2012-05-09

風がふくのはなんで?(5)~偏西風が蛇行するのは何故か?1~

前回記事では、貿易風や偏西風という地球規模で常時存在する風の構造を勉強してきました。
最近ではこの偏西風の蛇行が、南北の熱輸送に多大な影響を与えると共に、地球規模の気象にも大きな影響を与えていることが分かっています。
そこで今回は、なぜ偏西風は蛇行するのか?を追求してみたいと思います。
「風がふくのはなんで?(4)~貿易風や偏西風が生まれる構造~」より引用

超上空に吹く高速の偏西風を「ジェット気流」と呼びます。
向きは北半球ではほぼ真西に吹きながら、季節やその他条件により南北に蛇行することによって、世界各地の気象に大きな影響を与えることが分かり始めています。

気象に与える影響が大きく、その研究も進むジェット気流ですが、まずは基本的な構造を押さえていきましょう。
続きはポチッとご協力お願いします
 

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "風がふくのはなんで?(5)~偏西風が蛇行するのは何故か?1~"

List    投稿者 wabisawa | 2012-05-09 | Posted in D02.気候No Comments » 
2012-05-08

【抗がん剤治療の実態】科学を身近に☆NewStream

 旬の話題から自然の摂理が学べる!科学を身近に☆NewStreamです。
今週の科学ニュースを紹介します。

  
%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%AA.jpg

 
 白血病で息子を亡くしたことをきっかけに、生薬によるがん治療を研究し始めた医師丹羽靱負氏が語る、抗がん剤治療の実態です。
 非常に生々しい現実が見えてきます。

 現代医療の限界とクスリの副作用より

私が抗がん剤を使わない、なんとかがんを治すクスリはないかと生薬の研究を始めたのは今から27年前。私の息子が小学校2年生で白血病になりまして、抗がん剤で生き地獄を見まして、死んで行きました。そのことがキッカケです。

当時、京都大学医学部を卒業して23年。京大で私はSLEの専門家だった。(全身性エリテマトーデス。自己免疫疾患のうち、代表的なものが膠原病で、膠原病のうちもっとも多臓器にわたるのが特徴なのがSLE。自己抗体や免疫障害を主微とする疾患である)英語の論文を20以上書き、東大の患者もほとんど私が診ていました。

 
患者さんが来ると、まずはプレトニン(ステロイドの一種)を20錠くらい飲ませる。ところが、プレトニンでコントロールできるのはわずか10人のうち5人。あとの5人はなんぼ飲ませてもびくともしない。プレトニンを100錠、200錠、点滴のなかに入れてばんばかやるわけだ。次に抗がん剤をやるわけだ。がんというのは、人間の正常な細胞とそれよりも何十倍も強いお化けみたいなものとが共存しているんです。

続きを読む前に応援クリックよろしくお願いします。

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "【抗がん剤治療の実態】科学を身近に☆NewStream"

List    投稿者 daichi | 2012-05-08 | Posted in W.科学NewStream6 Comments » 
2012-05-07

【地震のメカニズム】14.2011年±4年・・・富士山大噴火?!~富士山噴火の5つの兆候

fujisanfunka.jpg
江戸時代初期、宝永4年(1707)11月の富士山大噴火の様子
画像はこちらからお借りしました。
前回の『【地震のメカニズム】13.2011年±4年・・・富士山大噴火?!~「地震の目」「噴火の目」に出現する地震活動の「3つの山」で地震・噴火時期を予測する!』に続き、今回も琉球大学名誉教授木村政昭氏の近著「富士山大噴火!不気味な5つの兆候」を元に、富士山噴火の前兆と思われる諸現象を見ていきたいと思います。

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "【地震のメカニズム】14.2011年±4年・・・富士山大噴火?!~富士山噴火の5つの兆候"

List    投稿者 kota | 2012-05-07 | Posted in D03.地震No Comments » 
2012-05-05

本ブログ【自然の摂理から環境を考える】の位置づけと方向性

%E8%87%AA%E7%84%B6%E3%81%AE%E6%91%82%E7%90%86%EF%BC%92.jpg

皆さん、こんにちは。管理人のkirinです。
いつも、本ブログ『自然の摂理から環境を考える』を応援して頂きありがとうございます。

早いもので、仲間と本ブログを2006年9月に立ち上げて以来、約6年が経ち、約900記事を配信してきました。
その間に様々な出来事がありましたが、何といっても、昨年(2011年)3月11日の東北大震災と福島原発の大惨事は、日本社会の根幹を揺るがしました。
特に福島原発の大惨事は、現在もそして今後も継続して被害が拡大しています。
そしてこのことを受け、政治家・官僚・学者・マスコミ・電力会社への不信感は当然ながら、それを超えて、彼らが拠り所にしている近代思想・近代市場そして近代科学の欺瞞性を感じる人々が増えてきているようにも感じます。
今回は、この意識潮流も踏まえ、改めて、本ブログの趣旨と具体的に扱っている(扱ってゆく)内容を紹介させていただきます。

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "本ブログ【自然の摂理から環境を考える】の位置づけと方向性"

List    投稿者 kirin | 2012-05-05 | Posted in A.史的構造認識から紐解く環境No Comments » 
2012-05-04

【電磁波】電磁波の発生と受信の仕組み

電磁波の特性を理解していくため、まずは最も単純な電気回路を見ながら電磁波発生と受信の仕組みを理解していきましょう。

るいネットから投稿を引用し、模式図で補完していきます。

まずは下記のクリックをお願いします。


 

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "【電磁波】電磁波の発生と受信の仕組み"

List    投稿者 sztk | 2012-05-04 | Posted in D04.電磁波No Comments » 
2012-05-03

自然の摂理ML selection☆*:・°インフルエンザワクチンが、自らの免疫力を低下させる!!

みなさん、こんにちは
自然の摂理ブログでは、ML(メーリングリスト)をしています
毎週1回、女性メンバーから当ブログやその他サイトの「時事情報 」や「おすすめ記事 」の紹介を毎週発信しています
その中から、おすすめの記事をちょこっと紹介していきます

私の周りでは、年始からインフルエンザにかかる方が例年以上に多いです。
それどころか、4月になってもインフルエンザにかかる人まで・・

インフルエンザにはかかりたくない
それなら、まず予防

“予防”というと思いつくのは、手洗い・うがい、そして強力そうなのは“ワクチン”
(注射は嫌いな私ですが・・(>_< ))

ところが、実のところ“ワクチン”は全然効果がない、それどころが病気になる
なんだそうです

japan.png

インフルエンザ流行マップ「2012年 第16週 (4月16日~4月22日)」リンク

続きを読む前に、応援よろしくお願いします

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "自然の摂理ML selection☆*:・°インフルエンザワクチンが、自らの免疫力を低下させる!!"

List    投稿者 staff | 2012-05-03 | Posted in X.自然の摂理ML selection☆*:・°No Comments » 
2012-05-01

【老化を遅らせ長寿になる秘訣は空腹状態を保つこと】科学を身近に☆NewStream

旬の話題から自然の摂理が学べる!科学を身近に☆NewStreamです。
今週の科学ニュースを紹介します。
%E3%81%AD%E3%81%9A%E3%81%BF1.jpg
(画像はコチラからお借りしました)
老化を遅らせ長寿になる秘訣は空腹状態を保つことが、実験により確かめられました。

イスラエルのバール・イラン大学研究チームは、「サーチュイン遺伝子」を活性化することで、マウスが約15%長生きするという研究結果を2月23日付の電子版学術誌『ネイチャー』に発表した。
 サーチュイン遺伝子は長寿遺伝子”、“若返り遺伝子”とも呼ばれ、日本のテレビなどでも話題となった遺伝子だ。哺乳類が有する7つの同遺伝子のうち、欠損すると加齢症状に似た異常が出る「サーチュイン6」に注目した同チームは、遺伝子組み換え技術で、この遺伝子の働きを高めたマウスを2系統作成し、寿命の変化を調べた。その結果、オスのマウスでは、平均寿命がそれぞれ14.8%と16.9%延びたという。
 つまりはサーチュイン遺伝子を活性化させることが不老長寿の鍵を握るわけなのだが、さてどうすればこの遺伝子が活性化するのか?その秘訣はカロリーの摂取を抑え、空腹状態を保つことにあるという。

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "【老化を遅らせ長寿になる秘訣は空腹状態を保つこと】科学を身近に☆NewStream"

List    投稿者 staff | 2012-05-01 | Posted in W.科学NewStream1 Comment » 
2012-04-30

【地震のメカニズム】13.2011年±4年・・・富士山大噴火?!~「地震の目」「噴火の目」に出現する地震活動の「3つの山」で地震・噴火時期を予測する!

o0600045011762195363.jpg
2012年1月28日、富士五湖地下を震源とした震度5の地震直後、富士山山腹より大量の水蒸気が噴出
(画像はこちらからお借りしました)
当ブログ【地球の仕組み】シリーズでは、地球内部のメカニズムを解明する一環として、現在火山噴火のメカニズムの追求が行われています。また、【地震のメカニズム】シリーズでは、学者による確率論による地震の長期予測が全く役に立たないことが明らかになってきました。
そこで、今回は、独自の予測手法により数々の地震や噴火の予知を成功させている琉球大学名誉教授木村政昭氏の近著「富士山大噴火!不気味な5つの兆候」を要約することで、富士山噴火のメカニズムと前兆現象、地震発生周期を基にした予測手法などを紹介したいと思います。

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "【地震のメカニズム】13.2011年±4年・・・富士山大噴火?!~「地震の目」「噴火の目」に出現する地震活動の「3つの山」で地震・噴火時期を予測する!"

List    投稿者 kota | 2012-04-30 | Posted in D03.地震4 Comments » 
2012-04-29

自然の物質循環に乗せられない核エネルギーに可能性はない!~人の住めない閉塞空間を生み出し、社会活力を衰弱させるだけ~

みなさん、こんにちは
先日、自然の摂理MLで、以下のニュースが紹介されました

連続レーザー核融合に成功 光産業創成大学院大や浜ホトなど
PK2012040502100101_size0.jpg
光産業創成大学院大や浜松ホトニクスなどの共同研究チームは4日、レーザー核融合発電の実用化の鍵になる実験成果を発表した。発電タービンを回すためのエネルギー源になる核融合反応を連続して発生させることに成功。同様の実験は世界に例がなく、発電の実現に向けて大きな一歩になりそうだ。
太陽の内部で起きている核融合反応を人工的に起こして発電するレーザー核融合発電。米国の国立点火施設や大阪大が、強力なレーザーを燃料に照射して核融合反応による熱を起こす実験を進めている。
実験では、レーザーを連続して燃料に照射し、核融合反応を繰り返し発生させることができた。直径10センチの円盤の縁に膜状の重水素燃料100個を装着。円盤を回しながら、1秒間に1回の間隔でレーザー照射することによって、100回にわたり核融合反応を起こせた。
同大光エネルギー分野の北川米喜教授は、「高効率でクリーンなレーザー核融合発電の実現への第一歩となる成果だ。産業界が核となって国家的なプロジェクトを目指したい」と話した。

福島原発の事故を受けてもなお、核エネルギーの開発が行われています。
レーザーだったら、大丈夫!?
そんなことがあり得るのでしょうか?

今回は、「核エネルギーとは何か?」「それを推進するとは、どうなることを意味するのか?」考えてみたいと思います。
応援よろしくお願いします

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "自然の物質循環に乗せられない核エネルギーに可能性はない!~人の住めない閉塞空間を生み出し、社会活力を衰弱させるだけ~"

List    投稿者 staff | 2012-04-29 | Posted in E03.トリウム原子力発電No Comments » 
2012-04-28

【気候シリーズ】爆弾低気圧は自然現象かそれとも仕掛けられた爆弾だったのか?(後編)

001.jpg

前回、4月初旬の爆弾低気圧には「対流圏界面の低下」という不思議な現象が起こっていたことをお話ししました。急激な「対流圏界面の低下」はなにによって引き起こされたのでしょうか?
ここで、この「対流圏界面の低下」はHAARPによる人工気象操作の結果ではないか?とするブログ記事を紹介します。
「日本を低気圧で攻撃すると、テキサスが竜巻に襲われる」:HAARPの仕業か?

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "【気候シリーズ】爆弾低気圧は自然現象かそれとも仕掛けられた爆弾だったのか?(後編)"

List    投稿者 staff | 2012-04-28 | Posted in D02.気候No Comments »