2013-05-07

【淡路島地震を予知した大気イオン予測】科学を身近に☆NewStream

旬の話題から自然の摂理が学べる!科学を身近に☆NewStreamです。
今週の科学ニュースを紹介します。
news5305685_6.jpg
(画像はコチラからお借りしました。)
淡路島地震:大気イオン予測が話題に」より引用します。

 負傷者33人を出した今月13日の兵庫県・淡路島地震に関し、地震予知に取り組むNPO法人が、大気中のイオン数の変化をもとに地震の発生地域や時期を予測し、関係者の間で話題になっている。大気イオンによる地震予知は「まだ効果が確認されていない」(文部科学省)が、一部の地震専門家から評価する声も出ている。
 NPO法人「大気イオン地震予測研究会」(理事長・矢田直之神奈川工科大准教授)は全国17カ所で大気中のイオン濃度を測定し、濃度が急上昇した場合に地震予測を出す。
 今月6日、兵庫県南あわじ市の測定器で、通常は大気1立方センチ当たり1000個以下のイオン数が12万個に急上昇するなど、兵庫、高知、石川、長野、宮崎各県で2~6日に数値が上がった。同研究会は翌7日に各データの分析をもとに「淡路島を中心としたマグニチュード(M)5級の地震が発生する」との予測を発表。気象衛星画像の解析から、地殻変動や地震性ガスの噴出などで発生する可能性がある「地震雲」が淡路島周辺に広がったとも判断し、合わせて予測の根拠とした。
 約1週間後の13日、淡路島付近を震源とするM6.3の地震が起きた。発表内容を知っていた関係者から「心の準備ができていたのでびっくりしなかった」(和歌山県の男性)と反響があったという。

当ブログでも以前紹介した、「ラドン濃度による地震予測」ですが、先月の地震で見事的中していたとは驚きです。
続きを読む前に、応援クリックよろしくお願いします。

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "【淡路島地震を予知した大気イオン予測】科学を身近に☆NewStream"

List    投稿者 mineral | 2013-05-07 | Posted in W.科学NewStreamNo Comments » 
2013-05-01

【人工甘味料アスパルテームで”元気な精子”激減/日本薬学会のショッキング報告】科学を身近に☆NewStream

旬の話題から自然の摂理が学べる!科学を身近に☆NewStreamです。
今週の科学ニュースを紹介します。
「清涼飲料水などに使われているノンカロリー人工甘味料で”元気な精子”が減る」
こんなショッキングな実験結果が日本薬学会で発表されました。

%E6%B8%85%E6%B6%BC%E9%A3%B2%E6%96%99%E6%B0%B4.jpg
以下「食品添加物の危険性(リンク)」より引用します。

問題の人工甘味料は「アスパルテーム」砂糖の180~220倍の甘さがあり、使用量が砂糖の約1/200で済むことからダイエットタイプのコーラや食品などのほか、糖尿病患者の治療食品にも利用されています。

研究報告をした京都府立大の北條康司助教授(食環境安全性学)が言う。

「アスパルテームを毎日1回投与したマウスと水だけを与えたマウスを比較したところ、形が正常で直進する”元気な”精子の率は、水だけのマウスが平均25%だったのに対し、投与したマウスは16%前後しかなかった。
しかも動物に影響がないとされるレベルの1/1000の量で精子に障害が起きています。

同じ哺乳類の人間の精子にもごく微量で影響が出そうです。
早急に使用基準を設けるべきです」

アスパルテームはこれまでにも消費団体などが頭痛やめまい、
脳腫瘍などの危険性を訴えていたが、厚生労働省では「問題ない」と許可してきています。

裏にアメリカの政治の影が…

続きを読む前に、応援クリックよろしくお願いします。

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "【人工甘味料アスパルテームで”元気な精子”激減/日本薬学会のショッキング報告】科学を身近に☆NewStream"

List    投稿者 daichi | 2013-05-01 | Posted in 未分類 | No Comments » 
2013-04-30

【気候と食】身体の秩序を保つバロメーター☆「食の陰陽」


画像はこちらからお借りしました
 
今まで、気候シリーズでは気候のメカニズムから、地域の気候の特性を生かした農法などをご紹介してきました。気候に合わせることで、自然の豊かな恵みをより得られることが分かると思います。
 
作物を作るうえで、気候は欠かせない要素になってきます。
しかし、作る時だけではありません。
食べる段階でも、摂りたての「旬」に食べるのが一番美味しいとみんなが感じると思います。夏にスイカを食べれば身体が冷やされ、冬は根菜類をお鍋でいただけば、身体の中から温まるのを感じます。
美味しいと感じれるのは、身体にとって必要な食かどうかということなのかもしれません。

 
しかし、毎日の食事で「旬」を意識している人はどれだけいるんでしょうか。
同じ野菜が、年中スーパーに並んでいる現代、食べたいものは季節に関係なくいつでも手に入ってしまいます。
テレビの情報で「○○が身体に良い」と聞けば、季節に関係なく、身体にいい物だから食べてしまっている人も少なくはないと思います。
 
しかし、こういった「季節に合ってない食事」が、身体を弱らせ、現代病を引き起こしているのです。医者も薬もない時代、先人たちは自然の摂理に合った食生活をしてきたから、生きることができたのではないでしょうか。
 
このシリーズでは、健康な身体をつくるためにも、そして放射能問題や現代の食問題にも適応できるよう、先人達の食の知恵をご紹介して、食と気候の密接な関係を追求していきたいと思います☆
また、旬のレシピにも挑戦していきたいと思いますので、お楽しみに^^
 
今回は、まず気候と食の関係では欠かせない「食の陰陽」について調べてみました☆
 
  
応援よろしくお願いしますvv*
 

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "【気候と食】身体の秩序を保つバロメーター☆「食の陰陽」"

List    投稿者 staff | 2013-04-30 | Posted in D02.気候No Comments » 
2013-04-27

【地球のしくみ】25 ~大気編(11)大気中の電子が、太陽からの強力な電磁波を「吸収→反応→放射」することで、オゾン層も電離層も形成される。

http://rpic.jp/health/■前回は、太陽からの電磁放射エネルギーのうち、紫外線BおよびCによって、
成層圏の酸素分子の電子が励起し、オゾン層(O2⇔O3)が作られる仕組みがわかりました。
【地球のしくみ】24 ~大気編(10)~紫外線を吸収する大気のメカニズム(酸素⇔オゾンの循環サイクル)~
今回は、その成層圏のオゾン層のさらに上空、熱圏にある『電離層』ができる仕組みを紹介します。
%E5%A4%AA%E9%99%BD.jpg
(放射線保護情報センター)

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "【地球のしくみ】25 ~大気編(11)大気中の電子が、太陽からの強力な電磁波を「吸収→反応→放射」することで、オゾン層も電離層も形成される。"

List    投稿者 isiisii | 2013-04-27 | Posted in D.地球のメカニズム, D01.地球史No Comments » 
2013-04-23

【ハビタブルゾーンに地球型の3惑星発見!】科学を身近に☆NewStream

旬の話題から自然の摂理が学べる!科学を身近に☆NewStreamです。
今週の科学ニュースを紹介します。
%E3%83%8F%E3%83%93%E3%82%BF%E3%83%96%E3%83%AB%E3%82%BE%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%81%AB%E5%9C%B0%E7%90%83%E5%9E%8B%E3%81%AE3%E6%83%91%E6%98%9F%E7%99%BA%E8%A6%8B.jpg
(画像はコチラからお借りしました)

マンガや映画などで時々見かける、地球によく似た惑星。
実際に宇宙には地球に似た惑星が存在するかもしれません。

以下、『ナショナルジオグラフィック』より引用します。

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "【ハビタブルゾーンに地球型の3惑星発見!】科学を身近に☆NewStream"

List    投稿者 staff | 2013-04-23 | Posted in W.科学NewStreamNo Comments » 
2013-04-18

【アリは地震を予知する!?】科学を身近に☆NewStream

旬の話題から自然の摂理が学べる!科学を身近に☆NewStreamです。
今週の科学ニュースを紹介します。
%E3%82%A2%E3%83%AA.bmp

先日の淡路島地震はマグニチュード6.3で震源が浅く、関西人にとっては阪神淡路大震災を思い出す出来事でした。

古くから地震の前には様々な動物の行動に変化を及ぼすとされ、「ミミズが突然大量発生するとき」や、「深海魚や見慣れぬ魚が上がる時」などが地震の前兆と言われていますが、この度、『アリ』に地震発生を事前に感知する能力があるかもしれないことが、3年間の観察研究から明らかになりました。

「アリは地震を予知する」:ドイツの研究 WIRED.JPより

アリに地震発生を事前に感知する能力があるかもしれないことが、欧州地球科学連合(EGU)の年次総会で発表された観察結果から明らかになった。

続きを読む前に応援クリックお願いします :-)

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "【アリは地震を予知する!?】科学を身近に☆NewStream"

List    投稿者 tutinori | 2013-04-18 | Posted in W.科学NewStreamNo Comments » 
2013-04-17

縄文に学ぶ自然の摂理 ~縄文時代の基礎知識1 豊かな森と二つの道具~

シリーズ「縄文に学ぶ自然の摂理~縄文人はいかに気候変動に適応したか」を進める上で、縄文時代の基礎知識を、「縄文と古代文明を探求しよう」さんの記事を中心にまとめてみました。縄文っておもしろそう、気になるっていうビギナーさん、いっしょに勉強しましょう!
%E6%A3%AE.jpg
今日は、縄文時代に開発された2大発明品、弓矢土器、そしてそれを育んだ森林についてです。

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "縄文に学ぶ自然の摂理 ~縄文時代の基礎知識1 豊かな森と二つの道具~"

List    投稿者 seiichi | 2013-04-17 | Posted in 未分類 | No Comments » 
2013-04-13

【地球のしくみ】24 ~大気編(10)~紫外線を吸収する大気のメカニズム(酸素⇔オゾンの循環サイクル)~

みなさん、こんにちは。
前回の記事では、地球が「オゾン層」「電離層」「磁気圏」という3層のシールドに守られていることを紹介しました。
以下のように、成層圏>中間圏>熱圏においては、宇宙から降り注いでくる紫外線>隕石>放射線から、地球の生物を守るシールドが形成されています。
Image363.JPG

(画像は、こちらからお借りしました。)

今日は、その中でも「オゾン層」に焦点を当てて、オゾン層が紫外線を吸収する仕組みをご紹介します。

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "【地球のしくみ】24 ~大気編(10)~紫外線を吸収する大気のメカニズム(酸素⇔オゾンの循環サイクル)~"

List    投稿者 staff | 2013-04-13 | Posted in D01.地球史No Comments » 
2013-04-11

自然の摂理ML selection☆*:・’~必読!!ケータイから身を守る方法

みなさん、こんにちは
自然の摂理ML selection☆*:・°です
自然の摂理ブログでは、ML(メーリングリスト)をしています
毎週1回、女性メンバーから当ブログやその他サイトの「時事情報 」や「おすすめ記事 」の紹介を毎週発信しています
その中から、おすすめの記事をちょこっと紹介していきます
+o。。o+゜☆゜+o。。o++o。。o+゜☆゜+o。。o++o。。o+゜☆゜+o。。o+
みなさん、こんにちは
春ですね、新生活がスタートする方も多いのではないでしょうか
この時期、新生活商品が目立ちますが、ケータイも新生活商品の一つとして最近は広告が目立ちますね
スマホなど便利すぎて、もう手放せないって感じですが、電磁波の危険性が懸念されます :cry:
携帯電話から出る電磁波の危険性
sumaho.jpg
最近やっとマスコミでも、電磁波の危険性を少しは取り上げられるようになりましたが、まだまだ危険性の認知は低いですし、なにより、現代社会で生活していくうえで、手放すのは難しいという方がほとんどではないでしょうか。
そこで、今回はケータイの電磁波から身を守る方法の一例をご紹介したいと思います

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "自然の摂理ML selection☆*:・’~必読!!ケータイから身を守る方法"

List    投稿者 staff | 2013-04-11 | Posted in X.自然の摂理ML selection☆*:・°No Comments » 
2013-04-10

【気候シリーズ】正統科学史から消されてた科学者ニコラ・テスラ


皆さんニコラ・テスラという科学者を知っていますか?
今や生活に欠かせないライフラインとなっている電気エネルギーですが、今のように利用が広まるまでにはニコラ・テスラによる配電システムによるところがとても大きいです。
今から約100年前、電気エネルギーを利用するに当たって、配電システムを巡って争いが繰り広げられました。
当事、ニコラ・テスラは独自に交流電流による電気事業を推進しようとしていました。
一方で、白熱灯を発明したGEのエジソンは直流システムによる電気事業を推進しており、
この両者は配電システムを巡って激しい競争を繰り広げていきます。
この配電方式を巡っての争いは「電流戦争」と言われています。
そして、この競争はナイアガラの滝に建設された水力発電所で交流発電機が採用されたことで、
ニコラ・テスラの勝利となったのです。
現在に至るまでのニコラ・テスラの開発した電力供給システムが利用されてきており、ニコラ・テスラはエジソンと並ぶ名発明家であったことは間違いありません。
しかし、今日、ニコラ・テスラの文字は教科書からは消え、彼のことを知る人は多くありません。
なぜ、名発明家であったニコラ・テスラは正統科学史から消されてしまったのでしょうか?
今回はニコラ・テスラが著書の日本語訳である「秘密の告白」から引用しながら、
その理由を探ってみたいと思います。
いつも応援ありがとうございます

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "【気候シリーズ】正統科学史から消されてた科学者ニコラ・テスラ"

List    投稿者 mineral | 2013-04-10 | Posted in D02.気候No Comments »