2012-07-31

【花王ヘルシアの高濃度茶カテキンで有害報告続々、「空腹時は飲むな、女性は注意」】科学を身近に☆NewStream

10013449_20111005sCoY.jpg
旬の話題から自然の摂理が学べる!科学を身近に☆NewStreamです。
今週の科学ニュースを紹介します。
 
スーパーやCMでよく見かけるヘルシア緑茶
なんとその中に含まれるカテキンによって有害報告がいくつも挙がっています
 
一般的にお茶に含まれるカテキン抗ガン作用脂肪燃焼効果など健康に良いとされています
 
1日4杯以上の緑茶を飲んでいる人は、そうでない人に比べて非常に健康であるという結果もでているほどです。
これは緑茶の中に含まれるポリフェノールカテキンが強力な抗酸化物質だからです
 
ではなぜ体にいいはずのカテキンを多く含むヘルシア緑茶によって有害報告が起こっているのでしょうか?
 

(さらに…)

  投稿者 nkm- | 2012-07-31 | Posted in N.健康・医療・食品No Comments » 

【地球のしくみ】11 水は水素結合によって様々なものを溶かす~生命誕生のカギを握る水の特性~

これまでは、地球の誕生から海が出来るまでの過程や、なぜ地球にだけ液体の水が存在し得たのかを紹介しました。
今回は、その液体の水に焦点を当てます。
%E6%B0%B4.jpg
(ソーダイ http://sodai.c4sa.jp/?p=355)
地球に生命が誕生する遥か昔から存在した「水」
この水にはすごい物性があります。
その物性は生命の誕生に大きな影響を与えたものです。
それは、「何でも溶かしこむ親和力です。」
なぜ水が何でも溶かしこむ親和力を持っているのか、そもそも溶けるとはどういうことなのか、そして、それがどのように生命の誕生に影響したのか、その秘密に迫ります。
続きを読む前に応援クリックお願いします。

(さらに…)

  投稿者 isiisii | 2012-07-29 | Posted in D.地球のメカニズム, D01.地球史No Comments » 

【アトピーの原因と界面活性剤】科学を身近に☆NewStream

旬の話題から自然の摂理が学べる!科学を身近に☆NewStreamです。
今週の科学ニュースを紹介します。
アトピー性皮膚炎は合成洗剤が原因だった!という記事があったので紹介します★
アトピーは20代でも1割の人が発症しているアレルギー。
%EF%BC%92.png
%EF%BC%93.png
~以下飄(つむじ風)より引用~

合成洗剤は、河川の汚染とも相まって、環境汚染の大きな問題を提起した。合成洗剤は河川を泡まみれにすると共に、目に見えないが人間の内部河川であるところの血液まで汚してきたと考えられる。アトピーは根本原因は内部の問題が存在するだろう。
 事実、そのことから原因不明の皮膚病が増えてきたのである。原因不明・特定不明だから、アトピーと名付けられたと言われている。それにしても人知れず、悩んでいる人々が如何に多いことか!
 昨今、世間を騒がしている『茶のしずく石けん』問題がある。これなども同じ次元・根源の問題だろう。
 界面活性剤は、石鹸も含めて化学的作用を持つ物質で、生分解性や毒性を別にすれば基本的に同じである。つまり、洗浄の際、皮膚のバリヤーである油脂膜を分解して、バリヤーを破壊して浸透力を発揮することは同じだ。
 それに加水分解コムギという小麦由来のタンパク質を保湿剤として混入していたために、体内の取り込まれて、小麦アレルギーを発症したものと推定されている。特定はこれからだが、これなどは、少なくとも石けんであれ、界面活性剤は皮膚から体内に物質を取り込むことが出来る有意性と、危険性を持っていることは窺い知れる。
 体内に取り込まれなければ、アレルギーは発症しない。化粧品も同じで、真皮に栄養分を・・等と謳っているものは、必ず、界面活性剤を含んでいるのだろう。考えてみれば、これほど恐ろしいことはない。無闇に皮膚から体内に異物を取り込む危険性にさらされるのだ。
 たまたま保湿性(コラーゲン等)の物質であったり、一見、良い結果をもたらすように見えても、本来の皮膚のバリヤーを破壊する作用は変わりがない。言ってみれば、ことごとくアレルギー予備軍を産出している可能性がある。『茶のしずく石鹸』問題はそれを暗示しているのである。
 極端な話であるが、昔オウム真理教事件で、VXガス殺傷事件があったが、どのようにして行われるか詳細は知らないが、皮膚から吸収させる方法である。経口毒も危険なことは間違いないが、皮膚を経由する毒はもっと直接的で恐ろしい。これを造語だが、『経皮毒』と呼称される。
 日常的に界面活性剤にはその危険性を孕(はら)んでいる。石けんを含む合成洗剤はその代表的なものだし、とりわけ、石油系合成界面活性剤は強い毒性を伴う。それが巷にあふれている現状は、実は、何人(なにびと)も、いつ何時(なんどき)にアトピー性皮膚炎に悩まされる日が来ないとも分からないのである。

さてさて…「うちは石鹸を使っているから界面活性剤とは無縁だ」と仰る方もいらっしゃいますが、石鹸は界面活性剤とは無縁なのでしょうか?
これについても興味深い記事があったのでご紹介します。
~以下石けんと合成洗剤の違い その2より引用~

界面活性剤というと、合成洗剤の原料で危険なもののように思われがちです。そして石けんは界面活性剤ではないと思っている人も多いのですが、石けんも立派な界面活性剤です。陰イオン系界面活性剤と呼ばれ、水に溶けたとき液性が弱アルカリ性になります。
 界面活性剤の一種としての石けんは、化学的には脂肪酸ナトリウム、または脂肪酸カリウムを指します。このような化学物質の名前になるようなものですから、石油から石けんを作ることも可能です。どうせ売れないでしょうから作っているメーカーはありませんが、やろうと思えば可能です。
 石けんは通常、植物や動物の油脂を使って作ります。油を加熱し、苛性ソーダで中和することで作ります。
 よく石けんを天然の物だと考えている人がいますが、石けんも立派な化学物質です。油を加熱して中和し、ケン化させることで作られるものです。「天然」というなら、植物や動物の体の中に石けんがなければいけません。でも、地球上のどんな生物の体の中にも石けんはありません。人工的に化学反応を起こさなければ、石けんは作ることはできないのです。

確かに自然の物であれば体内に石鹸を持つ生物がいてもおかしくはありません。しかし、石鹸すらも化学物質故にそれは存在しません。
シャンプーじゃなく、石鹸だから安全だということが言えないのです。
実際に「脱・界面活性剤」でアトピーがここまで良くなった事例があります。
%EF%BC%91.png
画像がこちらからお借りしました

(さらに…)

  投稿者 sima-t | 2012-07-26 | Posted in W.科学NewStreamNo Comments » 

自然の摂理ML selection☆*:・°~衝撃!!あのダイエット法が日本人には危険だった><

みなさん、こんにちは
自然の摂理ブログでは、ML(メーリングリスト)をしています
毎週1回、女性メンバーから当ブログやその他サイトの「時事情報 」や「おすすめ記事 」の紹介を毎週発信しています
その中から、おすすめの記事をちょこっと紹介していきます
+o。。o+゜☆゜+o。。o++o。。o+゜☆゜+o。。o++o。。o+゜☆゜+o。。o+
diet1.jpg
もう夏ですね~
薄着になる季節
女性が気になるのはやはり体型ですよね :wink:
そこで、みんな考えるのはダイエット
ダイエットといっても色々ありますよね~
ヨーグルトダイエット水飲みダイエットサプリダイエット
食の制限はしないもので言えば、半身浴ダイエットや計るだけダイエットなんてのもありますが、
やはり食を制限しないと痩せない気がしますよね
実は私も15キロ減のダイエットに成功したことがあるんです
私がやったのはポピュラーな『炭水化物ダイエット』
お米などの炭水化物を摂らないダイエット法ですが。。。
なんとこの炭水化物ダイエットが、日本人には危険だったんです :roll:

(さらに…)

  投稿者 staff | 2012-07-25 | Posted in X.自然の摂理ML selection☆*:・°No Comments » 

【電磁波は地震を引き起こすのか?】地球内部の加熱メカニズムとは2 ~電磁加熱(誘電加熱編)~

☆☆☆なぜ電磁加熱を追求するのか?

☆地震メカニズムの有力候補の『熱移送説』。ただ一方で、地中内部のマイクロ波による熱移動についてはイメージレベルに止まっている

『熱移送説』という地震理論(電磁波の伝達によって地球内部が“電子レンジ状態”になり、熱が移動 地盤内が膨張 地盤が破断(地震) 再溶接 電磁波による熱の移動という仮説)は、現実との比較を行うとかなり整合しており、地震予測に関する論理の一つの有力な候補ではないかと思います。

【電磁波は地震を引き起こすのか?】地球内部の加熱メカニズムとは1 ~プロローグ

多くの矛盾点を説明できていない通説のプレートテクトニクス論(リンク)(リンク
に比べて、熱移送説では現実のデータや現象との整合していると考えられますが、その『熱移送説』では、地球内部を電子レンジ状態にすることを前提にしています。

ところが、熱移送説の元となっている『地震の癖』(リンク)によると、

かなり速く岩石層中の隙間をたどって移送されると思われる火山ガスでも、これほどの猛スピードは不可能です。この猛スピードに対応できるのは、高速で加熱できる電磁波(とくに電子レンジで使われるマイクロ波)くらいしかありません。『地震の癖/P72』

地球の外核は6,000度という高温で、ドロドロに溶けた液体でできています。その外核の液体が流動することで、電磁波(マイクロ波)を地表に向けて発します。その電磁波(マイクロ波)がマントルの中にある「マグマ溜まり」や「高温で岩石が溶けた部分」を刺激し、火山の噴火や地震を誘発しているという考え方です。『地震の癖/P73』

とあり、どうやって地中の岩石(マグマ)を加熱しているのか?などはイメージレベルに止まり、鮮明ではありません。

そこで、熱の移動の前提となる地球内部の加熱原理を明らかにする為に、電磁波(電界と磁界の変化)による加熱、すなわち電磁加熱の加熱原理を扱っていきたいと思います。

(さらに…)

  投稿者 tutinori | 2012-07-20 | Posted in D03.地震, D04.電磁波No Comments » 

【自然の摂理に即した日本産エネルギー:地熱発電】科学を身近に☆NewStream

旬の話題から自然の摂理が学べる!科学を身近に☆NewStreamです。
今週の科学ニュースを紹介します。

福島・土湯温泉で来秋にも地熱発電…国立公園初(2012/07/17)/読売新聞より引用

binaly_cycle.gif
環境省が規制を緩和した国立公園の特別地域での地熱発電について、福島市の土湯(つちゆ)温泉が第1号になることがわかった。

東電福島第一原発事故の風評被害などで同温泉の観光客は激減しており、地熱発電で復興を図る。早ければ来年秋から稼働を始める予定だ。

同温泉が計画しているのは、バイナリー発電という方式。国立公園内での開発では、垂直掘りなどによる大規模な発電所建設計画も進むが、バイナリー発電は温泉水の熱を活用するため新たに井戸を掘削する必要がなく、建設費も抑えられるのが特徴だ。

2か所の源泉で出力計500キロ・ワットで発電を始め、将来的に1000キロ・ワットまで増強する。電力はすべて再生可能エネルギーの「固定価格買い取り制度」で決められた1キロ・ワット時あたり42円で東北電力に売電する。1か所目の建設コストは3億円程度で、約7年での回収を見込む。同温泉は売電収入で電気バスを導入するなど復興に役立てる。

原発再稼動に揺れている日本のエネルギー事情ですが、自然の摂理に反した原発になんか頼らずとも、もっと自然の摂理に即したエネルギー源を日本は有しています。

それが紹介した「地熱発電」です

日本は火山列島であり、且つこの地熱発電では世界でも先端の技術を有しています。そして、その技術は地熱発電の第二世代といわれる高温岩体発電の実用化直前です。さらに、第三世代の技術(50年内には実現可能といわれる)マグマ発電をもってすれば、その潜在資源量は60億Kw、なんと現在の日本の総発電量の3倍は優に発電可能と見込まれているのです!

当ブログでは過去に新エネルギーの可能性として、地熱発電の追求しています。その記事を紹介して、地熱発電の可能性のほどをみなさんに知ってもらいましょう

(さらに…)

  投稿者 tutinori | 2012-07-17 | Posted in E.次代を担う、エネルギー・資源, W.科学NewStreamNo Comments » 

【地震のメカニズム】 地震と前兆現象を繋ぐカギは「静電気」!?

emf07_seidenki.gif
画像はこちらからお借りしました。
 
地震の前兆現象として、「地電流の変化(ノイズ)」や「電離層の変化→電波の伝搬異常」が注目されています。
 
【自然災害の予知シリーズ】6 ギリシャで成功している予知~VAN(地電流ノイズによる予知)
【自然災害の予知シリーズ】-7-~VHF電波の乱れで地震を予知する~
【自然災害の予知シリーズ】‐8 ~地震に伴い電離層は擾乱する。それによりVLF電波の伝搬異常が起こる~
 
これらの現象と地震の繋がりはまだ明らかになっていないのですが、電波の伝搬以上と地震を繋ぐ要因として、静電気の発生に着目されているブログ記事がありました。
少し前(2005年11月)の記事ですが、諸現象の関連性について提起されている仮説が興味深いので紹介いたします。
 
※以降の引用は「Wave of sound の研究日誌」さんの記事「静電気現象と地震の短期予知についての一考察」からです。

(さらに…)

  投稿者 aironGst | 2012-07-16 | Posted in D03.地震No Comments » 

【地球のしくみ】10~万物は自転することにより存在を安定させる~

 前回、地球だけになぜ海が存在するのか?を紹介しました。
今まで「地球の仕組み」として地球だけを扱って来ましたが、こうなると他の惑星がどうなっているのか気になります。今回は惑星の特徴がなぜ出来たのか、を見て行きます。
 そして、全ての天体はなぜ公転しているのか?
%E5%A4%AA%E9%99%BD%E7%B3%BB%E6%83%91%E6%98%9F.jpg
画像は 生物史から、自然の摂理を読み解く さんからお借りしました。
気になる方は↓クリックお願いします

(さらに…)

  投稿者 hihi | 2012-07-14 | Posted in D.地球のメカニズム, D01.地球史No Comments » 

自然の摂理ML selection☆*:・°~大飯フル稼働 火力8基停止 関電に怒り “電力不足ウソか”

みなさん、こんにちは
自然の摂理ブログでは、ML(メーリングリスト)をしています
毎週1回、女性メンバーから当ブログやその他サイトの「時事情報 」や「おすすめ記事 」の紹介を毎週発信しています
その中から、おすすめの記事をちょこっと紹介していきます
+o。。o+゜☆゜+o。。o++o。。o+゜☆゜+o。。o++o。。o+゜☆゜+o。。o+
1baa6b1c39cf26e8e1882390058324d5.jpg
多くの国民が連日、関西電力大飯原発(福井県おおい町)の再稼働に強い反対の声をあげる中、関西電力は再稼働を強行、5日には同原発3号機が発電を再開、送電も始まり、9日にはフル稼働しました。
こうした中、“フル稼働すれば、代わりに燃料費が高い火力発電所を8基止める”と一部で報道され、国民から大きな怒りがあがっています。
この事実、みなさん、ご存じでしたか ??

(さらに…)

  投稿者 staff | 2012-07-12 | Posted in X.自然の摂理ML selection☆*:・°No Comments » 

【気象シリーズ】日本の局地気候と農業 ~若狭の気候特性から今後の農業の可能性を探る その2

~その1のつづき~
◆若狭は暖かく、雪もそれほど多くない
では、若狭町、あるいは上中地域の農業の新たな可能性とは、一体どのあたりに見出せるのでしょうか。その可能性を探る上で、まずは基礎となる若狭エリアの気候特性をおさえてみましょう

(さらに…)

  投稿者 seiichi | 2012-07-11 | Posted in D02.気候1 Comment » 
1 / 212