2011-09-09

【気候シリーズ】自然の摂理から‘気候’を考える(後編)

前稿の続きです)
さて、このような異常気象を金貸したちが人工的に引き起こしているとすれば、その狙いは何でしょうか?それは恐らく、貨幣秩序のリセットの引き金を引くための食料高騰→ハイパーンフレの誘発でしょう。
●破局後の経済は?そのとき秩序は維持できるのか?
リンクより
米国債のデフォルトを皮切りに、世界中の国債が暴落すると、まずパニック買いや銀行取付騒ぎが始まり、デフォルトから1~2週間で預金封鎖が強行される。国債暴落とは貨幣価値の暴落と同義であり、あらゆる物価が2倍→3倍→5倍と跳ね上がっていく。この超インフレ状態が、1~2ヶ月続くだろう。物価が日毎に上昇してゆく超インフレが演出される。預金封鎖も紙幣を紙屑化するための一手段であり、それによって人々の貯金は霞のように消えてしまったも同然となる。そういう状況に追い込んでおいて、1~3ヶ月後に世界中で一斉に新紙幣が発行される。これは、新紙幣によって金融経済(=国債経済)をリセットして、実物経済に再転換させ、それによって市場を延命させようとする計画だろう。
そのためには、物価とりわけ食料価格を2倍から5倍へと段階的に超インフレ化させる必要があり、そのために、1ヶ月毎に人工災害が引き起こされる。(そのような人工災害の実験の一つが東北大震災と原発事故であった疑いが濃厚である。) すでに、ケム・トレイルと呼ばれる気象操作のための化学物質が数年前から盛んに航空散布されており、その頻度が年々増えている。

つまり追い詰められた金貸し(国際金融資本)の生き残り戦略としてのハイパーインフレによる貨幣秩序のリセット→そのための食糧危機の演出→そのための気象操作という視点である。
写真は干ばつの被害が続く中国湖北省で人工的に雨を降らせる試みとして雲を撒くためのロケットを発射する中国兵。湖北省の1400の貯水池の水位は、運用レベルを下回っており、飲料水不足や電力不足により100万人以上が今も苦しんでいるという。
こちらからおかりしました。
bd647f37.jpg

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "【気候シリーズ】自然の摂理から‘気候’を考える(後編)"

List    投稿者 staff | 2011-09-09 | Posted in D02.気候No Comments » 
2011-09-08

【気候シリーズ】自然の摂理から‘気候’を考える(前編)

環境ブログにははじめて投稿しますyama3nandeと申します。震災、原発を契機に「自然の摂理から環境問題を考える」が扱うテーマが非常に広範になってきました。増加しているといわれる地震や異常気象は何を意味するのか?それは地球のサイクルなのか、それとも金貸したちによる気象操作なのか?そして原発事故を契機とするエネルギーや食糧危機さらには経済危機がそこに重なってきた時に、私たちは生き残れるのだろうか?
今後の対策を考える上でも、地球温暖化説のような金貸しの陰謀に囚われることなく、気候そのものをしっかりと理解する必要が高いと考えました。そこで、仲間と一緒に、「自然の摂理から‘気候’考える」ことに挑戦していこうと考えています。
今日はこれからの追求の助走として、気候を探求していく現在的な問題意識や追求の方向性について先日、仲間と話し合った内容を投稿します。
写真は竜巻による被害を受けたアラバマ州の様子
こちらからお借りしました
9ffac799.jpg

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "【気候シリーズ】自然の摂理から‘気候’を考える(前編)"

List    投稿者 staff | 2011-09-08 | Posted in D02.気候1 Comment » 
2011-09-06

自然現象のメカニズム解明への第一歩は“近代科学信仰”からの脱却

bp1.jpg20110905-210905012-54.jpg
画像はこちらこちらからお借りしました。
 
今年は3月11日に東日本大地震・大津波(→原発事故)が起こり、以降も7月末の新潟・福島豪雨(数十万人規模の避難勧告)、9月初旬の台風12号(9/6時点で死者・行方不明者106人…平成以降で最大被害)と大きな災害が発生しています。
 
これらの自然圧力の脅威を受けて、自然現象のメカニズム解明⇒対策案の確立への社会的な期待も高まっていると思われます。
 
そして、このメカニズム解明⇒対策案の確立という課題を突破するカギとして、科学分野での追究成果(理論・法則etc.)に期待がかかりますが、膨大な費用やエネルギーを投入しながら、なかなか成果に結びついていないという状況です。

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "自然現象のメカニズム解明への第一歩は“近代科学信仰”からの脱却"

List    投稿者 aironGst | 2011-09-06 | Posted in D.地球のメカニズム1 Comment » 
2011-09-03

電磁波って危険!?その4~未解明なまま使用される医療機器

ぞくぞく電磁波の危険 が報告されていますね~
「日常にこんなに~ 」と、少し凹んでしまいますが、
「でも、確かに、これだけ電気 をつかっているんだもの。電磁波の影響って必ずあるよね」
って、みょ~に納得しちゃったりもします
では、第4回目、今日は「医療機器 の危険性」についてです
「異常が無いか調べにいったのに、検査に行くことで病気になってしまった
という話しも、ありえるかもしれません。
今までの記事も、ぜひ読んでください
①電磁波って危険!?その1~便利になったけど・・未知なる電磁波
②電磁波って危険!?その2~電磁波って何?
③電磁波って危険!?その3~電磁波がもたらす影響って?
クリックよろしくお願いします。
ありがとうございます。

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "電磁波って危険!?その4~未解明なまま使用される医療機器"

List    投稿者 nisi-miw | 2011-09-03 | Posted in D04.電磁波No Comments » 
2011-08-30

次代のエネルギー潮汐・海流の可能性 6.日本は波力発電が主流となる!

前回までは、世界の潮汐発電について紹介してきました。今回は日本の先進的な波力発電について紹介します。
波のエネルギーは、場所によってその特性が異なります。また、365日、時刻や、月の満ち欠け、季節によってもその大きさが変化することはよく知られています。
例えば、日本海側では、冬の季節風による波が高く、逆に夏期は比較的穏やかなことが多いのです。これに対して、太平洋側は台風の時期を除けば、季節的な変動は少ないといえます。静穏な海が、何日も続くことはあまりなく、一年を通じて、1~2m程度の波が押し寄せることが多いのです。
その波の力を使って安定して電気を作ろうという試みを紹介します。
 
%E3%81%AA%E3%81%BF%E3%81%AA%E3%81%BF.jpg
写真はこちらよりお借りしました。
 
○波力発電の種類
 
波力発電の方式は大きく分けて1次変換によって以下の3種類に分類することが出来ます。
日本を中心として、これまでにどのような研究開発がおこなわれてきたか、見てみることにしましょう。
 
1.空気エネルギーに変換する 
2.機械的なエネルギーに変換する
3.水の位置エネルギーまたは水流エネルギーに変換する 

 
では本文に行く前にいつもの応援をよろしくお願いします。

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "次代のエネルギー潮汐・海流の可能性 6.日本は波力発電が主流となる!"

List    投稿者 egisi | 2011-08-30 | Posted in E10.潮汐・海流の可能性No Comments » 
2011-08-27

素人が創る科学の世界~【光 子】3~『カタカムナ説を紐解く』

 これまでに扱った『2重スリット実験から見る量子論の不思議』を通じて、量子力学上存在する、様々な解釈論の背景にある原理(前提条件)と、その思考性が見えてきました。

この前提となるのが、電子くらいの大きさになると、それがどこにあってどのような運動をするのかについて、両方同時に測定できないという測定限界理論です。これを『不確定性原理』といって、今の人間の技術力や認識力の限界を素直に受け入れた理論です。
これをそのまま受け入れて、分からない部分はあるが、何かの実態はあることを前提に謙虚に論理構築すればいいのですが、この原理にこだわりすぎて、強引に『観測される前は波であり、観測されると粒子になる』というようなあまり根拠の無い論理にしてしまったのかなぁと感じてしまいます。

(リンク)
 このように、普通の人にとっては理解に苦しむ論理が量子力学の世界で成立してしまう背景には、要素還元主義から来る矛盾を、要素還元主義で説明しようとする思考矛盾≒物事の全体性を捨象した思考方法があります。素人にとっては難解極まりない解釈論の数々。しかし、『これが分からないのは専門知識がないからだ』と断ずるのであれば、それは科学者達の放漫ではないでしょうか。
 近代科学的思考では超えられない壁に、私たちは直面しているのかもしれません。”世界をどのように見るのか”というモデルそのものの創造が、今求められています。
 そこで、【光 子】シリーズ3回目となる今回は、近代科学が陥った閉塞を突破するための新たな仮説・認識をひとつ、ご紹介したいと思います。

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "素人が創る科学の世界~【光 子】3~『カタカムナ説を紐解く』"

List    投稿者 taka | 2011-08-27 | Posted in C02.素粒子(量子・光子)No Comments » 
2011-08-23

次代のエネルギー潮汐・海流の可能性 5.世界の新たな潮汐・海流発電への試み

Minesto%20UK%E7%A4%BE%E3%81%AE%E6%B5%B7%E4%B8%AD%E5%87%A7%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E6%BD%AE%E6%B5%81%E7%99%BA%E9%9B%BB%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0.jpg
Minesto UK社の海中凧による潮流発電システムです。
 
前回、世界各国の潮汐発電を紹介しました。
既に実用化されている大型のものとしては、フランス・ランス潮汐発電所(最大出力240MW=千kW)、韓国・始華湖潮力発電所(最大出力254MW)があり、これらは、大規模な水力発電所(ちなみに黒部川第四発電所で335MW)、あるいは小規模の火力発電所に相当する発電量を誇ります。
ところが、潮汐を直接利用するためには、5~8mの潮位差が必要とされていますし、いずれもが巨大なダムを湾岸に造営する構造になっており、このような活用ができる適地は限られてきます。
実際、日本においては、潮位差が大きい太平洋沿岸でも平均2~3m、潮位差の一番大きい九州有明海の奥部で4.9mと、潮汐を直接利用するには潮位差が小さく、また、巨大なダムを湾岸に造営することは困難であり、日本で潮汐発電がつくられる可能性は低いとされています。
しかし、これまで見てきたように、潮汐は自転と月の引力によって生みだされ、海流は太陽からの膨大なエネルギーによって生みだされており、潮汐・海流は宇宙が存在する限りは、絶えることがない恒久的なエネルギーであり、特に日本の場合は、国土面積は小さいものの、領海と排他的経済水域を合わせると世界第9位の面積を持っており、海流エネルギーを使わない手はありません。
 
そこで、今回は、潮流・海流による発電への世界各国の先進的な取組みを紹介します。
 
*潮流とは、潮汐現象による流れのこと。潮位差はあまり大きくなくても海峡などのように海底地形が狭まっているところでは流れが速くなる。
ソフトエネルギーから引用させていただきます。

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "次代のエネルギー潮汐・海流の可能性 5.世界の新たな潮汐・海流発電への試み"

List    投稿者 mamayo | 2011-08-23 | Posted in E10.潮汐・海流の可能性No Comments » 
2011-08-18

電磁波って危険!?その3~電磁波がもたらす影響って?

今回で第3回目の「電磁波って危険!?シリーズ」です!
 
電磁波って危険!?その1~便利になったけど・・未知なる電磁波
電磁波って危険!?その2~電磁波って何?
 
過去に学校の勉強で少しふれた波の性質や電磁波の種類や特徴などが少しずつわかってきましたね そして、電子レンジの問題でも出てきましたが、電磁波がもたらす影響が私達の日常生活の中で知らないうちにあちらこちらに潜んでいたんです
 
【電磁波がもたらす2つの問題】
 
●電磁干渉
テレビの映りが悪くなったり、医療機器や心臓のペースメーカー、航空機の機器類等々の電子機器に
誤作動が起きたりすると聞いたことがありますよね。ある機器から出た不要な電磁波がノイズとなって、他の機器に誤作動をもたらすこの問題を「電磁干渉」といいます。
 
●人体への影響
気になるのが人体への影響。大きく3つあると言われています。
一つ目が「刺激作用」。低周波領域で体内に誘導電流が発生し、神経を刺激する作用。
二つ目が「熱作用」と言って、人体にあたると全身や局所の体温を上昇させる発熱効果のこと。
三つ目が「非熱作用」。極めて低レベルの電磁波で細胞からカルシウムイオンが流出したり、ホルモン分泌を抑制したり染色体に異常をきたすことがあり、ガン白血病の原因ではないかと言われています。
 
 
人体への影響も懸念される電磁波ですが、身近にその電磁波を常に浴び続けることになるのが『携帯電話 の使用です。その危険に迫ってみたいと思います。
 
 
 

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "電磁波って危険!?その3~電磁波がもたらす影響って?"

List    投稿者 sugaiku | 2011-08-18 | Posted in D04.電磁波No Comments » 
2011-08-16

素人が創る科学の世界~【電磁力】1~プロローグ

電磁力(電磁気力)って何なんでしょう?
電磁気力は至る所に存在しています。
荷電しているものには全て電磁力が発生しています。
そして、世の中のほとんど全ての物は荷電しています。
だから、あなたと私の間にも、引き合うか、反発し合う力が働きます。(笑)・・全ての物どうしに引力(重力)が働くように。
地震の発生原因、あるいは予知方法を考えるときに電磁波は避けて通れません。
また、これからの地球環境を考える上でも電磁波の問題は欠かせません。
しかし、電磁波を考えてゆくと、電気とは何か?磁力とは何か?元となる電磁気力とは何なのか?が理解できないと先に進めません。
素人は素人なりに追求してみようというのが今回のシリーズです。
%E8%9B%8D%E5%85%89%E7%81%AF.jpg
 画像は  実録 家相・風水つれづれ日記 さんからお借りしました。
電磁波は環境に大きく影響し始めている可能性があります。
写真の蛍光灯はイギリスのアートとして設置されたものですが、電線は無く、この発光は上部の送電線による電磁界で光っているそうです。ちょっと、コワイです。
同じように感じた方は↓クリック!

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "素人が創る科学の世界~【電磁力】1~プロローグ"

List    投稿者 hihi | 2011-08-16 | Posted in C03.電磁気力No Comments » 
2011-08-15

次代のエネルギー潮汐・海流の可能性 4.世界の潮汐発電はどうなっているか?

みなさんこんにちは!
お盆のお休みはどう過ごされたでしょうか?
今回の記事では、前回に引き続き「潮汐・海流の可能性」の中でも、『潮汐発電とは具体的にどんなものなのか?各国の潮汐発電への取組みはどうなっているか?』を中心に紹介します :o
 
201118jan011.jpg
☆写真はアトランティス・リソース社によるインドで計画されている潮力発電プロペラです。なんと仕様は、世界最大の直径18m水平2連プロペラ・最大出力1MWの発電機なのです
写真はこちらよりお借りしました
では、続きに行く前にいつもの応援クリックをよろしくお願いします。

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "次代のエネルギー潮汐・海流の可能性 4.世界の潮汐発電はどうなっているか?"

List    投稿者 egisi | 2011-08-15 | Posted in E10.潮汐・海流の可能性1 Comment »