2007-11-25

「酵素」って生命にとってかなり重要みたい!

最近、賞味期限の問題で色々でていますね。 :roll: 腐っているわけでもないのに賞味期限なんていう概念を登場させるから勿体無いことになっている。 :evil:
そもそも腐敗とは何か? 要は分解。生物が生命活動 を停止すると生体は微生物によって分解されてゆく。微生物にとっての食事の結果が分解(腐敗)というわけ。
分解がなければ地球上は生物の死体だらけになってしまう。
で、分解、消化といったキーワードを調べてゆくと「酵素」が必ず出てくる。
そこでいったい酵素とは何? :roll: どこで生成され、どうやって摂取されるのか? :roll: を調べてみました。
実は「酵素」って、生命にとってかなり重要な役割がある様なんです!!
800px-%25E8%25AA%25AC%25E6%2598%258E%25E5%259B%25B3_%25E9%2585%25B5%25E7%25B4%25A0%25E3%2581%25A8%25E8%25A3%259C%25E5%259B%25A0%25E5%25AD%2590.png
酵素と補因子の関係(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%85%B5%E7%B4%A0ウィキペディアより引用)
続きの前にぽちっとお願いします。

 にほんブログ村 環境ブログへ


最近は、“Raw Food(生食)”が日本でもちらほら話題になってきている。
酵素は熱によって破壊されてしまう為、加熱せず、生で食品から酵素を積極的に取り得れよう!というのがコンセプト。
生食以外にも、発酵食品に多く含まれている。日本には味噌や醤油、漬物などの発酵食品が多く存在し、前々から、がんの予防にも効果があるといわれ、健康・病気予防分野にとっては注目度の高い要素だ。
調べてみると、ただの健康志向だけではなく、
あるHPでは、
“生物の二大要素は、遺伝子を次の世代に伝えて子孫を残す「遺伝」と、外から摂取した色々な物を素材とし、自分の体を作ったり、活動のエネルギーを得る「代謝」とがあります。遺伝での主役は「DNA」で、代謝の主役は「酵素」です。とまで言っている。(http://www.hpmix.com/home/kanameringo/F2.htm
酵素については、未解明な部分も多いが、素朴な疑問。 :roll:
酵素を取り入れる事を勧める意見も多い、では、
1.酵素は作り出せないのか?!(摂取の必要はあるのか?)
2.どうやって、摂取できるのか?

————————————————–

1.酵素は元から体内に存在し、作り出せるらしい。酵素をつくる能力は、一人一人遺伝子によって決まっていて限界があるのだということが最近分かってきており、その人間が固有に持っている。一生のうちで作れる一定量の酵素のことを潜在酵素という。 潜在酵素は、大きく分けると、「消化酵素」と「代謝酵素」の二つがある。
「消化酵素」は食べ物を体内で消化して、必要な栄養素を取り込むために必要な酵素。唾液などの消化液に含まれるほか、腸内微生物が消化酵素を作り出す。
「代謝酵素」は、身体の細胞の形成、免疫力や自然治癒力、体を動かしたり、思考するなど、すべての生命維持活を行う酵素。
また、体内酵素が不足すると、栄養素が十分に吸収されない。体内の毒物の解毒作用が弱まる。神経やホルモン系のバランスが崩れる。免疫や自己治癒力が弱まるなど、生命維持活動に支障をきたす。
2.そして、その体内酵素を補うには、食物から取り入れる「食品酵素」で補う。野菜、果物、魚介類を食べる。納豆、ぬかづけ、みそ汁などの発酵食品を食べる。玄米などの未精製の穀物を食べる・・・などの方法がある。但し、酵素は熱に弱いので加熱して調理すると酵素の働きはなくなってしまう。
消化酵素が豊富に含まれる、大根おろし、キャベツ、山芋、パイナップル、苺、パパイア、キウイ、イチジク、バナナ、なども良いらしい。
また、アルコール・添加物・人工色素・保存料・抗生物質などをできるだけとらない、腸内でできる毒物や老廃物を少なくする、 動物性タンパク質を少なくする。食事の量を少なくする、ことで体内酵素の消耗を少なくできる。

上記参考:(http://www.geocities.jp/nkkagosu50/page128.html)(http://www.hpmix.com/home/kanameringo/F2.htm)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%85%B5%E7%B4%A0
http://www.kenbijin.com/seibun/kouso.html
——————————————————
             
実は、生命活動には欠かせない“酵素”だが、現代日本人は特に食生活の西洋化、食べ過ぎ、化学物質の取りすぎなどで、酵素が不足しやすい環境にあるようだ。 :cry:
            
“ 動物は皆、体の調子が悪くなると何も食べず にじっとしています。それは食べないことによって消化酵素の無駄づかいをやめて、酵素の力を免疫力や自然治癒力を高める代謝酵素に回すためです。食欲がなくなるのも、ひとつの 自然治癒力とみることができます。(リンク http://www.geocities.jp/nkkagosu50/page128.htmlより)”
              
確かに!しかし、消化酵素で節約した分を、代謝酵素にまわす?!という事も可能なのか? :roll: (何千種類もある酵素にはそれぞれ特有の働きがあるはず)
                     
酵素が生命にとってかなり重要な役割をもっているらしい事は分かって来た。 しかし、まだまだ、酵素の生成過程、発酵・分解との関係性、また必要性については、調べていく必要があるようです。 :roll:

List    投稿者 kaz-tana | 2007-11-25 | Posted in M01.身体の自然環境3 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.sizen-kankyo.com/blog/2007/11/216.html/trackback


コメント3件

 ケンタ | 2008.01.27 2:56

実際に使われる可能性は極めて低い原爆や水爆よりも、世界中の原発が稼動することで撒き散らされている微量の放射性物質による、内部被爆の方が現実の脅威だと感じます。地球上にいる誰もが被爆の危険に晒されているわけだし。
更には、原発が生み出す核のゴミをどう処分していくのか?という大きな問題がありますね。
なぜ、こうした重要な問題を徹底的に議論することもなく、再び原発を増設しようとしているのか?明らかにおかしいと思います。原発推進に向っていく理由は一体なんなのでしょう?

 原子力 発電とりまとめ | 2008.02.23 12:05

原子力 発電のリンク集

原子力 発電のリンク集形式のサイト情報です。の情報収集にお役立てください。

 裏芸能、7時のニュース。 | 2011.03.18 17:06

福島原発事故、東電の失態まとめ!! 管首相も情報開示を約束!?

大震災の影響で混乱の続く福島原発事故。まだまだ沈静化まではいってない、憂慮すべき事態となっています。そして今日には、東電(政府も含む?)がアメリカの支援を…

Comment



Comment


*