2013-07-15

【地震と水】第4回 : 海洋プレートからの「脱水」が地震発生メカニズム解明の鍵!?

tohokuuniv-press20110902_1%5B1%5D.jpg
●「含水」⇒「脱水」のメカニズム
画像はこちらからお借りしました
「水」をキーワードに地震発生のメカニズムに迫るシリーズ、第4回目です。
第1回~第3回の記事は・・・
【地震と水】~第1回:(プロローグ)水が地震を引き起こす!?~ 
【地震と水】~第2回:水と地震の関係(基礎編1)・地球の中にも水がある!~ 
【地震と水】第3回~地震波分析・マントルトモグラフィーから反射法地震探査へ
第2回では地球内部に大量の「水」の存在することを明らかにしました。また、こうしたプレート内部の大量の「水」による“化学的要因”“物理的要因”が地震の発生に関係することを述べました。
更に、第3回では「地震波トモグラフィ」「反射法地震探査」 など、地球の内部構造を“視覚化”できる最新技術を紹介しました。そして、これらの技術を駆使してプレート内部の温度分布と震源を重ね合わせてプロットした結果、大陸プレートの下部に沈み込む海洋プレートの姿が見えてきました。
imagetitei2p2.jpg   
●マントルトモグラフィと震源の合成図
画像はこちらからお借りしました
03.jpg
●「反射法地震探査」により明らかになった沈み込み帯の様子
画像はこちらからお借りしました
これらを受け、第4回は、スロースリップ、アスペリティ、内陸型巨大地震、火山性地震といった地震にまつわる諸現象のメカニズムを解明する上で、鍵となる「含水」「脱水」・・・とりわけ沈み込む海洋プレートからの「脱水」による大陸プレートへの「水」の供給メカニズムについて、『地震発生と水~地球と水のダイナミクス~』(東京大学出版会 笠原氏、島海氏、河村氏共著)より引用しつつ紹介したいと思います。

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "【地震と水】第4回 : 海洋プレートからの「脱水」が地震発生メカニズム解明の鍵!?"

List    投稿者 kota | 2013-07-15 | Posted in D03.地震No Comments » 
2013-07-14

【地球のしくみ】29(総集編3/4)~万物は融合し組織化・秩序化する方向に進化を塗り重ねる~<生物の進化編>・・・前編

総集編第1回【地球の誕生⇒生命誕生以前の地球環境の進化】に続き、前回の総集編第2回【生命の誕生】から、『地球に存在する全ては、融合し組織化・秩序化する方向に進化を塗り重ねる』という地球のしくみ(摂理)をみてとりました。

【地球のしくみ】27(総集編1/4)~万物は融合し組織化・秩序化する方向に進化を塗り重ねる~<地球の誕生・進化編> 

【地球のしくみ】28(総集編2/4)~万物は融合し組織化・秩序化する方向に進化を塗り重ねる~<生命の誕生編> 

総集編の第3回は、「生命の初期進化」です。
原核生物までの“前編”と、それ以降の“後編”の、2つに分けて記事にします。
今回はその前編です。

%E7%B3%BB%E7%B5%B1%E6%A8%B9%EF%BC%88%E7%95%AA%E5%8F%B7%E3%81%AA%E3%81%97%EF%BC%89.JPG

(※図は、当サイトで作成したものです。)

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇
原始地球の深海熱水噴出孔に存在する粘土鉱物の場では、生命誕生は奇跡的な一回ではなく何度も何度も起こっていたと考えられます。しかし、そのほとんどの生命は限られた栄養環境(自然由来の有機物)のなかで、現在の人類に繋がる生命には進化できず、生まれては消え去っていっていた。
しかし、無機物や光を代謝のエネルギーに変換する機能を獲得することで、その状況を打開し突破口を切り開く生命が登場します。

初期生命の進化は『エネルギー代謝機能の進化』と言い換えることが出来るほど、エネルギー代謝がカギを握っています。
エネルギー代謝というのは、物質と物質が酸化還元反応した時に放出するエネルギーを“熱”の代わりに『ATP(アデノシン三リン酸)』という生命通貨と呼ばれる生体エネルギーの素に変換する働きで、その方法は、「発酵(基質レベルのリン酸化)」、「呼吸(酸化的リン酸化)」、「光合成(光化学的リン酸化)」の3つになります。

生命は、外部環境に適応するために、「ATPをつくる素となるエネルギーをいかに獲得するか」と「獲得したエネルギーをいかに効率よく大量にATPに変換するか」の方法を模索し、【発酵⇒嫌気呼吸⇒嫌気光合成⇒好気光合成⇒好気呼吸】の流れで代謝機能を進化させ、そしてさらに他の生命と融合し組織化を塗り重ねていくことで、現在の人類に至る持続的生命を実現してゆきます。

そしてこの生命の初期進化を通じ、生命は「逆境(⇒どうする)⇒進化」の繰り返しであり、その実現態の塗り重ねの歴史であることが理解できます。
◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

では、エネルギー代謝の進化を中心に、原核生物までの生命の初期進化の歴史をみてゆきましょう。

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "【地球のしくみ】29(総集編3/4)~万物は融合し組織化・秩序化する方向に進化を塗り重ねる~<生物の進化編>・・・前編"

List    投稿者 kirin | 2013-07-14 | Posted in D.地球のメカニズム, D01.地球史No Comments » 
2013-07-11

自然の摂理ML selection☆*:・’~カエルの合唱がなくなる!?

みなさん、こんにちは
自然の摂理ML selection☆*:・°です
自然の摂理ブログでは、ML(メーリングリスト)をしています
毎週1回、女性メンバーから当ブログやその他サイトの「時事情報 」や「おすすめ記事 」の紹介を毎週発信しています
その中から、おすすめの記事をちょこっと紹介していきます
+o。。o+゜☆゜+o。。o++o。。o+゜☆゜+o。。o++o。。o+゜☆゜+o。。o+
121890204643816230030.jpg
みなさんこんばんは☆
関西では、もう梅雨あけしましたね
大人になってからか、都会で生活し始めてからか、
季節の移ろいをあまり感じなくなってしまってたことに気付きました
(異常気象などもあるかもですが。。。)
子供の時は、毎日田舎道を歩いて学校に行ってたから、
ちゃんと自然の変化を感じてたのかもしれないですね
そんな子供のころはいっぱい出会えた、あの生き物の話を今回ご紹介します

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "自然の摂理ML selection☆*:・’~カエルの合唱がなくなる!?"

List    投稿者 staff | 2013-07-11 | Posted in X.自然の摂理ML selection☆*:・°No Comments » 
2013-07-10

【ハダカデバネズミが、ガンにならない理由】科学を身近に☆NewStream

旬の話題から自然の摂理が学べる!科学を身近に☆NewStreamです。
今週の科学ニュースを紹介します。

%E3%83%8F%E3%83%80%E3%82%AB%E3%83%87%E3%83%90%E3%83%8D%E3%82%BA%E3%83%9F.bmp
ハダカデバネズミは、ガンマ線を打ち込んだり、腫瘍を移植したり、発ガン物質を注射したりしてもガンにならない。その一因は「密度の高いヒアルロン酸」だとする研究が発表された。
ハダカデバネズミはアフリカに生息するネズミの一種。地中に平均80頭、最大300頭もの大規模な群れを形成し生活する。このネズミが研究者たちの関心を引くのは、彼らが30年近く生きられるためだ。体の大きさは実験用マウスとほぼ同じであるにもかかわらず、寿命はマウスの10倍近くも長い
ガンの研究者から見るとマウスとハダカデバネズミは、それぞれガンという病気の両極端にある。マウスはガンの動物モデルとして使われるが、それは寿命が短くガンの発生率が高いからだ。
一方、ハダカデバネズミは長年の研究においてガンが発生したことがない。研究では通常、ガンを誘発するためにガンマ線を打ち込んだり、腫瘍を移植したり、発ガン物質を注射したりするのだが、ハダカデバネズミはガンにならないのだ。
米ロチェスター大学のヴェラ・ゴルブノヴァとアンドレイ・セルアノヴは、ハダカデバネズミがガンから身を守るメカニズムを発見したのではないかと考えている。
以下(WIRED.jp)から引用します。

ふたりはハダカデバネズミの腋窩と肺から採った細胞を研究していて、細胞の周辺に化学物質が異常に密集していることを発見した。その化学物質はヒアルロン酸(ヒアルロナン)だとわかった。
ヒアルロン酸はすべての動物に見られる化学物質であり、細胞の結合が主な役割だ。ヒアルロン酸は力学的な強さを与えるだけでなく、細胞の数が増える際の制御にも関係している。
ガンでは細胞の無秩序な増加が見られるため、ヒアルロン酸は悪性腫瘍の発達に関係していると考えられていた(たとえば悪性胸膜中皮腫の腫瘍マーカーであり、胸水でのヒアルロン酸の検出は胸膜中皮腫を示唆する)。しかしゴルブノヴァ氏によると、ヒアルロン酸の量と密度といったさまざまな側面が、細胞の増殖を調整している可能性がある
重合体であるヒアルロン酸は、ひとつの鎖に含まれるヒアルロン酸分子の数が大きくなるほど密度が高くなる。ヒアルロン酸の分子量が大きいと、細胞は数が増えないよう「命じられる」。分子量が小さいと、細胞は増殖するよう「依頼」される。ハダカデバネズミは、ヒアルロン酸の分子量が普通よりも大きく、マウスや人間の5倍もあることをゴルブノヴァ氏は発見した。
ゴルブノヴァ氏はヒアルロン酸を分解する酵素の量を増やして、ヒアルロン酸の分子量を減少させてみた。するとすぐにハダカデバネズミの細胞がガンになったマウスの細胞と同じように、大きなガンの塊へと増殖を始めるのが観察された。
さらにゴルブノヴァ氏はこの仮説をテストする別の実験において、ヒアルロン酸を生成するようコード化された遺伝子を破壊することで、ヒアルロン酸を減少させるという方法を使った。そのうえでガンを抑えるのではなく発生させるウイルスを注射すると、ハダカデバネズミの細胞が癌性になった

※ハダカデバネズミには生活環境が厳しい時に代謝を低下させる能力があり、それが酸化による損傷を防いでいるという説がある。ガンにならない性質については、遺伝子的な研究も行われている。
【ポイント】
ハダカデバネズミと他のマウスでは寿命が10倍も違う。両者の大きな違いは、細胞周辺の「ヒアルロン酸の密度」であった。実験結果ではハダカデバネズミのヒアルロン酸を減少させ、発ガン性のウイルスを注入すると発ガンした。ゆえに、細胞周辺のヒアルロン酸密度がガンの発症・進行と大きく関わっていると考えられる
(関連投稿)
1.ハダカデバネズミ~平均寿命28年!?なぜそんなに長生きになったのか?(リンク
2.蜂と同じような社会(真社会性)をもつ哺乳動物「ハダカデバネズミ」 ~原始人類も真社会性集団か?(リンク

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "【ハダカデバネズミが、ガンにならない理由】科学を身近に☆NewStream"

List    投稿者 moririn | 2013-07-10 | Posted in N05.「がん」を考えるNo Comments » 
2013-07-03

【気候と食】『梅』は気候に合わせて予防から処方まで効く季節の万能薬

485619_609198429091923_1449450876_n.jpg
こちら からお借りしました
 
こんにちは :D
梅雨の時期はジメジメして食欲がなくなったり、食材が腐りやすくなり食中毒が心配な時期でもありますよね。そんな時期に活躍するのが、梅雨の字にも入っている“梅”なんです
 
恵みの雨がたくさんふる梅雨の時期は梅の実がちょうど熟す時期。
梅干は梅雨明けまで漬け、夏の強い日差しで干すという、まさに気候に合わせて作られる食材です
 
ですが、作られるだけでなく、食べることもこの時期にはぴったりなんです
今回は梅干について歴史から効用まで幅広く学んで、これからの季節に役立つ情報をお届けしたいと思います

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "【気候と食】『梅』は気候に合わせて予防から処方まで効く季節の万能薬"

List    投稿者 staff | 2013-07-03 | Posted in 未分類 | No Comments » 
2013-07-02

【動物の体を相似形にするメカニズムを発見!!-「大きなカエルも小さなカエルも同じ形になる」という長年の謎を解明-】科学を身近に☆NewStream

旬の話題から自然の摂理が学べる!科学を身近に☆NewStreamです。
今週の科学ニュースを紹介します。
%E3%82%AB%E3%82%A8%E3%83%AB%EF%BC%92.jpg
写真は、カエルの親子です。
見ての通り、大きさは違えど、顔、胴体、手、足…どこをとっても同じような特徴をしています。
これってすごく不思議ではありませんか??
今回のNew Streamはそんな疑問に答えてくれる記事の紹介です☆

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "【動物の体を相似形にするメカニズムを発見!!-「大きなカエルも小さなカエルも同じ形になる」という長年の謎を解明-】科学を身近に☆NewStream"

List    投稿者 isiisii | 2013-07-02 | Posted in D.地球のメカニズムNo Comments » 
2013-06-28

太陽と地球 未知なる攻防・・・2.太陽から地球へ流れ続ける、一定のエネルギー

%E5%A4%AA%E9%99%BD%E3%81%A8%E5%9C%B0%E7%90%83.jpg
                                     (画像はコチラからお借りしました)
 
前回の「太陽活動と共に揺らぐ地球環境」では【太陽・地球付近での太陽活動】【太陽内部で起こっている核融合】について扱い、太陽内部で生成される物質を確認しました。
 
今回はそれらが太陽外部に出ると、どうなるのか追求して行きたいと思います。
 
はじめに定常的な活動についてです。前回の太陽活動の表より、今回注目するのは黄色の部分になります。
 
%E5%AE%9A%E5%B8%B8%E7%9A%84%E3%81%AA%E5%A4%AA%E9%99%BD%E6%B4%BB%E5%8B%95.jpg
 
太陽内部の核融合により、ガンマ線(電磁波)電子・陽子(物質)が作られていることが分かりました。
このことから今回は、「電磁波」と「物質」の2点から定常的な太陽活動を追求していきます。
 

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "太陽と地球 未知なる攻防・・・2.太陽から地球へ流れ続ける、一定のエネルギー"

List    投稿者 staff | 2013-06-28 | Posted in D.地球のメカニズムNo Comments » 
2013-06-25

【ケータイ電磁波で男性の生殖機能が低下する?!】科学を身近に☆NewStream

旬の話題から自然の摂理が学べる!科学を身近に☆NewStreamです。
今週の科学ニュースを紹介します。
%E6%90%BA%E5%B8%AF%E9%9B%BB%E7%A3%81%E6%B3%A2.jpg
急速に普及した携帯電話ですが、その電磁波で男性の生殖機能が低下するという、ショッキングな報告がアメリカやオーストラリアでされています。
以下「自分を大切に あなたは貴女、子供を抱く喜び、10年後をイメージして下さい。☆無償の愛、夢を現実に!妊娠アドバイザー」(リンク)より引用します。

普及から10年以上が経った今、WHOが電磁波の危険性を指摘。はたしてケータイは安全なのか?
今年5月、世界保健機関(WHO)が携帯電話の電磁波に「発がん性がある」と初めて指摘したことを受け、総務省は電波の安全性に関する一般向けの説明会を8月1日に開催すると発表した。総務省としては、携帯電話の利用者の不安を取り除こうという狙いがあるだろう。

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "【ケータイ電磁波で男性の生殖機能が低下する?!】科学を身近に☆NewStream"

List    投稿者 daichi | 2013-06-25 | Posted in W.科学NewStreamNo Comments » 
2013-06-20

自然の摂理ML selection☆*:・’~女性は化粧品・トイレタリーに含まれる化学物質を年間2キロ肌から吸収

みなさん、こんにちは
自然の摂理ML selection☆*:・°です
自然の摂理ブログでは、ML(メーリングリスト)をしています
毎週1回、女性メンバーから当ブログやその他サイトの「時事情報 」や「おすすめ記事 」の紹介を毎週発信しています
その中から、おすすめの記事をちょこっと紹介していきます
+o。。o+゜☆゜+o。。o++o。。o+゜☆゜+o。。o++o。。o+゜☆゜+o。。o+
%E5%8C%96%E7%B2%A7%E7%9B%B4%E3%81%97.jpg
こんばんわ
今年は梅雨入りが早かったですが、なかなかまとまった雨は少なく、暑い日々が続いていますね
なので、あんまり梅雨という感じはしませんね

良い天気の日が続くのは嬉しいですが、暑い季節になると女性で困るのが化粧崩れですよね
一日何回も化粧直しをしてませんか
厚化粧してしまっていませんか
今回は女性の化粧品・トイレタリーに関するショックな記事をご紹介します

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "自然の摂理ML selection☆*:・’~女性は化粧品・トイレタリーに含まれる化学物質を年間2キロ肌から吸収"

List    投稿者 staff | 2013-06-20 | Posted in X.自然の摂理ML selection☆*:・°No Comments » 
2013-06-19

縄文に学ぶ自然の摂理 ~縄文時代の基礎知識2 縄文の食、「東」と「西」~

縄文に学ぶ自然の摂理~縄文時代の基礎知識1 豊かな森と二つの道具~に引き続き、基礎知識シリーズの第二弾では、縄文人の食の多様性についてご紹介します。
%E7%B8%84%E6%96%872%EF%BC%9A%E5%B1%B1%E3%81%AE%E6%81%B5%E3%81%BF.jpg
※画像はこちらからお借りしました
縄文の人たちがどんなものを食べていたのか?
東(北)と西(南)では食文化にどんな違いがあったのか?
という視点から、われわれ日本人の食のルーツに迫ります。

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "縄文に学ぶ自然の摂理 ~縄文時代の基礎知識2 縄文の食、「東」と「西」~"

List    投稿者 seiichi | 2013-06-19 | Posted in 未分類 | No Comments »