2020-11-12

コロナウイルスと冬。インフルエンザではなく、なぜ新型コロナなのか?

インフルエンザが流行する時期になりました。例年だと廻りにちらほらとインフルエンザに感染したという声が聞こえてきますが、今年はまったく耳に入ってきません。

新型コロナウイルスとの同時流行が懸念されているインフルエンザについて、これまでに報告された患者数は、例年より大幅に少ない状態が続いていますが、国立感染症研究所では、今後の流行状況に注意するよう呼びかけています。

厚生労働省などによりますと、今月1日までの1週間に、全国およそ5000か所の医療機関から報告があったインフルエンザの患者数は、前の週から2人増えて合わせて32人でした。

NHK『インフルエンザ患者数 例年より大幅減 今後の流行に注意を2020年11月6日 20時12分』より

一方、新型コロナウイルスの感染者数は大幅に増えています。

インフルエンザも新型コロナも同じコロナウイルスなのに何故このような違いが出るのでしょうか?
そもそも本当に新型コロナだけが増えているのでしょうか?

インフルエンザをコロナと書いてくれた医者に多額のワイロを払って買収していました。本当はインフルエンザなのに、コロナと書いて欲しいのです。

結局コロナはインフルエンザや風邪 ~今年のインフルエンザの感染者は”0”(厚労省データ)~』より

風邪であれ、インフルエンザであれ新型コロナと診断されているケースがあるようです。

前述したように風邪もインフルエンザも新型コロナも同じコロナウイルスです。冬になり乾燥すればウイルスに感染しやすくなるのです。

コロナウイルスと冬。そして未知の作用のRNAワクチンへの狂想』より引用します。

(さらに…)