2012-08-21

【『熱中症』は『本物の塩』(微量ミネラル)摂取不足】科学を身近に☆NewStream

%E7%8C%9B%E6%9A%91.bmp%E5%A4%8F%E3%81%AD%E3%81%93.bmp
こんにちは!
旬の話題から自然の摂理が学べる!科学を身近に☆NewStreamです。
今週の科学ニュースを紹介します。
まだまだ暑い日々が続きますね。本日のNHKニュースによると、まだまだ熱中症被害は続いているようです。

連日、厳しい暑さが続いていますが、先月以降、熱中症とみられる症状で病院に運ばれた人は3万3000人を超えました。
ことしに入って熱中症とみられる症状で亡くなった人は少なくとも103人に上り、総務省消防庁などでは引き続き熱中症への注意を呼びかけています。
総務省消防庁の速報値によりますと、先月から19日までに熱中症とみられる症状で病院に運ばれた人は全国で合わせて3万3244人となり、去年の同じ時期をおよそ400人上回りました。
熱中症とみられる症状で病院に運ばれた人は、先月は、統計があるこの5年間で最も多い、およそ2万1000人に達していました。
今月に入ってからは、いったん減っていましたが、先週から再び増加に転じ、19日までの1週間だけで、およそ4100人に上っています。
また、NHKが各地の消防や警察に取材したところ、ことしに入って熱中症とみられる症状で亡くなった人は全国で少なくとも103人となっています。
年齢が判明した人のほぼ4分の3が65歳以上の高齢者でした。
総務省消防庁などでは、急に気温が高くなる日などは熱中症に特に注意し、こまめに水分を補給したり、室温が28度を超えないようにエアコンや扇風機をうまく使ったりして予防を心がけてほしいと呼びかけています。

「こまめに水分補給を」と呼びかけていますが、そもそも、熱中症って水分不足で起こるのでしょうか?
熱中症の真の原因を指摘した、『熱中症』は『本物の塩』(微量ミネラル)摂取不足。という記事を紹介します。
熱中症対策のためにも、身体に関する自然の摂理に学びましょう :D

(さらに…)

  投稿者 kayama | 2012-08-21 | Posted in M01.身体の自然環境2 Comments »