2012-08-14

【電力会社はなぜ原発を稼動させたいのか?】科学を身近に☆NewStream

旬の話題から自然の摂理が学べる!科学を身近に☆NewStreamです。
今週の科学ニュースを紹介します。
%E5%A4%A7%E9%A3%AF%E5%8E%9F%E7%99%BA.jpg
 あれだけ声高に叫んでいた「計画停電」ですが、いざ夏になってみるとまったく起こる気配がありません。
 「大飯原発」を稼動させたので、電力供給が間に合ったのでしょうか?
 いえいえ、そもそも関電の電力不足予測の元になる、需要予測が過大すぎたようです。
京都民報-関電「電力不足予測過大だった」 大飯3・4号機の3倍増-より
 

 夏場の電力不足を強調し、大飯原発3、4号機(合わせて237万キロワット)の再稼働を強行した関西電力。電力不足の根拠とした電力需給予測(5月発表)と、今夏の実測データを比較すると、約700万キロワット(供給400万キロワット、需要300万キロワット)、大飯原発2基の3倍もの電力が増えていたことが分かりました。この問題を指摘してきた「気候ネットワーク」(浅岡美恵代表)は、「省エネ・節電が進む中、再稼働しなくても夏は乗りきれた。関電は原発を止め、本当のデータを公表すべき」と批判しています。
 
 データは、関電が5月19日発表した「今夏の需給見通し」と、7月1日~8月6日までに発表したデータを比較したもの。
 
 供給の内容では、揚水発電が223万キロワット(予測)→448万キロワット(7月6日)、他社・融通電力644万キロワット(予測)→742万キロワット(4日)、水力203万キロワット(予測)→285万キロワット(7月17日)と、合わせて405万キロワット電力供給量が増えています。
 
 電力需要では、2987万キロワット(予測)としていましたが、実際の最大需要(4日)は2681万キロワットと、306万キロワットも下回っています。
 
 また、関電側は需要予測データを「2010年並みの猛暑」と設定していますが、今年の猛暑日(35度以上、6日まで)は13日間で、10年の14日間とほぼ同等の「猛暑」となっています。

 

続きを読む前に応援クリックよろしく!

 にほんブログ村 環境ブログへ

本当の供給量を情報公開すべき
 気候ネットワーク田浦健朗事務局長の話 私たちは5月に関電が発表した時点で、「電力は足りる。再稼働は必要ない」と主張してきました。
 
 需要の点では、技術的にも住民意識の中でも節電・省エネが進み、電力需要は大幅に減っています。3・11以前の、何も気にせずに電気を使っていた当時とは違います。一昨年並みの電力2900万キロワット以上を想定するのは過大すぎます。
 
 供給側でいうと、揚水発電は利用されていません。揚水発電は、出力調整が簡単にできない原発の電力をムダにしないように造られた経過から、原発とセットのように考えられています。しかし実際は原発と隣接しているわけでもなく、電力が余っている時に電気で動かせば、ピーク時に発電することができます。
 
 他社・融通電力など、電力会社しか分からない情報も多くあります。関電は事実隠しを行わず、本当の供給量を情報公開すべきです。
 
 関電は昨年も「10%電力が足りない」と言っていましたが、実際に停電は起こりませんでした。今年は脅しのように計画停電を通知し、再稼働を強行する材料にしました。再稼働しなくてもやっていけることは明らかですから、原発はすぐに止めるべきです。

【ポイント1】
 原発なしでも、電力は十分足りている。これはデータからも明らかになりました。では電力会社は、なぜそこまでして原発を稼動したがるのでしょうか?
 そこには「総括原価方式」という仕組みが絡んできます。では「総括原価方式」とは一体どのような仕組みなのでしょうか?
るいネット-なぜ私たちは「原発NO」と言えなくなったのか?
 

原発を建てる時「総括原価方式」という方式がとられます。
これは、「電力会社を経営するすべての費用をコストに転嫁することができる上に、一定の利益率まで保証されている」という決して赤字にならないシステムです。
もともとは、電力会社が儲けすぎないために作られたものだったかもしれないけれど、
たとえば1兆円の原発施設を建てたら、その3%(300億円)が電力会社の利益になります。
そして、その3%(300億円)は私たちの電気料金に上乗せされて良いことになっています。

 
【ポイント2】
 ここからわかるように施設建設費も「資産」として電気料金に組み込むことができるのです。現在、電力会社でもっとも建設費のかかっている「資産」は「原発」ほかなりません。つまり「原発」で発電した電力を、国民に売りつけなければ電気料金に上乗せすることもできず、ただの「債務」になってしまうのです。
 これを避けるために、電力会社は原発を再稼動させているのです!

【参考投稿】
渡辺真也さんと國分功一郎さんの連続ツイート 大飯原発再稼働の理由と脱原発ビジョン
料金制度が支えた原発建設-原発を造れば造るほど、電力会社は儲かるというからくり

List    投稿者 daichi | 2012-08-14 | Posted in W.科学NewStreamNo Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.sizen-kankyo.com/blog/2012/08/1171.html/trackback


Comment



Comment


*