2007-06-26

身体の自然循環を考える①~肌荒れ、生理不順、ダイエット失敗・・・女性の方々原因はここに~

昔の人は・・・・
をかざせば、身体の悪いところがわかり、治せたと聞きます
昔の女の人は、生理をコントロールできたそうです
排卵日もどちらの卵巣から、今タマゴが出ているか、わかったそうです。。
一方現代人は・・・・
肩こり生理不順不妊:cry:睡眠障害鬱:cry:そして、癌
身体機能の低下は、みなさん・・・感じていますよね:cry:
身体機能の低下の中に「低体温」という問題があります
ただいま1位独走中
よろしくおねがいしまっす

 にほんブログ村 環境ブログへ


みなさん、平熱は、何℃ぐらいですか?
「35.8℃?36.0℃?」立派な低体温です。

36、6℃ 健康な人の基礎体温
身体細胞の新陳代謝が活発で、健康で活動的、免疫力も高く、ほとんど病気をしない状態を保つ。
新陳代謝率100㌫
35、5℃ 低体温
自律神経失調症で排泄機能低下や、アレルギー体質など新陳代謝が不活発。
遺伝子の誤作動が多くガン体質といえる。ガンは35度を好む。注目!!
新陳代謝率50㌫から60㌫

なんと、1℃違うだけで、新陳代謝率が半減してしまうんです
用は、身体の自然循環が阻害されているんです!!
女性の方々、これが、肌荒れ、生理不順、ダイエット失敗、不妊の大きな原因です
そして、男性の方々、低体温の人は、ブドウ糖を円滑にATP(エネルギー)にかえられない。つ・ま・り頭が、働かないってことです
低体温・・・冷えは、現代病に大きな原因になっていそうです
現代人がこのような身体になってしまったのも・・・

冷暖房などが整っている住環境
体を締め付ける下着
運動不足
朝食抜き、食べ過ぎなどの乱れた食習慣
季節はずれの野菜や果物の摂取

どれもこれも、自然の摂理に反した結果・・・・・
人間は、自然環境を破壊していただけでなく、体内環境も破壊してしまっているんですね・・・・:cry:
冷え、シリーズちょっと研究してみます
おたのしみに

List    投稿者 nisi-miw | 2007-06-26 | Posted in M01.身体の自然環境2 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.sizen-kankyo.com/blog/2007/06/157.html/trackback


コメント2件

 さんぽ☆ | 2007.08.17 17:04

この「無機起源説」は、かなり驚きですね!
ちょうど、父親と話しているときに、石油の話が出たので「無機起源説」を話してみました!
父は断じて「有機起源説」を曲げずでしたが。。。
枯渇が問題になるもの、市場が絡んできている(ペイするか、しないか)からなんですね。
>社会インフラの共有資源
なるほど~、そうやってとらえると認識が変わってきますね。

 John Doe | 2012.05.11 6:15

遠に引退しておりますが私は石油・天然ガス探査(海底、陸上)を専門として
世界各地を転々としながらデータ解析、分析、計画、
装置開発、運用管理、指導などをしておりました。
日本人は石油を大量に使う割りには石油のことを余りにも
知らなさすぎる。
使い放題、言いたい放題、我侭放題。
散々使ってから地球温暖化の原因だら火力発電はイケナイとか、
ダムを作ると自然が壊れるから駄目、原子力発電の電力を
散々使いながら原発全廃、風力や海流、太陽発電でも公害
は出るのですが表面的な知識や感情だけで反対、反対言っている。
いずれ風力も、海流も、地熱も、太陽光も100%反対運動が
起こるでしょう。
人間とはそう言う身勝手な生き物。反対ならそれなら先ず
自分が石油を、電気を使わない生活に飛び込むべき。
そして自らの知恵で発電をすればよい。出来るかどうかは
賭けとなります。
主張を押し通すとかならず壁に突き当たる。それなのに
目先だけで、付け焼刃で反対だ、自然環境保護だという。
自分は中途半端でありながらそう言う。卑怯と言うほか
無い。幼児的と言うほか無い。
「清濁相併せ呑む」ことが出来てこそ地球上のあらゆる
ものが生きてゆける。
弊害も出るだろうが悲しいかな生きるということはそういうモノ。
宮本武蔵の『独行道』でも徹底的に実践すれば目が覚める
のではなかろうか。おそらく並みの人には出来ないだろう。まともな『諦念』と言うことを知らずして中途半端な知識
や思いつき、丸呑みをを自信満々謳うのは愚かと言う外ない。
そう言う事も他に教えてやって欲しい。
そしてベートベンのハイリゲンシュタットの遺書を
読まされて、百回読んでも理解出来ない人を減らしていただきたい。
あらゆる事柄に中途半端に抗すると必ず相手に同じ事を要求される。その覚悟があるのだろうか?意思や主張を完遂して満足出来るだろうか。
『どの花も競って咲いた、しかし心は腐ってた』 これは上田敏の訳詩集「海潮音」の中の詩で、たった一行の作品(元は日本語ではない)

Comment



Comment


*