2009-12-16

環境と経済1

私たちの社会は、様々な経済活動によって成り立っていると考えられています。GDP信仰とも揶揄されているように、経済活力=社会活力というのが常識です。常識と思っていて、この経済至上主義と環境問題のつながりを漠然としか理解していない人も多いかもしれません。私もその一人です。

そこで、経済の視点からみた環境問題について、分かりやすいブログがありましたので、引用・要約しながら紹介したいと思います。そのブログは、小島寛之氏(帝京大学経済学部経営学科准教授)の「環境と経済と幸福の関係」です。宇沢弘文氏(同志社大学教授)の話を分かり易く解説しており、漠然として捉えていたものが、より鮮明になりますよ。
%E7%BE%8A%E9%A3%BC%E3%81%84%EF%BC%91.jpg

それでは以下のように進めていきます。
1.経済と環境の構造を端的に示した「コモンズの悲劇」
2.「コモンズの悲劇」の本質~社会的共通資本とは

早速スタートしましょう :roll: :roll:
1.経済と環境の構造を端的に示した「コモンズの悲劇」
ガーネット・ハーディン博士が、1968年に『サイエンス』誌に発表した「コモンズの悲劇」という論文は、環境問題の構造を捉えているとして知られている。
 ハーディンの主張は、一言でいえば、「自由に出入りできること(オープンアクセス)になっている共有地(コモンズ)は、必然的に荒廃する」ということである。彼はこれを、中世のイギリスの牛飼いたちを例に取り、次のような寓話で示している。

と続きを行く前に、まずは応援を ポチッ :roll: とお願いします

 にほんブログ村 環境ブログへ


ポチっとありがとうございました

牧草地を共有地として、牛飼いたちが共同で使っている。牛飼いたちは牧草地に自由で出入りできる(オープンアクセス)と仮定する 。
このとき、牛をあと1頭牧草地に入れるときの損害(コスト)は牛飼い全体で等分されるが、利益はその牛の所有者だけが得られる。
したがって各牛飼いにとっての利益は費用を常に上回り、どんどん自分の牛を牧草地に入れてしまう。これにより、牧草地は回復不能なほど荒廃してしまうことになる。

 このハーディンの主張を、簡単な数値例で検証してみよう。

例えば、今49人の牛飼いが牧草地で牛1頭ずつを飼育しているとし、50人目の牛飼いが牛を牧草地に入れるかどうかを検討しているとする。
仮に50人目の牛飼いの得られる利益は10万円で、他方、あと1頭入れることで牧草地が荒廃する追加的被害が20万円としよう。この損害を50人で等分して考えると1人あたり0.4万円である。
50人目の牛飼いにとって、手に入る利益10万円は負担する損害0.4万円を上回るので、牛を牧草地に入れるのが合理的な判断である。
ところがこのことを牛飼い全体の利害で見ると、10万円の利益を新たに得るために、20万円の損害を被ることになっている。つまり、牛飼いという集団としては不合理な結末なのである。
そうであっても、オープンアクセスの原則がある限り、50人目の牛飼いの参入を拒否できず、これが続けば、牧草地は回復不能なほどに荒廃してしまう。

このハーディンの指摘を現代の私たちに置き換えてみると、
%E4%BA%A4%E9%80%9A%E6%B8%8B%E6%BB%9E12.jpg

わたしたちが自動車を新規に保有するとき、それで得られる利便性の大きさに比べて、個人的に被る環境的な損害は無視できるくらいのものだといっていい。
なぜなら、自動車から廃棄されるガスは、長期的には地球全域で均等化され、薄められるからである。(もしも、自分の出した排気ガスをすべて自宅に送り込むことが義務づけられたら、自動車を保有する人はいなくなるに違いない)。
このように、保有することの利便性が、自分の負担する環境損失を大きく上回っているために、人々は競うように自動車を保有し、それが大気汚染や温暖化ガスの蓄積をもたらしてしまう。
個人にとって合理的なことが、集団では不合理なのである。

これはまさに地球という巨大なコモンズで起きる悲劇。
なるほど経済至上主義と環境問題の関係が非常に分かりやすい。

じゃあどうすればいいの?経済と環境についてどう折り合いを付ければいいの?

続きは②で・・・

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.sizen-kankyo.com/blog/2009/12/644.html/trackback


コメント1件

 ahmd | 2011.11.21 9:49

((( イスラームを知る )))
alslamjp.blogspot.com/
Allah, CREATED THE UNIVERSE FROM NOTHING
allah-created-the-universe.blogspot.com/
THE COLLAPSE OF THE THEORY OF EVOLUTION IN 20 QUESTIONS
newaninvitationtothetruth.blogspot.com/
((( Acquainted With Islam )))
aslam-ahmd.blogspot.com/
acquaintedwithislam.maktoobblog.com/
O Jesus, son of Mary! Is thy Lord able to send down for us a table spread with food from heaven?
jesussonofmary1432.blogspot.com/
islamhouse.com/

Comment



Comment


*