2011-08-12

素人が創る科学の世界~【光 子】2~二重スリット実験から見る量子論の不思議(後編)

みなさん、こんにちは~
素人が創る科学の世界【光子】シリーズ』です
前回の記事、
『素人が創る科学の世界【光子】シリーズ』~二重スリット実験から見る量子論の不思議~
では、二重スリットを用いたいくつかの実験を紹介し、それらの実験結果を考察しましたね :roll:
それでは、前回扱った実験の設定条件や結果をちょっと復習してみましょう
%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%891-thumb.gif
以下、画像はこちらからお借りしました
%E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%201.gif
実験Aの結果からは「電子は波の性質をもつ」となり、実験Bの結果からは「電子は粒の性質をもつ」となりました。この時点で既に結果に不整合が生じていますが、実験Cの結果はもっと不思議です。
実験Cの結果は電子が「粒」の性質を持っていても、「波」の性質を持っていても矛盾します。
干渉縞という模様は二つのスリットがあってはじめて成立するもので、実際にどちらかのスリットをふさいで実験Cをやると干渉縞は出現しないのです。しかし、実験Cは一粒ずつ電子を発射するという条件で行われており、その条件ではどちらかのスリットにしか電子が通っていないことが実験B(追加実験)から言えます。つまり実験Cにおいてスリットは片方しか関係していないはずなのです。なのに、なぜ干渉縞ができたのか…何と干渉したのか…
この難解な問題をどう解釈すればよいのか?という点を今回の記事、
『素人が創る科学の世界【光子】シリーズ』~二重スリット実験から見る量子論の不思議②~
で勉強していきましょう
いつもの、お願いします 8) 8)

(さらに…)

  投稿者 YAGU70 | 2011-08-12 | Posted in C02.素粒子(量子・光子)No Comments »