2012-10-17

【森林問題の深層】◆はじめに

◆はじめに

▲庄原ゲリラ豪雨をふりかえって – 庄原市(リンク)より
森林率68.2%の日本は、遠めには緑豊かに見える。
なのに、最近のゲリラ豪雨で山崩れが頻発している。何故か?
原因は異常気象によるものなのか? 
それとも、戦後急増した人工林の構造的な問題なのか?

▲海岸防災林の被災状況(リンク)より

 にほんブログ村 環境ブログへ



▲現地調査報告(リンク)より
一昔前の海岸沿いの松林には「飛砂防備・防風・防潮防備・防霧などの保安林」機能が求められたが、今では「飛砂防備林」的な要素が色褪せてきたという。何故か?
それは、どうやら河川上流の環境の変化にあるらしい。

▲はげ山復旧事業(阪南市)昭和初期から30年代(リンク)より
里山ブームの昨今でNPОなどが展開する実施フィールドは緑豊かな里山だが、
昭和30年代の里山は、禿山の様相をていしていた、という。
それなのに、これほどまでに緑を回復できたのは、何故か?
それは、林業政策の賜物というより、エネルギー革命や農業革命にあったようだ。
それなら、今の資産を引継ぎつつ、持続可能な林業再生の道はあるのか?
以上のような問題意識をもちつつ、今後は、
1)森林環境の現況と課題
2)混迷した林業政策の歴史と今後の展望
3)森林資源涵養は市場に任せられないみんなの課題
4)本当に強い森林(ヤマ)の実現可能性を探る

というテーマの流れで、進めていきたいと思います。
By びん

List    投稿者 staff | 2012-10-17 | Posted in E02.林業編No Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.sizen-kankyo.com/blog/2012/10/1209.html/trackback


Comment



Comment


*