2006-11-11

「クリーン開発メカニズム(CDM)制度」は、新たな市場の創出策に過ぎない

クリーン開発メカニズム(CDM)制度」が再度、俄かに取り沙汰されている。
> 廃棄物の海洋投棄について定めたロンドン条約に基づく議定書の締約国会議が2日(日本時間3日)、英国のロンドンで開かれ、海底下の地中(海底下地層)に投棄可能な廃棄物に二酸化炭素(CO2)を追加する議案を採択した。CO2を地中に封じ込めて固定化する技術が国際法上、利用可能となる。政府は来年の通常国会に関係法令の改正案を提出する。
 CO2の地中固定化技術は国内外で研究・開発が進み、本格的に普及すれば、大気中に放出されるCO2を大幅に削減できると期待されている。しかし、地中からの「漏れ」や、それによる生態系への影響など、安全性の評価を中心に不明な点も多く、慎重な議論を求める声も強い。
 6日にナイロビで開幕する京都議定書第2回締約国会議(COP/MOP2)でも議論される見通し。地中投棄した分をCO2の削減とみなし、クリーン開発メカニズム(CDM)などの国際的な排出権取引の中で認めるかどうかが焦点となっている。【山本建】(
毎日新聞 2006年11月3日) →リンク
*ロンドン条約→リンク
ここで、ぽちっとお願いします!
 ↓   ↓    ↓   ↓
 

(さらに…)

  投稿者 postgre | 2006-11-11 | Posted in G.市場に絡めとられる環境問題36 Comments »