかります。

◆危険な化学薬品で巨万の富
「……こうして1世紀にも満たないあいだに、ロックフェラー医療独占体制の下で、アメリカ国民は健康でエネルギッシュかつ生産性の高い国民から、慢性病に冒され、覇気に欠け、弱々しく、いつも健康を気にかけ、いわゆる 『特効薬』という名の化学薬品を、毎日大量に飲む国民に変わってしまった」と、マリンズ氏は指摘する。

まさに両者こそが、国際医療マフィアという〝称号″にふさわしい。マフィアとは、原意は「アメリカ最大の犯罪組織」のこと。それから転じて「一定の分野・事業での利害をともにする有力者の集団、閥の意味」となった。わかりやすくいえば、法を犯して多数の生命と財産を奪って巨万の富を築きながら、法の裁きを受けない犯罪組織のことです。

かれらがばらまく〝特効薬″と称する化学薬品も詐欺と殺人の道具にすぎません。「これらの化学薬品には、多くの副作用があり、肝臓や心臓、腎臓その他の臓器を傷める可能性があった……」「危険な医薬品を常に製造し、販売し続けていれば、宿主(人類)から振り払われることはない、と〝かれら″(寄生体)は確信している」

◆〝洗脳″され死を待つ大衆
〝かれら″ はすでに、世界の医療利権のほとんどを掌握しています。圧倒的な資金力、情報力さらに軍事力によって、大半の国家はその支配下にあります。アメリカという 国家ですら支配されているのです。アメリカの実質、属国の日本が、その完壁な支配下にあるのは、あたりまえです。〝かれら″ は政府も、医学教育も、マスメディアも、圧倒的に制圧しています。そうして、テレビや大新聞などを通じて巧みな情報操作で、日本の国民の〝洗脳″を行っているのです。

「薬漬けになった宿主(大衆)を奮起させ『危険が迫っている』と必死に警告しても、反感を買うだけ。なぜなら、ひとびとは、すぐに一種のマヒ状態におちいっていて、最終的な死を待っているだけの状態にあるからです」(マリンズ氏)

◆医原病で病人を大量生産
ロックフェラーやロスチャイルド……〝かれら″に病気を治す意思は、まったくありません。まず、医学狂育を完全支配し、人体に数限りない病名を付けました。わたしは現代医学で四万以上の病名があること に驚嘆しました。こんな小さな身体に凄まじいほどの〝病気″の数です。なかには「多幸症」という〝病気″もある。「幸せの多いひと」は病気だ、というのです。それを、毒薬のクスリで〝治療する?。もはや、完全に狂っています。その、狂った医療を大多数の人類は盲信しているのです。こちらも、立派に狂っています。

医療マフィアがクスリを投与するのは、治すためではありません。その毒性による副作用で、新たな多数の病気をつくるためです。つまり医原病の大量生産です。すると副作用の数だけ、また医薬品が売れます。ネズミ算式にクスリの売りは爆発的に増えていきます。そのクスリは、ほとんど石油原料です。万トン単位の石油からクスリを製造し、マイクログラム単位で販売する。こたえられないビジネスです。

◆1グラム3億3170万円の抗ガン剤
もっとも儲かる抗ガン剤の価格を知ったら、あなたは卒倒するでしょう。1グラム、3億3170万円です(ペグイントロン)。注射器1本でジェット戦闘機が 買えます。中身はたんなる超猛毒物質です。原液をガン患者に打ったら即死するでしょう。壮大なるペテン。壮大なる詐欺犯罪。これら莫大な売り上げは、わたしたちの保険料血税から吸い上げられて国際医療マフィアの懐に吸収されていくのです。

医療費が40兆円にも達するのは、あたりまえのことです。そして、羊以下の人類は、この壮大無比の大犯罪にも、まったく無知のままなのです。

==================================================================
(引用終了)

因みに、近代の始まりまでは、ヨーロッパには五つの医学流派が共存していたそうです。

(1)ナチュロパシー(自然療法‥食事療法など自然な治療法)
(2)オステオパシー(整体療法‥体の歪みから病気を治す)
(3)サイコパシー (心理療法‥心のケアから病気を治癒させる)
(4)ホメオパシー (同種療法‥自然治癒力を強めて病気を治す)
(5)アロパシー  (薬物療法‥症状をクスリの毒件用で抑える)

(1)から(4)までは自然治癒力を活かす療法であることがわかります。しかし(5)は、体が治ろうとする「症状」を逆に抑える療法なのです。「症状」と「病気」は違います。「症状」は「病気」が治ろうとする治癒反応なのです。

こうした数々の“染脳”から一日も早く脱却するために、我々大衆が一つ一つ事実を学び、拡げ、そして共有していくことが重要です。

List    投稿者 kota | 2014-05-06 | Posted in N04.人工物質ってどうなん?No Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.sizen-kankyo.com/blog/2014/05/1886.html/trackback


Comment



Comment


*