2012-10-18

自然の摂理ML selection☆*:・°~毒が入るのは、口からだけではない><!経皮毒ってご存知ですか?~

みなさん、こんにちは
自然の摂理ブログでは、ML(メーリングリスト)をしています
毎週1回、女性メンバーから当ブログやその他サイトの「時事情報 」や「おすすめ記事 」の紹介を毎週発信しています
その中から、おすすめの記事をちょこっと紹介していきます
+o。。o+゜☆゜+o。。o++o。。o+゜☆゜+o。。o++o。。o+゜☆゜+o。。o+
ky421498223.jpg
食欲の秋
最近、お腹がすくのが本当に早くなりました~
ただ、最近は食べ物の中にも身体に良くない物が含まれていたり、放射能汚染が気になったり、お店に並んでいるからといって安全に食べれなくなってしまいました・・・
前回ご紹介した、完全栄養食品と呼ばれた“牛乳神話”が崩壊!?を読んで、私も牛乳を飲むのを止めたら、お腹の調子が良くなりました
こうやって食に気をつけるのはとっても大事なのですが
これで安心 ・・・ではないんです
実は、多くの人が日常的に毒を取り込んでしまっているんです

 にほんブログ村 環境ブログへ



『経皮毒・・その知られざる脅威!!』
********************************
アレルギー性皮膚炎(アトピー)は、洗剤が主原因だ。
そして、その洗剤とは詳しく言うと、界面活性剤である。それが経皮的に体内に毒を取り込むからである。

毒物は、経口よりも経皮の方が始末が悪い。
何故なら、排泄されないからである。

一説によると、90%は残留すると言う説がある。
経口の場合、猛毒の場合ははき出すし、そうでなくても肝臓のチェックで体内には取り込まない仕組みが人体にはある。肝臓は傷むかも知れないが、体内残留は少ないのである。

経皮進入した毒物は、血流に直接は入り、体内に廻る。特に界面活性剤は、皮膚の脂質バリヤーを破壊する真犯人であるから、他の毒物の進入にも手助けする。経皮毒の主犯格だ。タンパク質を溶かし、脂質にくっつき、やがて、女性の場合は子宮に達する

それが、約半数とも言われる新生児のアトピーの原因である。
********************************

そういえば、こんな記事もありました
日本での人工物質の影響は想像以上
赤ちゃんへの影響が大きいのが分かりますよね。。。
女性は特に子供の事を考えたら気をつけていかないとですね

でも解決策も載っていました☆+;゜
********************************
界面活性剤でなくとも、いや、それ以上に汚れが落ちる洗浄剤がこの世の中に登場している。
しかも特許を得ている。
のみならず、世界の大手洗剤メーカーの合成洗剤と伍して、その洗浄力ではトップの座を占めている。
と言ったら、耳を、あるいは目を疑うであろう。


きわめて簡単に言うと、あの台所でも常時使用される重曹というものがある。難しく言うと炭酸水素ナトリウムという。あのベーキングパウダーとして調理に使われる奴である。これが洗浄剤の主原料である。

これを電気分解して溶液を作ると洗浄剤として、優れものになると言うことで発明された。細かなことについて触れないが、これが20カ国以上に特許申請されている。既に特許も降りた国々も多い。

これで出来た洗浄水中では、メダカが48時間生存すると言うから、その安全性が分かるだろう。しかもその洗浄力は、前にも書いたが、世界でトップである。

メカニズムは重曹、炭酸塩からでるマイナスイオンと見なされているが、原理は重曹泉と言われる天然温泉の『美肌の湯』と同じである。それに洗浄後の再汚染防止作用を究めた故の特許である。と言えば、詳しい方もおられるだろうから、それ以上は書かない。
********************************

こんな方法があったとは・・・
こうやって、市場社会の中で利益を生む為に、大量生産されて当たり前になっている物ほど、危険が潜んでいそうですね :cry:
上記のような方法なども含め、もっと自然の摂理にあった方法を、みんなで共有していきましょう

ではでは来週もお楽しみに~

+o。。o+゜☆゜+o。。o++o。。o+゜☆゜+o。。o++o。。o+゜☆゜+o。。o+

今日も読んで下さって、ありがとうございました
このMLを「毎週読みたい 」って思った方は、右フレーム上部から登録して下さい

List    投稿者 staff | 2012-10-18 | Posted in X.自然の摂理ML selection☆*:・°No Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.sizen-kankyo.com/blog/2012/10/1206.html/trackback


Comment



Comment


*