2006-11-07

毛染め剤は危ない!?

 茶髪や金髪…今や日本人(特に女性)の多くがそうですよね。
 
 この「染毛」という行為は、日本人に特に多いそうで、外国人にとっては だそうです。
 日本での染毛の歴史は、平安時代の後期に老齢の武将が、少しでも若く見せるために白髪を染めて戦場に出て行ったのが始まりとされています。この頃はきちんと意味があったのですが、今の染毛はというと、「オシャレ」のためだけと言ってもいいでしょう。
 ここからが本題なのですが、実はオシャレのための「染毛」は自分の体にかなり害を与えているのです
その前に お願いします。

 にほんブログ村 環境ブログへ


 みんな当たり前のように髪を染めていますが、髪を染める時に使用している「染毛剤」がどんなものなのかご存知でしょうか 髪の毛が痛んでしまうことだけが害だと思っている人が多いかもしれませんが、他にもあるのです。実はこの染毛剤の中には、かなり危険な物質が含まれています それが、
「パラフェニレンジアミン(PPD)」という物質
 この物質が髪を染める時に頭皮から体内へと浸入しているのです。この物質は発ガン性を持っており、そのことは厚生省も、日本での染毛の先駆者でもある日本ヘアカラー工業会(日本ヘアカラー工業会HP)も周知のことです。しかし、この事実を厚生省も日本ヘアカラー工業会もあいまいにしていることが一番の問題なのです
 商品の使用上の注意書きは、確かにかなり細かく書かれています。しかし、そもそもの弊害としては、頭皮のかぶれなどアレルギー反応のことだけなのです。。。体内での影響に関しては全く触れていない :x さらに言うと、細かく書かれている注意書きの出所は、厚生省の通知らしいのですが、この通知には全くといっていいほど強制力がないのです。その証拠に注意書きをきちんと守っている人、美容院などほとんどいません。例えば、染毛の48時間以上前にパッチテストをやっている人見たことありますか
 ・体への本当の害を掲載しない
 ・法的強制力を持たせずに曖昧にする
 これらの背後には、企業の、また国の「売れればいい」さらに言うと「売れるためになら何でもする」という意図が見えるように思います。
 これってどうなんでしょうか

List    投稿者 postgre | 2006-11-07 | Posted in Z01.アレルギーが増えるのはなんで?5 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.sizen-kankyo.com/blog/2006/11/44.html/trackback


コメント5件

 かわのん | 2006.11.18 23:31

>人々の少しの手間を惜しむ快美欠乏の現れ
うぅ・・・。心が痛い。。。
よく考えると、ほんと、家でも会社でも作れるものなんですよね~~。
ペットボトルの回収と、再利用化が進んでいるようですが、実は、再利用にも、膨大なエネルギーが必要になる上、再利用方法もたくさんあるわけじゃないので、原料(ペットボトルを小さく砕いて、粉末状にしたもの)がどんどんあまってるそうです。
なんだかとっても矛盾を感じます!

 雑草Ze | 2006.11.19 2:53

 またまたしっかりしたデータの提示参考になります。
 使い捨て容器は法律で禁止するべきですね。そういえば私はデポジットビンを使おうと言うデポネットという団体に入ってましたが、その運動もあまり進展がないですね。”かわのん”さんのおっしゃるとおりリサイクルはあまりよくなく、やはりこれからは、リユース、またはもっと発展させて、リデュース、リフューズしなくてはいけませんね。

 単身赴任のYH | 2006.11.19 19:48

こんばんは。
実は、ペットボトル入りではなく、ビンの飲料を飲むと、少しうれしくなるんです。
と言いながら、我が家の飲料容器の大半はペットボトルです。
矛盾ですね・・・。

 syunkatou | 2006.11.20 19:56

かわのんさん、雑草Zeさん、単身赴任のYHさん
コメントありがとうございます。
快美欠乏を刺激しているのが企業やマスコミ。少し前までは飲み終わったペットボトルは廃棄処分=使い捨て。廃棄処分が問題になるとリサイクル。リサイクルすれば全て解決するかのような企業やマスコミの論調。リサイクル=正が人々に広がる。(健康志向を背景に)安心して快美をむさぼり続ける状態に。企業やマスコミは市場第一にどっぷり浸かったまま。
市場第一=過剰消費を真正面に見据えなければペットボトル問題も解決しないと思います。

 ミネラルウォーター@大辞典【心においしいミネラルウォーターを!】 | 2006.11.26 21:16

カラダとココロに美味しい水を!

カラダとココロに美味しいお水を飲みましょう!私が水に興味を持ったのは、といいますか自分自身にとって水が必要で欠かすことができないものになったのは・・・15…

Comment



Comment


*