2012-01-03

『科学はどこで道を誤ったのか?』(6)大航海時代(15c中~17c中)~戦争と市場拡大により発達した鉱業による、近代科学と生産関係の変化~

%E2%97%8F%E8%A1%A8%E7%B4%99%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%83%AB_%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8_1.jpg
(※右側の写真は賢者の石を求める錬金術師、左側の写真はホムンクルスを作り出す錬金術師)

「科学技術万能観」がどのようにして形成されてきたのか?を追求するシリーズ第6回目です。
前回の記事で、ルネサンス期は、自然に対する畏怖の念を中世から受け継いでいたものの、自然を学ぶことで人間が宇宙の力・自然のエネルギーを使役しうるという信念が公然と語られ始めたことがわかりました。
今回は、この自然観の変化が、大航海時代の戦争、航海という実学を通してどのように変化していったのか?ここに焦点を当ててみたいと思います。

大航海時代は、15世紀中ごろから17世紀中ごろまで続いたヨーロッパ人によるインド・アジア大陸・アメリカ大陸などへの植民地主義的な海外進出をいう。国王、ローマ法王ともに、海外侵略を強力に後援し、競い合って、莫大な利益を手に入れた。(Wikipedia より)
この私権拡大競争(戦争)を勝ち残るために西ヨーロッパで、航海、金属精錬、とりわけ製鉄技術が発展し、これがヨーロッパ人が地球の支配者として立ち上がることを可能にした物質的条件でした。
そしてそれが、近代科学と賃金労働による分業という近代の生産関係の土台を形成していくと同時に、自然観への転換も伴っていたのです。

 

今回も、山本義隆氏(※リンク)の著書(十六世紀文化革命「第四章 鉱山業・冶金業・試金法」 山本義隆著】)の中身を紹介しながら進めていきます。

 にほんブログ村 環境ブログへ



◆ ◆ ◆ 1.古代・中世の鉄の生産方法

15・16世紀の西ヨーロッパで大きく変革を遂げ発展した技術は航海と戦争、金属精錬、とりわけ製鉄技術であった。これらはヨーロッパ人が地球の支配者として立ち上がることを可能にした物質的条件である。

とくに製鉄技術の変革およびその他の金属(とくに銅と銀)の生産の飛躍的増加がもたらしたものをみてゆく。
古代から中世前期にかけてヨーロッパでは、炉は高さ1メートルあまりの筒型のもので、燃焼に必要な空気は自然通風か簡単な手動の鞴(ふいご)で供給されていた。これではそれほどの高温は得られなかった。
製鉄には大量の木炭を必要とし、炉の立地は木炭の生産に適した森林地帯が選ばれていた。
ヨーロッパに限ったことではないが、古来、鉱山業や冶金業は錬金術や魔術と密接に関わっていた。
ヨーロッパでは大地の胎内にあるすべてのものは懐妊の状態にあると考えられていた。鉱石はある意味で胎児であり、地下の鉱脈は、長い時間をかけて地中で樹木のように生い茂り生長し続けていると信じられていた。従って、鉱山はしばらく採掘せずに放置しておくと鉱石が再生され生産性が高まると言い伝えられていた。実際この話は17世紀のイングランドのロバート・ボイルも記しているのであり、生きている鉱脈の観念はヨーロッパでは科学革命の時代まで語りつがれていた。
金属の生長過程は金属が卑賤なものからより高貴なものに成熟してゆく過程であると考えられており、「妨げるものが何もなければあらゆる鉱石はやがて金になる」と信じられていた。従って、錬金術師の仕事はその阻害要因を排除することによって人為的に金属の生長を促進することにある。すなわち錬金術とは「鉱物を熟させ、金属を純化する技術」なのである。
錬金術と地続きの冶金術も神的な、魔術的な秘儀であった。
刀鍛冶は職人というよりは魔術師であった。鍛冶師は神の助手であり、その技をみだりに明らかにしてはならなかった。この秘密厳守の姿勢は、中世には職人の同業組合(ツンフトないしギルド)の縛りによって強化されてゆく。
それというのも、刀鍛冶、焼入れ師、研ぎ師の技術は高く評価されていたが、その反面、ある種の畏れをもって見られていた。中世には鍛冶が剣に魔法をかけることができ、悪魔の力を借りてすべてに打ち勝つ剣を作ることができると信じられていた。それゆえ一方で「親方になろうとする鍛冶職人は、魔法をしないと誓わねばならなかった」のであるが、他方で、その技術は一子相伝の秘法とされ厳格に管理されていた。
金属加工のこのような閉鎖性とたこつぼ化は、その技術の秘密をきわめて狭いグループの内部に閉じ込めることになった。

%E2%97%8F%E6%96%B0new_%E3%81%B5%E3%81%84%E3%81%94%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%83%AB.jpg
錫製錬(『デ・レ・メタリカ』 G. アグリコラ 1550 リンク より

その後、火薬の発明により戦争の主力兵器が鉄砲大砲に変わることによって、鉄製需要が急増し、ヨーロッパの製鉄技術が発達していきます。

◆ ◆ ◆ 2.製鉄方法の近代化

この事情が大きく変化するのが16世紀である。この時代になって、鉱山業・冶金業にかんする技術文書が出回りはじめる。それは、15世紀中期の印刷術の発明に負う所が大きいが、それとともに金属精錬の技術と形態が大きく変化し、また生産規模が急速に拡大し、関連事業に就労する人口が増加し、組合による縛りが緩みはじめたことによる。
製鉄技術について言えば、変化は水力利用から始まった。水車は12世紀に砕鉱に利用されるようになり、炉の立地はしだいに河川沿岸に移っていった。決定的な変化は炉自体の大型化とともに鞴(ふいご)も大型化され、その駆動に水車がもちいられるようになったことにある。14世紀のことである。これによって、炉内の温度がはるかに高くなり、融けて液状化した鉄が得られるようになり、この溶銑から均質の鉄を作り得ることが判明し、しかも鋳鉄需要が高まったので、ここから高炉の建設が始まる。
この溶銑を直接鋳型に流し込むことにより鉄の大量鋳造が可能になる。この銑鉄は炭素を多く含み硬くて脆いが、これを精錬炉で燃やし含有炭素を減らせば錬鉄が得られる。こうして、高炉での銑鉄製造と精錬炉での精錬という二段階の近代の製鉄方法の基本手順が確立され、以後、製鉄所の立地には、動力に水の使える場所として川岸が選ばれるようになった。
この技術革新の背景には、火薬の発明による軍備と戦術の変化があった。
火砲と大砲を主力兵器とするにいたった戦争形態の変化が城壁と騎士に守られた封建領主の軍事力を無力にし、中世を崩壊させる遠因となる。そして16世紀の王権による常備軍の形成は、刀や槍にかわって大量の鉄砲や砲弾を必要とすることになり、青銅とともに鋳鉄の大量需要を呼び起こした。高炉方式の導入を促したのは、鉄製大砲の需要の増加であった。
こうして高炉による鉄の大量生産が始まると、炉はより大型化され、製鉄所の経営規模も拡大してゆき、その経営形態も変化していった。そこで働く職人が自営業者として各工程を請け負っているのではなく、賃金労働者としての職人に資本家が各工程を割り当てている。製鉄工程が変化しただけではなく、労働形態もが変化している。製鉄業の資本主義的組織への移行は、高炉の発明と密接に結びついていたのである。
こうなると中世の組合制度はむしろ桎梏となる。その変化を加速することになるのが、製鉄や冶金の技術文書の16世紀における登場である。技術が組合の秘伝であった時代は去りつつある。

資本主義の生産関係、つまり資本家-賃金労働者という階級分化の起源が、西欧の製造業の生産規模拡大と分業化にあることが注目点です。
それは、職人組合(ギルドやツンフト)という集団の担い手であった職人たちをバラバラの個人(雇われ人)に解体し、かつ生産の場(職場)と消費の場(家庭)が完全に分離することを意味します。


◆ ◆ ◆ 3.試金と冶金の技術の暴露

ヨーロッパの鉱山業は12世紀から成長をつづけ、14世紀中頃にひとつのピークを迎える。ところが、1348~51年の黒死病の大流行でヨーロッパの人口が激減し、多くの鉱山が見捨てられた。しかし、15世紀前半に人口がしだいに回復するとともに、正貨と火砲のための金属需要が供給量を上回るようになって、15世紀なかば以降、鉱山業が有望なビジネスになった。
とくに1453年までつづいた英仏戦争をフランスの青銅砲が終結させた直後から大砲の需要は長期におよび急成長の段階に入った。のみならず、銅と銀は、当時、西アフリカやアジアとの交易品として、また貨幣の鋳造や武器の製造の素材として重要性を増した世界商品であった。
このように1450年から1530年代まで、ヨーロッパにおける金属鉱石の生産は拡大をつづけたが、それは、硬貨鋳造と軍事目的の強い要求に基づいていたのである。
こうして青銅の主要な原材料としての銅の産地であって、しかもヨーロッパ経済のための通貨としてもちいられた銀の大部分を供給した中部ヨーロッパに空前の鉱山ブームが到来した。1450年から1530年までの間に、中欧における銀や銅やその他の金属の生産量は実に数倍に増加したと言われる。
技術面で見れば、銅鉱にふくまれている銀を鉛をもちいて抽出する方法が1451年にヨハネス・フンケンにより開発されたことが、中部ヨーロッパの採鉱業と冶金業の発達に大きな刺激を与えた。
それは銀と銅の生産を同時に高めることになり、一説には「ルネサンス期工業の発展にとっては、この発明は数年前の印刷術の発明より重要であった」とまで言われている。
鍛冶職人の技術においても、錬金術の神秘性を一段上位のものと認めつつも、冶金技術が錬金術の伝統から自由になろうとしていた。当時印刷された冶金術の冊子では、錬金術が開発したテクニックの実用使用法を記したもので、使用されている言葉は平明で具体的であり、中世錬金術の比喩的な用語や意味不明なシンボルもない。そこには、錬金術と地続きに見い出された技術であるにせよ、それを隠匿するのではなく、むしろ積極的に広く公開し、多くの者の経験をくみ上げ共有化してゆこうとする近代的な志向が明確に読み取れる。それは技術と技術者が近代科学の形成に参画してゆく大きな契機であり、そのことが16世紀文化革命を特徴づけるものである。

兵器需要と貨幣需要に応える鉱業技術者を庇護したのも、金貸しあるいは都市の貴族でした。 鉱業業や冶金業や貨幣鋳造に関する技術書を書いた人に、ビリングッチョ、アグリコラ、パラケルスス、ラザルス・エルカーなどがいます。以下にビリングッチョを紹介します。

◆ ◆ ◆ 4.ビリングッチョをめぐって

ヴァンノッチョ・ビリングッチョは1480年にイタリアの商業都市国家シエナの建築家の家庭に生まれた。
火器と火薬の製造に従事し、とくに大砲の鋳造と穿孔には深い経験を有する軍事技術者のようである。シエナは以前にもタッコラやフランチェスコ・ディ・ジョルジョといった軍事工学にくわしい技術者を輩出している。強力な隣国フィレンチェの圧力や度重なる傭兵隊の略奪が軍事技術への関心を高めたのかもしれない。
ビリングッチョはシエナの有力貴族ペトルッチ家の庇護で青年時代にイタリアとドイツを旅行して鉱山業・冶金業を視察し、帰国後、鉄鋼山と製鉄所で働き、1513年にシエナの兵器製造廠に就職した。1515年・26年のシエナの人民蜂起にさいしてはパトロンの貴族とともにシエナから追放されたが、29年にはフィレンチェ共和国のために巨大なカルヴェリン砲を鋳造し、30年にあらためて追放解除となり、シエナに戻り、31年から武器の鋳造や要塞の建設の仕事に従事している。1536年には教皇パウルス3世によってローマに職を与えられ、38年に教皇庁の鋳造所の責任者に任命されている。
彼は政治的には庇護者の貴族と運命をともにしたが、根っからの技術者で、大学教育やスコラ学とは無縁であった。
その著『ピロテクリア』の特徴の第一は、新しい産業社会の経営者の視点で書かれていることにある。
「鉱石が存在し、いかなる金属がどのくらいふくまれているかが判明し、算盤をはじいて予測し、経費がかかっても十分な収益が見込まれるならば、勇気をもって着手し、細心の注意をはらって採鉱をつづけるように私は勧める」「山はすべての富の母胎であり、山には宝が埋まっている」とあるように、本書は技術者のための技術書であるだけではなく、鉱山と精錬所経営のための指針であり手引きであった。
同書の第二の特徴は、それまでの知識人にひろく浸透していた手仕事にたいする蔑視がまったく見られないことにある。しかも著者は、その作業の実態、現場の労働者の実情を熟知している。著者は「私は自分自身の目をとおして得た以外の知識はもっていない」とはっきり断っている。その内容を構成しているのは、中世の文書偏重の学の対極にある経験と実践にもとづく知である。
そして本書の第3の特徴は、定性的観察だけではなく、定量的測定の重要性が隋所に指摘され実行されていることである。自然科学(化学)の観点からとくに注目すべきことは、金属を燃やす(=高温で酸化させる)ことによる質量増加を定量的な測定をふくめてはじめて記述したことである。
新しい技術である火砲に使用される火薬の硝石と炭素と硫黄の重量比率が、砲の大きさに応じて3通り与えられている。すなわち、重い大型の砲では3:2:1、中位の砲では10:3:2、火縄銃やピストルのような小火器では10:1:1。また、最新の技術である活字鋳造に用いられる合金の成分が、定量的な重量比とともに記されている。
また、定量的測定の重要性が経済的利害から論じられている。アリストテレス自然学は質の自然学であり、そこには定量化への志向が希薄であった。それに対して近代になって定量化の視点が登場した背景には、他でもない商品生産と貨幣経済の広がりがある。 
もちろん技術者だけがその影響を受けたわけではない。生産された鍛鉄を「注意深く秤量すること」は資本家としての工場主の義務であった。賃労働による商品生産という形で進められる生産規模の拡大と分業化は、関与するすべての者に対して厳密な定量化を促し「計量と計測の精神」を植えつけたのである。

%E2%97%8F%E3%83%93%E3%83%AA%E3%83%B3untitled.jpg
ビリングッチョ 『火工術』 リンク より

◆ ◆ ◆ 5.錬金術と各種の技術

そして近代化学が成立する以前に、化学にとって基本的な事実を見出し、必要な知識を蓄積していったのは、このような16世紀の技術者の実践であった。冶金や試金の領域では「16世紀や17世紀には職人の知識は理論のはるか先を進んでいた」のである。
これまで錬金術は近代化学のひとつの起源だとしばしば語られてきた。
それは間違いないが、錬金術がそれまでに開発してきたテクニックが近代化学と近代技術の財産目録に加えられていったのは、16世紀の実際的な職人や技術者の努力による。技術者による錬金術技術の継承というワン・クッションを置いてはじめて、錬金術の知識と技術が17世紀以降の化学者の手に届いたことを忘れてはならない。
ところで、錬金術が近代化学と決定的に異なるのは、錬金術のもつ秘密主義と韜晦体質であったが、その点を克服したのもまた、ビリングッチョをはじめとする16世紀の技術者たちであった。
ビリングッチョの『ピロテクニア』の特徴は、新しい技術を記しているだけではなく、それまでギルドやツンフトの内部でのみ語り継がれていて世に知られていなかった技術を、初等教育を受けてさえいれば職人でも読める俗語で公表したことにある。それは、たんに教化や啓蒙というよりは、より積極的な「秘密の暴露」の性格を隋所に示している。金属鋳造の技術の詳細も、同書によってはじめて公にされた。
それまで秘密にされてきた技法・ノウハウを手に入れるために、ビリングッチョは並々ならぬ意欲を示している。
ビリングッチョは知識の公開それ自体を重視していたのであり、この点では彼は錬金術の韜晦体質や中世の職人組合の秘密主義を超克していた。彼は徒弟制度によらず自力で広く知識を習得した技術者であり、自立した技術者として貴族に庇護され、あるいは市や教皇庁に雇われている。彼にはギルドやツンフトの縛りを気にしなくてよい自由な立場にあったと考えられるが、それと同時に中世の組合の融解がすでに始まっていたのである。
この時代には、その他にも、それまでギルドの内部でのみ知られていたマニュアルやレシピの類がいくつも書かれ印刷された。それらはデッラ・ポルタの『自然魔術』(初版1558年)にいたるまでの「秘密の書」と総称される一群の冊子であり、それらが実験を奨励し、17世紀の実験科学の興隆の土台を形成した。
手工業が資本主義的経営に移行するにつれて、職人や技術者による技術知識の公開は、多くの分野で始まっていたのである。そしてそれこそが錬金術を過去にものにしていった動きであった。

ヨーロッパ国内の戦争と市場の拡大によって兵器や貨幣の需要が高まり、鉱山業が発達し株式会社などの資金調達の方法も登場します。その結果、鉱山に巨額な資金を投資できる金貸しに利益が集中し、フッガー家のように鉱山の収益で大富豪にのし上がるものが登場します。
フッガー家はハプスブルグ家などの王家にお金を貸しており、既に資金を蓄積した金貸しの力が、王家の力を上まり出している事が伺われます。
この時代の科学技術は、まさにこういった金貸したちの利益を追求する手先となり、中世の錬金術師たちが徒弟制度の中で秘匿してきた様々な技術情報を公開し、金貸したちに鉱山運営のノウハウを伝授し、大量の賃金労働者を効率よく働かせるためのマニュアルを作り出していきます。
しかし、大航海時代に入り新世界の植民地で、奴隷労働により大量の金属が作られ、ヨーロッパに輸入されるようになると、ドイツ地方等で鉱山に投資した金貸しは没落し、金融と植民地貿易に従事する金貸しが力をつけ、活動の拠点を世界貿易の中心であるオランダやイギリスに移していきます。
この動きを受けて科学技術も、鉱山に関する分野から、貨幣や鉱石の価値を正確に評価する事が出来る試金へと変わっていきます。

◆ ◆ ◆ 6.十進法の誕生

精密の測定の重要性は鉱石だけではなく貨幣においても重要だった。当時、商品経済が広域化しいくつもの国の異なる貨幣が同時に流通するだけではなく、有力な領邦君主も造幣所を有しその経営も私人に請負わされていた。おまけにイスラムの金貨や銀貨も流通し、偽造貨幣も少なくなかった。金銀細工師や両替商人は貨幣を受領するに先立ってその金属内容を明らかにするために試金が必要だった。16世につくられた多くの商業数学の教科書にも貨幣鋳造の問題が必ず記載されていた。
エルカーは試金の中心任務はむしろ貨幣であるとし、試金に携わり精勤してきた物は君主や土地所有者や有力な都市国家から心からの感謝を得てきただけでなく、他の人たち以上に重用され顕彰されてきたと述べている。
計算という意味では、当時の貨幣単位は12デナリウス=1ソリドゥス、20ソリドゥス=1リーブラというきわめて厄介な物であった。それに輪を掛けて職人が使用してきた計算システムと度量衡単位は複雑な物であった。例えば銅と銀の試金用重量システムでは、1ツェントネル=100試金ポンド=110坑夫ポンド。1ポンド=2マルク=32ロット=128クィンテリンである。
ここで十進法を考案したのは、日々その不便を感じていたであろう試金技術者のシュライトマンであった。このシュライトマンのシステムは普及しなかった。十進法が活用されるのはフランス革命以降であり、職人の保守性がこういう所に見られる。

15世紀・16世紀における戦争技術の変革と貨幣経済の拡大は西ヨーロッパにおける鉱山業の発展を促し、冶金法、試金法の書籍をいくつも生み出した。知識が公開されなければならないとする彼らの主張は、冨は善であり、鉱山は冨を生み、その高い生産性のために実践的な技術が要求されるという、資本主義に関する信念に係わっている。
近代化学の形成において、冶金術や試金法の影響は錬金術より直接的だった。計量と測定の精神を植え付けたことは後の分析化学に引き継がれていく物でありその意義は大きい。エルカーや他の試金者の重要性が化学史家によって十分に評価されていない。観測天文学者と同等な評価を与えられてしかるべきである。
定量的測定の重視という数量化革命は商業の世界において計算術の発展から16世紀における代数学の飛躍的発展、数学革命を生み出すことになる。
以上に見てきた技術的発展がアカデミズムとは全く無縁な技術者の実践から生み出されたこと、その著書がラテン語ではなく俗語で著わされたことに16世紀の学問世界における大規模な地盤の変化を見て取ることが出来、17世紀以降の科学革命の基盤を形成した。 

%E2%97%8Fsinnnew_tetu%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%83%AB.jpg

15世紀・16世紀における戦争技術の変革と貨幣経済の拡大は西ヨーロッパにおける鉱山業の発展を促しました。
そして、16世紀末から激化した西欧国家間の植民地争奪戦争に勝つためには、制覇力たる工業力を発達させることが必須であり、そのために国家が科学技術に取り組む必要がありました。

国王、金貸し、都市の貴族にとって、冨は善であり、鉱山は冨を生み、その高い生産性のために実践的な技術が必要とされたのです。
製鉄所経営においては費用対効果(算盤勘定)の視点から計数化志向が生まれ、合金製造の必要も相まって、定量化と計数化を金科玉条とする近代科学成立の土台となりました。

それまでの、知識人による文書偏重の思弁的な学問にかわる職人・技術者の経験重視の科学の重要性と有効性が明らかにされてきました。
そして、職人・技術者を中心に作り上げてきた「日常に役立つ」技術が、次第に「自分たちの戦争、市場拡大(=私権拡大)に役立つ」技術に大きく変化していきます。

そしてそこには、まだ自然に対する畏れを抱き人間の技術は自然に及ばないと考えていた16世紀までの職人たちの自然観から、科学と技術で自然を支配しうると考えた17世紀の科学者の自然観への転換をともなっていたのです。

List    投稿者 runryu | 2012-01-03 | Posted in B.科学史, B01.科学はどこで道を誤ったのか?No Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.sizen-kankyo.com/blog/2012/01/1010.html/trackback


Comment



Comment


*