2008-01-28

基礎からの原子力原発 ~第5回 原子力発電所で働く人々の実情~

前回の投稿で、原子力発電から出る放射能の人体に与える影響がどれほど危険か?ということがわかったと思います。
とはいえ、「危険・危険!」と言いつつも、
危険だからこそ、きちんと管理してるから大丈夫でしょ?大事故さえ起こらなければ大丈夫だよね?」と思う方もいるかもしれません。実際、私も原子力を調べるまでは、そんな気持ちでいました。
だけど、事故が起こらなくても、原発による放射能の影響を受けている人たちがいるのです。
その周りに住む人々ももちろんそうですが、それよりもっと危険にさらされている人。
それは、原子力発電で働く人々です。  
応援よろしくお願いします

 にほんブログ村 環境ブログへ


これだけ文明が進んだ現代でも、すべてを機械で行うことはできません。
発電する際のコントロールなどはコンピュータで行えるとはいえ、その機械だって異常がないか点検しないといけないわけです。これは、世間ではよく”定期点検”と言われていますが、そういった細かい作業は、機械では行えず人間が行うことになるのです。
その実態を詳しく記したホームページがありました。
以下引用部分は『よくわかる原子力』からです。
%E5%8E%9F%E7%99%BA%E3%81%A7%E5%83%8D%E3%81%8F%E4%BA%BA%E3%80%85%EF%BC%88%E8%A3%85%E5%82%99%EF%BC%89.gif

原子力発電所は放射能汚染区域(管理区域)と非汚染区域(非管理区域)に分かれています。非汚染区域での仕事は被ばくの危険性はほとんどないのですが、狭いところでの熱と金属のホコリとに苦しめられながらの作業、取水口での吐き気を催すような悪臭の中でのヘドロのかきだし作業、タービンのさび取り等々劣悪な作業環境下でおこなわれます。
放射能汚染区域は汚染の程度により低汚染区域、高汚染区域等に分けられています。高汚染区域では、放射能を吸い込まないように全面マスクをつけ、体に放射能がつかないように手袋や靴下は3枚も重ね、全身を覆う防護服を着、長靴を履きます。

マスクを付けると大変息苦しく、その上作業場は暑くて汗が滝のように流れ、マスクはすぐに曇ってしまいます。「暑くて苦しくてよー、マスクなんかしてられないよ」と息苦しさと作業能率のために危険を知りながらもマスクをとってしまう人もいます。首には一定量の放射線を浴びると警報ブザーが鳴るアラームメーターをかけ、被ばく線量を測るポケット線量計を身につけます。

汚染区域に入るためにはこのように厳重な装備を付けます。高汚染区域ではすぐにアラームメーターがなるために長い時間作業することはできません。被曝線量が多いため数分刻みで交代し、1日に1000人以上の下請け労働者による人海戦術で作業を行います。これが意味することは、被ばくをおおくの労働者に分散させるということです。作業現場によってはアラームが鳴ってすぐに交代したのでは効率が悪いため、これを無視して作業を続ける場合もあります。或いはポケット線量計をどこか他の所において仕事をする人も出てきます。ですから、報告された被ばく線量と実際に受けた線量は違う場合もしばしばです。

完全防護服を着ていても汚染することはあります。放射線管理区域を出るときには服をすべて脱いだ後、モニターで汚染検査をします(図5)。汚染が発見されると、シャワーで落ちるまで洗い流します。トイレに行きたくてもこの検査が通るまでは管理区域の外に出ることが されません。洗ってもこすっても汚染が落ちない場合には不安にさいなまれ、苦しい思いをします。

さらに、そんな劣悪な環境化で働いているにもかかわらず、賃金や労働条件も劣悪です。

原発で働く労働者は下請け、孫請け・・・と8代も下の会社に雇われている場合も少なくありません。そのため劣悪な労働条件下、安い賃金で働かされます。例えば電力会社から労働者一人当たり1日15,000 円支払われたとしても、中間にいる親方がピンハネするために、実際に労働者が受け取る賃金はそれよりずっと少なくなってしまいます。さらに、被ばくしたり、ケガをした場合は下請け業者が、上の業者や電力会社に気兼ねして握りつぶしてしまい、表に出さないことが通常です。被ばく労働の実態が社会に知られていない原因がここにあります。

原子力発電を推進するということは、原子力発電所を増やす結果に当然なります。
それはつまり、こういう労働者の数がどんどん増えるてしまうということと、イコールなのです
これはもう、「地球温暖化であるCO2を出さないから、原子力発電はいい!」なんて次元の話ではないはずです。
しかも、そこまでして推し進めた原子力発電は、はたして本当に「CO2を出さないのでクリーン!」と言い切れるのか?ということにも疑問が残ります。
先ほどの定期点検の話でいくと、定期点検は放射能まみれの場所で行うわけですから、その際使用した服もマスクも…そして使用した工具いたるまで、すべて放射能まみれになるわけだから、全部使い捨てになります。これが本当に、環境にいいでんでしょうか?
事実を知らずに、テレビのCM等の情報だけで「原発いいじゃん!」と思うのはあまりにも危険だということを知ってほしいと思います。

List    投稿者 kanon | 2008-01-28 | Posted in F03.原子力発電ってどうなの?11 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.sizen-kankyo.com/blog/2008/01/273.html/trackback


コメント11件

 あこりん | 2008.07.09 23:39

なるほどぉ~☆
減少するには減少する理由があるのに、
その流れに逆らって、摂取するって、違和感ありますね!
なのに、聞こえのいい売り文句に消費者は流されちゃうんでしょうね。
ぅ~ん、、考えさせられましたッ☆+゚

 さんぽ☆ | 2008.07.10 5:47

身体って、いろんなものがバランスを取り合っているから成り立っていると思います。
だから、ある一つの成分を取ったから若返るとかってなんか違うと思うし、そういった偏ったことをするとやっぱり逆に危険ですよね。
しかも、コエンザイムQ10ってもともとは心臓病の薬だったらしいですよ。

 匿名 | 2008.07.10 11:26

昔は全く気にならなかったしみやしわが気になる年齢になりました。それでついついお肌ぷるぷるとか書いてある基礎化粧品に手を出してしまいます。けれど、どこがちがうのかな?って感じです。自然の摂理を考えれば、何かに惑わされる事なく今の自分に本当に必要なものが見えてくるのかな?って思わせてくれる話しでした。ありがとうございます。

 フムフム | 2008.07.10 12:39

>年齢と共に減少するものには、「減少する必然性」があると見る方が自然
そうですよね。きっと年を重ねると、もっと心の充足が増えてくるので、それで補っている部分もおおいのでは?って最近おもいます。
脳内の物質なんて、殆どそういった充足感によって、いろんな物質がでてるらしいし・・・☆
コエンザイムよりも、もっと大事なもの、いっぱいありそうですね♪

 みなみ♪ | 2008.07.10 14:03

コエンザイム・・。
実は、私も使ったことがあります。。
「若返り」とか「アンチエイジング」って、ものすごくもてはやされていますね。ついついちょっと気になる・・というか気にさせられているように思います。。
だって、実際の男の人やみんなの反応みてみると、
たくさんの充足=笑顔を重ねてきた結果の笑い皺だって、当然に受け止めてくれているし、そんなプリプリの肌=見た目だけが価値があるなんて、誰も思ってないもんなぁ。。
自然の摂理に反した単なる自己満足が、あたかも共認充足を得られるかのようにCMされているものって結構ありそうですね。考えさせられました。

 イちご | 2008.07.10 19:23

私も、とりあえず摂取したらいいんだ~!!
って思い込んでいました。。。
自分から自然の摂理に逆行していました・・・。
足りてないかどうかとか、ほんとにそれで体は困っているのかとか考えずに。
もうちょっと自分のからだ、自然の摂理を意識する必要ありですね。

 のり | 2008.07.10 23:32

みなさんコメントありがとうございます☆
(^_^)あこりんさん
>なのに、聞こえのいい売り文句に消費者は流されちゃうんでしょうね。
そうなんですよねぇ。私もついつい^_^;
でも、コエンザイムQ10についても、ちょっと調べただけで、あやしい話、危険な話がいっぱい出てきました・・・。流される前にちょっと立ち止まって「本当に?」って考えたいですね。
(^_^)さんぽ☆さん
>しかも、コエンザイムQ10ってもともとは心臓病の薬だったらしいですよ。
そうなんですね!心臓病の薬をだれでも摂れるサプリメントにしても大丈夫なんでしょうか??なんか危険がありそう・・・。また調べてみますね。

 らむ☆ | 2008.07.10 23:36

私も、摂ったことあります!!しかも、たぶんまだ減る年齢でもないのに・・・
コエンザイムだけでなく、変わるっていうことは、自然の摂理にそった変化であるのに、それを受けれず、捨象する事の方が、問題ですよね
変わることにも意味があるっていうのが気付きでした!!

 のり | 2008.07.11 10:31

コメントありがとうございます☆
(^_^)   さん
>ついついお肌ぷるぷるとか書いてある基礎化粧品に手を出してしまいます。
↑気持ち、わかります~(笑)。「本当に必要なもの」がわかるように、このブログでも追究していきます。次回の「健康ブームってどうなん?」もお楽しみに☆
(^_^)フムフムさん
>きっと年を重ねると、もっと心の充足が増えてくるので、それで補っている部分もおおいのでは?って最近おもいます。
なるほど~。充足を重ねて年をとったおばあさんの笑顔とか、ホント素敵ですもんね☆.。.:*・°確かに、今の世の中、健康を気にするより、もっと大事なことに目を向ける必要がありますね。

 のり | 2008.07.12 10:53

みなみ♪さん、コメントありがとうございます☆
みなみ♪さん、コエンザイム経験者なんですね!効き目ありましたか??
>実際の男の人やみんなの反応みてみると、たくさんの充足=笑顔を重ねてきた結果の笑い皺だって、当然に受け止めてくれているし、そんなプリプリの肌=見た目だけが価値があるなんて、誰も思ってないもんなぁ。。
そうですよね。それが分かっているのに、売り文句に乗せられ手を出してしまうのは何でなんでしょう・・・^_^;
みなみ♪さんの言うとおり、自己満足じゃ共認充足は得られないのに、「これ(若さとか)が手に入れば充足できる」と思わせされてるのかも。

 のり | 2008.07.12 10:59

イちごさん、コメントありがとうございます☆
>とりあえず摂取したらいいんだ~!!
そうなんですよね。何か、減っていくのはよくない、補給しなきゃって思ってしまうんですよね。
>足りてないかどうかとか、ほんとにそれで体は困っているのか
こういう、身体の声をちゃんと聞けるようになりたいですね☆

Comment



Comment


*