2015-02-18

抹殺された治療法(05)古典物理学的な立場に立つ医療の功罪

今、日本人の死亡原因で第一位は“ガン”です。
そのガンは、1950年(昭和25年)は6万人程の死亡者でしたが、2013年(平成25)現在は36万人を越える勢いで増加の一途を辿っています。(参照:日本人の主な死因の死亡率の推移最新がん統計

2014080800004_2
主な死因別にみた死亡率の年次推移

計算上、僅か半世紀で一千万人以上(東京都の人口相当)が亡くなっている事になります。
この数値を目の当たりにし、「ガンは治る」と信じている人はいるのでしょうか?
医者からガンを告知された時点で、絶望感を受けるのは至極当然な事です!
何故なら、ガン告知を受けた患者の生還率が、余りにも低いからです。

切除手術や抗癌剤、放射線治療などは、何の効果もなく患者は失意のままで亡くなっています。
現実は、医者に頼ってもクスリに頼っても、多くのガン患者は助からないのです。
それが証拠に、ガン死亡者は毎年々右肩上がりで増え続けているのです・・・・。

いつもありがとうございます。クリックをお願いします♪

 にほんブログ村 環境ブログへ

このようなガンの死亡率が上昇している状況下にも関わらず、それまでの医療を越えた解決方法を見出そうとしたレイモンド・ライフ博士やガストン・ネサン博士は社会的に抹殺されてしまいます。
なぜ抹殺されたのでしょうか?
単に医学会の利権を守りたいと私利私欲に向かったものもいたようですが、単にそれだけではなかったかもしれません。

3匹の子豚との日々=DIAS CON MIS TRES CERDITOS=の「松浦優之医学博士のAWG電子照射機」より引用します。

ライフもネサンも独自に開発した顕微鏡を使って血液中の小体を克明に研究し、ネサンはソマチッドを正常化するカンファー製剤で効果を上げたが、一方ライフは、特定の周波数の電磁波を照射して効果を上げていた。
これはいわばガン細胞に物質ではなく「情報」を与えるというものである。
その効果はすでに述べた通り、その後フランスの医学者バンヴェニストの「モルモットの心臓実験」でも証明されることとなった。

パリのジョルジュ・ラコフスキー博士もまた、ガンに対する電磁波の効果を確認した。
博士がさまざまな周波数を出すエミッターを開発し、それを使ってガンやさまざまな病気を治療したところ、そこに大きな効果が現れ出たのである。

しかしラコフスキー博士もライフやネサンと同じように「社会的封殺」の運命をたどった。
フランスの食品医薬品局から「インチキ治療器具」の烙印を押され、効果のあるその器具が使用禁止にされてしまったのだ。

こうした事例は数限りなく列挙することができる。
たしかに「インチキ治療器具」も多々あるにちがいなく、その犠牲者が大勢いるであろうことも十分に想像できるが、それにしても「画期的なガン治療」に対する異常なほどの監視の目が、現代医学や医療産業から厳しく向けられ続けている。

それも、電磁波や周波数等々の効果は、量子真空の世界に属するものだからだろう。
だから、もしそれが広く社会に認知されたなら、古典物理学的な立場に立つ現代医学とその医療が根底から覆されてしまう。
そうした危機感が働いているからこそ、ライフやネサンなどの研究成果が厳しくタブー視されてしまったのであろう。

表面的な症状の消失あるいは緩和を主目的とする対症療法としては、現代医学は古典物理的な立場でも良かったのでしょうが、病気そのものを治療するには、原因療法や自然治癒力が必要となっているのではないでしょうか。
様々な医療のウソが叫ばれている現在、人類(生物)の根本的な構造や自然界の摂理を知ることが求められており、現代医学とその医療を根底から覆す発見や理論が必要となっているはずです。

List    投稿者 tutinori-g | 2015-02-18 | Posted in N.健康・医療・食品, N05.「がん」を考えるNo Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.sizen-kankyo.com/blog/2015/02/2805.html/trackback


Comment



Comment


*