2012-07-12

自然の摂理ML selection☆*:・°~大飯フル稼働 火力8基停止 関電に怒り “電力不足ウソか”

みなさん、こんにちは
自然の摂理ブログでは、ML(メーリングリスト)をしています
毎週1回、女性メンバーから当ブログやその他サイトの「時事情報 」や「おすすめ記事 」の紹介を毎週発信しています
その中から、おすすめの記事をちょこっと紹介していきます
+o。。o+゜☆゜+o。。o++o。。o+゜☆゜+o。。o++o。。o+゜☆゜+o。。o+
1baa6b1c39cf26e8e1882390058324d5.jpg
多くの国民が連日、関西電力大飯原発(福井県おおい町)の再稼働に強い反対の声をあげる中、関西電力は再稼働を強行、5日には同原発3号機が発電を再開、送電も始まり、9日にはフル稼働しました。
こうした中、“フル稼働すれば、代わりに燃料費が高い火力発電所を8基止める”と一部で報道され、国民から大きな怒りがあがっています。
この事実、みなさん、ご存じでしたか ??

 にほんブログ村 環境ブログへ


以下、『真実一路』より引用させていただきます。
********************************
 関西電力の「需給予想」によると、9日の需要を2080万キロワットと予測。それにたいする総供給量は、大飯3号機の再稼働で118万キロワットを得ることができ、火力や水力などを合わせて2434万キロワットになると試算。電気使用率は85%にとどまり、「安定」としています。
 このため、現在もっとも供給力の大きい火力発電(9日の試算は1088万キロワット)を一部停止しても「安定」供給が可能という計算です。
 報道を知った大阪市民からも「大飯再稼働は関電の利益が目的だった。これで電力不足は全くのうそであることが明らかになった」「詐欺かペテンか。あまりに腹が立って言葉がみつからない」との憤りの声があがっています。
 関電は、先週から各家庭に「万が一の場合は計画停電を実施」というはがきを各家庭に送りつけてきています。顧客に「節電、節電」と脅しかけながら、やっていることは自社のもうけのための「節約」以外のなにものでもありません。
(後略)
********************************
原発がなくても電力は足りるという事実を自ら証明しているようなものです :evil:
一方で、事実情報がtwitterを中心にどんどん広がっています。
その一つがこれです

原発がなくても電力は足りるという事実
ツイッターにて拡散されている情報から紹介します。
ツイッターにて“PDF資料”と検索すると、いっぱい見れます。
—————————————————————
原発 がなくても、電力は足りる。
「原発には反対だけれど、原発を廃止したら、日本はやっていけない」
と考えている方たちに、読んで頂きたいです。
京都大学原子炉実験所、小出裕章氏の客観的なデータに基づいた主張をもとに、一市民の立場から編集した資料です。
この資料を読み終えたら他の人に渡してあげてください。

1、水力と火力で十分まかなえる
発電所設備自体が過剰とも言える状態で、年間の発電設備利用率は、水力19%、火力50%
(2008年度)であり、まだまだ発電能力には余力のある状態
つまり、原子力発電をやめたとしても、水力、火力発電で十分補っていくことが可能

2、水力と火力でまかなえる電気は貯めておくことが難しいので、一番需要が高い時に合わせて、発電設備を備える必要があるという観点からも、原子力は不可欠であるとされてきた。
しかし、過去50年間の最大需要電力量の推移を見てみると、1990年代の一時期の例外を除いて、水力と火力でまかなうことができている
しかも、その例外は真夏の数日の午後のたった数時間
たったこれだけの時間に備えるために、危険な原子力発電設備を抱えるというのはあまりにリスクが大きい

3、それでも電力会社が原発にこだわる理由
一言でいえば、原発は儲かるから
電力会社の資産が多ければ多いほど、利潤も多くなるという仕組み
つまり、原発を増やせば増やすほど、電力会社は儲かる

4、原子力発電はコストが高い
政府発表の発電コストによると、原子力発電が一番安価であると言われてきた
しかし、これはあるモデルを想定して計算した結果であって、実際にかかったコストではない
水力火力よりも、原子力が高コスト
しかも、揚水発電を含めると、さらにコストが跳ね上がる
揚水発電とは、出力調整の難しい原子力発電の夜間に余った電力を使うために考えられたもので、約3割ものエネルギーをロスしてしまう非効率な発電方法
しかし原子力発電を選択する以上、この非効率な揚水発電がついてまわるので、原子力発電のさらなる高コスト化に拍車をかけている

経済性という観点から、メリットはありません。
安全性という観点からは、もう言うまでもありません。
この先、持ち続ける理由はありません。
 
現実を注視して、明確に答えを出すべき時が来ています。
電力会社が大スポンサーとなっているマスメディアが事実を報道する可能性は残念ながら低いようです。
個人レベルで情報を集め、自分の価値観を持って発信していく側になりましょう!
全文は、こちらをお読み下さい。
—————————————————————

こうやって、事実が拡散していくことは、新しい可能性
一番の省エネは、TV を消すことと言われていますが、
事実を伝えないTV、それどころか無駄な消費を促すTVを消せば、
すごい省エネになるんじゃないか、なんて思います。

これも合わせて、ぜひ読んでみて下さい
原発は、頭のてっぺんからつま先まで“ウソ・騙し”
今日も読んで下さって、ありがとうございました

このMLを「毎週読みたい 」って思った方は、右フレーム上部から登録して下さい

List    投稿者 staff | 2012-07-12 | Posted in X.自然の摂理ML selection☆*:・°No Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.sizen-kankyo.com/blog/2012/07/1150.html/trackback


Comment



Comment


*