2014-04-30

【GW特別企画】るいネット秀作紹介2 近代医療が金貸しに乗っ取られる過程② ~大卒の医薬品を使う医師のみにお墨付きを与え、他の医療を排除する~

日本の薬の使用量の多さは、世界の中でも突出しています。

世界の医薬品市場規模は、約80兆円images
日本の医薬品市場規模は、約 7兆

 日本の人口は比率で言えば世界の人口の2%にしか過ぎないのに、日本の薬の使用量は世界の薬の30%。インフルエンザ治療薬のタミフルについて言えば、実に70%の消費大国です。

ところで、科学的には、風邪もインフルエンザも自分の体に自然にそなわった力により治しているにも拘らず、医師により自然治癒力とは無関係の薬を多量に処方されています。そして、患者は何の違和感も無くそれを受け入れています。

また、健康と病気の境界線は非常に曖昧であり、「正常」と「異常」とを分ける境界は国によって違いがみられたり、時代とともに変わったりしています。それでも、多量に薬を飲むことを患者が受け入れているということは、何らかの理由で自分は病気であると信じており、それは薬により治されることが当たり前であると思っているからです。

たとえば髪が薄くなるとか、性生活の衰えなどは、困ったことですが、しかたがないとすませていた問題です。それを、病気だと医師が言えば、医学的な介入も可能になります。そして、勃起不全症、成人型注意欠陥多動性障害、月経前不機嫌性障害など、次々と新しい病気が医師によって指定され、投薬対象となってきています。

何でこんなことになったのでしょうか?

近代医療の歴史から見て行きましょう。

 にほんブログ村 環境ブログへ

るいネット 引き続き崎谷博征氏の『医療ビジネスの闇 ”病気産生”による経済支配の実態』よりポイントを紹介します。

今回は医療品を使う医師を作り出すために大学に医学部をつくり、薬物治療中心の近代医療以外を排除していく過程をまとめます。

——————以下引用——————

■近代医療を乗っ取ったロックフェラー

ロックフェラー財閥(以下「ロックフェラー」)はロスチャイルド財閥が考案した連邦準備銀行(FRB)設立に関与し、そこから潤沢な資金を得ています。そして20世紀初めには、世界中の石油利権の大半を手中に収めることに成功しました。

そこから上がる数兆ドルといわれる資金を元に次の大きな投資先を探します。彼らが目をつけたのは、私たちの”人体”でした。彼らの石油産業から派生した製薬によって人体をターゲットにした独占的市場を”創作”したのです。この石油から作られた医薬品はもちろん特許という独占権で守られ、利益が保証されます。そして、ロックフェラーは、労働者を科学的に治療する「近代医療」の中で、自らの利権である医薬品を中心に据えようとしました。

医薬品への投資で利潤を上げるために最も重要視されたのは、医学関係者に彼らの影響を行き渡らせることでした。1910年、ロックフェラー財団の理事長であるフレデリック・ゲイツは、ロックフェラー医学研究所所長の兄弟であるアブラハム・フレクスナーに命じて、あるレポートを作成させました。作成のための調査資金は、ロックフェラーが関与していないように見せかけるため、ロックフェラーが実質的に支配しているカーネギー財団を迂回して提供されました。

このレポートは、90日間で全米の69の医学校を調査し、独自の尺度で格付けしたものです。代替医療をおこなう医学校を「信用のおけないマヤカシの学校」と非難し、排除する目的で作成されました。実際に25校は閉鎖の憂き目に遭いました。一方で、ロックフェラー財団の意にかなった学校には、財団から潤沢な研究資金が提供されたのです。このレポートは「フレクスナー・レポート」と呼ばれ、その後のアメリカ医療の将来を決定付けるターニングポイントとなりました。

つまり、1910年に、ロックフェラー・シンジケートが近代医学の乗っ取りに成功したのです。
■「患者中心」から「専門職中心」の医療へ

1848年、AMA(アメリカ医師会)という組織が形成され、「アロパシー」と呼ばれる治療以外の医療行為が執拗に攻撃されていました。アロパシーとは、症状を打ち消す薬や手術を施す治療法のことで、分かりやすく言うと「対症療法」です。現代医療はこのアロパシーを基本としています。ロックフェラーはアメリカ医師会に目を付けました。なぜなら、ロックフェラーがアロパシーで使用する。”医薬品”に莫大な資金を投入していたため、それらの薬を使用する医師を必要としていたからです。

フレクスナー・レポートののち、医学教育、医師免許、治療法、治療費は、ロックフェラー財閥の後押しを受けたアメリカ医師会の寡占状態となり、医療の自由市場は消滅してしまいました。たとえば、民間の助産婦は排除され、アメリカ医師会に所属する病院の産婦人科での出産が義務付けられました。また、料金とサービスの面で一般の人々から好まれていた検眼士は”イカサマ治療士”として排除され、眼に関することはアメリカ医師会に所属する眼科医の独占となりました。

さらにロックフェラー財団は、所有する製薬会社を通じて資金を投入し、メイヨークリニックをはじめ、ハーバード、イェールなど「アイビーリーグ」といわれる全米エリート大学に医学部を創設しました。医学校には、資本家階級の信奉する科学的医療を教え込むというフレデリック・ゲイツの思惑を実践するために、大学院レベルの教育を施すフルタイムの医療教育者が置かれました。これらの”正規”の医学部で教育を受け、卒業しないと医療行為は法的に禁止されたのです。これは医師免許の独占権を手中にしたことを意味しますこれらのいわゆる一流の大学の研究機関や病院には、今や世界の医学をリードする医師たちが集っています。彼らが発信する情報は、医学論文や学会を通じて世界中の医療機関に大きな影響を与え続けています。また、この”エリート医師”たちの組合であるAMAが、臨床では絶大な力を持っています。もちろん医学の遅れた国、日本でも、彼らの作ったガイドラインや治療法が数年遅れで拡がっていきます。

ロックフェラー財団はこれら医学研究、医師の教育・トレーニング、医薬品の製造、公衆衛生政策に豊富な資金を供給することで「患者中心」の医療を廃止し、患者を顧客として扱うという「健康の産業化」を完成させていきました。すべては自分たちの医療品を売るためです。

そして第二次世界大戦前後からは、ロスチャイルド財閥やロックフェラー財閥のコントロール下にある連邦政府が、薬物治療中心の近代医療に介入するようになりました。資本家同様、国家も「健康な兵士を戦場に送るために、そして負傷した兵士を回復させるために」医療の利用価値を認めるようになったからです。

ここで、近代医療は「患者中心」医療から、大資本家、アメリカ医師会、連邦政府の三頭支配による現在の「専門職中心」医療へと変貌を遂げたのです。近代医療と資本主義は手を携えて発展してきたのです。

——————引用終了——————

このように、巨大資本は利益のために医師を飼いならし、彼らに新たらしい病気を捏造させ、効き目はなくむしろ体に悪い薬を患者に大量に投与させてきたのです。

しかし、戦後から1990年くらいまで続いたこの流れも、その後の本源収束・健康志向のながれから、徐々に近代医療離れの流れを作りだしてきました。そして現在では、癌すら自然療法の方が正しい治療法であるとまで日本国民の意識は変わりつつあります。

この正しい流れを加速するためにも、上記のような事実の歴史を発信することと、自然の摂理に適った体の仕組みの理解が重要になってくるのだと思います。そうすれば、このような洗脳から解放され、自然の摂理に適った生き方こそ、病気に対する最大の予防であり治療であることに気づくことが出来るからです。

最後に、そのきっかけとなるであろうルネ・カントンの『海水療法』について紹介します。この療法は、輸血の代わりに海水を体に注入すると、体のバランスが元に戻り自然治癒力が高まるというものです。これは、病因をピンポイントで攻撃するパスツールの医学に対して、生体の全体的な素質の復元を目指すものだったのです。

それは、「症状」を「病気」と捉えたため、薬物療法が主流になってしまった近代医学に対して、「症状」とは「病気」が治ろうとする「治癒反応」であり、薬物で「症状」を止めるほど「病気」は慢性化していくという認識に基づいています。

この認識は、千島学説、多くの自然療法を貫くものですが、19世紀のパスツールの時代に、しかも西洋で生まれていたということは特筆に価します。そして、この療法を根拠も無く否定し社会から抹殺したのは、近代医療を信奉する医師たちであったことも、今回記事との共通点として見出すことが出来ます。

このような歴史の中で、近代医療は強引に広められてきたのであって、それが優れた療法であったからではないという事実を、私たちは重く受け止める必要があります。そして、こんな時代だからこそ、医療という枠を超えて、自然の摂理に根ざした豊かな生活を送る『知恵』を身につける必要があるのではないでしょうか?

 

List    投稿者 sinsin | 2014-04-30 | Posted in G.市場に絡めとられる環境問題, N.健康・医療・食品No Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.sizen-kankyo.com/blog/2014/04/1767.html/trackback


Comment



Comment


*