2012-05-03

自然の摂理ML selection☆*:・°インフルエンザワクチンが、自らの免疫力を低下させる!!

みなさん、こんにちは
自然の摂理ブログでは、ML(メーリングリスト)をしています
毎週1回、女性メンバーから当ブログやその他サイトの「時事情報 」や「おすすめ記事 」の紹介を毎週発信しています
その中から、おすすめの記事をちょこっと紹介していきます

私の周りでは、年始からインフルエンザにかかる方が例年以上に多いです。
それどころか、4月になってもインフルエンザにかかる人まで・・

インフルエンザにはかかりたくない
それなら、まず予防

“予防”というと思いつくのは、手洗い・うがい、そして強力そうなのは“ワクチン”
(注射は嫌いな私ですが・・(>_<))

ところが、実のところ“ワクチン”は全然効果がない、それどころが病気になる
なんだそうです

japan.png

インフルエンザ流行マップ「2012年 第16週 (4月16日~4月22日)」リンク

続きを読む前に、応援よろしくお願いします

 にほんブログ村 環境ブログへ

◎インフルエンザワクチンは、打ってはいけない~1.インフルエンザワクチンに予防効果は無い◎ 

>前橋医師会の報告によると、インフルエンザの予防接種は効果がない。
>次々とウイルスの型が変化するので全く当たらず、免疫力低下による副作用のほうが懸念されている
>それよりも、食べ過ぎず、温かい格好で体を温め、免疫力を高めておくことが重要だ。

◎「ワクチン」があなたを病気にする…1 ◎

 
>今日、いくつかのワクチンが存在する。ワクチンは、一般にゆきわたって実施されている
>― 多くの国では義務化されてさえいる。ほとんどの人々は、予防接種が安全で、有効だと信じている。
>しかし、より一般的に接種されているワクチン― ポリオ(小児麻痺)、ジフテリア、はしか、風疹、おたふくかぜ、破傷風、百日咳の七つの調査結果は、この結論を否定する

◎「ワクチン」があなたを病気にする…2
   ワクチン接種で自然免疫力が低下し、母子間で防護体質が継承されなくなる ◎


 
>◆はしか
>科学者たちは、はしかワクチンの免疫はどの位の期間持続するのか解っていない。
>世界保健機構(WHO)が行った研究によると、はしかワクチンの接種を受けた者から罹る方が何も接種などしない者より14倍も高いという。
>疾病管理センター(CDC)のアトキンソン博士によると、「はしかの伝染はワクチンを接種した人たちの間で起っていることが明らかに証明されている。
ワクチンが導入される前は、幼児がはしかに罹るのは極めてまれであった。
>しかし一九九三年までにはそもそもはしかの二五パーセントが一年未満の赤ちゃんに起っていた。
>疾病管理センター職員はこの状況は悪化しそうであることを認めており、それは一九六〇年代、七〇年代、八〇年代に予防接種した母親の数が増えているためだという。
>(つまり自然免疫が否定されたために、はしかからの防護体質がその子供たちに伝えられなかった。)

むむむ、、

ワクチンを使うことで、病気を予防するどころか、
もともと私たちが持っていた免疫力を低下させる原因になってしまっている
のですね・・・ :cry:

ワクチンに頼らず、自分が持っている免疫力を高めることの方が予防に効果的で身体を健やかに保てる。
それって、良いこと尽くしですね
そう思うと、いつも元気でいられるのは、頑張ってくれている身体のおかげ
「ありがとう 」って思います

みなさんも、どうぞお体をお大事にして下さい
また来週も元気にお会いしましょう

このMLを「毎週読みたい 」って思った方は、右フレーム上部から登録して下さい

List    投稿者 staff | 2012-05-03 | Posted in X.自然の摂理ML selection☆*:・°No Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.sizen-kankyo.com/blog/2012/05/1091.html/trackback


Comment



Comment


*