2006-12-31

ダイオキシンは規制強化、内分泌撹乱化学物質の規制は骨抜きなのはなんで?

dioxins2.gif

『ダイオキシン問題の真実!』
ダイオキシンとは地球環境問題の一つの要素であり、それだけでは問題解決は有り得ない 社会環境全体 を総合的に判断する必要があるということです そして、そのためには問題の可能性がある要因に関する事実を明らかにすること が急務なのだと思います。
大衆の意識を、ウソの情報をばらまくことにより煽るような行為 、そしてそれらが市場の利害により規定されているという現実 を皆で共有し、本来必要な議論を進めていくべきですね

という kumakeiさんの記事から考えてみました。
ここ数十年、多くの人工物質が社会問題化してきました。
このうち『ダイオキシン』は問題が表面化して以来、規制は強化されています。
反対に、『内分泌撹乱化学物質』の方は、一時的には盛り上がりましたが、その後、規制は骨抜きになり、沈静化しています。
この違いはなんだろう と思ったかたはポチッ と押してください。
 

(さらに…)

  投稿者 sinsin | 2006-12-31 | Posted in K01.ダイオキシン1 Comment » 

ダムは本当に必要か-3

現在ダム建設の正当性を唱える背景には、
緑のダム のような植林だけでは水害が抑えきれない :twisted:
という根拠がよく出てきますが、そもそも水害を完全に塞ぎ止めるという発想そのものがおかしいのではないだろうか・・ :roll:
が多く、急斜面の山々 が連なる日本では、何時の時代も水害は大きな課題。 :-(
水害をマイナスのものとして捉えると、完全にダムで塞ぎ止めようというような発想になるのかもしれませんが、
水害とともに歩んできた日本の歴史の中には、洪水とも上手く付き合ってきた工夫がある。
ダムは本当に必要か-2に続いて、今回はそんな先人達の工夫を紹介してみたいと思います。

(さらに…)

  投稿者 nannoki | 2006-12-31 | Posted in I03.自然への同化・肯定視No Comments » 

ウンコに学ぼう♪~衛生・清潔とは何か?~

最近、仲間が増えつつあることが嬉しいかっし~です
前回の『日本人はウンチをするために、石油を輸入している?!』に、コメント頂きました皆さん、ありがとうございます
※雑草Zさんのブログ雑草の言葉でも、『食糧自給と糞尿処理』『動物として最低限果たすべきこと』の2回にわたって、ご紹介頂きました 私が書いた以上に、生態系や食糧問題などの観点から深く書かれていますので、ぜひ
%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%81%AB%E5%AD%A6%E3%81%B9%EF%BC%81.jpg
前回の投稿のあと、会社の先輩より、衝撃のタイトルの本をご紹介頂きました その名も、『ウンコに学べ!』(有田正光・石田多門共著、ちくま新書)
そしてさらに今回、るいネットでもお仲間発見
狒狒さん『人糞は危険なのか?』
狒狒さんのお話では「人糞=汚染・危険」の観念操作があるとのこと。
確かに、世間一般では、「 は汚いから触っちゃダメ 」って教わってきましたよね
そもそも日本では、戦後、生野菜をサラダでGHQの寄生虫撲滅作戦により、下肥を使わない農法がとられ、徐々に下肥文化は衰退していきました。戦後の一時期、そのようにして作られた野菜を清潔野菜 と読んだそうです。(「ウンコに学べ!」より)
彼らが清潔と呼んだものは一体なんだったのか
ウンコに学びたいと思った方 ぜひポチっとお願いします
          

(さらに…)

  投稿者 kasi1106 | 2006-12-29 | Posted in I02.循環型社会ってなに?1 Comment » 

二酸化炭素による温暖化って本当? 第2回

これまでバイオマスについて見てき、特に「3.単独では成立しないから支援が必要」では、支援の始まった起源は「京都議定書」温暖化問題にあるように思われます。

そこで、以前にこのブログで掲載された『二酸化炭素による温暖化って本当?第1回
に続けて、温暖化について調べてみました

   

地球の温暖化が言われているが、短期でみれば例外がないわけではないが、概ね観測結果からして「事実」と捉えてよいように思います。

   

しかし、「地球温暖化」といった場合には、現在では『CO2増加による温暖化』というのが一般的に言われているが、これって本当なのでしょうか
まずは、CO2増加による温暖化説が出来上がるまでの過程を追ってみたいと思います。

   

もっと知りたいと思った方は ポチっとお願いします

   

(さらに…)

  投稿者 yoriya | 2006-12-28 | Posted in G01.二酸化炭素による温暖化って本当?23 Comments » 

素人達の感覚とはかけ離れたところで進められる「遺伝子組替食品の市場化」~背後にアメリカの影あり??~

こはるんたさんの「みなさんは「遺伝子組み換え技術」どう思いますか?」をうけて、考えてみました
あ、みなさん、コンバンワ(そして メリークリスマス )みわつんです
遺伝子組替技術の裏に :twisted: あるもの・・・・それは、ズバリアメリカなんです・・・・
続きは・・・・コチラ・・・・
その前に、ぽちっとよろしくお願いします

(さらに…)

  投稿者 nisi-miw | 2006-12-26 | Posted in N03.遺伝子組替えってどうなの?4 Comments » 

食品衛生規格によって守られているものは?

以前、ポストハーベストなどの問題点を調べましたが、そもそも「食品衛生基準」というものはどうやって決まっているのか気になっていたので調べてみました。

現在世界的に通用する食品安全基準はコーデックス規格と呼ばれています。(“食品規格”という意味のラテン語。)

1962年、国連の専門機関である国連食糧農業機関(FAQ)世界保健機関(WHO)が合同で、国際的な食品規格を作る実施機関として食品規格委員会(CAC)を立ち上げました。

このCACが作成するのが「コーデックス規格」です。
以下概要をまとめました。

(さらに…)

  投稿者 goqu | 2006-12-25 | Posted in N02.食品衛生規格・添加物って何?7 Comments » 

バイオマスってなに?3 (単独では成立しないから支援が必要)

「バイオマス・ニッポン総合戦略」なるのもがあるのをご存知でしょうか?
戦略の経緯

「経済財政運営と構造改革に関する基本方針2002」(新骨太:平成14年6月25日閣議決定)において、農林水産省、環境省、関係府省は協力して、動植物、微生物や有機性廃棄物からエネルギー源や製品を得るバイオマスの利活用について14年度中にとりまとめる等、計画的に取り組むべきことが指摘されている。

参考;バイオマス・ニッポン総合戦略骨子の策定について

「バイオマス・ニッポン総合戦略骨子」のポイントより
%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%81%AB%E5%AF%BE%E3%81%99%E3%82%8B%E5%A4%A7%E3%81%8D%E3%81%AA%E6%9C%9F%E5%BE%85.JPG

この指摘を受けて、農林水産資源を活用したバイオマス産業の重要性及びその総合的な利活用に関する戦略で、平成14年12月に閣議決定しました。(ちなみに管轄は農林水産省になっています。)
そして、バイオマスの利用についての様々な支援(交付金や税制優遇など)が行われるようになりました。
本当に「環境にやさしい」だとか「地球温暖化が問題である」という認識があれば、支援がなくとも全てが転換できるはずである。しかし、国(農林水産省)の取り組みから見ても、実態は支援がなければ転換できないのではないだろうか?
・支援がないとバイオマスは成り立たないの
・支援が成立した背景は

もっと知りたいと思った方は ポチっとお願いします

(さらに…)

江戸のリサイクルから何を学ぶか?

江戸時代が循環型社会のモデルとして注目されれているのはご存知でしょうか?
    
自然の循環と社会の循環が,資源と廃物によってしっかりと循環し、
廃棄物問題はほとんどなかったようです。
   
f16.jpg
【江戸時代以後の豊かな循環社会】 「地球環境問題を考える」より図引用してます)
     
しかし、それまでは、水田が到るところで開発され、周辺の山から草が肥料として使用され、
さらに戦国の戦乱によって、日本の山は深山を除き栄養を失い殆どがはげ山の状態だった。
   
なんと、世界最大都市となった江戸は、滅亡しようとしていた!
    
以下、るいネットなぜ、江戸時代の日本は滅亡しなかったのか?(阪本さん)より引用
   
>人工の急拡大によって木材が大量に消費され、
山から木が消えると、土壌流出が起こり、肥沃な土が流れてしまう。
   
>その結果、森林から有機物の供給を受けていた下流の田畑では土が貧しくなり、
収穫量の減少、飢饉が多発するようになった。
   
>かくして、日本の4分の1の森林は失われ、江戸時代の日本社会は、
他の滅亡した文明と同様に、近いうちに崩壊してもおかしくない状況にあったのである。

   
ところが、この荒れ果てたはげ山が森林に戻っていきます。
    
どんな大転換が行なわれていたのか?知りたいっと思った方は、ポチっとお願いします。 :-)
  

(さらに…)

  投稿者 simasan | 2006-12-17 | Posted in I02.循環型社会ってなに?10 Comments » 

遺伝子組み換え技術って??

かっし~の衝撃記事 「日本人はウンチ を処理するために、石油を輸入している?! 」にすぐにぽちぽちっ と押したこはるんた
今日はみんなで、
“遺伝子組み換え技術”についてお勉強
http://www.cbijapan.com/index.html(バイテク情報普及会)
“遺伝子組み換え技術”っていうと、よく思い浮かべるのは、 :roll: :roll:
大豆食品に記載してある「遺伝子組み換え大豆は使用していません」という文字
最近では大豆とか、とうもろこしとかが有名かな
遺伝子組み換えとは簡単にいうと、

◆例えば、「害虫に強いとうもろこし」を作りたい場合
→害虫に強い微生物 からその遺伝子を持ってきて、とうもろこし の遺伝子に組み込む

ということ。
ふむふむ・・・“組み換え”というより、“組み込み”なんですね :roll:
でも、ちょっとまって
「そういう組み換え方した害虫に強い食物って、人体には影響ないの?
私も気になった~ という方は、 ぽちっ としてから、
続きをじっくりお願いします :D

(さらに…)

  投稿者 runta | 2006-12-12 | Posted in N03.遺伝子組替えってどうなの?1 Comment » 

日本人はウンチを処理するために、石油を輸入している?!

11/29の「資源=物」ではなく「資源=エントロピーの低さ」の話に衝撃 をうけた、元リサイクル好きなかっし~です
gesuichara.gif
      空き缶・空き瓶
      紙パック
      発泡トレイ・ペットボトル
              新聞紙・チラシ・雑誌(←全部別の資源だそうです)
ぜ~んぶ、環境にいい事してるなって思ってセッセと分け分けしてました
でもその後のリサイクル処理にどれだけのエネルギーが費やされているかなんて、ちっとも考えてなかったです (ちなみに今は何でも回収してくれる自治体なので、全然やってない・・・ )
前回書いた下水処理も、この観点から見たら、何かありそう
リサイクル=環境にいいことって思ってたあなた : :twisted:
ポチっとお願いします

(さらに…)

  投稿者 kasi1106 | 2006-12-08 | Posted in F.エネルギー問題ってどうなっているの?2 Comments » 
1 / 712345...最後 »