2011-08-10

プレートテクトニクス説のウソ12~仮設は崩れた。予知をどうする?~

日本の地震観測網は世界で最も整備が進んでいます。しかし一方で、地震の予知には一度も成功したことがありません。
むしろ、地震予知を行ったことすらない!という方が的確です。
これは、どういうことか?
地震学者で東京大学名誉教授の上田誠也氏の講演会から抜粋引用します。

地震予知研究の歴史と現状%E4%B8%8A%E7%94%B0%E8%AA%A0%E6%88%90%E3%83%BB%E6%9D%B1%E5%A4%A7%E5%90%8D%E8%AA%89%E6%95%99%E6%8E%88.jpg
簡単に結論から申しますと、我が国の地震予知計画は、地震観測網を充実しなければいけないということから始まりましたが、それを熱心に行っているうちにそれが主な仕事になってしまい、予知という本来の目的を見失ってきた。地震観測では起こった地震のことはわかりますが、これから起こる地震のことはそうわかるわけがないのです。そんなことは、はじめからわかっていたはずなのに、地震観測だけがとどまるところがない大事業になってしまいました。
そのうちに阪神大震災が起こりました。もちろん予知はされませんでした。その〝効果〟といっていいかどうかわかりませんが、地震予知、特に「短期予知は当面不可能」ということになり、その研究すら放棄することになってしまったのです。

1998年文部省(当時)の測地学審議会は「地殻変動測定(地震測定)では地震予測は不可能である」とする報告書を公表しました。その後、地震予測不可能論が地震学者、メディアでの強い風潮となっています。
本当に地震予知は出来ないのか?
引き続き、上田氏の講演会から、その可能性を探っていきたいと思います。

(さらに…)

  投稿者 matuhide | 2011-08-10 | Posted in D03.地震No Comments » 

次代のエネルギー潮汐・海流の可能性 3.大海の巨大な流れ、海流は何故起こるのか

前回投稿では、海が生み出す巨大な力潮汐について、その仕組みを考察しました。潮汐は月と地球の間の引力が生み出すものでしたね。

さて、今回はもう一方の海がもたらす力「海流」を扱います。前回扱った潮汐は概ね12時間を周期として潮が満ち引きする現象ですが、一方「海流」は、例えば日本の太平洋岸を流れる黒潮などのように、常に同じ方向へ向かう、海の巨大な流れのことです。

昔習った記憶があるかたもいるとは思いますが、ほとんどの方は忘れてしまったと思うので、海流が何故起こるか考察する前に、まずは、日本の周辺の代表的な海流、黒潮(日本海流)、親潮(千島海流)について、どんなものか「海とふねなるほど豆辞典」より引用して紹介します。
ぽちっと応援お願いします。
日本周辺の海流 黒潮と親潮
shizen14%5B1%5D.gif
こちらからお借りしました。

海流は海水の温度から暖流と寒流の2つにわけられます。日本の近海には暖流と寒流が流れています。
日本の近海で有名な暖流といえば「黒潮」があります。海の水が黒っぽい濃い青色をしているので黒潮と呼ばれています。世界でも最大級の強い流れの海流として知られ、北大西洋の湾流とともに世界2大潮流のひとつです。海水表面の速さは毎秒2mをこえるほどで、時速になおせば7.2km、小走りするぐらいの速さになります。
また、黒潮の一部は、沖縄の近くでわかれて対馬海峡をとおって日本海へ入ります。(対馬海流)山陰沖、能登沖で大きくうねりながら、一部は津軽海峡をぬけて太平洋へ出ていきます。
寒流にはロシアのカムチャツカ半島の方向から南へ流れてくる千島海流があり、「親潮」と呼ばれています。この海流はプランクトンが豊富で、たくさんの魚を育てることから親潮の名前がつきました。海流は魚をはじめとした海のめぐみを、わたしたちにとどけてくれる役目もしてくれます

(さらに…)

  投稿者 fwz2 | 2011-08-09 | Posted in E10.潮汐・海流の可能性No Comments » 

素人が創る科学の世界~【光 子】1~二重スリット実験から見る量子論の不思議(前編)

みなさんこんにちは
今回は『太陽エネルギーシリーズ」』……を改め、
素人が創る科学の世界【光子】シリーズ』をはじめます!
最終的には、「電磁波とは何か?」という問題から「人体や地球への影響は?」を解明していくことが目的ですが、光も電磁波であり、「電磁波ってなに?」は「光ってなに?」とも置き換えられます。
ということで、この【光子】グループでは「光とは何ぞや?」をテーマにして、しばらく追求してみたいと思います
north-pole-aurora-lw%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.jpg
画像はこちらからお借りしました ありがとうございます
前回の記事
(4)次代を照らす太陽エネルギー4~太陽エネルギーはどのように地球に到達しているのか~では
電磁波が宇宙空間をどのように伝わるのか?
宇宙空間には媒質が存在するのか、しないのか?
というテーマを扱い、
宇宙空間には素粒子と呼ばれる超微細な物質が多く存在しており、電磁波を伝える媒質も存在しているのではないか?
という仮説をたてました
なにやらこれから数回にわたって、とても小さな物質の話を扱っていくことになりそう なので、今回と次回では(電磁波を伝える媒質の存在やそのふるまいに迫る前段階として)素粒子のような小さな物質のふるまいを考える上で重要な「量子論」について探っていきたいと思います
いつものお願いします :D

(さらに…)

  投稿者 YAGU70 | 2011-08-06 | Posted in C02.素粒子(量子・光子)14 Comments » 

電磁波って危険!?その1~便利になったけど・・未知なる電磁波

pic11.jpg
「線」が繋がっていなくても、電話ができる ってすごいですよね
「火」が出ていなくっても、料理ができる って、不思議
透けていないのに、身体の中がわかる ・・・なんでだろう?
今、日常に当たり前にあふれている、 電気 を使った機器。
でも、何でこんなことができるんでしょうか
これらは、全て「電磁波」によって、つくられた新しい世界です
便利にはなったけど・・・いままで人類(生物)が適応してきた物質ではありません。
なにかしらの影響はないのでしょうか?!その検証は行われてきたのでしょうか?!
人の”脳”へ与える電波障害はないの?
子供や子孫への影響は?!
細胞そのものに刺激を与えるって・・・大丈夫!?
これからこのシリーズで電磁波・その危険性 、そしてどーする に迫っていきたいとおもいます
ぜひ、応援してください :wink:
ありがとうございます
(画像は「電磁波の知識」リンクよりお借りしました)

(さらに…)

  投稿者 nisi-miw | 2011-08-04 | Posted in D04.電磁波No Comments » 

次代のエネルギー潮汐・海流の可能性 2.潮汐は何故起こるのか

前回は、潮汐の基礎現象を押えてみました。

今回は、潮汐現象は何故起るのか、潮汐の原理を追求します。

潮汐は、月の引力により、海の水が引っ張られ、盛り上がるので水位が高くなると説明されます。月の引力の海水作用説です。 

これに対して、月の引力が地球の地殻に対して働き、地殻の変形→水の移動、潮汐の発生という説もあります。月の引力の地殻作用説です。 
月の引力による地殻変形を指して「地球潮汐」といいます。

それでは、潮汐は何故起るのかを追求してみましょう。

本文に行く前にクリックをお願いします。

  

 

(さらに…)

  投稿者 leonrosa | 2011-08-02 | Posted in E10.潮汐・海流の可能性No Comments » 
2 / 212