2011-08-14

素人が創る科学の世界~【素粒子】1~プロローグ 『量子力学的解釈は不思議なままで済まされるのか?』

%E9%87%8D%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%81%AE%E8%A1%9D%E7%AA%81%E3%81%8B%E3%82%89%E7%B4%A0%E7%B2%92%E5%AD%90%E3%81%8C%E5%87%BA%E3%81%A6%E3%81%8F%E3%82%8B%E6%A7%98%E5%AD%90.png
素人が創る科学の世界~プロローグ『科学的認識はすべて仮説、その神格化が創造の壁』で予告したとおり、このシリーズでは【宇 宙】【光 子】【重 力】【電磁力】【素粒子】などの物理世界を扱います。

その理由は、地震メカニズムの解明や、新しいエネルギーのありかたなど、直面する現実課題を突破していく必要のある現在、それらを解明していくために必要な、地球の内部構造、電磁波の影響、そこから派生する宇宙論や量子論など、いまだに良くわかっていない課題は山積みだからです。

重イオンの衝突から素粒子が出てくる様子


画像はここからお借りしました



今回から、複数のテーマの一つである【素粒子】の世界の解明をスタートします。このシリーズを通して、素粒子に関する基礎理論をその発見の歴史を踏まえて紹介し、それらの思考法の矛盾点を発掘した上で、同化思考に基づき電磁波の解明につながるような新しい仮説を提示していきたいと思います。

そこで【素粒子】のプロローグとして、『二重スリットの問題』を題材に、不思議な量子の振る舞いとその解釈について見ていきます。このテーマについては、すでに【光 子】の追求グループで記事にされています。

素人が創る科学の世界~【光 子】1~二重スリット実験から見る量子論の不思議(前編)

素人が創る科学の世界~【光 子】2~二重スリット実験から見る量子論の不思議(後編)

です。ここでは、

①見えない物理世界の不思議な現象と整合するように、数式などの言語を使って正確に記述する方法。

②日常感覚と異なる不思議な部分に注目して、それを日常言語から比喩的に説明する方法。

が混在しています。

①の、不思議な現象事実を不思議なまま記述するのは正しい同化の方法だと思います。また、なぜそうなるのか?がわかっていない不思議な現象を前提とした量子力学は、その不思議なまま正確に記述するという科学的方法のおかげで、携帯電話を始め、電子機器開発などに大きく寄与しています。

ところが、②の不思議な部分に注目して、それを日常言語から比喩的に説明するような解釈方法を見ていると、不思議なままで済まされるのか?という疑問につきあたってしまいます。このような解釈は、『不思議さ』=『実感の薄さ』=『確信度の弱さ』を増長させるだけです。

そして、この②の方法が、専門書も含めた多くの解説書で採用され、まともな思考を阻害しているのが量子力学の現状ではないかと感じています。

コペンハーゲン解釈では、粒子は波のように広がった存在で、その位置も運動状態も無数の可能性が重なり合った状態にある。
しかし、それを観測すると同時に波が収束し、ほかのすべての状態が姿を消し、観測で得られた状態で粒子が現れる。

などは典型で、普通の人には理解できない記述になっています。これがわからないのは、専門知識がないからだとするのであれば、これは科学者の放漫でしょう。
このような状況の中で、ここを突破するには、まず観測事実をもとにした思考の点検が必要ではないかと思います。これには、解釈の前提となる暗黙の認識方法の次元にさかのぼって考える必要がありそうです。

そこで、今回はこのような思考の問題点を整理して、これから続く【素粒子】シリーズの課題を探っていきたいと思います。これを平たく言うと『量子力学的解釈は不思議なままで済まされるのか?』ということになります。

それでは不思議な世界を覗いて見ましょう

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "素人が創る科学の世界~【素粒子】1~プロローグ 『量子力学的解釈は不思議なままで済まされるのか?』"

List    投稿者 sinsin | 2011-08-14 | Posted in C.素人が創る科学の世界, C02.素粒子(量子・光子)No Comments » 
2011-08-13

素人が創る科学の世界~【宇 宙】1~プロローグ : 今までの常識にとらわれない観測事実に基づいた宇宙論☆

みなさん、こんにちは。
本ブログでは、相次ぐ自然災害の原因を探り、今後の対策を考えていく上で理論的基礎としていくために、「素人が創る科学の世界」シリーズ が始まりました。

素人が創る科学の世界~プロローグ『科学的認識はすべて仮説、その神格化が創造の壁』
新シリーズ『素人が創る科学の世界』をスタートします。このシリーズで扱う内容は、【宇 宙】【光 子】【重 力】【電磁力】【素粒子】などの物理世界です。
☆☆☆私たちも近代科学を神格化していないか?
>20世紀には、相対性理論、量子論、膨張宇宙論、ビックバン理論など様々な科学理論構築がありました。これらを学校では、その結論だけを疑う余地もない明らかな事実として教えています。。
☆☆☆観測事実をもとに対象世界に同化することからスタート
>まずは、観測事実はどこまでで、仮説はどこまでなのかを鮮明に峻別すること。そして、神格化や絶対視の起こりやすい仮説論理については、それが生まれた時代背景や思想的背景をもとに違和感を鮮明にすることが重要です。

上記が全編を通してのの問題意識となります。
よって、地球の構造(特に電磁波との関係)の解明、その前提となる【宇宙】の構造についても、今までの理論や科学者の常識にとらわれず、現状知りうる観測事実と構造認識を基に追求していく必要があります。
 今回からのシリーズ記事は、全体の中での【宇 宙】編に当たります。
多くの人が期待や憧れを感じる【宇 宙】。この領域に「素人が創る科学」で踏み込んでいきたいと思います。



ニコニコ大百科」「M51子持ち銀河」様よりお借りしました


続きにいく前に援よろしくお願いします。

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "素人が創る科学の世界~【宇 宙】1~プロローグ : 今までの常識にとらわれない観測事実に基づいた宇宙論☆"

List    投稿者 systema | 2011-08-13 | Posted in C01.宇 宙2 Comments » 
2011-08-12

素人が創る科学の世界~【光 子】2~二重スリット実験から見る量子論の不思議(後編)

みなさん、こんにちは~
素人が創る科学の世界【光子】シリーズ』です
前回の記事、
『素人が創る科学の世界【光子】シリーズ』~二重スリット実験から見る量子論の不思議~
では、二重スリットを用いたいくつかの実験を紹介し、それらの実験結果を考察しましたね :roll:
それでは、前回扱った実験の設定条件や結果をちょっと復習してみましょう
%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%891-thumb.gif
以下、画像はこちらからお借りしました
%E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%201.gif
実験Aの結果からは「電子は波の性質をもつ」となり、実験Bの結果からは「電子は粒の性質をもつ」となりました。この時点で既に結果に不整合が生じていますが、実験Cの結果はもっと不思議です。
実験Cの結果は電子が「粒」の性質を持っていても、「波」の性質を持っていても矛盾します。
干渉縞という模様は二つのスリットがあってはじめて成立するもので、実際にどちらかのスリットをふさいで実験Cをやると干渉縞は出現しないのです。しかし、実験Cは一粒ずつ電子を発射するという条件で行われており、その条件ではどちらかのスリットにしか電子が通っていないことが実験B(追加実験)から言えます。つまり実験Cにおいてスリットは片方しか関係していないはずなのです。なのに、なぜ干渉縞ができたのか…何と干渉したのか…
この難解な問題をどう解釈すればよいのか?という点を今回の記事、
『素人が創る科学の世界【光子】シリーズ』~二重スリット実験から見る量子論の不思議②~
で勉強していきましょう
いつもの、お願いします 8) 8)

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "素人が創る科学の世界~【光 子】2~二重スリット実験から見る量子論の不思議(後編)"

List    投稿者 YAGU70 | 2011-08-12 | Posted in C02.素粒子(量子・光子)No Comments » 
2011-08-11

電磁波って危険!?その2~電磁波って何?

始まりましたね :D 「電磁波って危険!?シリーズ」
     
第一弾はこちら⇒電磁波って危険!?その1~便利になったけど・・未知なる電磁波
     
「電磁波」って言葉は、たくさん耳にしますが、実はどんなものなのか、よく知りません。
ということで、まずは基礎編から勉強していきましょう
      
     
■電磁波って何?
    
昔、理科で習った「波の性質」を思い出しながら、読んでみて下さい :D
電磁波は、電気が流れる時に発生する電界(電場)磁界(磁場)が相互に作用して組み合わさり、空間を伝達する波のことを言います。
電気が流れたり、電波の飛び交うところには、必ず何らかの電磁波が存在しています。
イメージは、こんな感じです↓↓
     
%E9%9B%BB%E5%A0%B4.gif
画像はこちらからお借りしました。
   
  
ぽちっと応援お願いします

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "電磁波って危険!?その2~電磁波って何?"

List    投稿者 miwa | 2011-08-11 | Posted in D04.電磁波No Comments » 
2011-08-10

プレートテクトニクス説のウソ12~仮設は崩れた。予知をどうする?~

日本の地震観測網は世界で最も整備が進んでいます。しかし一方で、地震の予知には一度も成功したことがありません。
むしろ、地震予知を行ったことすらない!という方が的確です。
これは、どういうことか?
地震学者で東京大学名誉教授の上田誠也氏の講演会から抜粋引用します。

地震予知研究の歴史と現状%E4%B8%8A%E7%94%B0%E8%AA%A0%E6%88%90%E3%83%BB%E6%9D%B1%E5%A4%A7%E5%90%8D%E8%AA%89%E6%95%99%E6%8E%88.jpg
簡単に結論から申しますと、我が国の地震予知計画は、地震観測網を充実しなければいけないということから始まりましたが、それを熱心に行っているうちにそれが主な仕事になってしまい、予知という本来の目的を見失ってきた。地震観測では起こった地震のことはわかりますが、これから起こる地震のことはそうわかるわけがないのです。そんなことは、はじめからわかっていたはずなのに、地震観測だけがとどまるところがない大事業になってしまいました。
そのうちに阪神大震災が起こりました。もちろん予知はされませんでした。その〝効果〟といっていいかどうかわかりませんが、地震予知、特に「短期予知は当面不可能」ということになり、その研究すら放棄することになってしまったのです。

1998年文部省(当時)の測地学審議会は「地殻変動測定(地震測定)では地震予測は不可能である」とする報告書を公表しました。その後、地震予測不可能論が地震学者、メディアでの強い風潮となっています。
本当に地震予知は出来ないのか?
引き続き、上田氏の講演会から、その可能性を探っていきたいと思います。

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "プレートテクトニクス説のウソ12~仮設は崩れた。予知をどうする?~"

List    投稿者 matuhide | 2011-08-10 | Posted in D03.地震No Comments » 
2011-08-09

次代のエネルギー潮汐・海流の可能性 3.大海の巨大な流れ、海流は何故起こるのか

前回投稿では、海が生み出す巨大な力潮汐について、その仕組みを考察しました。潮汐は月と地球の間の引力が生み出すものでしたね。

さて、今回はもう一方の海がもたらす力「海流」を扱います。前回扱った潮汐は概ね12時間を周期として潮が満ち引きする現象ですが、一方「海流」は、例えば日本の太平洋岸を流れる黒潮などのように、常に同じ方向へ向かう、海の巨大な流れのことです。

昔習った記憶があるかたもいるとは思いますが、ほとんどの方は忘れてしまったと思うので、海流が何故起こるか考察する前に、まずは、日本の周辺の代表的な海流、黒潮(日本海流)、親潮(千島海流)について、どんなものか「海とふねなるほど豆辞典」より引用して紹介します。
ぽちっと応援お願いします。
日本周辺の海流 黒潮と親潮
shizen14%5B1%5D.gif
こちらからお借りしました。

海流は海水の温度から暖流と寒流の2つにわけられます。日本の近海には暖流と寒流が流れています。
日本の近海で有名な暖流といえば「黒潮」があります。海の水が黒っぽい濃い青色をしているので黒潮と呼ばれています。世界でも最大級の強い流れの海流として知られ、北大西洋の湾流とともに世界2大潮流のひとつです。海水表面の速さは毎秒2mをこえるほどで、時速になおせば7.2km、小走りするぐらいの速さになります。
また、黒潮の一部は、沖縄の近くでわかれて対馬海峡をとおって日本海へ入ります。(対馬海流)山陰沖、能登沖で大きくうねりながら、一部は津軽海峡をぬけて太平洋へ出ていきます。
寒流にはロシアのカムチャツカ半島の方向から南へ流れてくる千島海流があり、「親潮」と呼ばれています。この海流はプランクトンが豊富で、たくさんの魚を育てることから親潮の名前がつきました。海流は魚をはじめとした海のめぐみを、わたしたちにとどけてくれる役目もしてくれます

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "次代のエネルギー潮汐・海流の可能性 3.大海の巨大な流れ、海流は何故起こるのか"

List    投稿者 fwz2 | 2011-08-09 | Posted in E10.潮汐・海流の可能性No Comments » 
2011-08-06

素人が創る科学の世界~【光 子】1~二重スリット実験から見る量子論の不思議(前編)

みなさんこんにちは
今回は『太陽エネルギーシリーズ」』……を改め、
素人が創る科学の世界【光子】シリーズ』をはじめます!
最終的には、「電磁波とは何か?」という問題から「人体や地球への影響は?」を解明していくことが目的ですが、光も電磁波であり、「電磁波ってなに?」は「光ってなに?」とも置き換えられます。
ということで、この【光子】グループでは「光とは何ぞや?」をテーマにして、しばらく追求してみたいと思います
north-pole-aurora-lw%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.jpg
画像はこちらからお借りしました ありがとうございます
前回の記事
(4)次代を照らす太陽エネルギー4~太陽エネルギーはどのように地球に到達しているのか~では
電磁波が宇宙空間をどのように伝わるのか?
宇宙空間には媒質が存在するのか、しないのか?
というテーマを扱い、
宇宙空間には素粒子と呼ばれる超微細な物質が多く存在しており、電磁波を伝える媒質も存在しているのではないか?
という仮説をたてました
なにやらこれから数回にわたって、とても小さな物質の話を扱っていくことになりそう なので、今回と次回では(電磁波を伝える媒質の存在やそのふるまいに迫る前段階として)素粒子のような小さな物質のふるまいを考える上で重要な「量子論」について探っていきたいと思います
いつものお願いします :D

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "素人が創る科学の世界~【光 子】1~二重スリット実験から見る量子論の不思議(前編)"

List    投稿者 YAGU70 | 2011-08-06 | Posted in C02.素粒子(量子・光子)14 Comments » 
2011-08-04

電磁波って危険!?その1~便利になったけど・・未知なる電磁波

pic11.jpg
「線」が繋がっていなくても、電話ができる ってすごいですよね
「火」が出ていなくっても、料理ができる って、不思議
透けていないのに、身体の中がわかる ・・・なんでだろう?
今、日常に当たり前にあふれている、 電気 を使った機器。
でも、何でこんなことができるんでしょうか
これらは、全て「電磁波」によって、つくられた新しい世界です
便利にはなったけど・・・いままで人類(生物)が適応してきた物質ではありません。
なにかしらの影響はないのでしょうか?!その検証は行われてきたのでしょうか?!
人の”脳”へ与える電波障害はないの?
子供や子孫への影響は?!
細胞そのものに刺激を与えるって・・・大丈夫!?
これからこのシリーズで電磁波・その危険性 、そしてどーする に迫っていきたいとおもいます
ぜひ、応援してください :wink:
ありがとうございます
(画像は「電磁波の知識」リンクよりお借りしました)

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "電磁波って危険!?その1~便利になったけど・・未知なる電磁波"

List    投稿者 nisi-miw | 2011-08-04 | Posted in D04.電磁波No Comments » 
2011-08-02

次代のエネルギー潮汐・海流の可能性 2.潮汐は何故起こるのか

前回は、潮汐の基礎現象を押えてみました。

今回は、潮汐現象は何故起るのか、潮汐の原理を追求します。

潮汐は、月の引力により、海の水が引っ張られ、盛り上がるので水位が高くなると説明されます。月の引力の海水作用説です。 

これに対して、月の引力が地球の地殻に対して働き、地殻の変形→水の移動、潮汐の発生という説もあります。月の引力の地殻作用説です。 
月の引力による地殻変形を指して「地球潮汐」といいます。

それでは、潮汐は何故起るのかを追求してみましょう。

本文に行く前にクリックをお願いします。

  

 

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "次代のエネルギー潮汐・海流の可能性 2.潮汐は何故起こるのか"

List    投稿者 leonrosa | 2011-08-02 | Posted in E10.潮汐・海流の可能性No Comments » 
2011-07-28

次代のエネルギー潮汐・海流の可能性 1.潮汐の基礎現象

2010年の10月から11年1月にかけて、<『次代を担う、エネルギー・水資源』水生圏の可能性、水力エネルギーの活用>をとり上げました。

『次代を担う、エネルギー・水資源』水生圏の可能性、水力エネルギーの活用 1.自然エネルギーの原理について 
  ・ 
  ・ 
『次代を担う、エネルギー・水資源』水生圏の可能性、水力エネルギーの活用13.水力比率37%に向かうロードマップ

今回は、海の水力エネルギーである潮汐と海流を扱います。 
 
潮汐は潮の満ち引きです。明石海峡の急流・渦潮をつくり上げる力です。フランスでは潮汐発電所も存在します。 
 
  barrage-rance-2.jpg 
   フランスのランス潮汐発電所 
   (ICOE/海洋エネルギー国際会議から) 
 
そして、黒潮・親潮等の大海を流れる海流です。黒潮は幅100km、最大流速7.4km/時にも達し、巨大な水流れのエネルギーをもっています。 
 
今回は、潮汐は何故起るのかを扱います。まずは、基礎現象からです。 
 
本文に行く前にクリックをお願いします。 
 
  
 

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "次代のエネルギー潮汐・海流の可能性 1.潮汐の基礎現象"

List    投稿者 leonrosa | 2011-07-28 | Posted in E10.潮汐・海流の可能性No Comments »