2016-01-04

太陽活動による地球への影響

今年は温暖化の影響でしょうか、暖かなお正月でしたね。

この気温などの地球環境は、地球単独の活動というより外的要因である太陽活動の相関関係中でなりたっています。その相関関係の中で興味深いものがあったので紹介します。

「太陽フレア」(あるいは強い太陽活動全般)と地震、あるいは火山の噴火に関してはいろいろな意見があります。代表的な意見のひとつとしては、
『太陽フレアが地震や火山の噴火を誘発する』というものです。

「米国現物株投資で資産形成を凡人が目指す株式投資ブログ」を参考にしながら、以下に展開していきます。

 にほんブログ村 環境ブログへ

■太陽活動と地震・噴火の関係                
地球惑星科学の権威である東京工業大学・地球生命研究所の丸山茂徳教授はこう説明する。

「太陽の黒点数は極大期から次の極大期まで、従来はほぼ11年周期とされてきましたが、前回の2001年から12年が経過した今になっても、ピークには まったく達していない。黒点の数が少ないということは、太陽から来るエネルギーが減っているということです。地球は温暖化が進んでいると一般的にいわれますが、実際にはむしろ寒冷化に向かっていると思われます」
その結果、今年は欧州で低温が続き、日本では寒暖の差がはっきり出て、夏はより暑いものの冬はより寒くなり、降雪も多くなる傾向が見られるという。

太陽活動の低下は、地球表面の気候だけではなく、内部の地殻活動や火山活動にまで影響を及ぼします。太陽活動が低下すると、地球をおおっている太陽風のシールドがなくなり、宇宙からふりそそぐ宇宙線をはね返せなくなります。
宇宙線はものすごくエネルギーが高い放射線で、例えばコーラに照射すると液体中の炭酸が気化して発泡します。これと同様に、地下の活断層の間にある水分や、火山のマグマの成分が宇宙線にさらされることで気化し、膨張し、活発化することで、大地震や大噴火が多発します。

つまり、太陽活動の低下が地震や噴火を誘発するということのようです。

■今まで太陽活動が低下した時にどれだけ地震が起こったか?  
太陽黒点数の時系列データについては、World Data Center for the production, preservation and dissemination of the international sunspot numberから入手できます。
また、太陽黒点数の予測は、NASAから入手できます。

これらの太陽黒点数の推移と、世界で起きた大地震の関係を下記のグラフで示します。グラフをご覧いただければ、太陽黒点数の極小期に大地震が発生しているのがよくわかると思います。
2c1e9c35
そして、NASAの予測によると今後の太陽黒点数は、2020年の極小期に向けて大きく減少していくことになります。また、今回のシュワーベサイクルの ピーク時における黒点数については、およそ100年ぶりに少ないことが、上から3番目のグラフを見ていただければ、わかると思います。
これからは、いつ、関東大震災クラスの巨大地震が発生してもおかしくありません。過去の巨大地震と太陽黒点数について、下記の表にまとめてみました。
6e828dd9
今まで、東京では何度も巨大地震が発生してきました。
1707年には、宝永地震、富士山の宝永噴火で約2万人が死亡し、1855年には安政江戸地震で約1万人が死亡しています。明治以降も、1923年の関東大震災で約14万人が死亡し、2011年の東日本大震災で約1万9千人が死亡しました。

■大地震がいつ起きるか予測する               
これからやってくる2017年からは、太陽黒点数が著しく減少します。大地震がやって くることを予測、予知及び予言できるのです。過去の地震から推計すると、被害者数は6500人から15万人に及びます。2020年の東京オリンピックまで に首都南部直下大地震や東海大地震により、首都が壊滅状態になることも考えられます。

関東大震災前後の太陽サイクル
それでは、関東大震災前後の月別太陽黒点数推移を下記に掲載します。見事に、太陽黒点数の底で、大震災が発生しているのがわかると思います。
しかも、この時は、天候不順による大凶作で米騒動が発生しました。丸山教授の理論は正しかったのです。

阪神・淡路大震災前後の太陽サイクル
次に、阪神大震災前後の太陽黒点数の月別推移もご確認ください。見事に、太陽黒点数の底で、大地震が発生しています。しかも、この時も、関東大震災の時と同じように、天候不順による米の不況で米騒動まで起きています。

今後の予知
最後に、東日本大震災前後の太陽黒点数の推移に加え、NASAが予測する今後の太陽黒点数の推移を掲載します。
東日本大震災は、見事に太陽サイクルの底近辺で発生しています。そして、2017年以降は、どんどん太陽活動が低下していきます。
2020年の東京オリンピックの時には、なんと関東大震災が発生した時のレベルまで太陽黒点数が低下するのです。首都直下大地震で、東京オリンピックがとりやめになるなんてことも十分にあり得るのです!
26a86b83

List    投稿者 tutinori-g | 2016-01-04 | Posted in D.地球のメカニズムNo Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.sizen-kankyo.com/blog/2016/01/3099.html/trackback


Comment



Comment


*