2016-06-08

熊本地震から見る「専門家」という弊害~専門家は「基準」や「法」という名の免罪符に思考停止してはいまいか?~

写真はコチラからお借りしました。

今回の熊本地震による建物被害は、全壊家屋は7000件を越え、半壊、一部破損も含めると約20万件にも及ぶ被害をもたらした。(6月7日時点)

(※参考:熊本県熊本地方を震源とする 地震に係る被害状況等について)

この状況の中、建築基準法の耐震基準に対し再考が求められる声が上がっている。

特に、耐震性能に係数を掛け地域差を考慮するとした地域係数について、「実態を反映していない」との指摘が上がっているようだ。

耐震基準の地域係数は過去の地震記録で決められたが、2000年以降の大地震の発生場所をみると、「実態を反映していない」との指摘は説得力をもつ。ただ、係数を変更すれば既存の建物への影響は大きく、難しい判断が迫られる。現在の建築基準法では震度7が連続して起きる事態は想定外といえ、対策の限界も指摘される。

http://qbiz.jp/article/86109/1/より引用)

 

学者や専門家達が使ういつもの「想定外」。

3.11の福一原発事故でも度々「想定外」という言い訳で原発御用学者、地震学者たちが誤魔化し続けてきた。今回の地震の件でも“建築基準法では「1度の大地震」に耐えられるという大前提”によって言い逃れをする始末である。

 

東京都内で2日、防災関連の50超の学会が、合同で熊本地震の緊急報告会を開いた。参加した専門家の間でも意見が割れた。

日本災害復興学会長で、明治大大学院の中林一樹特任教授(都市防災学)は「全国の大きな地震は、発生確率に関係なく起きている。本来は地域係数は一律にすべきだ」と現行制度を疑問視。「国が見直さないとしても、熊本県は今こそ独自に条例を作って引き上げを検討してほしい。特に行政庁舎などの重要施設は急ぐべきだ」とも訴えた。

福岡市は08年、警固断層などを震源とする地震に備えるため、高さ20メートル以上の建物を建てる際、地域係数を「1・0」とするよう促す条例を施行。静岡県も南海トラフ地震対策で「1・2」とする県要綱を定めた。だが、いずれも法的な拘束力はない。

一方、福岡大の高山峯夫教授(耐震設計)は「発生頻度でみると首都圏などの方が多く、地域係数の妥当性は一定程度ある。一律に係数を引き上げると既存建物の多くが基準以下となり、影響は大きい。本当に見直しが必要かを見極める詳細な現地調査が必要」と慎重な姿勢だ。

地域係数以外にも、建築基準法に突きつけられた課題がある。熊本地震の特徴は震度7が連続して発生した点。前震では持ちこたえたが、本震で全半壊した建物が多くあった。

これらの大半は、1981年5月以前の旧耐震基準下で建てられていた。だが、強化された81年6月以降の新耐震基準も1度の大きな地震しか想定しておらず、同法の限界とも言える。高山教授は「大きな地震の連続をどこまで考慮すべきか。活断層近くの建物の耐震化をどうしたらいいのか。今回耐震設計に突きつけられた課題」と指摘する。

(中略)

 

○社会全体で再検討を

名古屋大減災連携研究センターの福和伸夫センター長(建築耐震工学)の話

地震地域係数は、地震の揺れの大きさよりも、発生頻度によって左右されやすい。建築基準法そのものが、絶対的な安全を保証するわけではなく、国民の生命や財産を守るための最低限の基準を定めた法律だからだ。

業者も「過剰設計」と指摘される恐れがあるため、地域の地震地域係数に上乗せして設計するケースは少ないのが現状だ。熊本地震の被害の大きさを考えると、地震地域係数も含め、建築基準のあり方を再検討すべきだ。

これは社会全体の価値観の問題でもある。一層の耐震強化を進めることが有効だが、当然コストも高くなる。経済効率を重視する考えもあれば、より安全を求める考え方もある。熊本地震を契機に、社会全体で考えるべき課題だ。

http://qbiz.jp/article/86109/1/より引用)

 

■法や基準の数値を上げればそれで良いのか?

おそらく、今回の件で建築基準法の耐震基準は大幅に上方修正が成されるだろう。しかし、この法律や基準という枠組みの中で、数値の上限を上げていくことが根本的な解決に至るのだろうか?という違和感を拭えきれない。

 

果たして、法や基準の数値を上げればそれで良いのか?

 

上記の名古屋大のセンター長が言う、過剰設計(→コスト増)という次元の低い話ではなく、もっと根本的な「法」や「基準」に対して聖域化(=絶対化)し、それさえ守れば良いという免罪符によって、それ以上の地震の原理や建物の有り方、自然の摂理への追求を怠ってきた専門家達の思考停止に問題があるのではないだろうか。

 

■「法」「基準」への総括~ある構造設計者の言葉~

ここで、ある構造設計者の言葉を引用する。今回の地震を受け、自戒を込めて発した総括であり、建築の専門家だけでなく、社会に存在する全ての「学者」「専門家」と呼ばれる人たちに向けたい。

 

ここのところ「枠」に嵌った思考とその弊害が強く意識に上ってきている。その例が「官庁脳」、「基準法の枠」、「設計基準という枠(ブラックボックス)」。同時に、まだまだ枠から脱し切れずに捕らわれた思考にあることも自覚されるので、ここでできるだけ言葉化することで確信に到るまで固定化したいという気持ち。そこで改めて「基準法」、「設計基準」という枠の限界と弊害を見つめなおしてみる。

熊本地震では、おそらくは木造であろうが新耐震基準の建物が想定以上の被害を受けている。2度の震度7を被るという事態も基準法の想定外だが、内陸断層地震を反映していない低い地震地域係数(熊本県は0.9と0.8)における震度7は明らかに最低基準を銘うった基準法の欠陥を露呈した。国民の生命と財産を守るべき法が結果として、人の生命と財産を阻害したといえる。

地震地域係数は、河角マップと呼ばれる地震確率を元に定められている。当時としては新しい知見に基づいた研究であったと考えられるが、過去の古文書や歴史書に基づく類推がベースとなっていることから、数百年から数千年スパンの地球の活動を予測することには明らかに限界がある。その後、見直しの機会があったにもかかわらず、既存不適格建築物の大量発生を恐れて見過ごされてきたのが実態で、まさに、思考停止の基準法。生命と財産を守るという大義名分すらも見失った劣化状態といわざるを得ない。

今まで、被災のたびに改変・強化されてきた構造基準はその進歩を美化する風潮すらあるが、自戒を込めて否定すべき時がきたと感じる。近年では、断層研究も進み、地域係数の不十分さが明らかになりつつあるにもかかわらず、基準法は誰も踏み込めない聖域と化していた。今回の九州熊本地震を契機に基準法は変わるだろうか?変わる変わらないに係らず、設計者自らが不十分な基準法の枠を超えて、本来追求すべき課題として再認識する必要がある。

基準法に従って設計することが、設計者の免罪符と化している設計行為。基準法に守られていたのは、実は設計者だったというのが現実であり、設計者自身が自らを守るために欠陥を抱える基準法に固執しつづけてきたという総括に到る。この構造は観念派による社会運動と同じで、基準法に基づく設計を進めれば進めるほど被害を拡大させる張本人だということ。その枠を取り払い、思考を開放し、追求に向かうことが時代の要請だと再認識する必要がある。

 

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "熊本地震から見る「専門家」という弊害~専門家は「基準」や「法」という名の免罪符に思考停止してはいまいか?~"

List    投稿者 tutinori-g | 2016-06-08 | Posted in G.市場に絡めとられる環境問題No Comments » 
2016-05-10

生物原理とフリーエネルギーを繋ぐ鍵になるか?~天才テスラも驚愕? カーボンナノチューブが勝手に電気回路を作り上げた~

米ニューズウィークで驚きニュースが飛び込んできました。

なんと、カーボンナノチューブの粒子に強力な電界を掛けたら、自動的に電気回路を作り上げたというのです!
そして、電界を掛けるのに使われたのは、あのニコラ・テスラが作ったテスラコイルです。

今回の記事では電気回路が勝手に組織化した例ですが、この「自己組織化」という原理は、生命の、そして自然の大原則でもあります。
例えば、陽子と中性子が集合して、原子核を作るのも、原子核と電子が集合して原子を作るのも、そして、原子同士がくっつき分子化するのも自己組織化によるものです。 また、エネルギーは物質にもなり、物質はエネルギーにも成りますが、物質(原子・分子)にエネルギーを加えると、自己組織化し構造化していきます。

フリーエネルギーの原理などでしばしば取り出されるテスラ・コイルですが、自己組織化を促すテスラコイルは生命原理とフリーエネルギーの仕組みを繋ぐ鍵になるかもしれません。

以下、News Week「天才テスラも驚愕? カーボンナノチューブが勝手に電気回路を作り上げた!?」より転載

= = = = = = = = =

★強力な電界をかけると、カーボンナノチューブの粒子がワイヤーを作った

電気自動車会社テスラモーターズの社名の由来ともなった、異能の科学者/発明家ニコラ・テスラ(1856-1943年)。彼が発明した、交流による発送電装置や無線トランスミッターなどは現代文明の基盤になっているといっていい。

彼の発明品の1つ、テスラコイルを科学実験番組などで見たことのある人もいるだろう。テスラコイルとは、2つのコイルを共振させて高周波・高電圧を発生させる変圧器なのだが、その際にすさまじい稲妻が発生するのだ。マッドな科学者を表現するアイテムとして、テスラコイルはぴったりである。

インパクトの割にはあまり使われていないテスラコイルなのだが、意外な分野で今後注目を集めることになるかもしれない。それは、カーボンナノチューブを使ったワイヤーの作成だ。

カーボンナノチューブは、炭素原子が編み目のように結合し、ナノスケールの筒状になったもの。次世代半導体材料として期待されているほか、鋼鉄の20倍の強度があることから宇宙エレベーター(地表と静止軌道を結ぶエレベータ。ロケットよりも安価に宇宙空間へ物資や人を送ることができる)の材料にも使えるのではないかと言われている。

米ライス大学Paul Cherukuri博士らの研究チームは、ナノ粒子状にしたカーボンナノチューブに、テスラコイルを使って強力な電界をかけた。すると、隣り合ったカーボンナノチューブの粒子は互いにくっつき、30cm以上離れた場所にあるテスラコイルに向かって長い鎖状のワイヤーを作っていったのである。ワイヤーの長さは、最大で15cmにもなった。

※GIFはtechcrunch様からお借りしました。

 

★さらに複雑な電気回路を作れる

さらに、カーボンナノチューブとともにLEDも入れておいたところ、カーボンナノチューブとLEDが結びついて回路を作り、テスラコイルが作った電界から電気エネルギーを取り入れてLEDを光らせることができた。

従来にも電界をかけることで小さな物体を動かすことは行われていたが、30cm以上も離れたところからナノ粒子を自己組織化することはできていなかった。研究チームは、この現象を「Teslaphoresis」と呼んでいる。

Cherukuri博士は、ナノ粒子を載せる表面をあらかじめパターン加工し、複数のテスラコイルを使えば、さらに複雑な電気回路を作れると考えている。また、カーボンナノチューブ以外のナノマテリアルも使える可能性があるという。研究チームはこのTeslaphoresisの応用として、再生医療用のテンプレートを検討している。

ちなみに、医療分野などでは自己組織化するマテリアルが注目を集めており、2015年9月にはロンドン大学クイーン・メアリーの研究チームが、タンパク質を自己組織化して人工血管を作る手法を発表している。

以上、引用終わり

= = = = = = = = =

 

★テスラコイルとは

= = = = = = =

ニコラ・テスラ(1856~1943)は、交流システムの父として知られている。現在世界的に普及している交流発電機と交流送電システムは、ニコラ・テスラのおかげである。テスラは、エジソンより4歳若く、エジソンと一緒に働いたことがあるが、テスラの発明が突飛すぎたため理解されず、エジソンと対立することが多かった。テスラ

テスラ・コイルとエネルギー増大送信機は、宇宙エネルギーと共振させることにより空間からエネルギーを取り出し、入力以上のエネルギーを得られるというものである。

テスラの発明で最大のものはテスラ・コイルとエネルギー増大送信機である。テスラ・コイルは、空心の円筒に一次コイルと二次コイルを巻き、二次コイルの巻数を非常に多くし、一次側が火花間隙をつけた共振回路になっている。エネルギー増大送信機はテスラ・コイルを2つ使い、片方のテスラ・コイルからもう一方のテスラ・コイルに電力を無線で送電する。その際に、宇宙エネルギーと共振させることにより、入力した電力よりも大きな電力を取り出すことができる。

テスラコイルの回路

コチラより引用

= = = = = = =

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "生物原理とフリーエネルギーを繋ぐ鍵になるか?~天才テスラも驚愕? カーボンナノチューブが勝手に電気回路を作り上げた~"

List    投稿者 tutinori-g | 2016-05-10 | Posted in G.市場に絡めとられる環境問題No Comments » 
2016-05-05

中央構造線は緊張状態にある

4月14日の夜、熊本市で震度7の地震が起きた。マグニチュード(M)は6.5であった。震度7は、1949年に新たに気象庁が導入して以来、3回しか記録されたことはありません。今回のものは2011年に起きた東日本大震災(地震の名前としては東北地方太平洋沖地震)以来5年ぶりで4回目になります。

さらに、16日になってから、さらに大きな地震が起きMは7.3。この大きさは内陸直下型地震としては最大級で、たとえば阪神・淡路大震災を引き起こして6400名以上の犠牲者を生んだ兵庫県南部地震と同じ地震の規模となっています。

気象庁は、16日になって、このM7.3の地震を「本震」とし、前に起きたM6.5の地震と、16日のM7.3の地震の前までに起きた余震を、すべて「前震」とする、と発表しました。つまり後から大きな地震が起きたので、それを「本震」としたのです。
だが、前震だとしても、それらを前震として認識できなかったことは明らかで、その後、もっと大きな地震が襲って来ることは予想できなかったことになります。

また、その後16日には、熊本の二つの活断層から北東に離れた阿蘇山の近くでM6に近い大きな地震が二回起き、さらに北東の大分県中部でも震度5弱を記録した地震が起きた。これらは、熊本で起きている地震の余震域の外で起きた地震で、明らかに熊本の地震の余震ではない。新しい地震活動が始まったと言うべきではないでしょうか。

これら熊本地震ですが、5年前の3.11東北大震災の影響があり、これら活動はもっと広範囲になる能性があると考えられています。
『地震火山105、九世紀には奈良でも地震(保立道久の研究雑記)』を紹介します。

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "中央構造線は緊張状態にある"

List    投稿者 tutinori-g | 2016-05-05 | Posted in D.地球のメカニズム, D03.地震, D05.自然災害の予知No Comments » 
2016-04-28

「地震は予知できない」という現実。専門家の行き詰まり・・・

熊本城の石垣が崩れ、高速道路はデコボコに。熊本県中北部の益城(ましき)町で震度7を観測した14日午後9時26分ごろの地震。そして15日へと。

国内で震度7を観測したのは2011年の東日本大震災以来で、九州では初めて。西日本の広い範囲に揺れが及んだこの地震は、さらなる巨大地震の前兆なのか、熊本・阿蘇山などの火山活動に影響を及ぼすのでしょうか?

それよりも今回の地震で最も違和感を感じたのは・・・
虫が湧いたようにどこやらから沢山の地震学者らしき人物がテレビ、新聞に出てきて「熊本大地震も収まるかと思いきや、それは前震で今日の地震が本震」とか、色々としゃべっていましたが、なんの説得力も感じられませんでした。

『破綻が明らかな活断層理論、熊本大地震に説得力ゼロか!(ネコ虎紳士の徒然ブログ)』を紹介します。

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "「地震は予知できない」という現実。専門家の行き詰まり・・・"

List    投稿者 tutinori-g | 2016-04-28 | Posted in D.地球のメカニズム, D03.地震No Comments » 
2016-02-03

植物と人類の共生関係 ~何故植物の葉は全て緑色なのか?~

唐突ですが、植物の葉は一部を除いてそのほとんどが緑色です。

当たり前の事実ですが、しかし『何で?』と問われると不思議な点が多く出てきます。

私達が対象を「見る」ということは、その対象が光を吸収、反射し、その反射した光の色の周波数によって、その対象が何色なのかを認識します。

つまり、植物の葉が緑色に見えるということは、緑色の光を「反射」していることになります。

 

しかし、可視光線の色の中で、実は最もエネルギーの高い色はなんと「緑色」なのです。

これ不思議だと思いませんか?

彼ら(植物)にとって、最も効率の高い緑色の光をわざわざ捨てて(吸収せず反射して)いることになるのですから。

 

この”なぜ植物が緑色なのか?”はどうやら植物学の永遠の謎とも言われているのですが、その何故に仮説を立てたブログがあったので紹介いたします。

以下、『植物が「緑色」であり続ける理由がわかった! そして人間の生活システムの完成は「植物との完全な共生」にあるのかもしれないことも』/In Deep様より引用(※一部修正・構成変更しております。)

※画像は全て引用元からお借りしています

 

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "植物と人類の共生関係 ~何故植物の葉は全て緑色なのか?~"

List    投稿者 tutinori-g | 2016-02-03 | Posted in G.市場に絡めとられる環境問題No Comments » 
2016-01-28

2011年の東北大震災からまもなく5年。あの地震は本当に自然災害だったのか?

2011年の東北大震災からまもなく5年。改めて、東北震災を振り返って見ると、あの地震は本当に自然災害だったのか?が疑わしく思えます。

 

大きく、5つの不整合と思われる事実があります。

  1. 津波の発生源では地殻変位が見られず、100kmもずれている。
  2. 大規模地震は低周波だが、3.11の地震波は高周波。
  3. 自然界ではありえない同時多発地震
  4. 核を用いた人工地震に固有な音波が観測される
  5. 震源地で何故か放射線濃度が高い。

 

今回は、このうち、⑤震源地で何故か放射線濃度が高い を取り上げます。

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "2011年の東北大震災からまもなく5年。あの地震は本当に自然災害だったのか?"

List    投稿者 tutinori-g | 2016-01-28 | Posted in D03.地震No Comments » 
2016-01-15

歴史を変えた火山噴火

もし仮に今富士山が噴火したらどうなるでしょう? 富士山山麓周辺が火砕流や溶岩流などで壊滅的な打撃を被るのは間違いない。しかし被害はこれで終わりではない。真の破局は噴火の後に訪れる。上空に巻き上げられた火山灰は日光を遮断し、地球を寒冷化させる。一般的に、寒冷化の後局地的な豪雨が訪れ、次に大旱魃が続き、雹や霰も降る。穀物の生長は阻害され、飢饉が起こり、人々は慢性的な栄養不足で病気に対する抵抗力が衰え、疫病が流行します。飢饉と疫病で人々が死ぬと、追いつめられた人々は、奪い合いや政治的な変革へと向かっていく。では、歴史を変えた火山噴火にはどのようなものがあるのだろうか。

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "歴史を変えた火山噴火"

List    投稿者 tutinori-g | 2016-01-15 | Posted in G.市場に絡めとられる環境問題No Comments » 
2016-01-07

現在の地殻変動はどのようなタイムスパンで起きているのか?~鎌田教授1000年周期説の紹介

今後の自然災害を予測する上で、歴史に学び、現在をどういう周期で起こっている地殻変動期なにかを考えることは、重要であろう。   京都大学大学院 人間・環境学研究科教授 鎌田浩毅教授は、現在の地殻変動は、9世紀以来の大地動乱の時代と見る。今回は、その説を紹介しよう。 http://president.jp/articles/-/16522

 歴史を遡ると、南海トラフ沿いの巨大地震の発生は、90~150年おきという周期性がある。約100年の間隔で起きる巨大地震の中で、3回に1回は超弩級の地震が発生。その例として、1707年の宝永地震と1361年の正平地震が知られている。   次回南海トラフで起きる巨大地震は、この3回に1回の時期に当たる。その時期は遅くても2030年代だ。

 

最も穏健な見方をしたとしても、9世紀以来の、激動期であることは否定できないだろう。

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "現在の地殻変動はどのようなタイムスパンで起きているのか?~鎌田教授1000年周期説の紹介"

List    投稿者 tutinori-g | 2016-01-07 | Posted in D03.地震, D05.自然災害の予知No Comments » 
2016-01-05

水の不思議 ~涙にも感情が刻まれている!?~

地球の表面の3分の2を海で覆われている水の惑星:地球。

一説には地震のメカニズムにも水が関連されている(リンク)と言われ、地球環境を考える上で、水の解明は最も重要な研究対象の一つであると思います。

 

“水の不思議“という観点で、1999年江本勝氏によって「水からの伝言」という著書が出版され物議を醸したことは、ご存知の方もいるかと思います。そこには水に感謝の言葉や文字を見せたりすると「水の結晶」は美しく変化するとあります。

※参考

『感謝の波動』を検証する簡単な実験

本能は、遺伝子に記録される ~水素原子が小さな振動(人の念・気)にも反応する事を利用する

 

今回紹介する記事は、“涙”にも感情が刻まれている!?という研究結果の記事です。

 

まずは、それらの写真をご覧になって、不思議な水の世界を堪能していただきましょう。

以下、涙には感情の記憶が刻まれている・涙を顕微鏡で観察したら? より引用

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "水の不思議 ~涙にも感情が刻まれている!?~"

List    投稿者 tutinori-g | 2016-01-05 | Posted in W.科学NewStreamNo Comments » 
2016-01-04

太陽活動による地球への影響

今年は温暖化の影響でしょうか、暖かなお正月でしたね。

この気温などの地球環境は、地球単独の活動というより外的要因である太陽活動の相関関係中でなりたっています。その相関関係の中で興味深いものがあったので紹介します。

「太陽フレア」(あるいは強い太陽活動全般)と地震、あるいは火山の噴火に関してはいろいろな意見があります。代表的な意見のひとつとしては、
『太陽フレアが地震や火山の噴火を誘発する』というものです。

「米国現物株投資で資産形成を凡人が目指す株式投資ブログ」を参考にしながら、以下に展開していきます。

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "太陽活動による地球への影響"

List    投稿者 tutinori-g | 2016-01-04 | Posted in D.地球のメカニズムNo Comments » 
1 / 13112345...102030...最後 »