2009-09-30

GHQが生み出した「サラダ記念日」

リサイクルの本質を考える(9)~汚泥のゆくえ~
>江戸時代などは糞尿の再利用がなされていた
>では、その汚泥がなぜ再利用しにくくなったのか?

なぜ再利用しにくくなったのでしょうか?

その答えは「ウンコに学ぼう♪~衛生・清潔とは何か?~」にあります。
>そもそも日本では、戦後、生野菜をサラダでGHQの寄生虫撲滅作戦により、下肥を使わない農法がとられ、徐々に下肥文化は衰退していきました。

改めて、それをここで整理してみましょう。
%E3%81%BD%E3%81%A3%E3%81%A8%E3%82%93%E4%BE%BF%E6%89%80.jpg
汚泥の元は下水処理場に流れ込む人糞。下水処理場が出来る前は、肥溜めに集められ、肥料として使用されていた。
その肥溜めによる下肥(人糞を腐熟させたもの)再利用を禁止したのは、第二次世界大戦時の 連合国総司令部GHQなのです。
これにより、人糞は 肥料の元という価値あるものから、 有害なゴミとして処分されるようになってしまったのです。

なぜGHQは人糞再利用を禁止したのでしょうか?

さて続きを行く前に、まずは応援を ポチッ :roll: とお願いします


(さらに…)

  投稿者 goqu | 2009-09-30 | Posted in L.リサイクル問題2 Comments » 

日本人の身体技法 part6 ~エピローグ:「型」とは何か~

本シリーズでは
日本人の身体技法 part1 ~プロローグ~
日本人の身体技法 part2 ~ナンバ歩きとは何か?~
日本人の身体技法 part3 ~日本人の呼吸法とは?~
日本人の身体技法 part4 ~丹田とは何か?~
日本人の身体技法 part5 ~日本人の服装~
と続けてきました。
日本人の身体技法 part1 ~プロローグ~で、以下のように書きました。

昔の日本人は環境にカラダを合わせて動きの質を変えてきたと想像できます、産業が発達するにつれ、環境の方を人間に合わせるようになってきました。これは洋の東西を問わずに言えることですが、日本人にとっては、これはそれほど長い時間をかけて進行したものではなく、ほんの数十年のことです。
身体の動きは脳の深い所に直結しています。数百年にわたって適応してきた身体技法を失うことは何を意味するのでしょうか?
グローバリズムが進行する現代、身体の使い方まで多様性を失うのは人類の可能性を摘み取る行為に思えてなりません。
日本で培われた身体技法を取り戻すということが次代の可能性収束先なのかもかもしれないのです。
 

 日本人の身体技法といっても、武術や芸能における本格的専門的な世界の秘伝から、大衆全般に見られる共同体の中で伝え、守られてきた所作まで含めて対象は非常に広範です。日本ではそれらを伝達、共有、継承していくために 「型」という概念が生み出されました。
CIMG0435.jpg
「型稽古の様子」  (画像は合気道S.A.戸田様から借用しました。)
本シリーズの最後に「型」についての認識を紹介しておきましょう。
続きはポチッのあとで
↓↓↓
      

(さらに…)

  投稿者 finalcut | 2009-09-30 | Posted in M01.身体の自然環境3 Comments »