2009-04-29

本当に必要ですか?その帝王切開!!~お産を本気で追求したい9

皆さん、こんばんは かっし~です
 
今回から、私もお産シリーズに参加させて頂く事になりました
子供がいるとか、妊娠中とかそんなの関係なく、女として、お産を充足課題に変えていきたい
そして、女たちみんなが本気になれば、それは出来るって思ってます
 
そして、第9回の今回は、いよいよ・・・産まれます
でも、普通じゃないんです :evil:
 
普通じゃないお産って何 と気になった方
続きの前に、ポチっとお願いします
 
 
 

 にほんブログ村 環境ブログへ


普通じゃない出産=異常分娩
つまり道具を使ったり・・・手術をして、取り出したり・・・赤ちゃんとお母さんの力だけでは、出産が難しいため、近代医学の手を加えた出産を指します
 
異常分娩には、程度によって、3つの方法があります
 
【軽度】吸引分娩
%E5%90%B8%E5%BC%95%E5%88%86%E5%A8%A9.jpg
子宮口から赤ちゃんの頭に、金属orゴム製のカップをつけて、吸引によって引っ張り出す。
リスク
  道具を入れるため会陰切開が必ず必要(前回切らなくていいってなったのに~)
  赤ちゃんやお母さんの膣内が道具で傷つく危険性あり
  産まれた時赤ちゃんの人相が悪いなんてことも・・・
     (無理やり引っ張り出されるんですもの、苦痛の表情になるのもわかります)
 
 
【中度】カン子分娩
%E3%81%8B%E3%82%93%E3%81%97%E5%88%86%E5%A8%A9.jpg
子宮口から2本のカン子(大きなスプーンのようなもの)を入れ、赤ちゃんの頭を挟んで引き出す
リスクは吸引分娩に同じ
 
画像はHappy Birthさんよりお借りしました。
 
 
【重度】帝王切開
手術によって、お母さんのお腹を切り、赤ちゃんを取り出す
リスク
  術後の、お母さんの肉体的苦痛
   赤ちゃんと十分触れ合うことが出来ない
  産んだ感覚がなかったり、①のため、精神的に受け入れるのに時間がかかる人もいる
  産道を通って肺が圧迫されないので、すぐ肺呼吸が出来ないことがある
 
 
これらの異常分娩って、全お産のうち、どれくらの割合で起こっていると思いますか
≪吸引分娩・カン子分娩≫ 約10%
≪帝王切開≫ 約17%
なんと 全体の3割弱の人が異常分娩で出産しているんです
 
%E5%B8%9D%E7%8E%8B%E5%88%87%E9%96%8B.gif
 
帝王切開ナビさんより
 
 
「え、帝王切開とか周りでよく聞くし、それくらいなんじゃない??」って思ったあなた :evil:
異常分娩を異常と思わない感覚、女としてイケテナ~イ
 
 
他の動物を思い返してみて下さい 自力で行っていますよね
出産に、外科的処置が用いられるまでの人類はどうだったでしょう
10人中3人が、外科的処置をしないと出産出来ない状態だったとしたら、ほぼこの3人は母子共に生命の危機にさらされていたことでしょう こんなにリスクが高かったら、人類は生存の危機にさらされていたかもしれません
でも実際はそうじゃない!!
異常分娩がこんなに頻発するということは、『生物としてありえない!!』ことなんです
 
 
なんで異常分娩にせざるを得ないの

・産道が狭い
・回旋異常(赤ちゃんの回転が上手くいかず、途中で止まってしまったり、変な体位で出ようとすること)
・赤ちゃんの心拍数低下
・赤ちゃんの頭が母親の骨盤より大きい
・前置胎盤(胎盤が子宮口を塞いで出られなかったり、出血を起こしたりする)
・常位胎盤早期剥離(胎盤が生まれる前に剥がれてしまう)
・前回も帝王切開だった(1度帝王切開をすると、子宮破裂の危険性がわずかですがあるため、次以降も帝王切開になる率が高くなります)

 
 
でも、このうち、本当の帝王切開が必要なのは、前置胎盤・常位胎盤早期剥離等の1%だけ
吸引分娩・カン子分娩に至っては0に抑えられるんです
 
 
というのも、異常分娩のほとんどは、予防が出来たり、産み方によって回避できるから
 
太りすぎや妊娠中毒症にならないよう、日ごろから、まめまめしく動きましょう
これが諸悪の権化です :evil:
 
時間をかけて、ゆっくり産みましょう
「お母さんの骨盤が狭くて出られない」「赤ちゃんが変なところに嵌って出て来れない」
そんなこと、生物としてありえません
それは単に、骨盤が開ききったり、体制がととのうまで待とうとしないだけ ゆっくりやれば、どうにかなるものです
 
体位を色々変えてみましょう
赤ちゃんもお母さんも窮屈にして、身動きを取りづらくしているのが分娩台
分娩台をおりて、色々体位を変え、赤ちゃんが出てきやすい方法を一緒に探りましょう
なかなか出てきてくれない時は、『立って、腰をふる』など、自然の重力を最大限に活用するのも手
 
 
現代で、これだけ異常分娩が増えたもの、
手術の安全性がアップしたことや、少子化の影響で、病院も母親も自然分娩によるリスクを避けるようになった
病院での出産の場合、上記の②③が制約で出来ない
 
など、待つことをせず、安易に異常分娩をするようになったことが一番の原因です
 
 
女性の皆さん、女の力をもっともっと信じましょう
リスクヘッジをする前に、本来のお産を追求したら、もっともっとお産を女としての充足課題にしていけるはず
これからも、一緒にお産を追求していきましょう

List    投稿者 kasi1106 | 2009-04-29 | Posted in M01.身体の自然環境No Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.sizen-kankyo.com/blog/2009/04/520.html/trackback


Comment



Comment


*