2008-07-04

農業による水汚染??

持続可能でない水利用による世界の食糧バブル経済 ①では、
アメリカ、中国、インドの大規模な灌漑農業による地下水の
枯渇問題が取り上げられました。
農業ってそんなに水使うの?って思ってましたが、
農業用水って世界で利用される水のうちの70%も占めてるんですって!
残りは、工業用水が20%、生活用水が10%となっております。
学生M:使いすぎで水不足になっていることはわかりました
     じゃあ、他に水不足になる原因はないんでしょうか?!
先生S:ありますよ。
    使える水が汚染されることによって使えなくなる。
    つまり、水汚染による使える水不足です。
    水汚染によって世界ではたくさんの人が被害を受けています。
     ・10億人以上の人々が淡水の安全な供給を容易に受けられない。
  
     ・発展途上国で毎年およそ400万人の人々がひどい下痢にかかり、治療を受けられず、
      脱水症状の結果死ぬ。その多くは子供なのである。
     ・発展途上国におけるすべての病気のおよそ80%が水に関わっている。
     ・世界保健機構(WHO)の推定では、安全でない水・公衆衛生・衛生状態のため、
      現在1時間に約200人、年間170万人の人々が死んでいる。   
水汚染にはいろいろな原因がありますが、
今回は、農業による水汚染について調べてみます
農業による水汚染?! :roll:
と思われたあなた。
続きを読む前に ポチッ としてくださいね

(さらに…)

  投稿者 satie | 2008-07-04 | Posted in K02.水質汚染7 Comments »