2007-09-15

地震ってなんだろう?(1)

みなさん、こんにちわ。
はじめまして、EGISIと申します :o
この自然の摂理でも、また新しいカテゴリーをたてられました。それもずばり「地震のメカニズム」です。
つい最近でも、新潟で大きな地震を体験したばかりの日本は、世界でも有数の地震大国。この人々がいつも高い関心を持っている地震というみんな課題(自然外圧)に対し、これから色々な切り口を持って追求していこうと考えています。
earthq.jpg
写真は「超巨大地震」さんより。
そこで今回は導入として、今年の7月16日に起こった「新潟県中越沖地震」に事例に挙げて、「地震」って何について探っていってみようと思います。
その前にポチッとお願いします。 :D

 にほんブログ村 環境ブログへ


●「地震」って何だろう?
日本はここ100年あまりに90以上の地震を起こすほどの地震大国。
そもそも「地震」というものは地殻やマントル内に「プレート運動などによるひずみ」が蓄積されることで引き起こされます。そしてその波動が地表に伝わるのです。 :o
地球内部の固い岩石でも、大きな力がかかるとわずかにひずみが生じます。
そして、地下のある領域に非常に大きな力が加わると、岩石が変形していき、徐々に「ひずみエネルギー」がたまっていきます。この大きさが岩石の持つ強度の限界に達したときに、破壊が始まるのです。
その破壊は、貯まっていたひずみエネルギーを消費しながら断層の運動を伝え、そのエネルギーが新たな破壊を起こすのに十分でなくなったところで停止します。
この時、断層運動のエネルギーは地面を揺らしたり、断層面の摩擦熱や地震波となって四方に発散されていくのです。
●「ゆれ」って何だろう?
その中でも今回のこの「新潟県中越沖地震」は、マグニチュード6.8の大きな地震です。
この地震は、プレートの内部で、活断層が動くことで起きたものです。そもそも断層とは、地層や岩石のずれのことであり、活断層とは過去何十万年の間に繰り返し動いている断層のことです。このように活断層が動いておきるタイプの地震は「プレート内地震」と呼ばれています。
このような巨大地震の特徴として、重要なポイントがあります。それがずばり「長周期」の地震波が強力に発生することです。
超高層ビル・巨大建造物などは、この地震波がくると「共振」という現象をおこし、その躯体を大きくゆさぶられる可能性があるのです。
長周期とは、カタカタと細かく揺れる通常の短周期とは異なり、数秒から十数秒の周期でゆっくりゆれる地震動のことです。周期が長いほど減衰しにくい(弱まりにくい)という性質があり、数100キロも離れた遠方までそのゆれは伝わるそうです。
今回の地震でも、その震源から約220キロ離れた東京都港区の六本木ヒルズ森タワー(54階建)で、エレベータ(17基)がゆっくりと大きく揺れ動く長周期地震動を感知し、非常停止をしていたことは、みなさんも記憶に新しいかもしれません。
そもそも「ゆれる」とは、どういうことでしょうか?。
改めて、僕達の感覚や生活のに直接かかわることの多い振動や波動を、自然の摂理に則って対象化(考察)していく場合、大きなポイントが2つあります。
ポイント①:エネルギーについて
振動現象はエネルギーが挙動に現れる様式の一つであり、存在するエネルギーが、運動エネルギー⇔変形エネルギーの間を行ったりきたりして繰り返しの挙動となります。またエネルギーの源やその消費要素と問題している系(振動している物体)との間でこれらのエネルギーがやり取りされ、振幅・減衰したりして、その変化が挙動となります。
だから、僕達は現象の背後に潜むエネルギーの存在とその出入りの事実をよく考えなければなりません。
ポイント②:振動系には特有の性質について
これが現象挙動を特徴を決定づける2番目のポイントです。その中心は固有振動数で、これが系の動的な剛性と挙動の反応速度を決めているのです。また固有振動数に対応して系に現れる固有振動モードがあり、それらの振動要素が複合されて、現象の形となって現れていきます。
(→これが共振現象の観点と大きくかかわってきます。)
●今後について
今後、地震が起きるメカニズム→それが大地を伝わるメカニズム→建物に伝わるメカニズムを一つの流れとして、上記のような自然の摂理に則って構造化していければと考えています。(素人なりですが)
まだ、はじまったばかりですが、皆さんと一緒に追求していきたいので、よろしくお願いします!。

List    投稿者 egisi | 2007-09-15 | Posted in D03.地震3 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.sizen-kankyo.com/blog/2007/09/189.html/trackback


コメント3件

 さんぽ☆ | 2007.11.28 15:32

「身体のチカラ=女ヂカラ」シリーズ楽しみですね♪
実は身体ってほんとよくできているんですよね。
疲れとか、調子悪いのとか、上手く調整してくれたりする機能が備わっている。
だけど、それを無視しちゃってる。
心と身体は分断状態。
これが繋がっていったら、もっといろいろなことを感じれるし、心も身体ももっと開放されるんだろなって思います。

 みわつん | 2007.11.28 23:12

さんぽ☆さん、ありがとうございます。
女性が本来の身体のチカラを回復できれば、世界中が充たされるんじゃないかな。。。
なんて、本気でおもっている今日この頃です。。
一緒にがんばっていきましょう。。

 エコロジー研究所/エコロジーな世界を目指して | 2007.12.02 6:33

【エコロジー語の解説】

『カーボンオフセット』と『カーボンニュートラル』について ①カーボンオフセット(

Comment



Comment


*