2022-05-19

断層線(中央構造線)から地球エネルギーが出ている

生命は太陽からだけでなく大地(地球)からもエネルギーをもらっています.(パワースポット)

 日本は、西洋の大陸国家と比較して、多量な年間降雨、豊富な太陽光、そして生命活動豊かな森林がある海洋国家です。又日本は火山国でケイ素(始原生命体の主要要素)を主体とした地質構造であり、生命力を高める国土なのです。

今回は、「断層線(中央構造線)から大地エネルギーが出ている≒パワースポット」についての記事を転載します。

https://sutooffice.jimdofree.com/

____________________________

大地エネルギーには断層線から温泉・ダイナモ理論による地球磁場・内核からの放射線・造岩石英の摩擦によるマイナスイオンそしてミネラル地下水など自然に湧き出すオーラ(気)があります。このオーラこそが私たち生命体にとってのヒーリングエネルギーといわれています。

ヒーリングエネルギーである聖なる大地の霊力はパワー(気)スポット(場所)の事です。

オーラ(気)の波動に人はまったく気が付きませんが細胞は敏感に波動に反応しています。ヒトは60兆個の細胞の塊です。細胞にはDNAが磁化され、水素水中のミトコンドリヤは細胞の発電所、発熱し、テラヘルツ波動を放射し、エネルギーを作って細胞に供給しています。

【断層線上の気場を活用した神社、寺院】

  • 地殻中の自然放射性核種からの放射線

大地からの放射線は地層や岩盤によって遮ぎられるため弱い。大地の割れ目である断層線には、地下数千m深部から大地エネルギーの地下水に含まれたラドンや磁場が地表に強く放射されています。その断層線からの湧き水が温泉・鉱泉です。

  • 山岳密教の智慧

中央構造線(大断層線)上には諏訪大社、伊勢神宮、石鎚山、阿蘇山など重要な聖地やパワースポットが多く、国譲り神話に関わる神々もこの線上に祀られているとのことです。善波の土地は人体の細胞にエネルギーを補給し強化します。修験者はそのような土地を『治療の場所』と呼び、神社や寺院など、祭礼を建てる場所に選びました。

その地形の斜面上に磁気、ラドンが放出され物凄い気を感じるところ、自然科学からは∸イオンが高いところに永平寺、比叡山延暦寺、久遠寺(身延山)等の神社・仏閣は急峻な斜面に造られています。

断層中のラドンから放出される微量の放射線を吸収することで、身体の細胞を刺激し、免疫力向上、血流の改善の効果があると推測されます。

  • 断層と神社

ゼロ磁場というのは、磁気が無いのではなく、強力な磁気のプラスとマイナスがバランスして「ゼロ」になっている、物凄い気を感じるところです。中央構造線は、断層下から地球内部の磁気、ラドンが放出されているので、その気から病を治し、ヒトを活性化させる場所として神社は造られた?。その発祥は日本古来の山岳密教による自然治療所だったと思われる。自然科学からは中央構造線上は逆断層による土圧で押し上げる強い磁場が放出されている。マイナスイオンがー般地と比べて特に高い。そのパワースポットに有名な神社が位置しています

自然力を活用してきたシャーマンから語ります。

シャーマン – シャーマニズムにおいて、超自然的存在と直接接触・交流・交信する役割を主に担う役職。呪術者・巫・巫女・祈祷師・ムーダンなど。

昔は、人の体を治すのは シャーマンか修験者でした。そういう人達は、病人を自然の理にかなった場所で自然治癒力を引き出したと考えられます。

日本古来の古神道は、波動の宗教でといえます。 神道は、∸イオン波動を上げていくことによって、+イオンの悪い波動、邪気を祓います。このように神社がつくられた場所は、大地のエネルギ、地電流が高い場所となっています。

神道では祝詞. のりとで言葉を発し、思いを捧げ、人々が祈りの心をつなげたとき、それは波動となって宇宙と人そして神社の周囲を取り巻く世界と交感することができるのではないでしょうか。

石や草木そして動物、人にいたる森羅万象すべてについて、ケイ素(水晶と同じSiO2)による独自の周波数の波動をもっています。神道は高い波動をもった物質と共鳴します。それが祈りであり、言霊(ことだま)ではないでしょうか。

  • 生命力を高める断層からの天然水

地上に降った雨水は、大地にしみこんで岩磐中の豊富なケイ素O2などのミネラルを含んで地下水となり、浅層で数日、深層で数か月間余り地中を楯環して、断層や水脈から湧き水として地上に顔を出し、沢となり川を下ります。水はしみこんだ岩磐の地層や岩石の影響を受けます。その基盤が水を醸成させています。

大地から水が湧き水の出るところに、生命力が宿っていると、昔から考えられていました。古来から湧き水の出る場所とされ、神社、仏閣が建てられ、あがめられてきました。その特別な土地は大地からのエネルギーが高く、身を清め、心を癒やす場所として活用されてきました。それらを結ぶ大地エネルギー線が存在することを知っていました。そういう場所の多くは、地下に生命力を高める、-イオンにみたされた、きれいな水が流れていると考えられます。

(後略)

【自然科学による大地エネルギー】

  • 断層とスカラー現象

自然エネルギーがぶつかり合い、力が拮抗することで磁場エネルギーがゼロのように見える空間、スカラー現象。しかし、そこには確かにSiO2エネルギーが存在し、様々な現象が起こるという。海外でも注目されている。

パワースポットには、特有の個性や空気がありそこでは何かしらの未知の現象が発生すると考えられています。「パワースポットとは、スカラー場(英: scalar field)は空間の各点に数学的な数やなんらかの物理量のスカラー値を対応させた場」など強いエネルギーが存在する特定の場所だと考えられています。

1.地殻にプレート運動などによる圧力がかかる。

2.地殻に微細な亀裂が生じ、そこからラドンが放出される

(後略)

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "断層線(中央構造線)から地球エネルギーが出ている"

List    投稿者 kisi | 2022-05-19 | Posted in G.市場に絡めとられる環境問題No Comments » 
2022-05-18

土は生命の源であり、生物より形づくられてきた結晶

当たり前のようにある「土」。皆さんにとって土とはどのような存在でしょうか。

土に触っている子どもたちをみて、「汚いからやめなさい」などと注意している人も多く、現代人にとって「土」は縁遠い存在となりつつあるようにも思えます。

一方で、土をテーマに健やかな生き方を追求するコミュニティhttps://tsuchitohito.com/、調湿・抗ウイルスなどの効果が注目される土を用いた建築材料の登場など、土への期待が高まっていることも確か。

 

今一度、土と人、さらには土と生物の関係を押さえなおすことで、自然の摂理に即した生き方の切り口を見出していきたいと思います。

土と人2020より

 

■土から生まれ、土に還る生物たち

土をめぐる物質循環をみると、人と土の密接な関係がみえてきます。

植物は、炭素以外の窒素、リン、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛…といった多種類の元素をすべてを土から吸収しなくてはなりません。動物はそうした植物を食べ、肉食動物は草食動物を食べます。そして植物も、動物も、死ぬとすべて土に還ります

 

あらゆる生物は、土に居場所・栄養分を求めると同時に、積極的に土を変化させ、適応を繰り返してきました。土壌の酸性化を促す生物も、酵素を武器に土中有機物の分解を飛躍的に促進させたキノコもその一例です。

そもそも、岩だらけの荒涼とした大地からわずかな水と養分を吸収するために菌類との共生を選択し、地上進出を果たした地上最古の植物と言われる地衣類の遺骸こそが、最初の土と言われています。土と生物は切っても切り離せない存在です。

土は生命の源~土の健康・人の健康~より

 

■土も人も同じ構造で成り立っている

「土と内臓」http://www.tsukiji-shokan.co.jp/mokuroku/ISBN978-4-8067-1524-5.htmlという書籍でも紹介されているように、土壌細菌と腸内細菌の機能はそっくり生物多様性の中で「①栄養を得ること、②外敵から身を守ること」を成立させている。そうした生物多様性は掌や肌にもあるが、それを破壊しているのが、遺伝子組み換えであり、化学肥料、抗生物質、過剰なアルコール消毒の数々です。

 

そうした原理から、土は人と親和性が非常に高く、医学においても土の成分の一種であるカルシウムアパタイトを用いた人工骨は、他物質で生じるような拒絶反応が起こらないことも証明されています。

建築材料においても、珪藻土を用いた土壁、火山灰をもちいたシラス壁などは、吸湿性・消臭性を発揮し、人にとって心地よい空間を整えてくれます。

 

■人の働きかけによって土もかわる

切っても切り離せない、さらには人そのものとも親和性が高い土。

そんな土は、他生物と同様に人からも影響を受ける。身近にある土の特性を無視して、都合の良いように改良するために化学肥料を用いると、土は固く、貧弱になっていく。土地ごとの土の特性を見極め、有機物を施用して、丹念に土づくりをすれば、柔らかく、その土地に適した効果を発揮してくれます

土と人の歴史構造から、人から土、さらには自然との共生、生き方を見直していきたいですね。

 

次回からは、土地ごとの土の特性を見極め、健やかに共生する具体例を紹介していきたいと思います。

その中で、土のもつ、さらなる可能性を見出していきます。

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "土は生命の源であり、生物より形づくられてきた結晶"

List    投稿者 sibata-h | 2022-05-18 | Posted in G.市場に絡めとられる環境問題No Comments » 
2022-05-17

雷は、宇宙と地球を繋ぐ連鎖放電現象

画像はこちらからお借りしました

1.地震や気象などを高精度で予測できる可能性を秘めた、宇宙と地球を繋ぐ連鎖放電現象としての雷

地球上の自然現象である、地球の自転・地震・気象や、さらには生物の生態までと、電磁力を中心とした宇宙とのつながりの関係で考えることで初めて、それらを貫く法則を読み取ることが出来る。

その中でも、雷の発生するメカニズムを追求することで電磁エネルギーの流れが鮮明になり、地球の自然現象を読み解く基礎認識になる可能性が極めて高い。それは、雷は宇宙と地球を繋ぐ連鎖放電現象であると捉えることが出来るからである。

現在では雷の観測結果から、雷雲の電荷分布、雷雲内の温度分布、落雷の種類とルートなどは概ねわかっている。しかし、仮説はあるがそのメカニズムはよくわかっていない。例えば、今までの論理では、上昇気流による雷雲の形成という1点からの分析なので、負府落ちる説明になってない。

その原因は、理論の元になったデータがベンジャミンフランクリン以来の地球上からのものがほとんどだった時代のもので、1900年台後半からの探査衛星等の観測データが大量に入手できるようになったもの、まだ反映されているとは言えず、ようやく宇宙の中の地球という視点での本格的追求がまだ始まったばかりだからだ。

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "雷は、宇宙と地球を繋ぐ連鎖放電現象"

List    投稿者 sinsin | 2022-05-17 | Posted in D.地球のメカニズム, D02.気候, D03.地震No Comments » 
2022-05-17

磁力の発見の歴史~古代ギリシャ・ヘレニズム・ローマ帝国編~

今当たり前となっている「近代科学(西洋の科学)」は、キリスト教が唯一の勝者となった後のもの。したがって、「キリスト教」≒「物理学」、「教会」≒「学会」、「聖職者」≒「科学者」と置き換えると、ほぼそのまま中世の科学史にも通用してしまいます。

しかし、キリスト教が唯一の勝者となる以前(自然に対して宗教的自然観や魔術的自然観といった多様な見方が共存・競合していた時代)から、力の概念はどのように変遷してきたのかを山本義隆著:「磁力と重力の発見」で展開してくれているので紹介します。

ここで注目すべきは、重力という概念が近代(1600年代)に誕生したものであるのに対して、磁力は紀元前600年代から意識されていたということ。そこで、磁力の発見の歴史を今後シリーズで展開していくこととします。

 

〇磁気学のはじまり~古代ギリシャ~

<タレス>

磁石について最初に言及したのは、古代ギリシャで商業と海運で栄えたイオニアの港町ミレトスのタレス(紀元前624-546)と云われている。タレスは霊魂の働きを説明するために磁力を持ちだしており、磁力そのものを説明している訳でも、磁力の発見を語っているものでもない。つまり、当時すでに磁石の存在や作用自体はかなり知られていたことを示唆している。

 

<ミレトスのアナクシメネス(紀元前6世紀)>

「始原物質」として宇宙をみたす「空気」を措き、物質の変化は希薄化と濃密化によるものと考えた。どの物質も生命の維持に欠かせないことが経験的に知られていたため、霊魂を有する生命的存在として認識されており、この時代は宇宙全体が生きていた。そして、磁力は、無生物を含む自然の事物の有す生命の端的なしるしであった。

→ミレトスの哲学者たちは感覚的に捉えられる世界をあるがままに受け入れた。

 

<イタリア半島南部エレアのパルメニデス(紀元前5世紀)>

理性だけが信じることのできるもので、感覚は人を欺くと考えた。これにより純粋思惟が感覚的認識の上位に置けれ、認識における合意論が経験値に対置された。パルメニデスは、変化や運動は「有らぬもの」の存在を前提とするため不可能であり、生成や消滅、質的変化は見せかけに過ぎないと論じた。

→その後の哲学にとって、パルメニデスの「変化の否定」にどう答えるかが課題となる。

<シチリアのエンペドクレス(紀元前495-435)>

「四元素説(土・水・空気・火の4元素を万物の根として考える)」を提唱。「比率」という見方を導入し、現代風でいうならば、相互の「引力と斥力」により「定比例の法則」に則って結合と分離を繰り返す諸元素。

→この四元素理論は、西欧の物質思想に長期にわたり影響を及ぼし続けることとなる。

磁力理論として「磁石は鉄の両方から生じる流出物と、鉄からの流出物に対応する磁石の通孔とによって、鉄が磁石の方向へ運ばれる。」と説明し、磁力に対するミクロ機械論に基づく説明の最初のもの。尚、エンペドクレスは磁石に限らず全ての感覚について「個別の感覚の通孔に対して(何かが)適合することによって感覚が成立する。」と説明している。

→この時代には、物理的なものと生理的なものの間に区別がなかった。

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "磁力の発見の歴史~古代ギリシャ・ヘレニズム・ローマ帝国編~"

List    投稿者 kurahasi | 2022-05-17 | Posted in B.科学史, B01.科学はどこで道を誤ったのか?No Comments » 
2022-05-15

カルシウムイオンは体内の陽イオン(H+)=自由水を移動手段とし、体内の電位差を生み出している

体内には、食物から瞬発的にエネルギーを取り出す仕組みと、電磁的な波動=「気」から緩やかにエネルギーを取り出す仕組みがあります。
世界には食事をとらずに、不食で生活している人が多く存在しており、彼らはまさに後者の「気」で生命活動を維持していると考えられています。

こちらからお借りしました

では、体内において、電磁的なエネルギーはどのように生命活動の営みに利用されているのでしょうか。
体内の電磁的なエネルギーを操作している存在として、これまで「構造水」と「カルシウムイオン」に注目してきました。

今回は、構造水とカルシウムイオンの関係を追求します。

こちらからお借りしました

体内の水は細胞を満たしており、その微細な隙間に押し込まれた水は、液体のまま分子がきれいに整列する「液晶状態」になります。
液晶状態の水からは陽イオンがはじき出され、排除層といわれる、電子が集まった構造水の層が生まれます。
はじき出された「H+」は自由水と呼ばれ、周囲の分子に拘束されず、流動的な性質を持ちます。

カルシウムイオンは「H+」の自由水と結合しやすい性質を持っているため、体内に構造水ができると、その周囲の自由水とカルシウムイオンが結びつき、体内を移動し始めます。※1,2

その際、自由水の粘度が上がるようです。これは、カルシウムイオンが自由水と構造化することで、安定してイオンである状態を維持しながら移動できるのだと考えられます。※3,4

これらの関係性を考慮すると、構造水により生み出される自由水が、カルシウムイオンが体内をめぐるための移動手段となり、カルシウムイオンが体内をめぐることでカルシウム振動=カルシウム波や、ATP分解酵素などのエネルギーを生み出している、という可能性が見えてきた。

【参考文献】
※1: 「生体膜における金属イオンと水の関係を探る
瀬戸 秀紀 (高エネルギー加速器研究機構 物質構造科学研究所 / J-PARCセンター 教授)
山田 武 (総合科学研究機構 中性子科学センター 研究員)

※2:「大気圧プラズマジェット放電場での水の反応
日大生産工(院)金子正孝

※3:「界面で流動性を失う水分子の直接可視化に成功!
京都大学大学院工学研究科 山田啓文 教授、小林圭 同准教授、
梅田健一 同研究員 研究当時、現 金沢大学ナノ生命科学研究所特任助教
京都大学産官学連携本部 湊丈俊 特定准教授らの研究グループ

※4:「カルシウムイオンとマグネシウムイオンの水和構造と水和エネルギー
広島大院理,広島大 QuLiS  菅原 貴弘,相田 美砂子

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "カルシウムイオンは体内の陽イオン(H+)=自由水を移動手段とし、体内の電位差を生み出している"

List    投稿者 二鳥土入 | 2022-05-15 | Posted in 波動と生命エネルギーNo Comments » 
2022-05-14

癒しの周波数7.8Hzを受け取るには、その波動に「共鳴する事(コヒーレント)」が大切!

普段意識することは中々ないかもしれませんが、世の中では、人間・動物・植物・地球・海…とすべての物が波動(電磁波)を出しています。

あらゆる所から出ている電磁波には、周波数(Hz)の異なる様々な波動があるのですが、その中で、「地球」が出している波動でもある「7.8Hz」の電磁波は、人間のひらめきを引き起こしたり、病気を治癒するなど、人の「潜在思念」や「生」と深く関係しているのです。

今回は、この7.8Hzの「治癒力」に絞って話していこうと思います!

「治癒」「癒し」の事例に7.8Hzが繋がっていると発見したのは、志賀 一雅さんという方でした。

「奇跡の《地球共鳴波動7.8Hz》のすべて(著:志賀一雅)」

志賀さんは、手当て療法(ヒーリング)、能楽師、不食の方、クジラや鳥が寄ってくる歌声を持つ方など、超能力ともいえるような力を持つ方を含めて皆さんの脳波を調べていました。

・クジラや鳥が寄ってくる歌声、柏田ほづみさん。この方が謳い始め、クジラが寄ってきている時
・能楽師の井上和幸さんが能の謡を謡っている時(能の謡を聞いたり演じたりしていると、病気が治った・消えたという事例が多く来ているらしい)
・手当て療法の、もりやまはじめさんが治療を行っている時

この時の皆さんの脳波を計測すると、全員「7.8Hz」の波動が強く出ていました!

特にすごかったのは、不食を続けて8年という秋山佳胤さんの脳波!他の方々は治療時や謳っている時に出る事があっても、普段の中で7.8Hzが強く出ていることはありませんでしたが、なんと秋山さんは話しているときや、通常時から7.8Hzを出していたのです。

不食の方は、食べ物以外からエネルギーを得て生きているから、常日頃から7.8Hzで宇宙と一体になれるように、何からでもエネルギーをとれるようになっているのかもしれません!♪

この「治療(実際にガンが消える・治る)」には、、やはり7.8Hzという周波数がポイントになっているようです!
そしてもう一つ、志賀さんのお話を読んでいると、その周波数が、右脳と左脳、または人同士で「共鳴」しているということも「治療」に繋がる大事なポイントになっているようなのです!

右脳と左脳は、役割分担のため分かれているので、成長するうちに(会話したり、しつけられる中で)右脳と左脳はそれぞれで動くようになります。
現代、大人になると「目の前の楽しい事は我慢して、今はこれを頑張ろう」というような思考も多くなるので、左脳が右脳を抑えて動くという状態も多くなりがちです。

ですが、その右脳と左脳が息を合わせて7.8Hzで「共鳴」する時、治癒力は格段に強く・増幅していっているのだろうと思います。

そして、右脳と左脳だけでなく、治療する人と受ける人の脳波も7.8Hzに共鳴することで、エネルギーも共有になる、二人も周りも全てが一つのものとなって、エネルギーが回復されるのではないでしょうか!

手当てのもりやまさんも、不食の秋山さんも、相手と7.8Hzの波動でコヒーレントし続けていた状態が10条以上続いていたそう。治療される・回復するのは、まさに相手と、宇宙と共鳴しているからこそなのかもしれませんね!

「奇跡の《地球共鳴波動7.8Hz》のすべて(著:志賀一雅)」を参考にさせていただきました。ありがとうございます!

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "癒しの周波数7.8Hzを受け取るには、その波動に「共鳴する事(コヒーレント)」が大切!"

List    投稿者 oga | 2022-05-14 | Posted in G.市場に絡めとられる環境問題No Comments » 
2022-05-14

人の癒しや活力には波動が関係している!?

http://gigaplus.makeshop.jp/BenefitMinds/item/anemone.pdfからお借りしました。

生命の代謝や成長、育成に不可欠なエネルギーとして『テラヘルツ波』があります。

テラヘルツ波は、動物や植物、鉱物など、自然界のあらゆる物質や生命体が放射し、
同時に吸収している電磁波です。

大人より赤ちゃん、病人より健康な人からより多く放射されているといわれています。

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "人の癒しや活力には波動が関係している!?"

List    投稿者 kanagawa | 2022-05-14 | Posted in D.地球のメカニズム, D04.電磁波No Comments » 
2022-05-13

本当の脱炭素って何?快適性って何?

世界的な脱炭素の流れ中で、日本は昨年のCop26で、西欧の環境団体から「化石賞」と皮肉を言われています。一方でこの間、風力発電や太陽光発電等の再生可能エネルギーで脱炭素を推進してきたEUは、ロシアのウクライナ侵攻により、状況は一挙に反転。ロシアの天然ガスと石油が無いと生きていけない現実を突きつけられています。現在、EUは脱炭素どころではない状況です。今後、日本はどうする?

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "本当の脱炭素って何?快適性って何?"

List    投稿者 mura-yos | 2022-05-13 | Posted in G.市場に絡めとられる環境問題No Comments » 
2022-05-02

進化過程から考える皮膚の脳の役割分化・・・様々な固定観念を超えて

現在では、脳がすべての判断を担っているような『脳絶対主義』が巷に溢れ、これこそが人類の証であるような論調に支配されている。確かに人類の脳は大きく、機能的にも他の動物に比べ処理能力が高い。

しかし、地道で精度の高い研究をされている傳田光洋氏の書籍を読んで、『脳絶対主義』という固定観念から離れてみると、その機能が発揮される基盤に、人類の皮膚判断機能の増大と高度化があったと考えられるのではないか?と感じた。

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "進化過程から考える皮膚の脳の役割分化・・・様々な固定観念を超えて"

List    投稿者 sinsin | 2022-05-02 | Posted in G.市場に絡めとられる環境問題No Comments » 
2022-04-29

ケラチノサイトによるカルシウムイオンの流れが「経絡」を形成している

こちらからお借りしました

皮膚は触覚を司る感覚機能だと考えている人が多いと思いますが、実は皮膚は、音や光、気圧、電磁波などの振動による現象をはじめ、物理的な外的要因は全て感知し、判断する機能を持っています。

そして、この外的要因を感知しているのは表皮を構成しているケラチノサイトです。
ケラチノサイトは、カルシウムイオンの輸送によって体内に電位差を作り出し、そこで判断された内容を脳や体の各部位に伝達しています。

さらに今回明らかになったのは、ケラチノサイトとカルシウムイオンによる情報伝達の仕組みと、鍼灸治療において「気」が流れると言われている「経絡」にも関係性があるということです。

中国上海中医薬大学では、経絡に何か特定の物質が多く存在している、という仮説のもと、微粒子誘発X-放射線発射(Particle Induced X-Ray Emission PIXE)技術を利用した経絡の観察実験を行いました。
その結果、経絡上には身体の他の部位よりもカルシウムイオンがより多く存在していることが判明しました。カルシウムイオンは線状か帯状に集まり、その走行は経絡とほぼ一致しています。

また、天津中医学院がイオン選択性電極を使ってウサギの経絡を探測したところ、経絡のあるところのカルシウムイオンの濃度が、周囲と比べて高いことがわかりました。不整脈のウサギでの計測では、心機能と関連性の高い経絡のカルシウムイオン濃度が低下してきましたが、不整脈がなくなるとカルシウムイオン濃度が元に戻ったという現象が観察されました。

こちらからお借りしました

次に、経絡とATPの関係性についてです。
中国の高震教授が、経絡はATP量の多い細胞の集合だという仮説を提起しました。
そしてイギリスのBurnstock氏もATPが鍼刺激の電気信号伝達の重要物質であるという仮説を出しています。
彼は、鍼の機械的刺激・灸の温熱的刺激が皮膚のケラチノサイトや他の細胞に作用することで、細胞からATPが放出すると同時にレセプターのP2X₃とP2X₂/₃が活性化します。レセプターがATPを受容して産生する電気インパルスが感覚神経の末梢を通って脊髄の神経細胞に伝わって、脳幹、最終的に大脳皮質に到達すると言われています。

これらの実験で見えて来た経絡の特性は、ケラチノサイトがカルシウムイオンをATPの体内灌流にのせて体内を巡らせている仕組みとも考え方が一致しそうです。

 にほんブログ村 環境ブログへ

続きを読む "ケラチノサイトによるカルシウムイオンの流れが「経絡」を形成している"

List    投稿者 二鳥土入 | 2022-04-29 | Posted in 波動と生命エネルギーNo Comments »