2007-01-04

食材を自ら加工する術を失った民族が生き残れるか?

みなさん、お正月どうでした?おいしいおせちをいっぱい食べましたか?
そろそろ、さっぱりとしたものが食べたいんじゃないでしょうか。やっぱり、和食ですね。
日本料理はヘルシーと言われますが、米と魚と野菜だからでしょうか?
もうひとつ油の使い方があると思います。
日本料理は基本的に鍋で作ります。油はさほど必要ありません。油を使うのは揚げ物。ここでは主に加熱媒体として使われています。水分を蒸発させ、素材のうまみを凝縮します。だから、素材を守るために衣を付けます。
しかし、フレンチではフライパン、中華では中華なべ、必ず油を必要とします。そして、加熱媒体としてだけではなく、調味料、食材そのものとして使われます。フレンチのテリーヌの原型は食材を脂で固め保存食としたものです。
最も違うのが味覚の媒体の差だと思います。
フレンチも中華も料理の中の旨みは油分に染み出ています。油が旨みの媒体となって舌に届きます。
日本料理では、旨みは水分に染み出ています。
この続きは・・・ポチッとしてから

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "食材を自ら加工する術を失った民族が生き残れるか?"

List    投稿者 hihi | 2007-01-04 | Posted in N01.「食への期待」その背後には?2 Comments » 
2007-01-03

土壌汚染の歴史~公害問題から環境問題・グリーンビジネスへ

足尾銅山:明治17年当時
%E8%B6%B3%E5%B0%BE%E9%8A%85%E5%B1%B1%EF%BC%92.gif
こんにちは。馬場です。
今年もよろしくお願いします。
さて、土壌汚染問題について考えるにあたって、改めて過去の経緯から押さえてみたいと思います。
環境問題としての土壌汚染が注目されるようになったのは最近の事であり、「土壌汚染対策法」として施行されたのが2003年の事ですが、土壌汚染・水質汚染・大気汚染自体は古くから公害問題として認識されて来ました。
☆応援ありがとうございます☆

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "土壌汚染の歴史~公害問題から環境問題・グリーンビジネスへ"

List    投稿者 sbaba | 2007-01-03 | Posted in K04.土壌汚染3 Comments » 
2007-01-02

エントロピー則からみる自然の循環構造 ~プロローグ~

asaokaです。
みなさん、明けましておめでとうございます :D
06usibori.jpg
今年も皆さんと一緒に、『自然の摂理から環境を考える』当ブログで固定観念から開放された新認識を紡いでいきましょう。
<では、今年の初投稿・・・・>
 
地球の人口はすでに60億人を超える人数にまでになっていますが、普通に考えれば、そこまでの人数になっている人類が行う今の多様な産業活動によって、わたし達の生活の母胎である自然そのものに大きな影響を与えないわけにはいかないだろう、ということを誰もが感じていると思います。
しかし一方で、例えば、「世界の食糧需給の状況ってホントはどうなの?」 を参考にしても、
食べものを過剰消費したり廃棄する国もある一方で飢餓に苦しんでいる国も存在しています。 :evil:
また、同じ国内でも”格差”によって同じような状況の国もあります。 :twisted:
これは食糧だけでなくエネルギーについても全ての物質について同じで、このような状況をみるだけでも、分配・消費構造がおかしく 、このことが環境問題に大きな影響を与えています。
つまり、環境問題は、生産様式や人口問題とともに、その背後に存在する、疑うことが少なかった「私益追求の市場拡大」に根本的に問題があります。
でも、どう捉えればいいのか、どうすればいいのかわからず、環境問題を日常に絡めて考えるにはあまりに大きすぎると感じてしまい、問題を捨象して市場システムのなかでの日常生活をごく当然のように送っている、もしくは、小手先で茶を濁したような対応である「チンケな運動」に終始しています。
何が足りなくそうなるのか?何が必要か?
それは、環境を考えるうえでの
『必要か否か』
の『判断の土俵』
となる、構造認識をもつことです。
そのためには・・・・・・・
(ブログランキングに参加しています。続きを読むまえに、応援クリックお願いします

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "エントロピー則からみる自然の循環構造 ~プロローグ~"

List    投稿者 kirin | 2007-01-02 | Posted in I01.エントロピー則からみる自然の循環構造1 Comment » 
2007-01-01

ダイエットから考える環境問題!?

%E8%BF%8E%E6%98%A5.jpg

皆さん、新年明けましておめでとうございます :o
今年もみんなで当ブログを盛り上げていきましょう
太陽光発電、風力発電、地熱利用、バイオマス・・・
昨年は次世代エネルギーについていろいろ考えてみましたが、正直可能性を感じられませんでした。
ところが最近、とあるブログと出会い、頭をハンマーで殴られたような衝撃を受けました。
(おなじみの雑草Zさんのブログです)
正直、目から鱗、そして魂を揺さぶられてしまいました
それ以来、そのエネルギーの有効利用方法について考えるのが楽しくて仕方ありません。
な、なんと、それはダイエットにも絶大な効果があるのです!!
最近話題のリンパマッサージダイエット豆乳バナナダイエットなんて比較の対象にもなりません。
そのエネルギーとは、
続きを読む前に、応援クリックお願いしま~す ↓↓

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "ダイエットから考える環境問題!?"

List    投稿者 isgitmhr | 2007-01-01 | Posted in F02.代替エネルギーってどうなの?6 Comments » 
2006-12-31

ダイオキシンは規制強化、内分泌撹乱化学物質の規制は骨抜きなのはなんで?

dioxins2.gif

『ダイオキシン問題の真実!』
ダイオキシンとは地球環境問題の一つの要素であり、それだけでは問題解決は有り得ない 社会環境全体 を総合的に判断する必要があるということです そして、そのためには問題の可能性がある要因に関する事実を明らかにすること が急務なのだと思います。
大衆の意識を、ウソの情報をばらまくことにより煽るような行為 、そしてそれらが市場の利害により規定されているという現実 を皆で共有し、本来必要な議論を進めていくべきですね

という kumakeiさんの記事から考えてみました。
ここ数十年、多くの人工物質が社会問題化してきました。
このうち『ダイオキシン』は問題が表面化して以来、規制は強化されています。
反対に、『内分泌撹乱化学物質』の方は、一時的には盛り上がりましたが、その後、規制は骨抜きになり、沈静化しています。
この違いはなんだろう と思ったかたはポチッ と押してください。
 

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "ダイオキシンは規制強化、内分泌撹乱化学物質の規制は骨抜きなのはなんで?"

List    投稿者 sinsin | 2006-12-31 | Posted in K01.ダイオキシン1 Comment » 
2006-12-31

ダムは本当に必要か-3

現在ダム建設の正当性を唱える背景には、
緑のダム のような植林だけでは水害が抑えきれない :twisted:
という根拠がよく出てきますが、そもそも水害を完全に塞ぎ止めるという発想そのものがおかしいのではないだろうか・・ :roll:
が多く、急斜面の山々 が連なる日本では、何時の時代も水害は大きな課題。 :-(
水害をマイナスのものとして捉えると、完全にダムで塞ぎ止めようというような発想になるのかもしれませんが、
水害とともに歩んできた日本の歴史の中には、洪水とも上手く付き合ってきた工夫がある。
ダムは本当に必要か-2に続いて、今回はそんな先人達の工夫を紹介してみたいと思います。

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "ダムは本当に必要か-3"

List    投稿者 nannoki | 2006-12-31 | Posted in I03.自然への同化・肯定視No Comments » 
2006-12-29

ウンコに学ぼう♪~衛生・清潔とは何か?~

最近、仲間が増えつつあることが嬉しいかっし~です
前回の『日本人はウンチをするために、石油を輸入している?!』に、コメント頂きました皆さん、ありがとうございます
※雑草Zさんのブログ雑草の言葉でも、『食糧自給と糞尿処理』『動物として最低限果たすべきこと』の2回にわたって、ご紹介頂きました 私が書いた以上に、生態系や食糧問題などの観点から深く書かれていますので、ぜひ
%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%81%AB%E5%AD%A6%E3%81%B9%EF%BC%81.jpg
前回の投稿のあと、会社の先輩より、衝撃のタイトルの本をご紹介頂きました その名も、『ウンコに学べ!』(有田正光・石田多門共著、ちくま新書)
そしてさらに今回、るいネットでもお仲間発見
狒狒さん『人糞は危険なのか?』
狒狒さんのお話では「人糞=汚染・危険」の観念操作があるとのこと。
確かに、世間一般では、「 は汚いから触っちゃダメ 」って教わってきましたよね
そもそも日本では、戦後、生野菜をサラダでGHQの寄生虫撲滅作戦により、下肥を使わない農法がとられ、徐々に下肥文化は衰退していきました。戦後の一時期、そのようにして作られた野菜を清潔野菜 と読んだそうです。(「ウンコに学べ!」より)
彼らが清潔と呼んだものは一体なんだったのか
ウンコに学びたいと思った方 ぜひポチっとお願いします
          

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "ウンコに学ぼう♪~衛生・清潔とは何か?~"

List    投稿者 kasi1106 | 2006-12-29 | Posted in I02.循環型社会ってなに?1 Comment » 
2006-12-28

二酸化炭素による温暖化って本当? 第2回

これまでバイオマスについて見てき、特に「3.単独では成立しないから支援が必要」では、支援の始まった起源は「京都議定書」温暖化問題にあるように思われます。

そこで、以前にこのブログで掲載された『二酸化炭素による温暖化って本当?第1回
に続けて、温暖化について調べてみました

   

地球の温暖化が言われているが、短期でみれば例外がないわけではないが、概ね観測結果からして「事実」と捉えてよいように思います。

   

しかし、「地球温暖化」といった場合には、現在では『CO2増加による温暖化』というのが一般的に言われているが、これって本当なのでしょうか
まずは、CO2増加による温暖化説が出来上がるまでの過程を追ってみたいと思います。

   

もっと知りたいと思った方は ポチっとお願いします

   

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "二酸化炭素による温暖化って本当? 第2回"

List    投稿者 yoriya | 2006-12-28 | Posted in G01.二酸化炭素による温暖化って本当?23 Comments » 
2006-12-26

素人達の感覚とはかけ離れたところで進められる「遺伝子組替食品の市場化」~背後にアメリカの影あり??~

こはるんたさんの「みなさんは「遺伝子組み換え技術」どう思いますか?」をうけて、考えてみました
あ、みなさん、コンバンワ(そして メリークリスマス )みわつんです
遺伝子組替技術の裏に :twisted: あるもの・・・・それは、ズバリアメリカなんです・・・・
続きは・・・・コチラ・・・・
その前に、ぽちっとよろしくお願いします

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "素人達の感覚とはかけ離れたところで進められる「遺伝子組替食品の市場化」~背後にアメリカの影あり??~"

List    投稿者 nisi-miw | 2006-12-26 | Posted in N03.遺伝子組替えってどうなの?4 Comments » 
2006-12-25

食品衛生規格によって守られているものは?

以前、ポストハーベストなどの問題点を調べましたが、そもそも「食品衛生基準」というものはどうやって決まっているのか気になっていたので調べてみました。

現在世界的に通用する食品安全基準はコーデックス規格と呼ばれています。(“食品規格”という意味のラテン語。)

1962年、国連の専門機関である国連食糧農業機関(FAQ)世界保健機関(WHO)が合同で、国際的な食品規格を作る実施機関として食品規格委員会(CAC)を立ち上げました。

このCACが作成するのが「コーデックス規格」です。
以下概要をまとめました。

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "食品衛生規格によって守られているものは?"

List    投稿者 goqu | 2006-12-25 | Posted in N02.食品衛生規格・添加物って何?7 Comments »