2020-12-17

2020年代から「ミニ氷河期にほぼ100%突入する」

これまで暖かかったこともあり、ここ数日の冷え込みがかなり堪えます。

アメリカでは 10月20日過ぎから、広い範囲で、過去にないような強力な寒波に見舞われていて、各地で時期として、観測史上最低の気温、記録上で最も早い暴風雪、そして過去最大の降雪記録などが報告され続けているそうです。

以前、『異常気象は氷河期の序章か?』では

異常気象というと、温室効果ガスによる地球温暖化が原因だとはよくいわれる。

しかし、一方ではこんな噂もあります。 「近年の異常気象は、氷河期の到来が原因」というのだ。

まず地球を何十万年という地質学的な時間軸で見れば、現在は氷期に向かっています。今から約13万年前と約1万年前には、比較的気温が高い時期がありました。また、平安時代は今よりも温暖な時期だったが、14世紀からは寒冷化が続いているのです。

つまり、長い視点で見ると、現代は寒冷化に向かう途中の、短期的な地球温暖化にあるという見方もできます。

では、地球は寒冷化に向かっているのでしょうか。興味深い記事があったので紹介したいと思います。


electroverse.net

「太陽の逆光サイクル」と呼ばれる惑星間引力の作用により 2020年代から「ミニ氷河期にほぼ100%突入する」ことを知る』より引用します。

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "2020年代から「ミニ氷河期にほぼ100%突入する」"

List    投稿者 asaoka-g | 2020-12-17 | Posted in C01.宇 宙, D.地球のメカニズム, D05.自然災害の予知No Comments » 
2020-12-08

電気通信インフラの停止に向けた動き

世界はコロナ騒動→経済活動の停止→株価暴落→中央銀行廃止→ベーシックインカム(BI)導入へと舵をきっているようですが、BI導入後の世界はどのようになるのでしょうか?

【電気通信インフラ】について興味深い記事があったので
『巨大な太陽フレアが「グレートリセット計画をリセットする日」』より引用します。


shtfdad.com

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "電気通信インフラの停止に向けた動き"

2020-12-03

隔離・検疫は子どもの免疫発達に影響を与えるか?

現代は昔に比べて花粉症やアレルギーの症状が増えていると言われていますが、その原因の一つには「衛生」=「清潔」があります。

現代人が多くの感染症を克服できたのは、抗生物質のような医薬品を発明し、水道水や下水といった衛生設備を発展させたおかげですが、一方でこの発明が現代人に重大な副作用をもたらしたのも事実です。抗生物質が腸内細菌を殺し、衛生設備が菌との接触を妨げてしまうからです。

過度な除菌や抗生剤の使用は菌バランスの乱れやバリア機能の低下など、免疫機能を低下させているのです。


DocuSol

『米ニューヨークタイムズに、パンデミックでの隔離政策は、子どもに対する歴史上最大の「免疫学的実験」だとする記事が掲載される』より引用します。

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "隔離・検疫は子どもの免疫発達に影響を与えるか?"

List    投稿者 asaoka-g | 2020-12-03 | Posted in G.市場に絡めとられる環境問題No Comments » 
2020-11-26

地球の深部から謎の地震パルスが「26秒ごとに」に発生

現在、地震学者が言っているプレート説では説明しきれない現象が至るところで発生しています。
これについて地震学者は何の説明もできていないのです。


Inside Earth Pulsates Every 26 Seconds

地震は観測される場所によって特徴があることが知られています。
通常の地震といえば、次のような波形を思い浮かべる人が多いのではないだろうか?(波形はいずれもIRISから)

アラスカ M4,2020-10-26 07:53:03 UTC

この波形を見ると岩石のひずみが一瞬で開放されて大きな振動になっている、という説明が納得できるかもしれない。ところが26秒ごとに地震が起きるギニア湾近くの地震波形を見ると次のような波形になっています。

ギニア湾で起きた地震波形 M5.5,2019-12-19 15:25:58 UTC

非常に短時間のパルスがノイズになって表れているのが分かります。26秒の振動はスパイク状の信号になっている。じつはこの26秒のパルスは世界中で観測されていることがわかってきたているのです。

次の波形は阿蘇山の下で起きた地震の波形です。

阿蘇山の地下10kmで起きた地震波形 M4,2016-04-15 21:31:03 UTC

これらの地震波形は、岩石のひずみ解放では説明できません。地震の原因がプレートや断層ではないことが一目瞭然なのです。

『地球の深部から謎の地震パルスが「26秒ごとに」正確に発生している。しかし、その理由を科学者たちは説明できない』より引用します。

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "地球の深部から謎の地震パルスが「26秒ごとに」に発生"

List    投稿者 asaoka-g | 2020-11-26 | Posted in C.素人が創る科学の世界, D.地球のメカニズム, D03.地震No Comments » 
2020-11-19

未知のRNAワクチン

新型コロナウイルスの感染者増加に戦々恐々となっていませんか?

何をどうやっても気温が低いとコロナウイルスは増えるのだから仕方ありません。インフルエンザウイルスが冬に増えるように新型コロナウイルスも増えるのは普通です。「ウイルスは自然の性質」に従ってるだけなのです。

仮に新型コロナウイルスが、この「通常のコロナウイルスの挙動と同じ」となった場合は、今後の 12月から 2月などの感染事例の増え方は、「現在の何倍」という規模になる可能性があるのです。

今年の春の終わりから新型コロナの感染者数が減ったのは、「規制やロックダウンを行ったため」と錯覚しているか、あるいは「今さら規制に意味がなかったと言えるわけがない」という部分もあるのでしょうけれど、いずれにしましても、「またロックダウンをやる」という可能性を否定できません。

いずれにしろ、社会全体が今のように「常軌を逸した数だけへのこだわり」を見せている限りは、事態は収まらないと思われます。

そんな中、ファイザー製薬が新型コロナのワクチンに成功したとのニュースがありました。このワクチン、本当に安全なのか、有効なのか?様々なことが気になってきます。


europeanpharmaceuticalreview.com

コロナウイルスと冬。そして未知の作用のRNAワクチンへの狂想』より引用します。

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "未知のRNAワクチン"

2020-11-12

コロナウイルスと冬。インフルエンザではなく、なぜ新型コロナなのか?

インフルエンザが流行する時期になりました。例年だと廻りにちらほらとインフルエンザに感染したという声が聞こえてきますが、今年はまったく耳に入ってきません。

新型コロナウイルスとの同時流行が懸念されているインフルエンザについて、これまでに報告された患者数は、例年より大幅に少ない状態が続いていますが、国立感染症研究所では、今後の流行状況に注意するよう呼びかけています。

厚生労働省などによりますと、今月1日までの1週間に、全国およそ5000か所の医療機関から報告があったインフルエンザの患者数は、前の週から2人増えて合わせて32人でした。

NHK『インフルエンザ患者数 例年より大幅減 今後の流行に注意を2020年11月6日 20時12分』より

一方、新型コロナウイルスの感染者数は大幅に増えています。

インフルエンザも新型コロナも同じコロナウイルスなのに何故このような違いが出るのでしょうか?
そもそも本当に新型コロナだけが増えているのでしょうか?

インフルエンザをコロナと書いてくれた医者に多額のワイロを払って買収していました。本当はインフルエンザなのに、コロナと書いて欲しいのです。

結局コロナはインフルエンザや風邪 ~今年のインフルエンザの感染者は”0”(厚労省データ)~』より

風邪であれ、インフルエンザであれ新型コロナと診断されているケースがあるようです。

前述したように風邪もインフルエンザも新型コロナも同じコロナウイルスです。冬になり乾燥すればウイルスに感染しやすくなるのです。

コロナウイルスと冬。そして未知の作用のRNAワクチンへの狂想』より引用します。

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "コロナウイルスと冬。インフルエンザではなく、なぜ新型コロナなのか?"

2020-11-05

マスク社会の悪影響

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、都内の複数のタクシー会社が、利用者が正当な理由なくマスクの着用を拒否すると運転手が乗車を断ることができるように国に申請し、国が近く審査結果を伝える方針であるというニュースが伝わってきました。

しかし、マスクの穴の大きさはインフルエンザウイルスの約50倍と感染予防効果がないと言われています。
インフルエンザウイルスの大きさは約0.1μm(マイクロメートル)、一般的なマスクの穴の大きさは約5μmです。ちなみに、1μmは1mmの1000分の1。つまり、マスクの穴の大きさはインフルエンザウイルスの「約50倍」となります。

通常のウイルスは0.3μm以下であり、マスクの穴ぐらい簡単にすり抜けてしまいます。ノロウイルスに関しては、さらに小さく0.03μmしかありません。

単なる咳エチケット程度の効果しかないのです。


REUTERS/Daniele Mascolo

マスク社会の悪影響のメカニズムが出揃った感。鼻呼吸の不足による「一酸化窒素の消えた人体」の将来。特に子どもたちの』より引用します。

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "マスク社会の悪影響"

2020-10-30

新型コロナ発の大恐慌の可能性

新型コロナの影響でフランスでは2度目のロックダウン措置が導入されました。欧米を中心に第二波が猛威をふるっています。

日本においてもコロナの影響は大きくなっており、

現に売上は航空・デパートなどでは軒並みダウンです。
・JAL・・・-90%
・ANA・・・-90%
・高島屋・・・-75%
・三越・・・-90%
・伊勢丹・・・-90%
・大丸免税店・・・-99%(インバウンドの関係)
・松坂屋免税店・・・-99%(インバウンドの関係)
・いきなりステーキ・・・3月は51%の売上ダウン。
・ハナツアー・・・売上が12億円から2300万円。売上98%減少。
・JR・・・4月前半の新幹線の利用者は85%減少。
・リクルート・・・4500億円の融資を要請。広告が激減(広告も出せない)。

自動車の売り上げも半分くらいに下がっています
・三菱自動車・・・-65%(新車の販売)
・日産・・・-44%(新車の販売)
・スズキ・・・-47%(新車の販売)
・アメリカ・トヨタ・・・-54%
・アメリカ・ホンダ・・・-54%
※アメリカではローンを3ケ月猶予。金利ゼロでの販売。
それでかろうじて売上は半分。

またリストラも予定されています。
・三菱自動車・・・6500人リストラ
・UFJ・・・8000人リストラ
・ANA・・・5000人リストラ
・アメリカでは3000万人の失業

となっています。

年末から年度末にかけて目に見える形(倒産)で影響が明らかになると思われます。


Psy Art Beauty Mind

2020年は単に地獄の蓋が開いただけで、2021年からその本番に』より引用します。

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "新型コロナ発の大恐慌の可能性"

2020-10-22

「人間なんてみんな同じ」失顔症社会はもうすぐ到来する?!

『若者たちのメンタルヘルスの状態はそろそろ限界』では、冒頭で保育現場での子どもたちに異変について述べましたが、そこにはまだ続きがあります。AERA2020年10月5日号より抜粋します。

渋井院長が警戒するのも、「マスク」付きの生活による影響だ。子どもから見れば、マスクを着けた大人たちは、口の形が見えにくく、表情がわかりにくい。
「赤ちゃんは、大人の目だけ見ても、笑っているのか怒っているのか、わかりません。この状況が数年続けば、表情を見て感情を認知する能力への影響があるかもしれません。また、口の動きを見ながら言葉を覚えていきますが、いまはそれも難しくなっています」

つまり、人類が成長する上で最も重要な乳幼児期において真似ることができない、共感することができない状況になっているのです。


Another Brick in the Wall Part 2

 

『乳幼児の「人の顔認識の成長過程」がマスクにより崩壊することにより「人間なんてみんな同じ」というオール失顔症社会がもたらされる日はわりとすぐ』より引用します。

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "「人間なんてみんな同じ」失顔症社会はもうすぐ到来する?!"

List    投稿者 asaoka-g | 2020-10-22 | Posted in M.心と身体の自然の摂理, M03.心と身体の万能薬=共認充足No Comments » 
2020-10-15

若者たちのメンタルヘルスの状態はそろそろ限界

笑顔が減った、反応が薄い……。続くコロナ禍で、保育現場で子どもたちに異変が起こっている。感染予防対策で大人たちが着けているマスクで、表情がわからないことが背景にある。AERA2020年10月5日号から。

3密を避ける環境下では、保育をスムーズに行いにくい。そもそも乳幼児は先生に抱っこを求めるし、友だちとごっこ遊びをしたりするものだ。
0~1歳半にかけては、言語の発達をはじめ、コミュニケーション能力や共感性を発達させる重要な時期とされる。
『乳児期の親と子の絆をめぐって』の著書がある、しぶいこどもクリニック(東京都大田区)の渋井展子(ひろこ)院長(昭和大学医学部小児科客員教授)は、乳児の発達には「周囲との交流が欠かせない」

と解説しています。

子どもたちだけではありません。多くの人がコロナ禍で苦しんでいます。

『世界中の多くの若者たちのメンタルヘルスの状態はそろそろ限界なのでは。アメリカでは「4人に1人の若者が本気で自死を考えた」と回答』より引用します。

社会的距離を示す円の中に座る大学生。2020年9月16日 米アイオワ大学

ABC News

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "若者たちのメンタルヘルスの状態はそろそろ限界"

2 / 14912345...102030...最後 »