2008-10-07

妊娠中のお母さんと赤ちゃんの関係~アレルギーの遺伝~

こんばんわ
明日から10月秋本番といいながらも、涼しい時期を通り越して、一気に寒くなってきた気がします
『食欲の秋 』と言いますが、おいしいものをたくさん食べたら、免疫機能って高まりそぅ~
って友達と話してたら、「おいしいもの食べたら幸せな気持ちになるからかもね
って話になりました。納得 (ホントか
今日はmikan さんの
妊娠中のお母さんと赤ちゃんの関係
に引き続き、妊娠中のお母さんと赤ちゃんの関係~アレルギーの遺伝~について調べてみました
%E7%84%A1%E9%A1%8C.bmp
その前に
いつも読んでくれてありがとうございます

 にほんブログ村 環境ブログへ


お母さんが妊娠し、胎盤が完成すると、胎児はその中でしっかりと保護され、いわゆる無菌状態にあります。そのため、外部(主に環境因子)からの異物が入ってこないと働かないTh1は、胎児期では劣勢となり、Th2が優位となります。
胎児は、胎盤に守られているので、母体が持っている抗体がそのまま胎児にやり取りされると言うことは考えにくいようです。
アレルギー体質の遺伝とは、抗体などが遺伝するのではなく、「免疫抑制遺伝子のない遺伝子」が遺伝することで、IgE抗体ができやすい体質になり、結果的にアレルギー体質になるようです。
免疫抑制遺伝子のない遺伝子が遺伝することによって、胎児はIgEがもともと多い状態、つまり、アレルギーが発症しやすい状態が遺伝することになります。
また、アレルギーは遺伝するものだけではありません。
胎児期は外部(環境)刺激には直接影響を受けないものの、母親が口にした食品などは胎盤を通じて、直接胎内に入るため、その影響を大きく受けます。
妊娠中、お母さんの食べたものは一部が消化不十分な状態(この未消化の蛋白質が“アレルギー”を起こすもとになります)で腸管の粘膜から吸収されます。
もし、腸の中にカビや病原性の細菌がいて、腸の粘膜が荒れているような状況があると、さらに未消化のまま吸収される蛋白質の量が増えます。吸収された蛋白質はリンパや血液の流れにのり、胎盤まで行き、赤ちゃんの血液と接触します。ここで、そのたんぱく質に対する抗原が出来上がることになります。
この時点で胎児は既に、アレルギー体質の準備は万端!ということになるのですね!
そして、出生後、お母さんの母乳や直接口にする食べ物の影響によって、アレルギーが発症する、という仕組みのようです。
妊娠中のお母さんと赤ちゃんとのアレルギーの関係は、遺伝だけではなく、お母さんが摂取する食べものにも関係してくるのですね
日々の食事に対する見方も、変わって来そうです :roll:

List    投稿者 kawano | 2008-10-07 | Posted in Z01.アレルギーが増えるのはなんで?6 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.sizen-kankyo.com/blog/2008/10/415.html/trackback


コメント6件

 イちご | 2009.04.16 12:59

裂けちゃうって、しょうがいないことだと思ってましたけど、昔はそんなこと話題にものぼってなかったんでしょうね。だって、た~っくさんこどものいる方もいらっしゃいますし。
それって、お産の方法・体勢がそもそも違ったからなんですね~!!
ありのままのお産がどういうものか、このシリーズを読み進めて行けばいくほど分かってきた気がします~♪
ありがとうございます☆

 匿名 | 2009.04.16 17:12

>イちごさん☆
コメントありがとうございます♪
>お産の方法・体勢がそもそも違ったから
そうなんですよ~☆
確かに、お産は女の大仕事ですが、大昔から自然の摂理に則って、いとなわれてきたもの・・・(^-^*))。。。
そんなに
「辛くて、辛くて・・・o(TヘTo) 」
では、続いていかないですよネッ
これからも、お産、追求していきましょう~

 ホイホイ | 2009.04.16 21:34

私も高校の時、家庭科の先生から、「みんな切るのよ~」って聞いてから、それだけはどうにか出来ないものかと思ってたんですよ~o(><)o
だって、昔の人は切ってなさそうだし・・・(西洋医学が入る前は、わざときっても縫えないだろうし・・・)
ちゃ~んと、自然な形で産めば、大丈夫なようになってるんですね♪
でも、みんな、分娩台で産むのが当たり前だと思ってますよね?!
こういうことをみんなでもっと追求していければ、お産もどんどん変わっていけそう☆

 みわつん | 2009.04.17 13:18

>ホイホイ☆さん
コメントありがとうございます。。
>みんなでもっと追求していければ、お産もどんどん変わっていけそう☆
こういってもらえると、とっても嬉しいです(^-^*))。。。
今は、少子化やお産難民など、お産にまつわることが、全て否定・不全発になっていますが、それを可能性発に変えていきたいっておもっています♪

 mini | 2009.04.25 21:52

出産した友達からは陣痛が痛いから切っても痛くないよ~とは聞いていたけど、切るの・・・!?
とびびっていましたが・・・。
切らなくても産めるんですね~!
自然な出産をしていないからこそ、そうやって人の手を加えないとダメなんですね。
とっても勉強になりました★

 ひなりママ | 2009.04.27 21:48

私も、妊娠した時に切るのは・・・って思って色々調べてました☆
切らなくても産めるようにしてくれている病院や助産院も増えてるみたいです♪
私は、出産までにお風呂場でマッサージしたり、緊張で体が固くならないようにイメトレや感トレしたり☆
記事にもある通り、お母さんと赤ちゃんのペースに合わせれば、切る必要は無くて、私も切らずに産めました◎
皮が伸びて薄くなった時に少し切れたらしく(自分では全然分からない程度)、一針縫ってもらいましたが、これは全然痛くなかったです☆(産んだ後で、赤ちゃん抱っこしてたから嬉しさが大きかったのかも?)
恐怖のお産から、楽しいお産に転換したいですよね!!

Comment



Comment


*