2006-10-27

臭いものにはフタ?

土壌汚染対策について調べてみました。
dojo01a.jpg
土壌が重金属や揮発性有機化合物によって汚染されると、それを直接吸い込んだり、地下水を汚染して人体や生態系に悪影響を与えてしまいます。
そこで、平成14年に制定された「土壌汚染対策法」では、有害物質を選定し、それらの物質の土壌含有量基準や溶出基準が定められています。
基準値を超えている場合には対策措置が命ぜられるのですが、その内容を見て、思わずえっ?と思ってしまいました。
どこがえっ?なの?と思う方は、ポチっとお願いします↓

 にほんブログ村 環境ブログへ


有害物質なら取り除かなければ、と思ったのですが、原則として命ぜられる措置は「盛土」と「原位置封じ込め」らしいのです。
http://www.reinet.or.jp/jreidata/osenpj/osen_2_3.htm
直接摂取のリスクに対しては、盛土50cmすればよい事になっています。
地下水摂取のリスクに対しては、原位置封じ込めとなっていて、文字通り「その場所で封じ込めてしまう」という事のようです。(除去を命ぜられるのは、第二溶出基準といって、もとの溶出基準の10~30倍を超えた場合)

■盛土の図■

    ■原位置封じ込めの図■
有害物質に対して盛土や封じ込めで済ましてしまうのでは、全然解決になっていないと思うのですが、皆さんはどう思われますか?

List    投稿者 sbaba | 2006-10-27 | Posted in K04.土壌汚染7 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.sizen-kankyo.com/blog/2006/10/38.html/trackback


コメント7件

 匿名 | 2006.11.08 12:54

>この人は何をする人でしょうか ?
に、「豆腐売り!」と勢いよく答えたかわのんです☆
昔は人々にとって、人糞はとってもありがた~~いモノだったんですね!
>このあたりに、日本から人糞肥料が使われなくなった原因がありそう
う~ん。においますね~。
「衛生」ってきくと、大切なもののように感じるけど、こういう意識も必要以上に刷り込まれてるのかな~。

 iwai | 2006.11.08 14:24

こんにちは。
私は30代ですが小・中学生の頃まで、コレ運んでましたよ。

 さえちゃん | 2006.11.08 15:02

こんにちは!日本の森林破壊は40年ほど前から本格的に始まり、今も続いています。
イナカの風景も変わりました。
こどものころ、町は舗装されていませんでしたし、車も少ないし、ビルも高速道路も、テレビも、エアコンも、新幹線も、もちろん今のようなパソコンもありませんでした。
カメラも白黒ばっかりでした。
皆さんは、日本の昔の山のようすやいなかのようすを全く知らない世代ということになりますね。
でも、ホントに戦後のわずかな時間でさまざまなものが変わってしまいました。
自然を守るためには、昔に戻ればいいのですが、無理ですから、せめて、林業をしない自然の森を個人個人で増やしていくしかありません。
お役所は、税金をつかって山をいじくりまわすだけですよ~。
自然が破壊された中で生まれた若い皆さんはお気の毒ですが、大人たちが破壊した自然を、取り戻していってください。
数百年の木をほとんど伐採してしまったのですから、取り戻すためにはまた、数百年かかります。
気の遠くなるような話です。こう考えると、熱帯雨林も、日本の森も、もう取り戻すことは不可能のようです。
人間はこれから先、贅沢しないでエネルギー消費を減らしてちまちまと暮らすしか道はないと思います。

 nannoki | 2006.11.08 17:18

肥溜めといえば田んぼの脇にあったでっかい桶とその匂いが何となく思い出に残っていますが・・・汲み取り式の匂い、家畜の匂い、肥料の匂いとかも一緒に蘇ってきましたよ。なんか懐かしい感じがしますね。。
静岡出身でクサヤが大好きな私の同僚は、クサヤの匂いを嗅ぐとヨダレがでるそうです。私からしてみれば汲み取り便所の匂いとしか思えないのですが・・・
匂いっていうのも充足体験とセットで記憶されているようですね。都会人は無臭環境で育つから余計に清潔志向に走ってしまうのかも。

 Urban Green Life                   街にもっと緑を・・・            兼定興産の屋上緑化土「かるいちばん」 | 2006.11.10 7:36

久留米市農協は面白い??(3)・・・無登録肥料を販売してます♪♪♪

久留米市農協(JAくるめ、久留米市農業協同組合)は面白い?
面白いことに気づきました。肥料でない石灰を久留米市農協(JAくるめ、
久留米市農業協同…

 雑草Z | 2006.12.06 23:25

こちらの記事、本日しっかり読ませて戴きました。
かっし~さんのこちらの記事は、さらに今回私が書いた 人糞=肥料
の内容にあっているので、またTBさせて頂きます。10/23の
「中国の砂漠化の土台は、四大文明まで遡る?!」とともに、
 糞尿シリーズ、実はかっし~さんがしっかり先に取り組んでいらっしたのですね。大変勉強になりました。感慨深いものがあります。同じシリーズかかせて戴いて恐縮です。回収型農業って言うのですね。大切な農法です。

 こまつ | 2007.02.13 18:41

はじめまして、“新しい「農」のかたち”から来ました。
私たちの地域でも、下肥を使っている方はもう殆どいらっしゃいません。
各戸に浄化槽が設置され、肥溜めそのものが無くなってしまったようです。
私たちのサイトでは、「無肥料栽培」なるもので盛り上がっています。
その中で肥料の歴史にも触れていきますので、また覗いてみて下さいね。
TB貼っておきま~す☆

Comment



Comment


*