2007-06-22

日本における原子力関連事故がこんなにあるとは・・・

こんにちは。
最近、めっきり暑くなってきましたね。
夏日 が続いて、オフィス や家庭 でもエアコンがフル稼働状態になているのではないでしょうか。
エアコン電気がないと動かないわけですが、その電気と密接な関係があるのが原子力発電です。
そこで原子力発電について調べていたところ事故についていろいろ記述しているサイトを見つけちゃいました。
日本の原子力関連事故一覧
続きを読みたいと思った方は ポチっとお願いします

 にほんブログ村 環境ブログへ


それによると、びっくりした事に1971年以降だけでも170件以上もあります
これは日本1国における事故です。
この数字ってよくよく考えるとヤ・バ・イのではないでしょうか
というのは、現在、世界中で稼動中の原子力発電所約450ヶ所、計画中も入れるとゆうに500ヶ所は超えるみたいです。(日本で稼動しているのは50数ヶ所)
近年の資源エネルギー価格の上昇のあおりを受けて中国をはじめ途上国での建設ラッシュはまだまだこれからです。
とすると、原子力関連事故の数もうなぎのぼりの恐れが・・・
第二、第三のチェルノブイリ事故スリーマイル事故が起こるのも時間の問題ということになってしまうかも
単純に考えても母数が増えるわけですから、重大事故の発生数が上昇するということは、確率論的に間違いないでしょう
エアコンのスイッチを入れるときや、温度を調整する時は、原子力発電所の事故リスクについて思いをめぐらせるのもアリかなと思いました。

List    投稿者 katuko | 2007-06-22 | Posted in F03.原子力発電ってどうなの?4 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.sizen-kankyo.com/blog/2007/06/153.html/trackback


コメント4件

 晴耕雨読 | 2007.08.11 21:39

有明海異変

今回も引き続き「環境問題を考える」から水循環について取り上げます。
有明海で発生した問題は、日本における普遍的な環境問題の典型的なものであり、有明海の半…

 いろんなこと | 2007.08.25 22:46

氷期・間氷期についての原因が実証された

氷期や間氷期が順番に訪れていることは聞いたことがあります。氷河期についても様々な説があるようです。大昔のことを探っていくのもとても興味深いことです。地球が…

 SGW | 2007.09.21 10:42

 現在のCO2濃度は過去42万年間続いてきた相関関係から外れて増加し続けており、グラフの上限をすでに突破して380ppmvほどになっていること、がCO2による温暖化論の最初の主張としてあります。
その最初の主張を理解されていない方が批判的に論じるのでは、およそ外した論にしかなりえません。

 free mp3 | 2011.01.28 11:30

i like it 自然の摂理から環境を考える | 環境問題から地球メカニズムへ(3) a little time ago im your rss reader

Comment



Comment


*