2013-04-10

【気候シリーズ】正統科学史から消されてた科学者ニコラ・テスラ


皆さんニコラ・テスラという科学者を知っていますか?
今や生活に欠かせないライフラインとなっている電気エネルギーですが、今のように利用が広まるまでにはニコラ・テスラによる配電システムによるところがとても大きいです。
今から約100年前、電気エネルギーを利用するに当たって、配電システムを巡って争いが繰り広げられました。
当事、ニコラ・テスラは独自に交流電流による電気事業を推進しようとしていました。
一方で、白熱灯を発明したGEのエジソンは直流システムによる電気事業を推進しており、
この両者は配電システムを巡って激しい競争を繰り広げていきます。
この配電方式を巡っての争いは「電流戦争」と言われています。
そして、この競争はナイアガラの滝に建設された水力発電所で交流発電機が採用されたことで、
ニコラ・テスラの勝利となったのです。
現在に至るまでのニコラ・テスラの開発した電力供給システムが利用されてきており、ニコラ・テスラはエジソンと並ぶ名発明家であったことは間違いありません。
しかし、今日、ニコラ・テスラの文字は教科書からは消え、彼のことを知る人は多くありません。
なぜ、名発明家であったニコラ・テスラは正統科学史から消されてしまったのでしょうか?
今回はニコラ・テスラが著書の日本語訳である「秘密の告白」から引用しながら、
その理由を探ってみたいと思います。
いつも応援ありがとうございます

 にほんブログ村 環境ブログへ


■地球を利用した無線伝送システム
現在も利用されている交流システムを考案し、宿敵エジソンとの戦いに勝ったテスラは、地球を利用してエネルギーの無線伝送システム「世界システム」の構想の実現に向けて研究を進めていきます。
「世界システム」とは、地球そのものの電気振動と共振(共鳴)して、莫大なエネルギーをほとんど無料でしかも無限に得ることができるシステムのことで、これを使えば、ワイヤレスで地球上のとこでも自由に電力の送受信が可能だというのです。

ニコラ・テスラ「秘密の告白」より引用
P210
長いあいだ、私はそうした伝送は産業規模では実現できないと思っていた。しかし、私自身のある発見がきっかけでこうした見方は変わった。大気は通常、高絶縁体だが、ある条件のもとでは伝導性を示し、電気エネルギーをいくらでも伝えられることに気づいたのだ。
P213
この伝送方式の実現可能性を示してから、極自然に次の着想を得た。地球を導体として利用すれば全ての線は無くて済むのだ。電気が何であろうと、非圧縮性の流体であるかのような挙動を示すのは事実だし、地球は電気の巨大貯蔵所のように思える。
P224
こうして大気の性質を新たに発見し、大量のエネルギーを無線伝送する可能性が高まっただけではない。もっと重量なのは、エネルギーがこの方法で経済的に伝送されるという確信が生まれたところだ。この新しいシステムにおいて、伝送距離が数キロメートルなのか、数千キロメートルなのかはあまり問題ではない。実のところほぼ問題にならないのだ。
P226
その実用化が成就するということは、つまり、エネルギーは地球上のどこの地点にいる人間にも利用可能になるのだ。しかも適切な機械装置によって周辺環境から取得できるような少量でなく、落水から実質的に無限に利用できるということになろう。

このようにテスラは、地球を利用した電気エネルギーの研究をすすめ、最終的には地球上でどこにいても必要なだけのエネルギーを取り出す仕組みを突き止めていたようです。
約100年経った現在の科学でもテスラの研究していた電磁波(スカラー波)の性質は、正式には認められていません。それほど、最先端の科学だったのです。
しかし、このように電気エネルギーを自由に取り出す方法を発見したテスラですが、産業の発達とともに拡大するエネルギー市場により恩恵を受けていた資本家たちとは真っ向から対立することとなりました。この結果、マスコミからはマッド・サイエンティストと呼ばれるようになり、歴史から抹殺されることとなってしまったのです。
■最先端の研究を生涯続けたテスラの葛藤
金融資本家によって歴史から抹殺されてしまったテスラですが、その研究結果についてはFBIが全て持ち去ったといわれています。もしこれが事実だったとすれば、テスラが只者ではないということはハッキリします。

P230
1943年1月7日の深夜、マンハッタンニューヨーカー・ホテル。身寄りもなくこのホテルの一室にひっそりと暮らす86歳の老人が、その波乱万丈の生涯に終止符を打った。人生の最後を看取るものなど誰もいない、あまりにも孤独な死であった。(中略)
葬列がホテルを出るのを待っていたかのように、数名のFBIの捜査官たちがこの部屋に押し入ったのである。捜査官らは部屋を徹底的に捜査し、老人が保管していた小さな金庫を見つけるとそれを無理やりこじ開けて、数式や図面が詳細に描かれた書類の一切合切を持ち去った。そして捜査官たちは何の痕跡も残さずに消え去ったのである。

20世紀初頭といえば、世界が第一次世界大戦に向かって突き進んでいる時代であり、主に科学は軍事利用を目的に研究を進められてきました。テスラの研究した電磁波(スカラー波)は科学的に未知の領域であり、軍事的な兵器開発に利用できる可能性は非常に高いと考えられます。
同時期に、原子力エネルギーの研究も始まることになるが、原子力エネルギーは研究開発が進められ様々な利用が進められていくのを見て、テスラは以下のように述べています。

P107
原子力エネルギーは人類を不幸にするだろう
私たち人類は恐るべき問題に直面しているのだが、その問題は、物質的にいくら豊かになっても解決しない。それどころか、物質的豊かさを助長する方向に信奉すればさまざまなキケンが待ち受けていて、その脅威は、物理的な欠乏や苦しみに起因する脅威よりもはるかに深刻だ。もしも原子のエネルギーを開放したり、より安価で尽きることのない動力を地上のどこかで作り出す方法を発見したりしたとしても、それによる恩恵などあるはずがない。人類にとってはむしろ不幸になりかねない。不和や混乱が必ずやもたらされ、その結果として最後に行きつくのは、権力による憎むべき支配体制なのだ。

P233
「莫大な破壊力を持つ軍備を完璧に整えれば戦争状態がなくなるであろうとの議論が行われてきた。私自身も長いあいだ、そのように考えていた。しかし今となってはそれは深刻な誤りである。(中略)これほど大きな悪と戦うために、果たして何ができるだろうか。火薬の発見を考えてみよう。火薬の発見ほど、革新的かつ急進的な展開を導いたものはないと言ってよい。仮に、その時代に生きていると想定してみよう。戦争状態は終わり、騎士の鎧兜が嘲笑の的になり、かつては大いに意味があった身体的な強靭さや技能が比較的価値のないものになると私たちは思わなかったのだろうか。実際には火薬が出来ても戦争状態は終わらなかった。むしろまったく逆だった。何よりも強力な動機となってしまったのだ。また、戦争状態は何らかの科学的あるいは観念的な発展によって抑圧されることもないと私は考えている。もちろん世界情勢に大きな変化がない限りの話ではあるが。なぜそう考えるかというと、戦争はそれ自体が科学になっているから、そして戦争には人間が持ちえるもっとも重大な感情が関わっているからだ。」

■マッドサイエンティストか天才科学者か?
このようにテスラは電磁波の有効利用を目的に、独自に研究を進めて現在科学が認知していないような領域まで達していたことが事実だとすれば、エジソンやアインシュタインと同格或いはそれ以上の人類的大発見を成し遂げた科学者だったと言えます。
エジソンやアインシュタインのように歴史に名を刻めなかったのは、当事のエネルギーを支配していたロックフェラーやロスチャイルドという金融資本家たちの目指す市場拡大・利益拡大と真っ向から対立したことが原因ですが、金融資本家に対して屈しなかったという意味では、金融資本家を越えた科学者であったことは間違ありません。
一方で、彼の電磁波研究が本当の意味で人類にとってプラスとなったのかといえば、軍事利用される危険性がある以上、原子力エネルギーと同様にマイナスの面も持ち合わせています。
事実、現在は電磁波過敏症など電磁波による健康被害が上がっており、電磁波の危険性も充分考えられた上での研究だったかは定かではありません。
この意味で、彼の研究の真の評価を下すためには、私たちの理解が圧倒的に不足しているのが現状です。まず彼の研究を理解することからはじめていく必要がありますね。

List    投稿者 mineral | 2013-04-10 | Posted in D02.気候No Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.sizen-kankyo.com/blog/2013/04/1310.html/trackback


Comment



Comment


*