2021-06-21

ワクチンを推進する学者が認めた『 mRNA ワクチンの危険性』

コロナによって人類に突き付けられてモノとは?何なのでしょうか。
経済活動の禁止(パンデミックス)への誘導、ワクチン接種のための大規模会場設置、それでもダメなら職場、大学へとワクチン接種の場所など、危機意識を煽る報道など、政府、学者、マスコミの一方的な発信とそれを鵜呑みにする大衆という構造。

我々が突き付けられているのは鵜呑みにしている姿勢、思考停止した生き方そのものなのではないでしょうか?

下記に記述している通りすでに、医学やワクチンの世界で著名な数多くの方々が「このワクチンは人類に試すものとしては、あまりにも危険だ」として、その即時の使用停止を訴えていますが、マスコミや政府、多くの学者はそれを隠蔽している可能性すらあります。

これら断片的な事実を鵜呑みにしているだけでは、己の生死だけでなく人類の生存に悪影響が及ぶ可能性があります。
突き付けられているのは、ペーパーテストで良い点数を取ること(暗記脳)ではなく、自らの頭で考え「なぜ?なんで?」を追求する、生きる答えを出していくことではないでしょうか。

『mRNAワクチン技術の発明者が「このワクチンは危険すぎる」と提言。そして科学者たちの言葉に見える「モンスター化したウイルスが蔓延する次の本物のパンデミック」への懸念』より引用します。

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "ワクチンを推進する学者が認めた『 mRNA ワクチンの危険性』"

2021-06-15

デタラメだらけのコロナ5 ~コロナは欠陥の凝固(血栓症)を引き起こす⇒アスピリンによって血栓を溶かすことで治療ができる ~コロナ陽性反応者の実体験~

今回はコロナを巡る、私(筆者)の実体験を記したいと思います。これは紛れもなく事実です。

筆者の妻は、一か月ほど前から体調を崩し、1週間以上37~38℃の微熱を繰り返すようになりました。
彼女は産まれてこの方、薬に頼るような人では無く、自分の免疫で病気も跳ね返すような人で、滅多に熱も出ません。
そんな彼女が1週間以上も熱が出るということ自体が異常事態。

彼女の症状は、
・37~38℃の微熱
・手足のしびれ
・節々の痛みと倦怠感
・頭の異常な気持ち悪さ(ずっと酔ってる状態と彼女は言っていました。)と頭痛
・お腹を下す
・若干の味覚異常。
これが1週間以上もずっと続くといった状態で、かなりきつそうでしたが、病院や保健所に言っても、どうせ、ホテルに監禁されるだけだとわかっていたので、彼女は病院には行かないことを貫いていました。
念の為、市販のPCR検査で調べたところ「陰性」反応が出たので、別の病気にかかっている可能性も否定できないので、こちらが頼み込み、やっと病院に連れていくことができました。

 

 

★★★「先生」と呼ばれる人種の無能ぶりと「人でなし」

 

発熱外来がやっている病院も少なく、やっとの思いで見てもらうことになりましたが、彼女の話だと、

看護師は丁寧に患者に寄り添って作業しているが、「先生」は別。
患者の顔を見ることも、前に立つこともせず、後ろから、「コロナにかかってるね」の一言。
「ホテルで待機する?それとも自宅?」(本当にこんな口調だったそうです。)

彼女は別にパニック障害を患っているので、ホテルは断りたい旨を訴えると、
「ホテルはほぼ監禁状態だから、きついよ。でもこの先は保健所の管轄なんで、病院は感知しません。保健所から連絡行くと思うから、その時に言って。それまで自宅待機しておいて。」(本当にこんな口調)

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "デタラメだらけのコロナ5 ~コロナは欠陥の凝固(血栓症)を引き起こす⇒アスピリンによって血栓を溶かすことで治療ができる ~コロナ陽性反応者の実体験~"

2021-06-13

新型コロナウイルスによるパンデミックは主要国の共同作業

新型コロナウイルスによるパンデミックは主要国の共同作業。
誰が画策し、何が目的だったのでしょうか?

仮にパンデミックが目的であれば、新型コロナウイルスである必要はなかったのかもしれません。経済封鎖ができれば何でも良かったはずです。

しかし、現在の世界の様は開けても暮れてもワクチン一色。
そのワクチンの副反応によって人口を削減しようとしているようにも思えます。

ただ、こういった動きにも陰りが見えているのも確かです。

『「新型コロナウイルスでの世界支配は失敗した」と思うしかない現在、主要国の共同作業だったことをタイムラインから振り返る』より引用します。

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "新型コロナウイルスによるパンデミックは主要国の共同作業"

2021-06-08

ウイルスの排出だけでなく、ワクチンにも危険性が潜む

ウイルス排出とは、宿主細胞の感染中に複製が成功した後のウイルス子孫の圧出と放出のことです。複製が完了し、宿主細胞がウイルスの子孫を作るためのすべての資源を使い果たすと、ウイルスはいくつかの方法で細胞から離れ始めることがあります。
これは、単一の細胞からの脱落、体のある部分から体の別の部分への排出、およびウイルスが他の体に感染する可能性のある環境への体からの排出を指すために使用されます。

ただ、新型コロナウイルスについては排出だけでなく、ワクチンそのものにも危険性が潜んでいます。

mRNAワクチンの臨床試験に関するファイザー社の報告書、p.67-68に記載されてる内容は『m-RNAワクチンや非m-RNAワクチンで作られた粒子は、ワクチンに含まれる成分と細胞内化学物質との体内化学反応で生成されたスパイク状タンパク質や毒素を、ワクチンを受けた人の皮膚や呼吸、汗を介して伝達・排出していることになる』というものです。

そのため、大気中を漂うワクチンからの感染物質は、ワクチンを接種していない人にも悪影響を与え、徐々に有害な症状が現れ始めます。

『接種者からの「脱落」や「排出」による伝播は起きるのか起きないのか』より引用します。

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "ウイルスの排出だけでなく、ワクチンにも危険性が潜む"

2021-06-01

ファイザー社mRNAワクチンは女性がターゲットか!?

日本の厚生労働省には、ワクチンの有害事象報告が定期的に資料として提示されます。
予防接種法に基づく医療機関からの副反応疑い報告状況について(報告症例一覧)

2021年2月17日から2021年5月2日の期間で、全報告数は5561件です。このなかで、死亡事例や症状が「重い」とされ「未回復」の事例は女子の方が圧倒的に多くなっています。

なぜ女性の方が多くなっているのでしょうか?

『コロナが、あるいはそのスパイクタンパク質が「もともと生殖不全を引き起こす可能性のあるメカニズムを持っている」ことを知る。米CDC報告では、コロナワクチン副作用報告の80%は女性』より引用します。

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "ファイザー社mRNAワクチンは女性がターゲットか!?"

2021-05-23

変異種も感染拡大もワクチンそのものが作り出している

新型コロナウイルスの変異株が世界各地に広がっています。
そもそもウイルスの変異はなぜ起きるのでしょうか?

ウィルスは単に増殖するだけでなく、遺伝情報の組み換えによって変異する。遺伝情報とそれを包むタンパク質=カプシド及び脂質二重層=エンベロープ(カプシドのみのウィルスも存在する)しか持たないウィルスは、当然生殖によって遺伝子が組み変わることはなく、以下の2つの仕組みによって、変異が引き起こされる。

1.コピーミスによる突然変異
通常の生物でも、遺伝子には様々な要因によって突然変異が起こる。
一般的に生物の場合、遺伝情報複製時のコピーミスと、紫外線・化学物質などによる情報破壊によって、突然変異が引き起こされる。
しかし生物にとって、突然変異が適応的である可能性は極めて低い為、損傷を修復する修復酵素によって、変異した遺伝情報は修復される。修復酵素によって、生物の突然変異発生割合は、概ね1/100億にまで抑えられている。

突然変異は、遺伝情報を持つウィルスでも生物と同じように起こる。
しかしウィルスは、生物と違って複製された遺伝情報に誤りがないかどうか調べるチェック機能(校正機能)も、修復酵素も存在しない。
その為、ウィルスは遺伝子の複製過程において、突然変異が大量に生じ、コピーミスに起因する突然変異の発生率は、30%にもなる。

2.複数のウィルス混ぜ合わせによる変異
2種類のウィルスA・Bが同一細胞に感染した場合、それぞれのウィルスの遺伝情報が混ぜ合わさり、全く新しい別のウィルスCが発生することがある。こうして誕生したウィルスCは、ウィルスA・B両方の遺伝子を持つことになり、結果ウィルスを包むカプシドも、両者の特徴を併せ持つことになる。

そして、この変異種生み出しているのも、感染を拡大させているのもワクチンそのものにあるという見解が出されました。


インタビューに答えるリュック・モンタニエ博士。RAIR Foundation USA

『ノーベル賞学者のリュック・モンタニエ氏が「変異種も感染拡大もコロナワクチンそのものが作り出している」とメディアに語る』より引用します。

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "変異種も感染拡大もワクチンそのものが作り出している"

2021-05-17

高齢者施設職員の告発『ワクチン接種』

厚生労働省は『新型コロナウイルスのワクチンの接種を受けた人のうち、新たに20人の死亡が確認されたと発表し、接種との因果関係については評価できないか、評価中だとしています。』

つまり、因果関係については分からないし、ワクチンの本質も誰も分かっていない(分かっていても言えない)ということです。

そんな中、米国の高齢者施設の話です。その施設は、2020年に新型コロナウイルスに感染した要介護者はほとんどいなく、昨年全体で死亡した人もいなかったそうです。
しかし、ファイザーの実験的mRNAをワクチンキャンペーンが始まった後、接種後すぐに 14人の高齢者が 2週間以内に死亡し、他の多くもその後死亡してしまったとのことです。

世界ではワクチンの被害が報告され、訴訟にまでいたっています。
日本は本当に大丈夫なのでしょうか?

activistpost.com

『「ワクチン接種を受けた後、高齢者たちはハエのように死んだ」:高齢者施設職員の告発。そして、1万人を超える弁護士と医療専門家が WHO を「ニュルンベルク綱領違反」として国際的訴訟を起こす』より引用します。

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "高齢者施設職員の告発『ワクチン接種』"

2021-05-09

新型コロナワクチンは人間のすべての免疫能力を破壊する

最近、フロリダ州の学校で、コロナワクチンを打った教師は採用しないと校長が宣言していました。
理由は、ファイザー社の社内文書にもコロナワクチンを接種した人が接種していない人(特に女性)にコロナを移したり身体に悪い影響を与えることが記されていたことが判明したからです。
また、今度は医師自身がコロナワクチンを打った患者を診ないと宣言しています。

世界でもコロナワクチンによる被害は深刻化しているようです。
さて、今回はコロナワクチンと免疫機能の話です。

従来のワクチンは弱毒化・不活化した病原体等(概ねタンパク質)を主成分としており、体内で自己の免疫機能が作動し抗体をつくるのに対して、mRNAワクチンでは、病原体ウィルス様のタンパク質をコードした人工mRNAの遺伝子を直接接種し、体内でこのmRNAを自己の細胞内機能で病原体様タンパク質(=抗原)を生成、そのタンパク質を感知した自己の免疫機能が抗体をつくる。つまり、細胞内で抗原と抗体の両方をつくりだすことになります。

ここで?と思った方もいるとは思いますが、前者は外部の抗原に対して自ら抗体を生成するという一般的な免疫機能であるのに対して、後者は抗原も抗体も体内で生成するという奇妙な構造になっています。自らで生成した抗原を抗原と認知できる=不適応体排除の機構が働くのでしょうか?


死者に敬礼するネパール軍兵士。アジア各地で高感染性株が急激に増加中。bloomberg.com

『「新型コロナワクチンは人間のすべての免疫能力を破壊して人を死に導く」:元ゲイツ財団のワクチン開発局長のボッシュ博士は人類の存続のためにワクチン使用停止を訴え続ける』より引用します。

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "新型コロナワクチンは人間のすべての免疫能力を破壊する"

2021-05-01

ワクチンシステムを使用した大虐殺の時代の到来

前に『コロナワクチンは大量破壊兵器ではないか!?』でも書きましたが、新型コロナワクチンの目的が大量破壊兵器(人口削減⇒地球環境の改善)にあるという視点、これが現実味を帯びてきています。

現在、コロナワクチンについては1年以内の開発(臨床実験の少なさ)や副反応などなど、様々な問題が指摘されています。mRNAワクチンのコロナワクチンは、ワクチンそのものを使って人間に接種する従来のワクチンとは異なり、体内に遺伝子を入れワクチンの機能を持ったタンパク質(抗原)を作るようにします。

これは「人間の遺伝子組み換え」=人体実験であるというより人類殺戮ではないでしょうか。

それでもあなたは、ワクチン接種を行いますか?


映画「未来世紀ブラジル」(1985)より。未来のどこかの国の「情報剥奪省」の政治犯尋問施設。

『21世紀に始まる新たな時代とは : ファイザー社元副社長が懸念する「ワクチンシステムを使用した全体主義化と大虐殺の時代の到来」の渦中にいる私たち』より引用します。

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "ワクチンシステムを使用した大虐殺の時代の到来"

2021-04-25

mRNAコロナワクチンは安全か?(続)

前回の『mRNAコロナワクチンは安全か?』の続編です。

「 mRNA コロナワクチンが、脳のプリオン病と関連している」という論文が「あるのかもしれない」という曖昧な内容になっていましたが、それは「論文そのもの」を見ることができなかったためです。

その内容は、SNS で話題となっていた上に、ファクトチェックで「この情報は間違い」と断定されているのを見まして、「ああ本当かもしれないのだなあ」と思ったのですけれど、オリジナルを見ていないので、それ以上の言及はできていませんでした。

また、新型コロナウイルスワクチン接種による副反応については前回の投稿以降も報道が続いています。

日本の厚生労働省は23日、接種後の死亡例が新たに4人報告されたと発表した。18日までに接種した121万人余りのうち、計10人が死亡した。接種との因果関係は、「評価できない」とされている。NHK等が報じています。 今回は、論文入手後の続きになります。

二つの衝撃 : mRNAコロナワクチンとプリオン病に関する論文の続報。さらに、やや衝撃的な「ワクチンを接種した人の方が感染率がはるかに高い」ことを示したイスラエルの南アフリカ変異種に対しての研究』より引用します。

A Dystopian Future

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "mRNAコロナワクチンは安全か?(続)"

1 / 15212345...102030...最後 »