2012-08-29

【気候シリーズ】コラム~この夏の集中豪雨について考える

4月の爆弾低気圧、5月の竜巻、6月の早すぎる台風に続いて、7・8月は西日本を中心に前線性の低気圧による集中豪雨が続きました。
7780538760_3a872e3896.jpg
写真は8月に関西を襲った大雨で浸水した関西の市街地・・・写真はこちらからお借りしました→http://sekaitabi.com/kansaiflood.html 
7月の記事で
これは冬のシベリア気団の発達の結果、チベット高気圧及びオホーツク高気圧がそれほど発達しなかったため、一般的な日本海上を上昇するような台風ルートにならず、この梅雨にみられたように太平洋側に偏って前線や台風が移動することが予測されるためだろうと思われます。つまり昨年同様、高気圧が大きく張り出しているため、太平洋に沿って台風や前線が停滞気味に雨を降らせる、ということが今年も予想される。
と書きましたが概ねそのような状況で推移しています。実際、7月の九州、8月の関西ともに前線性低気圧がその原因とされています。

http://www.sponichi.co.jp/society/news/2012/07/13/kiji/K20120713003670520.html 

http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/120814/waf12081423060025-n1.htm

もちろん、前線が通過するだけならこれほど大きな被害を引き起こしません。前回の風シリーズでも解説した通り、上空大気との組み合わせで上昇気流が起きた場合、積乱雲が加速的に発達し、豪雨になるのです。そしてこの低気圧を発達させる上空大気の鍵を握っているのが偏西風の蛇行であり、さらには北極振動ではないか、との視点も過去記事で述べたとおりです。
http://blog.sizen-kankyo.com/blog/2012/07/001144.html 
http://blog.sizen-kankyo.com/blog/2012/08/001161.html
今回、同様の主旨のブログ記事を見つけましたので紹介します。

 にほんブログ村 環境ブログへ


●偏西風の蛇行と北極振動
以下http://ameblo.jp/nobuchi2/entry-11298216000.html より引用
偏西風 がおかしいぞ?ってな風に感じたので記録がてら記しておく。
o0630023512070322859.jpg
(参考: http://www.cokbee.com/weather/jet.htm 気象予報士:松田巧/ YAHOO!天気・気象庁 衛星画像)
偏西風 とは、北極付近の冷たい大気の塊に沿って吹くジェット気流の事。ヨーロッパ→アジア→日本→アメリカ といった順に西から東に向かって吹いています。要は偏西風が 南に下がると日本付近にも寒い大気 がやってくる。逆に 北に上がると日本付近には赤道から暖かい(暑い)大気 がやってくると思いなせえ。そうして偏西風が地球の自転やら何やらで蛇行する事で天気が大きく変わる訳です。この動きを 『北極振動』 と呼び、日本の天気を大きく左右しています。いわゆる 異常気象 とやらは北極振動の振れ幅が大きい時、あるいは時期外れな動きをした時に発生するのですね。
o0630023612070322857.jpg
えー、そんな背景を知った上で重ねた画像と天気図を見てくだされ。本来はあり得ないほどに偏西風が蛇行して前線を押し下げてる訳です。これが 「妙な具合」 と思った理由なのですよ。
例年であればこの時期の偏西風はもっと北寄りに安定し、それゆえに梅雨前線も文字通り梅雨らしい停滞を見せる・・・はずだった。もっとも・・・毎年、異常気象と言ってるからもはや 異常ですら無い異常 なのかもしれないが・・。ここ数日の蛇行具合も見てもらおうか。
o0472049112070322858.jpg
(参考: http://www.cokbee.com/weather/jet.htm 気象予報士:松田巧)

さて8月のお盆のころも偏西風は大きく蛇行していました。
http://www.cokbee.com/weather/imgout.cgi?xn/xn120812.gif 
●偏西風蛇行がもたらす温帯低緯度地帯の豪雨と温帯高緯度地帯の旱魃
そしてこの偏西風の蛇行の影響は温帯域の低緯度側には豪雨をもたらす一方で、温帯域高緯度帯には乾燥と高温をもたらします。実際、アメリカ、韓国は旱魃に悩まされ、この8月は北日本もどちらかというと高温化しています。
その結果、アメリカでは地球温暖化を信じる人が増え始めているというほどです。
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-M7DRC16KLVS201.html 
と同時に穀物高騰の動きもみえはじめています。
http://ameblo.jp/don1110/entry-11325473218.html 
ただ冷静に見れば、1930年代、1950年代のアメリカもかなり旱魃がひどかったようであり、やや騒ぎすぎ、という印象も否定できません。http://wattsupwiththat.com/2012/07/17/it-was-the-best-of-droughts-it-was-the-worst-of-droughts/ 
おそらく自然現象としては同じ程度の旱魃や豪雨であっても都市集中が進み、自然災害の与える影響が過去よりもはるかに大きくなっているということの方が本質ではないかと思われます。このことは東南アジアにおける水害も同様の問題をはらんでおり、昨年のタイの水害も工業化、都市化が進まなければあれほどの被害にはならなかったのです。
img_1342924_61705815_0.png
中東、ロシアも旱魃被害が出ているようですので、米露の気象戦争との見方も出来るかもしれません。(8月11日にはイランで地震があったようです)
ゲリラ豪雨の記事でも扱ったように、社会の都市化が気象被害を拡大させていることは間違いありません。気象操作と気象災害に対抗する術は、なによりも私たち自身がいきすぎた都市化から脱却し自給自足型で自然の摂理に則った農村共同体を再生することではないでしょうか。

List    投稿者 staff | 2012-08-29 | Posted in D02.気候1 Comment » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.sizen-kankyo.com/blog/2012/08/1178.html/trackback


コメント1件

 通りがけ | 2013.10.23 4:45

「日本国憲法に従い直ちに衆参全議員解雇して主権者国民直接選挙管理総選挙を行え」
あの動画がこんなに短時間で広まった今こそ独立党は12.16不正選挙と7.21不正選挙が証拠によって確定したことを全世界に対して宣言し、日本国憲法に従って直ちに衆参同時選挙を政府に要求せねばならない。この国政選挙では、総務省全員解雇し選管ムサシを排除して、NHKはじめテレビの選挙報道や当確速報報道を絶対禁止して、投開票場の設置からすべて地方公務員の手作業で公開して集計開票100%で当選者発表までを行うようにして、主権者国民が直接参政権を行使して選挙全過程を厳正に管理する公平公正な日本国憲法遵守国政選挙とする。現在の国会議員は全員12.16および7.12不正選挙の当選者であるのに国会において誰も不正選挙を問題にせず議題にもせず国民を欺き続けたから、今度の選挙では全員被選挙権を没収停止する。参議院議員に関しては全員再選挙とするので、すべての現職国会議員が出馬禁止となる。 
公明党および幸福実現党は憲法違反につき強制解散。
亀井静香議員だけただひとり自公政権の創価学会依存不正選挙を国会で問題にしてその憲法違反を明らかにした功績に鑑みて例外の立候補資格を与える。
これをRK氏と独立党が中心になって全国民へ呼びかけて主権者国民の総意形成し、憲法に従い直ちに衆参両院解散全議員総選挙を実施するよう政府公僕に対して厳命する。
最高裁判事国民審査も同日に行う。未記入はすべて不信任票である。
12.16と7.21の同日に行われた地方選挙(東京都知事選含む)もすべて憲法違反だから前記の国政選挙とは別日程で迅速に再選挙とする。

Comment



Comment


*